マレーシアを「キャンピングカーで放浪」したら面白いだろうなぁ

今までブログには一度も書いたことがないはずですが、我が家はかつて「キャンプ好き」でした。

それって日本にいる頃ですから、今から30年前の話になってしまいますが、毎月二回、シーズン中は「毎週」キャンプに行くなんてことをやっていたんですよ。でも遠出することはなく、キャンプと言っても本格的なキャンプではなくて、「キャンプ場にテントを張る」タイプのキャンプ。

キャンプ場の中には温泉があったり、釣りが出来たり、ま、その手のキャンプで「軟弱キャンプ」と言っても良いはず。

東京に住んでいたわけですが、まだ日本は「キャンプブーム」は来ておらず、混雑しているキャンプ場なんて一度も経験がありませんでしたし、「私達だけ」みたいなことも度々ありました。またキャンプ場ガイドには載っていない東京から近場の山の中に素晴らしいところがあって、家から車で飛ばせば1時間半のところだったので、そこによく行ったり。

だから実はオーストラリアに渡ってからもキャンプを楽しみにしていたんですよ。ところがですねぇ、さすがオーストラリアで面白そうなキャンプ場って本当に自然豊かな中にぽつんとあって、サービスが完備しているところは近場にはありませんでした(滞在型のキャンプ場はあちこちにある)。そういうところに幼い子どもたちも連れてキャンプってのは治安の問題も含めてかなり不安がありました。だからキャンプは一度もしなかった。そもそもですねぇ、オーストラリアってとんでもない虫がいるんですよ。カナダみたいにグリズリーが出てくることはないにしろ(笑)、「自然が豊かすぎる」ってのは私達みたいな軟弱キャンパーには難しかった。でも低所得者や年寄りが普通に生活しているようなキャンプ場は多くある。

でもヨメさんと二人だけで、ニュージーランドの「キャンピングカー二週間の旅」に行きましたが、泊まるところはキャンプ場で電源は確保されていたり、炊事場、おトイレシャワーなどが充実しているところがニュージーランドには凄い数あるのね。だから不自由さってまったくなくて、本当に楽しい旅行ができました。

だからマレーシアにキャンピングカーがあったら、数週間のキャンピングカーの旅なんて面白そうだと思うんですよ。東海岸をうろうろするのもよいだろうし。

そしてキャンプって私の大好きな「写真を撮る」には最高なんですね。特に「星空」を撮るのは短くても1時間は掛かりますから、ゆっくりできる場所じゃないと無理。

でもちょっと調べてみると私が想像するキャンプ場って無いのね。「キャンプが出来ます」みたいなレベルで施設として充実しているようには見えない。でも自然の中にコッテージがあるみたいなところは高級なところから安価なところまでいろいろ。でもこれってキャンプじゃない。またキャンピングカーらしいキャンピングカーもなければ、当然、レンタルでも借りたいようなキャンピングカーもない。

残念なんてもんじゃないです。

文句を言っても始まらないし、郷に入っては郷に従えってのは当たり前ですし、各地のコッテージとかAirbnbを転々とするしかないのかな。ま、それも良いかもしれない。

だからヨメさんに言ったんですよ。

キャンプは出来ないけれど、キャンプもどきみたいに転々としてみないか?って。

そうしたらなんて言ったと思います?

ヨメ 「あんた、ニュージーランドから帰ってきて私ははっきり言ったはずよ。あんたとは二度とキャンプはしたくないって」

ですと。(笑)

私が写真ばかりに気を取られているか寝てばかりで、ヨメさんは食事を作ったりキャンピングカーの掃除やベッドメイクをするのに忙しくて「全然、おもしろくないのよ」とは言っていましたっけ。(^_^;)

でもねぇ、あの広大なニュージーランドを移動するのって「夜中に延々走る」ことも多いんですよ。それぞれのポイントで1泊2泊しても移動は6時間運転なんてのは普通でした。当然、それは私がやるわけです。長い時には10数時間運転したり。

それで「あんたは寝てばかりいる」なんて言われても・・・。でも「俺が運転している間に、お前は寝ているだろう」とは言わない。

「あの旅行はなんだかんだ言っても楽しかったよね。また行きたいね」

なんて可愛いことを言ってくれるヨメさんではない・・・。(T_T)

ヨメ 「どうせ、あんたは写真が撮りたいだけでしょ!!」

なんて完全に読まれているし・・・。

ヨメ 「写真好きな人と一緒に行ってくれば良いのに」

なんてことも言うんですよ。

ダボ 「本当に好きに行ってきて良いんだな?」

ヨメ 「良いわよ~~」

ダボ 「相手が女性だったらどうする?」

ヨメ 「良いんじゃな~~~い?」

ですと。一瞬考えることもなく、「女性と行っても構わない」って即答するのはなんだかおかしくないか?

こういうところからも、もう愛されていないなんてことを感じてしまう。

昔と変わらぬ愛を持ち続けているのは私だけか・。なーんちゃってね。щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

マレーシアでも行き当たりばったりキャンピングカーの旅行ができたら面白いだろうなぁ。

そしてこんなミュージッククリップをたくさん作ってみたいんですよ。(これはなが~~い旅行動画の一部を切り出したもの)

一般公開が主目的じゃなくて、映像付きの音楽のほうが自分でも面白いと思うから。歳をとったら思い出だけが財産だし。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

2 thoughts on “マレーシアを「キャンピングカーで放浪」したら面白いだろうなぁ

  1. あはは、どこも同じですね、僕も前の会社はいる前に家族でNZキャンピングカーでほぼ一周しました。ヨメは「キャンプ場やその界隈で出来るイベントを調べるのが忙しくて旅行はエンジョイできなかったと」不平たらたらでした。僕はずーっと運転してるんですけどね。
    僕は点と点をつなぐ旅が好きでその場所を知るなどの興味はあまりなく。
    逆にヨメは点を面にする旅が好きなようです。そこに着いたらその界隈を知りたいみたいな。
    チャンスがあれば車でヨーロッパ大陸の端まで車で自走していきたいですね「深夜特急」みたいに。大陸最南端JBの場所は行ってきたので。
    マレーシアのキャンプ場は基本夜の10から12時で追い出されます、
    治安上での理由で泊まる事は出来ないんですよ。と聞いた事が有ります。
    BBQ PITや電源、水道、トイレ完備なんてキャンプ場も有りますが宿泊は不可のはずですよ。
    去年マレー半島を車で一周した時はKFCや24時間の店の駐車場で寝てました(高速使わず下道だけ利用だったので)高速道路のパーキングはたまに強盗事件が有るのでちと怖いですね、来た当時は山賊も出てましたから。
    また一人になたら車でどこか行ってこようかなぁ

  2. NZはまた行ってみたいなぁ。でもどこに行っても彼の国の人たちでいっぱいなら行きたくないし。

    マレーシアはもう諦めました。

    キャンプどころかちょっと写真を撮りに行こうと思っても危ない感じですもの。近場の山の見晴らしの良いところも見つけたんですが、真夜中にそこに車を止めて数時間、星景を撮るなんて自殺行為かもしれないと思ったり。

    なかなか思うようにいきませんねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください