「餃子の包み方」に開眼した~~~

相変わらず大好きな餃子を家で作っていますが、いつも面白くないのは「包むのが面倒」ってこと。

餃子の皮はローカルの市販のものを使っていて、皮まで自作はしないものの包むのが面倒。これがどうにかなればなぁ・・と今回も考えていたんです。

で、ユーチューブで見た中国人の包み方を真似してみることに。

中国人の包み方も「スピード重視の商売人の包み方」と「見た目も綺麗な包み方」があって、なぜか日本人って「見た目も綺麗に作るのが当たり前」という固定観念があるように思います。私もそうしたいのですが、面倒ですから「早く包めるダボ流」でやってきました。

今回はそれよりもも~~っと早い包み方をやってみました。中国人がスピード重視で作る時のやり方。

まず、私の包み方ですが、どの様に包もうと「水」が必要です。それを皮の周りにつけないと皮がピッタリくっつかないから。

まずそれの時短。

キッチンペーパーを折って、それを水に浸します。

包む前に、その上に「皮を置きます」。この写真のように皮の全てではなくて、「半分以上、3分の2以下」の感じ。皮を持った指は離しません。

餡を乗せてから、皮を半分に折って包み、周辺をくっつけます。ヒダは作らないのがポイント。

これを両手で持って、親指と親指を合わせた状態で「ギュっと内側に丸め、握る」。

それだけ。

この速さって半端じゃなくて、今までの半分以下になったのは間違いがなく、ストレスなくどんどん包めました。

ただし問題もあって、ギュッと握った時に形をしっかり決めないと、「ヒダが無いから元に戻ろうとする」んですね。置いておくとどんどん広がってしまう。そこがポイントかな~。

あるいは、両端を真ん中で合わせて「丸っこい餃子」にしてしまうか。

なんでこんな簡単なことに今まで気が付かなかったのかと思いますわ。

今までは、こんなのを見て、どういう風に作るべきか考えていたわけです。

今回、参考にしたのはこれ。

進化する我が家の餃子ですが、味的に「これがベスト」というのはまだ見つかりません。

なんで出来ないのだろうか・・・、不思議。

今回は「水で戻した乾燥シイタケ」と「たけのこ」を入れて、「日本風肉まん」を作るつもりでいました。皮はもちろん小麦粉+イースト菌を使って作る予定。

ところが今までなら一発で決まる味付けが今回は決まらず、あれこれ調味料を入れていじくり回しているうちにわけのわからない餡になってしまいました。ということで肉まんはやめて、キャベツを入れて餃子にすることに。orz

いろいろな味の餃子は美味しくなくても我慢できますが、日本風肉まんだけは手がかかるだけに、中途半端なところで妥協したくありません。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

4 thoughts on “「餃子の包み方」に開眼した~~~

  1. うちのヨメは普段の餃子は日本式です。
    弁当用は、だぼさんが書いている上の包み方のように、ひだなしで包んで
    両端を真ん中で合わせてお雛様みたいにしていました、
    かわいいなぁと思って見ていました。

    「進化する我が家の餃子ですが、味的に「これがベスト」というのはまだ見つかりません。」
    多分、
    だぼさんの中でこの餃子の味がベストと言う「店、味」に出会って無い、「俺がおいしいと思う餃子の味」イメージが固まってないからじゃないですか?
    僕も漠然とした商品開発の指示出されると何度も作って上司と味の方向性の確認をします。

    「天下一品のラーメンの味と同じもの」「この(レトルトカレーの)味と同じもの作って」と言われるとめちゃくちゃ楽です。

    今も、悩みながら作ってる商品が有るのですがゴールを目指してあれこれ足したり引いたりしてるうちに、何やってるか分からなくなって
    また1からゴールを確認する日々です、
    アー「おいしい笑顔は難しい」

  2. 私が思う「美味しい餃子」ってのは「昔の日本の普通の餃子」なんですよ。

    でも確かにそれを最近、食べていないわけで、イメージが出来ていないんですね。それは間違いがないと思います。

    ただ最近、わかったことは
    1 肉が多すぎては駄目
    2 オイスターソースは無しか、控えめに
    3 脂が多い豚肉を使う

    そんな感じかな。

    安っぽさを追求したほうが多分、私が考えている餃子に近くなるんじゃないかと思っています。

    それとブログには恥ずかしくて書けないんですが、ワンタンもそうなんですよ。昔のワンタンって、餡はほとんどなくて安い豚でちょっと臭うようなレベル。

    でもあれが美味しかったんじゃないかと思ったり。(笑)

  3. 肉と野菜は3:7くらい
    肉と脂身7:3くらい
    脂身の脂が流れないように片栗粉をつなぎに使い閉じ込める。
    塩は全体の0.7%くらい
    砂糖、味の元で味にふくらみをもたせる
    白菜はとキャベツ派に分かれますが
    僕はニンニクが効いていれば良い派です
    野菜もしっかり絞ったほうが食感でますよね
    なかなか道のりは遠いですね 

  4. 実は、最近、前以上に味が離れていってしまっているんです。

    その理由は多分、「背脂」を使わないようになったからじゃないかと。そして脂肪分も少なすぎる。

    原点に返ってまたそのうち作ってみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください