「Pan con Tomate(パンとトマト)」を作ってみたけど・・・・・

我が家のお気に入りのスパニッシュレストラン「Mercat Barcelona Gastrobar @1 Mont Kiara」で生まれて初めて食べた「Pan con Tomate(パンとトマト)」が美味しかったのは前の日記に書きました。(ここ)

これって本当に単純な料理。トーストしたパンに「ニンニク」「トマト」をなすりつけ、「オリーブオイル」「塩」が掛かったもの。

これなら誰でも真似できると思いますよねぇ。

ということで作ってみました。家にあるものだけで作りました。

まずは冷凍庫に入っている食パン。スリアKLCC伊勢丹のレジの前にあるパン屋さんのパン。(ワンウタマの正直屋の前にあるのも同じ店)

これを普通にオーブンでトーストします。

トーストしている間に、ニンニクとトマトをすり下ろします。

これをパンに塗りたくって、オリーブオイルと塩を少々。

それに安いプロシュートを乗せてみました。

完成~~~~。

ワクワクしながら食べてみたんですが・・・・・。

ん?

全然違う。美味しくない。orz

まずニンニクなんですが、ニンニクの香りの前に「辛さ」が目立ちました。

そしてトマトは水っぽい味。トマトが水っぽいんじゃなくて「味」が水っぽいんですわ。トマトらしい香りも無し。

まぁ、プロシュートは値段なりのもので、それはそれで美味しいのですが、「トーストにプロシュートを乗せただけ」みたいな感じです。

オリーブオイルはいつも使っているものを使ったのですが、これも香りが少ない。

一体、何がどうなってるんだ~~~~~~~?

トマトとオリーブオイルの主張がまるでないので、これは若干量を増やせばどうにかなるのかもしれないけれど、「素材の良さ」は全く無し。

ニンニクが辛いだけってのは、一体どうすれば良いんでしょう。ニンニクはいつも「皮を剥いて売っているもの」を使っていますが、生のママ食べることはないので、まさか「辛いだけ」のニンニクだってのは気が付きませんでした。でも火を通す料理に使う場合には問題があるとは思えず。

ニンニクを替えれば良いんでしょうか。それとも辛味を抜くなにか方法がある?

トマトも決して青臭いわけじゃないのだけれど、完熟には程遠く、甘さも香りもないトマト。

美味しいトマトって売ってるんですかねぇ。

それとオリーブオイルですが、香りは「中」のバージンオイルを使っていますが、香りが「強」のを使うと随分違うのか、それともそもそもブランドも選ぶべきものを使っていないってことなのか。

プロシュートは安いものですが、なんだか今回の「Pan con Tomate(パンとトマト)」は「安物大集合」みたいな感じがします。

こういう単純な料理だからこそ、素材も調味料も良いものを使わないとそれが前面に出てくるってことなんですかね。

またパンも合っていないと思いました。

「Pan con Tomate(パンとトマト)」には硬めのパン、バゲットみたいなのが合うような気がします。そして普通のトーストみたいに焼くと言うより、まさにBBQで焼くみたいに強火で焼いて硬さが出るぐらいの方が良いのかもしれない。フワッと程よく焼けたトーストってハムアンドエッグとかサンドイッチには良いけれど、「Pan con Tomate(パンとトマト)」には合わないような気がします。

簡単にできると思った「Pan con Tomate(パンとトマト)」がこんな結果なのはどうにも受け入れづらいです。

どうにか「Mercat Barcelona Gastrobar @1 Mont Kiara」で食べたものに近いものを家で作ってみたい。

でも余りにも違いすぎて、遠い富士山の頂上を麓から仰ぎ見ている感じがしますわ。

ハードルが高過ぎ~~~~~~~~~~~~~。

どこにブレイクスルーがあるんだろうか・・・・。

じぐそ~~~~~~~~~~~。諦めきれません。

インチキをやってみましょうかね。

まずニンニクは火を通して使う。トマトは生トマトにマリナラソース、トマトペーストみたいなものを混ぜる。あるいは生のトマトを煮詰めて使ってみる。バージンオイルは香りが強いものを手に入れて多めに使ってみる。

これだけで化けそうな気はするんですが・・・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

2 thoughts on “「Pan con Tomate(パンとトマト)」を作ってみたけど・・・・・

  1. daboさん
    今日は ご無沙汰しております
    鳥の手羽先 参考に成りました
    美味しかったです 特に 二度の素揚げ
    油の汚れが少なく最高です カミサンが 久しぶりに
    褒めてくれたので 今日 再度挑戦します
    処で パンとトマト 実は この一ヵ月程
    ハマっています 必ず 一日に一回は食べます
    色々と試してみましたが パンはフランスパンを
    輪切りにしてカリッと焼きます 
    トマトケチャプ 又は バターを塗り
    ニンニク入りのオリーブオイルを掛けます
    次にハムを載せて 荒塩をパラパラと
    美味しいですよ スペインでは定番の朝食みたいです
    一ヵ月程前に NHKで 布施明が これにはまって
    毎日食べてるを 視て 今 私がハマっています
    トマト いちご レモン 蜂蜜 色々試しましたが
    私は バターが一番でした
    ユキ
     

  2. ユキさん、お久しぶりです。

    鶏手羽の「素揚げ」って意外にイケますよね。味付けは自由自在でいかようにもできるし。

    今、「一度揚げしてから冷凍する」のを実験中です。油をまとっていますから「ノンフライヤー、オーブン」でもどうにかなるでしょうし、最終的には電子レンジで簡単に美味しく食べられるものを開発しようかと。(笑)

    パンコントマトは私もいろいろ実験していますが、まだ思うようなのができません。でもユキさんが書かれたようにフランスパン(バゲット)が良いですね。硬めのパンのほうが美味しいと思います。どうもこれの起源は「固くなったパンをおいしく食べられるようトマトをこすりつけたのが始まりではないか」(Wiki)とありますが、納得しちゃいますね。

    いろいろやっている内に「ピザトースト」に近づいてしまうのですが(笑)、基本的にピザは大好物なのと、このパンコントマトってのがまさにピザの原点かもしれない。スペイン人のコロンブスがトマトをアメリカからヨーロッパに持ち込み、そしてパンコントマトも広まり、それがイタリアの方に渡っていたんだろうと・・・。そんなことを想像しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください