中国の「人殺し臓器移植」。そしてそのために国、軍が関与する闇。なおかつそれを見て見ぬふりをする世界。

多分、このブログの読者は「中国は臓器移植大国」なのはすでにご存知で、その臓器は「生きている人から抜き取られる」こともご存知でしょう。

これは私の想像ではなく、世界中で大問題になっている「事実」。

では「誰からその臓器を抜くのか」が問題で、患者の近親者とかドナーとかなら良いのでしょう。

中国は「死刑囚から」と発表していますが、臓器移植の総数はとうの昔に死刑囚の数を上回っていて、中国が不思議なのは「殆ど待たずに(1~2週間程度で)移植を受けられる」という点。

つまり、必要があればそれに適合する「生きている人間」からすぐに摘出できるように、「臓器摘出用の生きている人間をプールしている」ということになる。そしてそこにドナーの意思は関係なく、強制的にそれを行っている。

それは「法輪功」という宗教団体の信者達であり、中国は法輪功を「国家転覆を図る団体」として昔から弾圧し、逮捕している。

そして近年、中国が侵略しているウイグルのウイグル人の数十万~数百万人を「教育」という名のもとに「収容所」に入れているのは世界が知ることになりましたが、ウイグル人からも臓器摘出しているのは多くの証言や、ウイグルの飛行場に「移植用臓器運搬優先路」という摩訶不思議な優先路があるからも間違いがないだろうと言われている。

これはナチのユダヤ人弾圧、ジェノサイドと全く変わらないどころか、「金儲け」の為にやっている絶対に許せることじゃないはず。

この事実を広めよう、止めさせようと動く人、団体は世界に広がっていますが、「どの政府もそれに関しては見て見ぬふり」。

私はこんな中国を国として認めたくないし、彼らの世界戦略は絶対に潰さなければならないと思っています。ああいえばこういう、こういえばああいうで常に「我が国は正しい」という態度にはもう飽き飽きしたどころじゃありません。でも世界の国々は「中国と一緒に儲けよう」という国ばかり。

でもトランプ氏によって世界の流れは変わってきた。素晴らしいことだと思います。そしてこの中国叩きは「貿易問題」だけで終わらないように祈っています。

と同時に、この問題に関する情報発信をこのブログでも続けたいし、「このことを知らない日本人はいない」状態を作りたいと思います。

またこの問題は中国だけではなくて、「中国で臓器移植するために、世界中から患者が集まる」という事実がある。つまりアメリカ人や日本人も中国に行って臓器移植を受けている上客。

これらの患者は「自分が助かるために【人が殺されている】」ということには目を向けない。そんなことがあるはずがないと信じるしか無いのでしょうが、口を閉ざす。

こういうことを平気でやる国なのを皆が理解した上で、どういう付き合い方が必要なのか考えるべきで、「利益追求」ばかり考える人、企業、国も同罪だと私は言いたい。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

中国の「人殺し臓器移植」。そしてそのために国、軍が関与する闇。なおかつそれを見て見ぬふりをする世界。」への8件のフィードバック

  1. タイムリーな記事です。
    ちょうど昨日、YouTubeの林原チャンネルで河添恵子さんが、中国の臓器移植のことを言っている動画を見ました。

    動画の内容は
    中国の臓器移植を禁止している国もある(現在進行形で増えている)がしかし、我が国は禁止しておらず臓器移植を受けに行っている日本人は多いらしい。
    そして、ここが重要ですが、西洋社会は許してないということ。そして、中国の臓器移植を阻止しようと活動している人達がいる。しかし、ここでも残念なのが日本人がこの活動をする際に実名は伏せたいらしい。。。。

    いずれにしても、許されることではないですよね。
    西洋社会が100%正しいわけではないんでしょうけど、彼らには断固たる正義がある。だけど、中国には正義なんてない。あるのは、求めるのは金だけ。ここの違いは非常に大きな隔たりがありますよね。だから、海を挟んだ隣国とはいえ、我々は理解できない。もっと、大きな流れが生まれ臓器移植を廃止してほしいですね。

  2. >そして、ここが重要ですが、西洋社会は許してないということ。

    国が正式に中国のそれを公表し弾劾するか、そこが見どころだろうと思っています。

    どちらにしてもああいうことが許される社会、国が、「民のため」に動くわけはなく、我々は許してはなりませんね。

    でも「サファリパークの中で生かされる人間」では嫌だという考え方がもしかしたら間違えているのかもしれないと思うことがあります。この地球で生きるには「サファリパークの中で生きるしか無い」のが世界の常識なのか。

    でもそれには絶対に反発したいと思います。

    このブログではトレードのことを書きますが、それとこの問題とも関係あるんです。「自分の命の主は自分である」ために、まず「自分で稼ぐ」というのが大前提になる。他人様に生かせてもらっている限り、言えないこと、目をつぶらないとならないことが出来る。そして知らない内にそれが日常化する。

    これを断ち切るためには「自分で稼いで自分の足で立ち、自分で歩きだすこと」が何よりも重要だからこそ、トレードスキルを多くの人に身に着けてもらいたい。

  3. >国が正式に中国のそれを公表し弾劾するか、そこが見どころだろうと思っています。

    河添先生も同じことをおっしゃっていました。そこが分かれ目ですよね。

    僕の学生時代の友人は中国人で勤勉な人でした。彼はもちろん中国のことをよくは思ってない。でも、国家総動員法が発動すると彼なんかがどうするのか気になるところです。
    サファリパークは西田昌司さんが言ってましたね。ダボさんが言う葛藤もすごくわかります。こんな時代だからこそ大事なことだと感じています。
    トレードに関しては以前から興味はあるし、ダボさんが書いた記事も一応目は通しているんですが、しどろもどろです(笑)。機会があれば今度教えてください。

  4. >河添先生も同じことをおっしゃっていました。そこが分かれ目ですよね。

    へーー、川添氏も言っていましたか。国そのものが動かないと意味がないですよねぇ。

    サファリパークですが、今の時代、多くの人がサラリーマンで、「長いものに巻かれる生き方」が染み付いているんじゃないですかね。職を変えるということは違うサファリパークへ移籍するみたいな。

    そもそもそこから脱却できないとうまくないわけで、価値観も曲げられてしまうし、自由な投票も出来ないなんてことが起きるんじゃないでしょうか。

    誰もあてにしないで「金を稼ぐ」のは不安があるのが当たり前ですが、本来はそれが普通だと考えてみるもの良いと思います。

  5. 企業経営者の方が動画で言っていたのを思い出しました。大学出て会社に入ると思考停止に陥る人が多いと。長いものに巻かれる生き方を選択しても良いとは思うし、安定的に稼いで子育てをする。この前の竹中氏もそうですが、やはり派遣とか非正規が良いなんて僕は思えないです。でも、思考停止はよくないですよね。そういうところから、政府や政策に無関心が起こると思ってます。
    欧州みたいに移民が入ってきて職を奪われないと、わかんないのかもしれませんね。

    世界は動き出しているというのに、周回遅れのトップランナーである日本に少し恥じてほしいですね。

    >誰もあてにしないで「金を稼ぐ」のは不安があるのが当たり前ですが、本来はそれが普通だと考えてみるもの良いと思います。

    こう言ってくださって、うれしかったです。長いものに巻かれる生き方の人が僕の周りに多いし、僕もそうなので、やはりダボさんの教えはすごく参考になります。トレードをやるやらないは別として、生きる上で大事な考え方を学びました。毎日日記を付けているんですが、忘れないように書きました。ありがとうございます。

  6. なんだか世の中の人達は「サラリーマンなら安全」と勘違いしているフシがありますね。

    サラリーマンとて「自分の身体、時間、能力」を会社に投資して、その見返りを給料という形でとっているだけで、自営業、投資家、トレーダーと大きな違いなんて無いんですね。

    「いつまでもあると思うな、親と金」って言うのと同じで、自分がいつまでも健康で、頭もしっかりしていて、勤め先は将来安定して、自分の職も脅かされることはない、なんてことはありえませんものね。

    どんな立場でも世の中を遠くから俯瞰して、「危機感を常にもたないとならない」のは誰も同じだと思うんですよ。

  7. 怖い番組ですね、大抵はこの手の番組はfbで拡散するのですが余りにもディープすぎて怖くなてやめました。
    ウイグル自治区でもトルキスタンの頃から問題山積なのにニュースはなりませんね。、ウイグルの問題も2,30年前にニューズウイークで知ったきりです。
    結局国際社会もメディアも人権団体も本当にヤバいところは行かないんですね

  8. この手の「中国の恐ろしい臓器移植事情」の動画って結構あってそれなりにあちこちに拡散されているんですが、まだまだ多くの人たちは知らないんですね。

    また人権団体も無名の人たちばかりじゃなくて、この動画にもあったようにそれなりの地位にあった人たちが動いているのは間違いがないのですが、各国は知らん顔。

    どうして知らん顔できるんですかね。これほど酷いことが起きているのはあまりにも多くの証拠があってはっきりしているのに。

    我々の社会って結局こんなふうなインチキが基本にあるかと思うと本当にがっかりします。政治家や活動家が綺麗事をいうのが信じられない。

    日本の左翼活動家、人権派も全く同じ。日本を貶めることには一生懸命なのに、こういう中国のとんでもない大事件、それも現在進行系なのに無視ですもんね。

    結局、自分の利益になることしかやらないってことなんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください