「日本のブランド」も信用できない、マレーシアで売っている品々

マレーシアって物価が安くて本当に助かるんですが、逆に「ちょっと高くても良いから良いものが欲しい」と思った瞬間、絶望の谷に落ちる。

安いものが安いってのが、私はマレーシアの真実だと思っていて、「良いものが安い」わけじゃないのね。ただし、「人件費が安い」のは間違いがなくて、良いものでも人件費分は間違いなく安い。

ここで困るのが、電化製品みたいなもの。

中国産のやっすい物がたくさん市場に出ていますが、これに飛びつくと良いことがないのね。

「安物買いの銭失い」

これって私の人生はいつもそれ、みたいな感じはあるのですが、マレーシアに来てからはいささか卒業しないと駄目だと思っています。大外ればっかりですから。

そこで考えることは「日本ブランド」「世界ブランド」のもの。

出来たら「日本で売っているものと同等」のものが欲しいんですよ。でも電源は240ボルト対応で、英語表記のもの。

でもなかなかそういうのも無いのね。輸出用だとまず「日本製」だとしても日本ではもうとうの昔に終わった旧型とか、一番安い型式と同等とか。

その点、私は「世界ブランド」の方が良いと思っていて、電化製品だとオーストラリアでもよく使っていた「Breville」は全く同じものが売っているので安心。日本製と比べて、日本製みたいにかゆいところに手が届くようなものではないにしても、それに次ぐレベルだと私は思っています。

でも、高い・・・・。(T_T)

ここがマレーシアの問題点だと私は思うわけで、ちょっと良いものだと「おい、ふっかけているんじゃないか?」みたいな価格になる。

だからどうしても「日本ブランド」に心が傾いてしまうのだけれど、ブランドが日本の会社ってだけで、作っているのは海外だしクオリティーはいわゆる海外物と同じ。

でも日本ブランドなら、いくらなんでもメチャクチャな品質、レベルの低いサポートではないだろうと「盲信」しちゃうのね。

これがまた簡単に裏切られる。(T_T)

所詮、日本ブランドと言えども、高くて高性能、高品質な製品を、全く状況が違う東南アジアに出荷するほど馬鹿なはずはなく、当然、市場に合わせた製品を投入してくる。値段も競争力がないとならないし、品質だって間違いなく落とさなければ安い値段で出すことは不可能。

そんなことはわかっているんですが・・・。

特に私の経験だと「Panasonic」は日本ブランドだと思わないほうが良いと思っていて、今まで何度、煮え湯を飲まされたことか。

今回がっかりしたのは「蚊取り線香」。(笑)

東南アジア製の蚊取り線香って昔から「日本製とは全く違う」のを経験していますから、日本と同等のものを探しました。そしてフマキラーがあるのがわかった。でも現地製品。

ネットを検索してみると様々な点で高得点で、フマキラーがトップという評価がありました。さすが~~、やったねと思ったわけです。

で、スーパーで売っているのを見つけてこの2年以上、蚊取り線香も殺虫剤もフマキラー(Fumakilla)専門。(笑)

蚊に関してはマレーシアはデング熱が怖いものの、それがなくたって私の「生涯の敵」なのに変わりはなく(笑)、またマレーシアの蚊って普通に一箇所を食う(刺す)というより、あちこち食い散らすのね。これがまた私としては気に入らないわけで、蚊の存在に気がつくと「全身全霊を賭けて【蚊殺し】をする悪魔」に私は瞬時に変貌します。そこに善意とか動物愛護、思いやり、優しさなんて皆無。仏陀が言ったことなんて全く無視して本性を出します。

でもこのフマキラーの蚊取り線香って結構良い仕事をしてくれていました。電源につなげるタイプとか、一吹きすれば良いとかいろいろあるけれど、私はそれらを試した結果、蚊取り線香が一番だと思ったし、フマキラーの蚊取り線香は「二個一組になっているのをバラすときでも簡単にバラける」「火が簡単につく」「火が途中で消えない」という、東南アジア製の安いだけの蚊取り線香とは違うと思っていたんですよ。

ところが~~~~~~~~~~。

最近のフマキラーの蚊取り線香も酷いことになってきた。

ロットの違いだけだと思いたいですが、二個一組になっているのをバラそうと思っても、「あたし達を離れさせないで~~~」と懇願しているように二個がぴったりくっついているんですよ。

「ウシシシ、そんなこと言っても駄目アルヨ。お前たちはバラバラにするアルヨ」

と無理やりはがしたらこの有様。

愛し合う二人は死を選んだのでありました・・・。

で、終わらせるわけにも行かず

「お前たちは死んでも働くアルヨ。それがお前たちの運命アルヨ」

と血肉が飛び散り、バラけた手足もそれを埋葬することなく、とことん使うのでありました。

あ~~~~~~~~~~~~~~あ

フマキラー、頑張ってくれよな~~~~~~~~~。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

2 thoughts on “「日本のブランド」も信用できない、マレーシアで売っている品々

  1. ダボさん、いつも金融テクノロジーから食品や日用雑貨まで幅広い情報提供ありがとうございます。

    日本企業がグローバル化の波に乗り人件費の安い海外進出を促進させた結果、日本経済の失われた20年とか30年とか揶揄されて久しいですが、今回のエントリーでとりあげた蚊取り線香のフマキラー社について、久しぶりにエディネットから最近の有価証券報告書を改めてみて驚きました。

    売り上げはここ数年順調に伸びており、EPSもそれを上回る勢いで年々増加しているではありませんか。セグメント情報をみると海外と国内で売り上げはほぼイーブンの状態にあるようです。

    こうしたちゃんとした企業が、海外で2つにわかれない蚊取り線香を販売しているとはどういうことなんでしょうかね。蚊の殺傷能力は変わらないとしたら、その製造工程に問題がありそうですね。いわゆる品質管理の問題になると思います。工場もいまや東南アジアからインドまで広がっているようですが、こうした問題を踏まえると、同社の株は買いか売りか迷うところですね。

  2. yasashidoさん、お久しぶりです。コメントを有難うございます。

    >こうしたちゃんとした企業が、海外で2つにわかれない蚊取り線香を販売しているとはどういうことなんでしょうかね

    私はそれが「当たり前」ぐらいに考えています。高品質を維持するにはコストが掛かる。それで値が上がり競争力を失ったら何の意味もないわけで、何よりも重要なことは「狙っている市場で受け入れられるか否か」だけのはず。我々日本人が考える「品質」である必要は全くて、「良いものは良い」「売れるはずだ」というのは自画自賛でしかないんですね。

    だから日本企業が牛耳っていた分野に韓国や中国がいとも簡単に入ってきて今や売上は逆転したどころか、日本企業はその分野から撤退なんてことが起きているんじゃないですか?

    こんな「安かろう悪かろうの製品が売れるわけはない」「我社のプライドとしてそういうレベルの商品は作れない」と考えていた企業こそ、あっという間に退場することになった。

    海外の日本料理屋も全く同じで、「こんなレベルの和食しかないのなら、ちゃんとした店を作れば流行るだろう」なんてどれほど多くの「勘違い日本人」が海外に進出したか。そしてそういう店はあっという間に消えていく。これの繰り返しが延々海外では続いているんですね。

    「地元民が受け入れるか否か」、全てはそれに掛かっているわけです。日本も同じですよね。マーケットが受け入れない製品は売れない。それだけのことじゃないですか。

    >こうした問題を踏まえると、同社の株は買いか売りか迷うところですね。

    これも逆で、「ろくでもないものを海外で売っている」ように見える企業でも、それが地元で受け入れられているのなら「大成功」なわけです。

    Panasonic製品には本当に煮え湯を何度か飲まされましたし、同じ商品を日本で売ったらまず売れないと思うような商品ですが、それがマレーシアに受け入れられているのならば、これまた大成功なんですね。

    日本人がどう思おうと、海外での「日本人の売上」は無視できるレベルですから何よりも優先するべきは「地元民」ということ。

    もし日本の超有名な老舗料理屋、例えば吉兆がマレーシアに「なんちゃって和食店」を作ったとするじゃないですか。それを我々が知った場合、「この店は何をしているんだ」「もうこの会社は終わりだろう」と思うはず。

    ところがその店は「日本の超有名店」というブランド力を活かし、そのなんちゃって和食を喜んで食べにくる地元民がいれば、大成功。

    地元のニーズをきっちり取り込むことなく、「日本製は凄いだろう、えっへん」みたいな考え方を持っている企業は海外では絶対に伸びない。

    また逆に、「日本以上のクォリティーを求める場所」では、日本製品はもっと上を目指さない限り売れない。

    それだけのことだと思います。

dabo_gc にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください