食べたいものの傾向がどんどん変わる。なんでだろう・・・

歳を取ると食べたいものの傾向が変わるのは両親を見ていてもわかるんですが、それが私にも起きているのが間違いない。

それもその変化が異常なほどに早いんですよ。

何を食べたいかというと、やっぱり和食で、でも高価なものでも何でもなくて、若い頃から好きだったものを食べたいという思いがどんどん強くなるんですわ。

これは餃子も同じで、昔食べた美味しい餃子をどうにか家で再現しようかと、他人が見たら馬鹿じゃないかと思うくらい悩んで作るし、どうにも出来なくてがっかりしているのが、実は「もやしラーメン」だったりする。高校時代は上石神井に通っていたのですが、美味しいラーメン屋があって学校の帰りにはかなりの頻度でそこのもやしラーメンを食べていました。でもいわゆるグルメが食べて美味しいもやしラーメンじゃなくて、もやしはとろみが付きすぎていて、麺はかん水が多すぎて黄色も匂いも強いような麺。でもそれが好きだったんですよ。

それとか新橋にあった肉屋の「メンチカツ」も、こんなに美味しいものが世の中にあるのかと思うほど美味しかった。

そういうものばかり、頭の中でぐるぐる回っていて、「食べたいなぁ・・・・」と思うわけです。

だからマレーシアにいてもマレーシアらしいものを食べたいと思う気持ちは全く消えていて、ジャランアローに行こうとか、どこかのホーカーズで食べるとか、そんなことも全く思わなくなってしまった。

大好きな中華も同じで、新時代の中華フュージョンみたいなのは全く興味がなくて、かつて香港より美味しいと思った新橋や田村町で食べた中華を食べたいと思う。日本式にアレンジされたものね。「本場の本物が美味しい?フン、俺には関係ないね」ってなもんです。若い頃は全く逆だったのに不思議です。日本式にアレンジされたものなんか駄目で、やっぱり本場で本物を食べたいと長い間、思い続けていたし、海外に住みながら「和食を食べたい」なんて人の話を聞くと「そんな人もいるのか?」ぐらいに思っていた私。

そして今回、どうしても食べたいと思うものがあって、ヨメさんに頼んで作ってもらったんですよ。私が作ると、作る前から味が想像できちゃって面白くありませんから。また市販のものは食べなくても日本人向きではないのがわかっていますから。

これですよ、これ。

お稲荷さん。

美味しい~~~と思った感激の大きさって半端じゃなくて、甘すぎないし、すし酢に少し梅を入れてあって、これほど感動したのは今年初めてかもしれないと思うくらい。

ヒーヒー喜んでいる私を見て、ヨメさんが「あんた、おかしいんじゃないの?」なんて言いますが、たしかにその通りなんでしょう。なんでお稲荷さんを恋い焦がれるほど食べたいと思い、食べてこれほど感激するのか自分でもよくわかりません。

最近は、自分が小さい頃の芸者も多く華やかだった新橋をよく思い出すし、日本で行きたいところを思い浮かべると、田舎の漁村だったり、「なんて日本って素晴らしいんだろう」「なんで俺は海外にいるんだ?アホじゃないのか?」なんて思う。

これも老化現象なんだろうとは思うけれど・・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

2 thoughts on “食べたいものの傾向がどんどん変わる。なんでだろう・・・

  1. 若いころは「自分がおしいと感じる物、新しいお店」を探す。
    経験も中頃になれば「おいしい店、おいしいものを再確認しに行く。」に変わり。
    経験値も豊富になると「自分に合わない店が圧倒的に多いと気付く事」
    「それを乗り越えてでも新しい美味しい店を探しに行く気力が無くなった」時
    「おいしいと思ってる物しか食べないに」変わっていくんだと思います。

    そして知識とおいしかった経験値としての味覚だけは残っているから「自分で作り出す」
    なまじ、時間と金と知識は豊富だから
    「おいしいものが出来上がり家族だけでは満足できず、ホームパーティーなどを開きおだてられる」
    「これで店やったら趣味と実益兼ねてるんじゃね?」となってやり、こける。
    というのが黄金の転落パターンです。

    私も来た当初色々行きましたし試しました。
    仕事柄、嫌でも新しい食材、店を試しましたが、もううんざりなんです。
    おいしそうな店よりも失敗の無さそうな店を選ぶ事が増えました。

    年をとると、味の濃いものくどいものは排除されるし、かといって新しい味って「どっかのアレンジだ」と言う事に気づき。
    新しい味覚のファイルは増えず。

    おっさんは新しいものを求めない傾向が飲食店を屋ていて感じます。

    今週一週間。日本で、散々ラーメン丼物、カレー等食べ歩きましたが。感想は「そんないうほどうまいか?」というのが感想でした。味と言うよりマーケティングを食べてると言う感じ。
    天下一品と神福菜館のラーメンは「うん!!これの味を目指す」と再確認でした

  2. なるほどねぇ。料理人もそういう変化があるんですね。

    ただ私の場合、「自分が美味しいと思うものが変化する」んですよ。お店に行くと「味が安定していない」「美味しくなくなった」なんてことは良くありますが、「味は変わっていないのに、美味しいと思わなくなった。興味がなくなった」みたいな。

    この変化ってなんだろうと思いつつ、「今の自分」が満足するものを家で作りたいと思うわけですが、これまた簡単にはいかない。(笑)

    でも大西さんから話を聞いて、やっぱりプロって凄いなぁと思ったのは「自分が美味しいと思うものを作る」んじゃなくて、「こういう味にする」と決めたらそれを作ることが出来るってこと。

    その料理を評価するのは客であって、料理人がどう思っていようが関係ないですもんね。また「店が持つ方向性」が大事であって、そこで働く料理人が勝手に「この方が美味しい」なんて変えたら店は成り立たない。

    こういう料理人のスキルが無いから「マレーシアって行くたびに味が違う」ことが起きるのかな?それとも料理人がそもそも「いつも同じものを作れない」のか。(笑)

    若い頃は「どうです?美味しいでしょ?」みたいな自信を持つ料理人が好きでしたが、最近は「料理人の自己満足には付き合いたくない」と思うようになりました。(笑)

    上から目線の料理人もいますが、客が食べているのを調理場のノレンの向こう側から客の反応をしっかり見ている料理人もいるんですよね。

    最近はそういう気遣いややる気を感じると「美味しい」と思うようになったし、自分の美味しい基準そのものがよくわからず。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください