「自家製ミンチ」はかなり割高になるのかと思ったらさにあらず

自家製ミンチを作るのはゴールドコースト時代からやっていましたが、心の中では「なんて贅沢をしているんだ・・」って思っていたんですよ。だからちょっと後ろめたいものがありました。

でもそもそもミンチって幾らぐらいするのかって私は知らなかったんですよ。

「買い物をする時に値段も見ないのか?」って怒られそうですが、ミンチって「安い肉の代表」だと思っていましたし、昔、昔、牛のステーキなんか高くて食べられない時代はミンチばかりでした。だからミンチって安いもんだという固定観念があって、あえて値段も調べませんでした。

でもマレーシアに来てから、あちこちのスーパーとか市場、マーケットがあって、スーパーもグレードがいろいろだし、結構価格を細かく見るようになったんです。特に牛肉は「キロ単価」をしっかり見ますので、どの店のどんな肉はいくらぐらいってのが頭に入っています。Lot10の田丸屋のオーストラリア和牛のアイフィレはキロ500リンギで伊勢丹の地下では499リンギだとか。(笑)

またスーパーによってかなり値付けが違うのがわかりまして、なおかつB.I.G.やバンサショッピングセンターのJasons(牛肉はB.I.G.の業者と同じはず)はオーストラリア和牛でもランク表示があってランクによって価格が違うとか(キロ599のアイフィレは激ウマ)、アンガス牛、無印のオーストラリア牛はいくらぐらいだとか。

この価格チェックは豚肉も鶏肉もやっておりまして、ある日、ワンモントキアラのビレッジグローサーって高いと言われているB.I.Gより高いのに気がついてびっくりしたり。なおかつ鶏肉の品質はB.I.G.の方が良いとか。

でもねぇ、ミンチだけは全く価格を見ていませんでした。

肉屋、肉売り場で売っている「ブロック肉」や「スライス肉」が「ミンチ」より高いのは当たり前ですが、どのくらい価格差があるのかは全くわからず。

でもブロック肉をミンチにするなんて贅沢は「TTDIの豚肉」なら良いと自分で言い訳を考えていたんです。スーパーで買うショルダーのブロック肉を使ったら「高い」はずですから。

ところがですねぇ、最近、ミンチの値段を見るようになって驚きました。ミンチって高いのね~~~。

例えばこれ。ビレッジグローサーですが、脂身の少ない豚のミンチはキロ単価が42,9リンギもするのね。

脂身があるミンチは安いですが、このミンチってフライパンで炒めると脂だか水だかがどんどん出て来て料理する気が失せるんですわ。ビレッジグローサーです。キロ単価は39.8リンギ。

じゃぁ他の豚肉はというと、三枚肉でもキロ単価は45.9リンギ。

脂身と皮が付いているロインのブロックがキロ単価49.9リンギ。ああ、これはブランド肉だから高いのは当たり前か。

大体こんな感じで、ミンチが安いってことは全く無いのに気が付きました。

ちなみにTTDIで買う「ショルダーブロック」のキロ単価は25リンギ。激安です。

このショルダーブロックは背脂付きでしたので、確かキロ単価22リンギにしてくれたような・・。

ブロックでこの値段ですから、TTDIのミンチはもっと安いとは思いますが、私としては「安さ追求」ではありませんし、でも「高くても良い」という考えもなくて、TTDIのブロックを使ってミンチにするのならスーパーで買うものより「遥かに【安く】【美味しい】」と思うわけです。

実は冷蔵庫の豚ミンチの在庫がなくなりまして、でもTTDIに行くのは面倒だし、かと言ってスーパーのミンチを買うのも嫌で「どうしようか・・」と豚肉売り場で悩んでいたんですよ。(笑)

その時に、初めてミンチの値段を見て、「えええええ~~、ミンチって高いんだ~~?」ということに気がついたわけ。

じゃぁ、それよりちょっと高いだけで普通のショルダーが買えますで、その時はショルダー肉を買って帰ってそれでミンチを作ることに。

もしも「自作ミンチなんてコスト高で贅沢だ」なんて思う方がいらっしゃったら、是非スーパーで売っているミンチの値段を見てみてください。

その値段よりちょっと高いお金を出せば好きな部位で好きなようにミンチが作れるってこと。

また豚肉売り場で「脂身」も売っていますよね。これが背脂じゃないと買う意味がなくて、普通の脂だとラードとしてしか使いみちがありませんが、パックされたものを「指で押してみる」ことによってそれが背脂かどうか分かるんですね。背脂なら「硬い」ですからすぐわかる。そしてその値段はかな~~り安い。

自作ミンチは面倒といえば面倒ですが、ミンサーもフードプロセッサもなくても包丁で叩けばOKで、そうしている主婦も少なくないはず。味が全く違いますし、脂身を好きな配合に出来るし、料理のできあがりの「歯ごたえ」も思うがままに作れます。

是非、お試しあれ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ヨメさんから「買っても良いというお許し」がやっとでた。【ミンサー】

オヤジの料理実験の趣味ですが、あれやこれやと調理器具も欲しくなってきます。我が家にあった方が良いものや小物は「キッチンの天皇」であるヨメさんに聞かずに買ってきちゃうのですが、やっぱり「無くても良いもの」を買うと五月蝿いんですよ。

それでもめていた(笑)のがミンサー。肉をミンチにする器械。

手で回す昔からあるタイプのものなら目立ちませんから良いにしろ、電動のものだとヨメさんの許可を得ないとうまくない。

今までにヨメさんの機嫌の良い時を見計らって、「ミンサーがあればなぁ・・」なんて話題に出していたのですが、無視するか「冗談じゃないわよ」というかどちらか。(T_T)

でもねぇ、今回、お許しが出ました~~~。\(^o^)/

ミンサーがあればこれだけ違うものが作れるんだというのがヨメさんにもわかったみたい。今までも包丁で叩いたり、フードプロセッサーで自家製ミンチは作っていたのですが、やっぱりミンサーで挽いたものとは違うのね。

包丁で叩いたほうがミンチらしくなるのはわかっていて、でもかなりの重労働。フードプロセッサを使えばほんの一瞬でできるものの、「大きさの調整が難しい」のと「肉が切れるだけで潰されていない」のね。だから食感が違うわけですよ。

それでもフードプロセッサで小さく切って、それをまた包丁で潰したりして作ったある日の「豚ミンチ」なんですが、これで作った料理がヨメさんのツボにハマったようで、やっとミンサーを買う許可が出ました。\(^o^)/

ヨメさんの心を動かした料理はこれ。

「豚団子餅米蒸し」。(笑)

そしてただの「茹でワンタン」。

なんてことのないものですが、(いつもの自画自賛ですが)激ウマだったんですよ。味付けも凝りましたが、豚肉は「ショルダー」と「背脂」をフードプロセッサーで細かくして叩いたもの。歯ごたえがなんとも言えず、また背脂がマジで良い味を出していました。

ヨメさんだけではなくて長男もシドニーから来ていた次男坊も絶賛。こんなの食べたことがないって、オヤジを喜ばすつもりだったにしても、かなりの好評でした。

ポイントは「ミンチを自分で作る」というより「好きな肉を好きな配合でつくれる」ってところにあると私は思っていて、「クズ肉」「ラード」を集めているだろう「普通のミンチ」とはまるで違うのね。我が家はトンカツでもショルダーが好きなんですが、ショルダーって美味しくて良いと思う。そして「背脂入り」ですから美味しくないはずがないのね。

こんな味で、こんな歯ごたえのものを食べたい・・・ってのが誰しもあるはずで、肉選び、そしてミンチも自分で作れば「自分にとっての理想」に近いものができちゃう。だからお店で食べるより美味しい。(他人がどう思うかは関係なし)

私が大きなショルダーブロックや背脂を買ってきたり、それをミンチにするのに苦労しているのをヨメさんも見ていて知っているわけで、それだけ手をかければ本当に美味しいものが出来るってのを今回は認めざるを得なかったのでしょう。

早速、ミンサーを買いに行ったのですがお目当てだったPanasonicのミンサーはなぜかどこも在庫を持っていなくて、第二希望だったPhilipsのがハービーノーマンでかなり大きな割引率で売っていたのでそれを買うことにしました。459リンギの定価のものが270リンギ。\(^o^)/

ただし、売っていなかったパナソニックのミンサーもそうですが、マレーシアでは需要がないのでしょう。フィリップスのこれも一番安くて一番機能が低いものしか売っていないのね。パナソニックの製品なんてマレーシアで何機種も生産しているのに、良い機種は国内では売っていない。(T_T)

でもま、これがあるだけで大きな進歩ですので、それでOK。

早速このミンサーを使おうと思ったのですが、何を作るか。

実は「ヨメさんと喧嘩してでもミンサーは買う」と決めていたので(笑)、ソーセージを入れるケーシング(豚や羊の腸)も日本から取り寄せて持っていました。

ということでソーセージを・・と思ったのですが、ここはヨメさんを立てて「何を食べたい?」と聞きましたところ「ハンバーグ」との答え。(笑)

でも牛肉の美味しい部位って結構高いじゃないですか。豚や鶏とはまるで違うし、悩んじゃいましたよ。わざわざ和牛なんて買ってミンチにするほど我が家は贅沢はしませんし。(オーストラリアみたいに「安い部位」が売っているならオーストラリアの和牛ってことも考えますが・・)

ということで、いつもビーフジャーキを作る安い肉を使うことにしました。腿肉ね。

この手の肉。

でも腿肉には脂が殆ど無いわけで・・・・、どうしよ。

なぜか頭の中には「牛肉100%のハンバーグ」があったのですが、我が家は牛肉100%なら喜ぶ家ではないし、何十年も食べ続けてきた「合い挽き」で十分。

ということで、この牛肉と「豚のショルダー」と「背脂」を足して合い挽きを作ることにしました。当然、そんなハンバーグは食べたことがありません。

それの用意をしていた時に、フトひらめきました。これにいつも使う「すじ肉」を足したらどうだろうかと。これを入れれば歯ごたえはもちろんのこと、ゼラチンたっぷりですからかなり美味しいものができるのではないかと。

まぁ、面倒くさいって言えばその通りなのですが、オヤジの調理実験としては最高。興味津々。(笑)

そしてハンバーグもどう作るかヨメさんに聞いたのですが、「煮込みハンバーグ」が良いと。「次の日が美味しいのよね~~~」なんて一人で喜んでいました。(笑)

で、作ったのがこれ。なんだかわけわからないと思いますが、「牛の腿肉」「豚のショルダー」「豚の背脂」、そして「牛のすじ肉」入りハンバーグ。

気になったのは「すじ肉」で、これをそのまま入れると臭いが出るかな?と思っていました。またすじ肉って煮込むから美味しいのであって、普通にミンチにして混ぜても美味しいはずもないのね。

ということで、すじ肉はデロデロになるまで「フードプロセッサ」でしつこく砕きました。そして「牛の腿肉」「豚のショルダー」「豚の背脂」はミンサーで「粗挽き」に。

まずは姿形がデロデロになったすじ肉だけ「チン」して味見をしたのですが、臭さは全くないのを確認。\(^o^)/

そして全部混ぜまして、ハンバーグにした。

これも美味しかったですよ~~。和牛じゃないですから和牛香はもちろんありませんが、味に深みがあって、そしてなんとも言えない歯ごたえがある。良いわ~~、これ。どこぞやのハンバーグより美味しい。

作るのが面倒ですが、餡がかなりの量になりましたので、玉ねぎやパン粉を入れる前の「ミンチだけの状態」で半分は冷凍にしました。後にこれでまたハンバーグを作っても良いし、ソーセージにしてもよし。

ミンサー・・・。嬉しい・・・・。

調理実験の課題がいろいろ頭に浮かんできます。

楽しみです。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

シドニーから来た次男坊が「美味しい~~」と驚いた店。【酉玉@パブリカ】

シドニーから来た次男坊を食事に連れて行くのに、まずはどこに連れて行くか。一番最初の店はそれなりにインパクトが欲しいわけで、我が家が考える「焼鳥はここが一番」だと思う「酉玉@パブリカ」に家族4人で行ってきました。

焼き鳥なんて世界中にあって、当然シドニーにもいくらでもあるわけですが、酉玉のような焼き鳥はシドニーにもないはずで、次男坊がどういう反応をするのか楽しみにしていました。

「美味しい~~~、何これ~~?」と(我々の期待通りに)次男坊が喜んでくれたので私も嬉しかった。

彼が一番びっくりしたのは「そろばん」で、これは鶏の首の肉であるセセリの一部分。私も酉玉で一番美味しいと思うのはまさにその「そろばん」で、やっぱり親子って似ているのかと思ったり。

でも私がそろばんの次に好きな「チョウチン」に関しては、彼にとってはあまりにも珍しい部位、見たこともないものなので、「気味悪さ」が先にたった様子。

チョウチン。

次男坊が食べる焼き鳥の注文は彼の要望も聞きながら私がしたのですが、やっぱり酉玉では焼鳥の定番としての「ネギマ」や「正肉」、「手羽」、「ササミ」は面白くないと思う。というかそういう定番を食べるのであるならば、私はスバンにある「炭家」のが方が良いと思うくらい。あるいはデサスリハタマスの「鶏鬨」もいろいろ他のメニューもあって良いし、それを言い出すとバンサの「小池商店」も良い。

やっぱり「酉玉」の良さって、手を掛けて鶏の部位の小さい部分を取り出して、それだけを集めた「一本」の美味しさを楽しむ店だと思う。

シドニー在住の次男、メルボルンには詳しい長男いわく、酉玉みたいな店はシドニーにもメルボルンにもないはずだとのこと。

シドニーやメルボルン、特にメルボルンは「食の都」でゴールドコーストとは全く異質な都市。あんな都市で酉玉みたいな店があったら、そして酉玉では日本酒に力を入れていて、オーストラリアでは日本酒ブームだそうで、きっと半端じゃなく大繁盛するだろうとのこと。

でもオーストラリアの鶏って美味しくないから駄目かな?なんて話を食べながらしていました。(笑)

そんなこんなで我が家では「酉玉」は代替のしようがない店なのですが、なぜかネットには酉玉の話題は少ない様子。なんでなのかなぁ・・。

確かに他店より高いとは思うけれど、ああいう手の込んだ「一本」は私は他の店では知らないし、でも焼鳥の定番を酉玉で食べると「大した変わりのは無いのに値段は高い」って思うんじゃなかろうか。これには私も同意見で、何度も書きますが「ネギマや正肉、ササミ、手羽」とかを食べるなら、私は酉玉には行かない。

つまり酉玉で(おまかせの)セット物を頼んだらあの店の良さは全くわからないんじゃなかろうか。自分の好きなものを頼んでも「本数を数えてセットとして扱う」ことをやってくれるので、そうするのが一番。またあの店のメニューはおかしくて「(二番目に)本数が多いセット」ほど一本単価が高い。焼き手のF氏はそれに気がついていなかった様子。(笑)

それと酉玉って本当に焼き鳥しか無いのね。野菜類や小物はそれなりにあるものの、メニューの幅広さという点は他店と比べ物にならないほど種類が少ない。だから「食事に行く」という感覚で酉玉に行くと物足りなさはあるし、食事が完結しない。

でも焼鳥屋とは「何本かつまみながら一杯飲む場所」とするならば、私には酉玉以外の選択肢はない。

で、さて、次にどこへいこうか~~~?みたいなのが酉玉の使い方だと思うわけです。

帰りにラーメンでも良いし、カラオケでも良いし、綺麗なおねーちゃんがいる店・・・があるのかどうかは知りませんが、そんな感じ。あるいは、仕事帰りにちょっとつまんで飲んで、ご飯は家に帰ってから食べるみたいな。

だから子連れで行く店ではないと思うし、子供に取ってはあまりうれしくない店かもしれない。

酉玉はお酒が高いのが一番の難点で、安くなくてもいいから「他店並」になったら良いなぁ・・・。

酉玉には「お酒の持ち込み」が可能で、でもコーケージとして「一本につき」50リンギだったかな。

「それって無いでしょ~~。50リンギ出したら2本でも3本でもOKってしないと~~。あるいは一人10~20リンギとか」とF氏に言ったものの、彼はそういう海外でのBYOシステムを知らないようで、また彼はマネージメントにタッチしているわけでもないので、「そんなもんですか」で話は終わり。(笑)

うーーむ、でも焼酎のボトルをBYOして50リンギで済むなら、持っていったほうが遥かに安くなるなぁ。ワイン好きには本数が増えるからそれじゃ高すぎるかも。我が家はウイスキーを飲まなくなったけれど、ちょっと気の利いたウイスキーを持っていくのも良いかもしれない。「久保田の萬寿」の一升瓶の持ち込みなんてのも良いかも。(笑)

次回には「酒の持ち込み」に関してもう一度確認してみますわ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「Grand Imperial Restaurant@BSC」は美味しかった

シドニーに住む次男坊がマレーシアに来てくれたのですが、彼が楽しみにしていたのはやっぱり「マレーシアの食」でした。

4泊5日の滞在中、毎日外食に行きましたがほとんどは私達がすでに行ったことがありそこそこ良いと思っている店ばかり。

ただ「Grand Imperial Restaurant」は行ったことのないバンサショッピングセンターの中の店舗にしました。

Grand Imperial Restaurantは、私達が「モントキアラに近い中華で良い店はないか?」とブログに書いたところ、読者の方からスリハタマスにあるGrand Imperial Restaurantはどうですかと教えていただいた店、グループ。

ワンウタマにもあって、その店舗は前に行ったことがあって、そこそこ良いと思っていましたがスリハタマスの店には行ったことがない。いつか行こうと思いつつそのまま・・・・。

いろいろ調べてみるとGrand Imperial Restaurantの評判は良いものの、バンサショッピングセンターにある店舗が一番美味しいと聞き、そしてJasonsで買い物も久しぶりにしたいので、そちらに行くことにしました。

写真は一切取りませんでしたが、「かなり美味しい」と思いました。そして飲茶ですが点心の種類も多く、ハズレもなく、そして高級店の割には値段も安かった。かなりの量の点心を頼んで、食べきれずに持ち帰りましたが一人あたり1500円ぐらいか。

いいですねぇ、Grand Imperial Restaurant。

ただ、やっぱり「甘い」と感じました。そして醤油も甘いのね。

この店、グループは今後も通いたいと思うのですが、「My醤油」を持参したほうが良さそう。

次回はスリハタマス店に行ってみようと思います。

最近、気に入っていたサウジャナリゾートの中にある「Ti Chen」より美味しいと皆の結論。

でもTi Chenにはあの店だけの利点があって、やっぱり私の両親の住まいから至近距離にあるってこと。そしてサウジャナリゾートっていつも空いていて(笑)、ヨタヨタ歩く両親には最適。だからやっぱりTi Chenに行くことは多いだろうと思います。

でも両親が行かない場合、つまり私の家族だけでは行かないと思う。わざわざモントキアラからサウジャナに食事に行くほどよい店だとは思わない。

またGrand Imperial Restaurantが美味しいのはわかったものの、我が家の中華というとチッタモールの「Unique Seafood」が定番なんですが、そしてGrand Imperial Restaurantに行った次の日にも行きましたが、やっぱり「Unique Seafood」の良い点は間違いなくあって、ここはここで我家の定番から外れることはなさそう。

とりあえず飲茶は「Grand Imperial Restaurant」でアラカルトや海産物の鮮魚は「Unique Seafood」って感じ。「Unique Seafood」はダマンサラにもあってどうもそこが旗艦店(要確認)みたいなのですが、行ってみたところ環境が良いとは思えず、我が家としてはチッタ店の方が良いなぁ、と。

Unique seafoodの活魚。これはRed snapper。活きていて元気の良さそうなちょうどよい大きさの魚を自分で選んでもメンバーの割引で1キロあたり80リンギぐらい(調理代込み)だから決して高くはない。

活タイガープロウンの蒸し物。活きているエビを調理したものだから抜群に美味しい。この量で2800円ぐらいか。(スーパーで売っている死んでいて美味しくないエビでもこの量を買うと2000円を超える)

このUnique seafoodで食べたいものを食べても(高価なものは頼まない)、一人2000円を超えたことはないはず。

で、チッタモールの場合には「ビレッジグローサー」があって、そこの品揃えは「日本食以外」はワンモントキアラのビレッジグローサーより良いと思うしたまには行きたいので、「Unique Seafood + ビレッジグローサー」ということで行く機会は少なくない。

きっと他の地区、それもモントキアラから近いところにいろいろな素晴らしい店があるのだろうけれど、あちこち回って新規開拓するより「美味しいのがわかっている店に行く」方が我が家としては嬉しい。ま、なんだかんだ言っても我々はまだマレーシアに上陸してから1年も経っていないし、新しい店よりも「安心できる店」を何店舗か確保することを優先ってことですかね。

でも私達もすでに気が付きましたが、「同じ店でも味が一定ではない」のね。その日によって全然駄目だったり、シェフが変わっちゃって味も変わったり。特に和食店にはそれが多くて、「日本から来たシェフ」がいる間は良いけれど、ローカルスタッフに任せた瞬間、全く違う店みたいになったり。

そういう意味ではダイショーの経営する「楽膳」とか「寿司ざんまい」は大したもんだと思いますわ。今では店舗どころか各店を見て回るスタッフにも日本人がいないそうで(蔵でそう聞いた)、ローカルだけであるレベルを維持しているし、あれだけ多い店舗に私はブレを感じません。

でもやっぱり「オーナーシェフが頑張る店」が良いと思うわけで、そういう小さなこじんまりとした店で落ち着ける店を探したいと思っています。まだまだ行ってみたいと思うけれど行っていない店はいろいろあって、今後も楽しみ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

次男坊がシドニーに帰っていった・・・

次男坊が遊びに来たのが土曜日、帰った今日は水曜日。4泊5日ってことですか・・・。

あっという間でした。

どこに行くわけでもなくて、おじーちゃんおばーちゃんと会って食事に行く、家で延々話し込む、そんな感じの毎日でした。

でも我が家では子供たちが小さい頃からやっていた「討論会」が出来たのは良かったです。親子、兄、弟の立場は一切関係なく「言いたいことを言う討論会」。でもヨメさんは入ってこない。(笑)

次男坊は見た目では順風満帆ですが、仕事の内容、彼の生活を聞くと「ブラック企業で働く若者」そのものでした。オーストラリアって結構9時5時の仕事しかしない人も多く、残業だの転勤だのがあるようなら「じゃ、辞めます」みたいな感じなのに、次男坊の会社はオーストラリア企業じゃないみたいな酷さ。

そして監査という仕事の内容に達成感が無いのが何よりも辛いと言っていましたっけ。お金のために自分の心身と生活を売るようなもんだと涙を浮かべながら愚痴る息子が哀れでした。同期入社は100人ぐらいいたのに、今では彼を入れて二人しか残っていないらしく、下っ端ほどすぐに辞めていって、上は実務はやらないそうで中間管理職に仕事が集中しているらしい。

でも「まだ若いんだから・・」なんて私は思うわけですが、そんなのは本人には関係ないんですね。それどころか一番わかってくれるはずのオヤジがそんな一般論を言うってのが彼にとってはもっと悲しいことだったのかもしれない。

「辞めるのはいつでも辞められる」わけで、もう少し様子を見ろということしか出来ませんでした。

そして私がなぜマレーシアに来たのか、彼の兄である長男と私が何をしようとしているのかの細かい話をしたところ、「俺もそれをやりたい!!」ですと。でも我が家の男三人が同じことをやるのはリスクが高すぎるので、「時期を待て」と。

結局、何も決められない我々でしたが、しばし様子を見つつ、それぞれの出来ることに集中しようということで討論会は終わり。

私の独りよがりの夢に長男が乗って、今ではそれに次男坊も期待している。

さてさて、これからダボ家はどこへ行くのか、どうなるのか・・・・。

全ては神様にお預け・・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ