我が家の「鶏のから揚げ」の変化 & 鶏って美味しいなぁ~~

世の中に「鶏のから揚げ」と「餃子」があればそれだけでも生きていけるくらいに思っている私ですが(嘘)、最近、大好きな「鶏」の食べ方に変化が出ています。

まず我が家は「鶏肉は骨付きのドラムスティック」しか使わないとブログにも長年、書き続けて来たのですが、最近、「骨付きのドラムスティック」を買うことはほとんどなくなりました。

では何を買うかと言うと、「手羽」、「ささみ」です。でも「胸肉」は買わない。(笑)

手羽は昔から大好きで、「手羽の唐揚げ」、特に「手羽中」は大好物なんですが、やっぱり美味しいなぁと。

「ささみ」は我が66年の人生で好きだと思ったことは一度もないのに、最近は「ささみ」も美味しいなぁと。

「ささみ」に関しては「水晶鶏」が良いと思っています。「片栗粉をまぶして茹でるだけ」で簡単で美味しいし、パサツキ感も皆無。ささみですが、塩コショウだけじゃなくてちょっと「そばつゆ」とかで味付けをしておくのが美味しいと思います。タレもいろいろで好きに作る。

そしてマレーシアに来るまでというか、我が人生でも食べた覚えがない「ささみの唐揚げ」も食べるようになりました。

ただし、我が家の唐揚げって「日本の一般的な唐揚げ」とは違っていて、「片栗粉をまぶして揚げる」のではなくて、「きっちり衣をつける」方向に変わってきています。でも天ぷらではなくて、どちらかというと「フリッター」に近いのかな?パン粉は使いません。

衣に使う粉ですが、これはいろいろ実験していてこれぞと決まったものはないのですが、小麦粉の他に「コーンスターチ」は必ず入れます。仕上がりが片栗粉よりカリッと揚がるし、片栗粉みたいに時間が経ってもベチャっとしないから。でも片栗粉は一切使わないわけでもなくて、「小麦粉」「片栗粉」「コーンスターチ」、そして「米粉」をその時の気分によって合わせます。小麦粉は一切使わなかったりってことも多い。その場合、衣をしっかりつけると「カリカリ」というより「固めの衣」に仕上がって、タレと合わせる場合には面白い食感になって良いと思ったり。

粉をまぶすだけじゃなくて、衣をしっかりつけるようになったのは「我が家は白米をほとんど食べない」ようになったからかも。炭水化物を減らすのが目的ですが、衣を付けたら意味がないじゃないかと思うものの、炭水化物を「抜いている」わけじゃありませんから、衣があったほうが満足感があるのね。

ささみの唐揚げ。

ただし、ささみって味が薄いから厚い衣だったり、衣にしっかり味をつけちゃうと全くおもしろくない唐揚げになりますね。だから上の写真のささみの唐揚げは美味しくなかった。(笑)

でも、「手羽」の場合は大丈夫。

また手羽ですが、名古屋風に衣も粉も一切つけない「素揚げ」も美味しいと思うようになりました。この素揚げがなぜかヨメさんにも息子にも大好評。

そしてこれにタレをまぶせば「やまちゃん風」になるし、タレをいろいろ変えてみるのも面白い。

しかし唐揚げってバリエーションが無限にあると言っても良くて、美味しいし飽きません。

最近、作ってなくて、でもこれも激ウマだと思うのが「韓国風の唐揚げ」ですかね。衣を「固く仕上げる」のがミソで、衣を叩くと「コンコン」と音がするほど固くします。だからこそ、それとタレが絡まって柔らかいところも出来て、なんとも言えない食感になるのね。これもまた、タレは好きに作ればよいわけですが、コチジャンを入れて辛くするのがやっぱり美味しいと思ったり。

RX1R-02364

それとたまに作ろうかと思うのがKFC的な、柔らかくてちょっと厚めの衣をつける揚げ方。でも圧力鍋は使わない。

あああ、今まで作ったことはないけれど「油淋鶏(ユーリンチー)」も良いなぁ。そのうち、作ってみよう。

しかし世の中には「鶏は食べない人」って結構いるのね。私の友人にも二人いますが、どちらも「かつて鶏を飼っていて・・」という体験がある人たち。繊細なんですねぇ。

我が家のヨメさんも福岡の田舎で子供の頃に鶏を飼っていたらしいのだけれど、「気がついたらその鶏が食卓に出た」経験があるとのこと。でもその鶏を食べたそうで、その後、鶏を食べなくなることもない。この違いってなんなんですかね。九州女は強いから?関係ないか・・。(笑)

鶏って人類の救世主だと思いますわ。もし鶏がなかったらつまらない食生活だなと思ったり。

さぁて、何を作ろうかなぁ・・・。

「油淋鶏(ユーリンチー)」も良いけれど、「白切鶏」、「紹興酔鶏」も良いですよね。

あああ、「海南チキン風」もいいなぁ。最近、作ってないし。コリアンダーは絶対のお約束。これは「低温調理」で作ります。

鶏さんにはお礼を言いたいです。鳥のおかげで私の人生は楽しい。(笑)

太古の時代に、鳥の祖先である「恐竜」に追いかけ回され食べられた人類の同胞、祖先の恨みは忘れてやろうと思う。(^_^)v

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

4 thoughts on “我が家の「鶏のから揚げ」の変化 & 鶏って美味しいなぁ~~

  1. 過去のフィチン酸のおはなしと人体実験が大変参考になりましたが、最近白米を食べなくなってご家族は炭水化物は何をとってらっしゃるのでしょうか?

    わたしは大好きな小麦を週1-2回までに減らしたらかなり体調が改善しました。 thanks

  2. ゆっきーさん、お久しぶりです。

    フィチン酸?なんでしたっけ、それ。

    今、自分のブログを検索して思い出しました。(笑)

    炭水化物らしいものってあえて食べていません。今日のブログにも書いた「衣」とか野菜でも炭水化物の多いものは食べますし、ご飯も全く食べないわけじゃなくて、でも外人がご飯を食べるように「野菜の一種」あるいは「おかずの一種」みたいな感じでしょうか。

    パンは時々食べますが、ほとんどがベトナム風のパン。フランスパンに似ていて歯ごたえがしっかりしているので気に入っています。自分でも焼いてみようと思うくらい。

    小麦を減らしたら体調が改善?それって炭水化物が減ったからという意味でしょうか?

  3. おへんじどうもありがとうございます。

    ちがいます。全部の摂取食品に占める、炭水化物比率はかなり高いです。豆類と一緒にとればアミノ酸スコアもたかくなりますし。
    小麦は日本のコシヒカリと同様、血糖値が異常に上昇するように品種改良されているから、炭水化物ぬきが流行しているのですよね?小麦はアミノ酸スコアもオーツやそばと比較すると低いです。

    玄米10%ライ麦10%胚芽米40%オーツ麦35%オーツブラン5%という感じでしょうか?本当はそば粉も取り入れたいのですが、そば粉はべらぼうに高いので、家庭菜園で玄ソバをつくりはじめるしかないか?と思案しています。

    小麦抜きをしたあと、自家製ライ麦パンをふくらませるためにグルテンを購入してきて添加してみたら、皮膚が悪化したので、グルテンはやっぱり日本人にも関係あるのかもしれません。ちなみに病院でIGE値に異常がでたことは一度もありませんし、食品アレルギーチェックも一度もひっかかったことがありません。
    thanks

  4. なるほど。

    炭水化物うんぬんもあるけれど、内容に大きく関係があるんですね。グルテンも関係がありそうですか?へ~~~。

    我が家の場合は、なんとなく炭水化物を減らして欧米人っぽい内容にしているだけです。エネルギーは炭水化物からみたいなのはやめる。どんぶり飯は控えるって程度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください