今回の「株式市場の下げ」はいつもとは違う感じがする

2018年11月13日、アメリカ市場の動きがきっかけで世界の株式市場が下げましたね。

NYダウ先物。日足。

日経225先物。日足。

チャートで見ると大きな下げトレンドの中の下げであって、方向性としては全く不思議でもなんでもない様に見えますが、どうも今回の下げはよろしくないなぁみたいな感じがしています。

ニューヨークが下げましたが、その下げた理由は「アップルのiPhoneの売れ行きが芳しくない」という理由だとのこと。iPhoneの売上が悪いとそれは他の部品メーカーにも影響があるわけですが、誰しもが思うのは「iPhoneの売上」うんぬんでこれだけ市場が反応するのか?ってことじゃないですかね。

これって皆が疑心暗鬼になっているところに、「針が刺さって弾けた」みたいに思えるんです。

つまり多くの市場参加者は「(日本流に言うと)弱気」になっている証拠だろうと。

ここを見逃してはならないと思ったので、今これを書いています。

市場が弱気であるのが顕著になれば、「売り方」は勢力を大きくしてまさに「Bull」となり積極的に売りを仕掛けてきますから注意が必要だと思っています。

ちなみに、日本では市場が上を向いていると「強気」、下を向いていると「弱気」と言いますが、私達が知らないとならないのは「この言い方は間違えている」「誤解を生みやすい」ということだと思います。

というのは「市場参加者が強気だから値が上がる」「弱気だから値が下がる」のではないということ。

ここのところは、一般的な株式投資家には理解しづらいと思いところで、「自分は上がると強気になり、下がると弱気になる」けれど、市場はそういう強気、弱気で動いているのではないんですね。

そもそも、値が上がろうが下がろうが「値が動けば利益になる」という事実を忘れてはならない。自分は「買うことしかしない」から「下げで利益を出す」ところまで頭がまわらないのが普通ではないでしょうか。

でも「下げで利益を出そうと狙う投資家」はいくらでもいるわけで、彼らは決して「下げだから弱気」ではなくて、「下げに対して強気」であるということ。わかりますかね?

値動きは上下だと考えるのではなくて、横向きの「綱引き」だと考えるべきだと私は思うのです。綱を左右で引っ張り合うのと株式市場は全く同じで、市場が加熱してくると「どちら側も強気」になるんですね。では「弱気」の時ってどういうときかと言うと、「動きが見えない時」じゃないでしょうか。

あるいは「為替」を考えてみればすぐにわかることで、「円が下がる」ことは「ドルが上がる」わけで、ここでは「上げは強気」「下げは弱気」なんて言えませんよね。

ちなみに英語圏では「強気」「弱気」という言い方はしません。

「Bull」か「Bear」です。ブルとは雄牛のことで、下から上に突き上げる攻撃をする。ベアとは熊のことで、上から叩き落とすような攻撃をする。攻撃をするときにはどちらも強気なわけで、下がるのは弱気だからじゃないんですね。

強気と強気がぶつかりあうのが相場の世界で、もし自分が弱気になったときに「下がるだろう」と思ったら【読み間違える】ということ。

下げ方向で利益を出そうとチャンスを狙っている陣営は、「今回の動きを見逃さない」ということを頭に入れておくのは良いことじゃないですかね。

また自分が「弱気」の時にはどうするべきかと言うと、「市場から撤退するべき時」なんですね。

でももし「下がる」と思うのなら、買いポジションは解消すべき、あるいは積極的に売り側に回るべきだし、買いポジションを保持したまま「どうしよう」なんて悩んでは駄目だということ。

この考えかたを理解するだけで、自分の投資スタンスってかなり変わるんじゃないでしょうか。

少なくとも「弱気になったときは撤退」なのは間違いがないはず。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

4時間掛けて「ミートソース」を作ったけれど・・・・。料理って本当に難しい。

ブログには書きませんでしたが、先日「スパゲティミートボール」を作ったらとんでもなく美味しく出来ちゃいました。

それも「食物繊維」が足りない私と息子用に「野菜たっぷり」で作ったんですよ。お約束のミレポアですが大量の玉ねぎ+甘い人参+セロリがキャラメライズしてトロリと柔らかくなるぐらいまでしっかり炒めて作ったのですが、砂糖もミリンも入れないのに野菜の甘さたっぷりで、そして次の日には「食物繊維たっぷりの恩恵がある」ような(笑)出来でした。ミートボールはハンバーグを作った残りで作ったのですが(形が違うだけ)、本当に美味しく出来た。

それからさほど日にちも経っていないのに、「あのミートボールは美味しかったね~~。体にも良いのがわかったし」なんて長男がいうものですから、また作ることにしたんです。

でもミートボールは面倒なので、牛肉ミンチを使ったミートソースにすることに。

前と同じような材料を同じ様に調理したのですが、なんだかイマイチなんですわ。というか今までの我が家で言う「普通」の出来。

長男も「前のほうが美味しかったね」なんて正直に言うし・・・。orz

材料も調理方法も前回とほとんど同じに作ったのですが、違いはと言えば、前回は牛肉ミンチはミートボールとして食べる直前にトマトソースと合わせたわけですが、今回はミートソースなので最初から牛肉ミンチを炒めてトマトソースと一緒に煮込んであるという点。

本来なら、ミンチはトマトソースと一緒に煮込んでありますから、こちらのほうが美味しいはずだと思ったのですが、さにあらず。

なんでこんなに違いがあるのか?

もう一つ違いがあります。前回のミートボールのミンチは「牛肉の塊をミンチにした自作もの」で、今回は「スーパーで売っているミンチ」を使ったってこと。

牛肉に限らず豚肉でも「自作ミンチ」の方が美味しいし、ミンチの具合、脂肪の量も好きに調節できますから良いのは間違いがないのですが、そうだとしても「これほどまで違うか?」と今回思いました。

前回の自作ミンチはJaya Grocerで買った「Australian Grain Finished Chuck Tender」でキロ単価はRM56.90の安い肉で作りました。

今回のミンチはB.I.G.で買った「Weight Watchers Minced Beef」(脂身が少ない)でキロ単価はRM55で、価格的には前とほとんど変わりがない。(マレーシアではミンチだから安いってわけではない)

ミートボールとミートソースってトマトソースの部分の作り方は全く同じで、ミートボールはそれで煮込んではいません。でもミートソースは炒めたミンチと3時間は煮込んであります。

私としてはミートソースのほうが美味しくなって当たり前だと思うんですが、そうでもない。たっぷり入れた牛肉ミンチの味が薄いんですよ。

これって肉の違い?

これほど違いがあるもんですかね。

この差ができる理由がわからないんじゃ、いくら調理実験をしたところで全く意味がないと思います。

本当に料理って難しい・・・・。

ということで、「Australian Grain Finished Chuck Tender」の塊肉がありましたのでそれを買ってきました。次回はこれで「ミートソース」を同じ様に作ってみる予定。

もし美味しく出来たら「ミンチの違いで出来上がりに大きな違いができる」がはっきりわかりますし、もし似たようなものしか出来ないとしたら、同じミンチでもミートボールにしたほうが美味しいのがわかる。

もしこれで作るミートソースがイマイチなら、ミートボールの優位性がはっきりしますから、次に「スーパーのミンチでミートボールを作る」実験をします。

これではっきりするはず。

つまり、

*チャック肉を使ったミートボール ◯
*スーパーのミンチで作ったミートソース X

今の時点でわかっていることはこれで、次の実験で次のことを調べます。

*チャック肉を使ったミートソース ◯ となれば、「肉の違いが大きい」のがわかる。

もしXだとすれば、ミートボールという料理が良い可能性が出てきますので、次の実験で

*スーパーのミンチで作ったミートボール ◯ となるのかどうか調べる。

もしもチャック肉で作ったミートソースがXで、スーパーのミンチで作ったミートボールもXだとしたら・・・。もう調理実験なんかやめたほうが良いかもですね。あるいは作る度に「神様に美味しくしてください」とお願いするか。

こんな実験をする人っているのかなぁ・・・。ま、どうせ自分は変人だという自覚があるからどうでも良いことではあるんですが、世の中の人ってどうなのかちょっと気になります。

---------(後記)-----------

ああああ、美味しかったミートボールは「自作豚ミンチ」を足してあるんだった~~。約30%。

まさかそれであの美味しさが出た?

う~~~~~む、わからん。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「蔵(くら)@ワンワールドホテル」へ行ってみたけれど・・・

私が楽膳や寿司ざんまいなどを経営するゼンショーグループって凄いと思うのは何度かこのブログに書いています。

厳しい日本人のスーパーバイザーや板前さんがいるわけでもないのに、「和食もどき」と言っては失礼なそこそこ美味しい和食を提供しているから。また支店があちこちにありますが、支店差も大きいとは思えず、それもたいしたもんだなぁと。

楽膳、寿司ざんまい、北海道市場、そして「蔵@ワンワールドホテル」は同じグループですが、蔵はその中でもレベルが高いと思っていました。前にはちゃんとした日本人の板前さんもいたし、刺し身もそこそこでしたから。でもあるころから日本人はいなくなり、ある時、「寿司カウンターのショーケースがあまりにも汚いので文句を言った」こともあったのはブログにも書きました。

その後は全く行っていなかったのですが、蔵の店の場所が(日本で言う)2階から1階、それもワンワールドホテルとワンウタマショッピングセンターが繋がっている人通りも非常に多い場所に移転した。

久しぶりにワンウタマに買い物に行きまして、新しい「蔵」の前を通ったのですが、どんな店なのか入ってみることに。

時間は平日の午後2時頃ですが、かなり客も入っていて繁盛店の様子。

実は、私は楽膳や寿司ざんまいは大したもんだなんて褒めちぎっていますが、近年は、刺し身や寿司はほとんど食べたことがありません。一番多いのは「鶏カツ重」。(笑)

その他定食がいろいろありますが、そこそこ良いし「和食」と呼んでも差し支えないと思っています。

でも刺し身やお寿司は?

かなり前は寿司ざんまいでも「大トロが美味しい」なんてことがあったのですが、ある時、寿司ざんまいでお寿司を食べて、「なんだこりゃ」と残念な思いをしてから寿司ざんまいでの刺し身、寿司は中止。でも楽膳はちょっとレベルが高いようで、刺し身や寿司は「美味しい~~~」ってことはないにしても、禁断症状が出た時にそれを和らげるには良いと思っていました。

さて、蔵ですが、昔のイメージもありますし、寿司ざんまい<楽膳<蔵というように、刺し身や寿司のレベルが上がるのかなと思っていたわけです。

ということでお寿司を含めていろいろ食べてみることに。

メニューを見て思ったことは、メニューの殆どが寿司ざんまい、楽膳と共通だという点。つまり違うのは店名だけで中身は一緒かもしれない。これはミッドバレーの北海道市場もそうで、初めて行ったときには同じグループだというのを知らなかったのですが、メニューを見たら楽膳そのものでしたのでスタッフに聞いたら同じグループだというのがわかった。(北海道市場で食べたのはそれが最初で最後。楽膳と同じなら近所の楽膳で食べれば十分ですから)

まずはビールで乾杯。久しぶりのサントリーモルツの「生」。美味しかった~~~。

そして前にも食べたことがあって、かな~~り美味しいと思った「豆アジの揚げたもの」。これもめちゃ旨。

久しぶりのあん肝。ま、これは一般の居酒屋で出てくる普通のあん肝。感激は皆無。

長芋明太焼き。長芋も明太も大好きなので期待していたのですが、う~~む、イマイチ。この店は「明太」を使った一品料理がいろいろあるのですが、その明太が美味しくないと思います。激安で全く美味しくない大きなチューブ入りの明太(業務用)をマレーシアの和食材輸入商から手に入れたことがありますが、まさにあれだろうと思いました。せっかくの明太でもこれじゃ全く意味がない。

出足好調だったのが段々とテンションが下がってきました。

銀鱈の照り焼きですが、塩焼きにするべきでした。甘すぎ。やっぱり銀鱈は家で食べるものだと再確認。(笑)

牡蠣グラタン。味は普通で、小さな牡蠣が入っていました。でも「味は普通」というのはマレーシアでは大事なことなんですよね。「普通」というのは「評価できる」という意味になる。(笑)

そして私が楽しみにしていた「板長おすすめ寿司」(RM120)

やっぱりメニューの写真とはかなり違いますね(笑)。パッと見ただけでも美味しさは伝わってこないし、それは食べても同じ。大トロが二貫入っていますが、どちらも水っぽくて全然駄目。でも「ヒラメのエンガワ」が入っていて、これが一番良かったかも。

この寿司セットはRM120の価値は無いと思いましたが、マレーシアですからこれで良しとしないとならないんですかね。(創おまかせダイニング@ミッドバレーの方が高いけれどコスパは間違いなく良いと思いました)

ヨメさんが楽しみにしてた〆鯖の押し寿司。小さな小さななんてことのない〆鯖が入っていて、シャリは酢が効きすぎ。

大失敗なのはこれを最初に二皿頼んでしまったこと。(一つはお持ち帰り)

そして、我が家族の皆が好きな鶏のから揚げ。鶏のから揚げは家でしょっちゅう作りますし、それなりに美味しいですから外食で食べる必要もないのですが、たまにプロの唐揚げも食べないと家の唐揚げの進歩がないんですね。

でもこれがパッサパサで美味しくなく、残すことに。我が家では外食をしてもよっぽどのことがないと残さないし、残すなら持ち帰りをするのですが、この唐揚げは誰も持って帰ろうとは言わず。ヨメさんは「そもそも盛り付けが客に出す盛り付けじゃない」と怒っていました。(笑)

とまぁ、こんな結果でした。

食べながら思ったのは「楽膳グループは凄い。大したもんだ。なんてブログに書いて失敗したなぁ」ってこと。

いつも楽膳や寿司ざんまいで食べるのは「定食」なんですよ。それも刺し身、寿司関係は食べない。一番多いのが「鶏カツ重」でこれは美味しいと思っていますが、やっぱり刺し身、寿司関係は駄目ですねぇ。

昔の蔵ですが、マレーシアに旅行に来たときにはワンワールドホテルが定宿で(今でも一番好きなホテル)、滞在中に複数回「蔵」に行って寿司カウンターでいろいろ食べることもあったのですが、今の蔵は寿司ざんまい、楽膳と同じ。蔵へ行く意味はまったくないと思いました。

「楽膳や寿司ざんまい、蔵、北海道市場のダイショーグループは凄い。大したもんだ」というのを撤回させていただきます。m(_ _)m

もうこの店に二度と来ることはないねと、家族3人で話をしつつ家に向かいました。

つーことは楽膳、寿司ざんまいも同じってことなんですが、「鶏カツ重」だけは食べに行こうと思います。ああ、それと「豆アジの揚げたもの」。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

日本とブルネイの素晴らしい関係

ブルネイってとっても変わった国ですよね。ボルネオのマレーシアの中にぽつんとある小さな国で、石油や天然ガスが豊富で税金も(ほとんど)ない、大金持ちの国。

というかあのボルネオの国や、私達がマレーシアだと思っているサラワク州もなんだか独立国みたいな立ち位置でわけがわからない。

戦時中、当然、日本はボルネオ島にも進出してあの辺りを統治していたわけですが(ブルネイは日本国ブルネイ県)、その当時の話は日本では語られない。「アジアの人々に多大な迷惑を掛けた戦争」という大きなくくりで纏められているだけ。

あの戦争が侵略だったのか開放だったのかは難しいところがあると私は思っていて、私は左派が言う「侵略」が正しいとは思っていないし、でも最近の右派の一部が言う「アジア諸国は日本に感謝している」というのも誇張があると思っています。日本に対する東南アジアの国々の印象も、それぞれ日本がどんな統治をしたのかで差があるし。

戦後はブルネイの石油、そして天然ガスを日本が輸入し、大事な関係があるわけですが、そんなややこしい歴史の中に、日本とブルネイの間に一つの「美談」があるのを知りました。

こういう話はアジアにいくらでもあるんですね。日本が統治をしていた台湾やパラオは親日で、多くの美談、お互いに手を取り合って生きてきた歴史もある。私はそれを侵略だとは思いたくないし、インドネシアの独立に旧日本軍がどれだけ貢献したかというのは周知の事実だけれど、インドネシアの独立宣言の日付は「17・8・05」となっている。この意味までを知っている人は少ないかもしれないけれど、これは「日本の皇紀2605年8月17日」を意味する。つまり1945年8月17日。

また当時は日本の傀儡国であるのは間違いがないものの、ビルマの独立宣言の中にある「ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するなり」という一文も当時の【一部の】アジア人が持っていた意識として嘘ではないと思う。

でもま、戦勝国が歴史を作り、そして書き換えるわけで、当然、その地の教育でも戦勝国史観による教育がなされていて、かつての日本時代を懐かしむ歳よりもいなくなったらどうなるのか気になったり。そしていつか「日本は悪の権化」という歴史は間違いない世界史の一ページになるんでしょう。

それでも私は思うんですよ。あの戦争によって白人に寄る植民地支配は終わりを告げたと(そういう時代にすでに入っていたという論者も多い)。そして日本の統治によって大きく発展し、地元民にも感謝された地域もあると。「戦争の勝敗は、戦争目的を達したかどうかによって決まる」とクラウゼヴィッツが戦争論の中で言っていたけれど、そういう意味では白人たちの横暴にストップを掛けアジア開放のきっかけを日本が作ったのは間違いはなく、それを誰に讃えられることがないにしても私は日本人として、そういう部分もあったのだと心の中でひっそりと持ち続けていようと思っています。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「創おまかせダイニング@Midvalley」のランチだけど・・・・・

久しぶりに「創おまかせダイニング@Midvalley」に行ってきました。ランチです。

前回は美味しくて感激しましたので楽しみにしていたのですが、今回は前ほどの感激はありませんでした。っていうか期待が大きすぎたんでしょう。

そして「ちょっとコストを下げてきた」のが見えました。残念です。

でも一つ一つに手を掛けているのは良くわかりますし、そしてそれは「板前さんがちゃんと仕事をしている」という意味じゃなくて、本当に細かいことに手をかけているのが見てわかる。食べてわかる。ここに変わりはありませんでした。

また前には気が付かなかったんですが、これほどスタッフがきっちり教育されている店も珍しいと思いました。店はかなり大きくてスタッフも多いのですが、お茶や料理を出す時に、まずはレディーファーストでその次は男性の歳の順に出すんですわ。こういうのってマレーシアでは初めて。

しかし暇な店です。個室が奥の方に、それも点在するようになん部屋もあって、「秘密の食事」をするにも良さそうな大きな店ですが、私達が入店した12時には客はゼロ。私達が帰る1時半頃には二組入っていました。

私達が頼んだのはこれです。

価格そのものは決して安いランチではありませんが、この価格帯の店と比べるとかなりコスパが良いと【前回】感じました。でも今回は「コスパは普通」って感じ。でも決して悪いとは思いません。

先付けは胡麻豆腐。これは特筆すべきことはなし。

メニューにはないものが出てきました。タコのカルパッチョ。タコ好きの私は嬉しかったです。生ダコ。美味しかった~~。

次に出てきた「椀物」は「ゴボウの茶碗蒸し」でした。

餡はゴボウを擦り下ろしたもので作られていて牡蠣が入っている。これが美味しいなんてもんじゃなくて、一同、びっくり。葉物は「春菊」です。これも嬉しい。

この店の良さはこういうところだと思うんですよ。同じ価格帯の他店で「鮨コース」を頼んでも出てくるのは、ほんのちょっと手の混んだ茶碗蒸しだったり。

刺し身はカツオ、マグロのトロ、サーモン。カツオは寝かしたカツオの美味しさがありました。

そして次に出てきたのはお肉。和牛ないしWagyuだと思います。美味しかった。

そしてやっと寿司コースの寿司です。

寿司大好きで寿司コースを頼んだわけで、やっぱりここのお寿司の大きさは小さすぎる。でも全体としてはランチですしこれで十分なんでしょう。

左下は金目鯛のはずですが、美味しかった~~。でもその隣のサンマは魚臭くて残念でした。でもサンマはこんなもんでしょうね。あえてサンマを出す必要もないと思うんですが・・。

デザート。手前のはヨーグルトです。それが膜に囲まれた卵みたいな感じで不思議な食べ物。

これで終わりですが、寿司コースと言っても寿司が主役じゃなくて、いろいろと出てくるんですね。そしてそれぞれがちゃんとしていて手も掛かっている。これがこの店の特色じゃないですかね。そしてコースとして調和が取れているのも凄いと思います。

でも前回ほどの感激はなし。

とは言ってもこの価格帯のランチとしてはコスパはそこそこじゃないかと思います。私が知っているこの価格帯の店はほとんどが「コスパは悪い」と感じますので、そういう意味でこのお店は良いと思っています。

今度はディナーで行ってみたいなぁ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ