政府の「インチキの構造」がわかった 【重要】

今、日本では「統計」で大騒ぎになっていますが、これは統計のデータのとり方の問題。

それとは別に、私だけじゃなくて多くの人たちが「なんか変だなぁ」と思っているのが「統計の結果の読み方」じゃないでしょうか。

たとえば「日本の景気は良い」「いざなぎ景気超え」とか言われていますが、本当かよ?って思う。

でも「大企業が儲けて利益を積み上げているのは間違いがない」わけで、数字的には「日本の景気は良い」というのかなと思っていました。下々は疲弊していも平均値が高ければ「良い」となるわけで、庶民が感じるものとは別なんだろうと。

とはいうものの、過去を思い出しても「消費税増税で景気は悪くなっていない」と主張する専門家がいたのを思い出します。だから「消費税増税は問題ないのだ」と。8%に増税した時の景気の悪化は「消費税の影響ではない」と言い張る大手シンクタンクのアナリストもいた。

だからやっぱり何か根本的に私が理解していないのか、それとも彼らが嘘をついているのか。まさか彼らの立場を考えると嘘をついているとも思えず、おかしいなぁと思うことばかりでした。

そんな疑問を解消してくれる動画がありました。

結論から言うと、やっぱり嘘で、「統計の読み方を操作」していると事実がある。そしてそれを主導したのがあの「竹中平蔵」。

嘘だろ?と思う内容です。そしてこの事実を発見した三橋貴明氏は自ら「これはスクープだ」と言っていますが、まさにそのとおりだと思います。

なるほど、そんなからくりがあったのかと誰しもが驚くはず。

この動画は二部構成になっておりまして、第二部は「私達には【加害】の歴史しか無いのか」という内容。

これは長い間、日本の問題点であると思うのは私だけじゃないはずで、「常に海外には頭を下げて外交をする」とか「海外の言い分を飲む」「彼らの主張する【歴史・過去】を正しいものとする」という傾向が間違いなくある。それは日本の「贖罪」であって仕方がないものだと。

でも昨今、大騒ぎになっている「慰安婦問題」「徴用工賠償問題」「レーダー照射事件」に関しても、どちらが悪いとか良いとか言う前に「彼らのやり方ってそもそもおかしくないか?」と多くの日本人が感じているはず。

でも「俺達は悪いことをしたから・・・」と思う人も多いだろうし、多くの左派、リベラルはそれを原点としている。

これもおかしいと思うのが私は普通だと思っていて、「俺達が悪いとしても、ここまで相手の言うことを受け入れないとならないのか?」という疑問があるはず。

私はこのまま日本が進んでいって良いことがあるとは思えず、日本は「事実を直視し」「将来に向かってどうあるべきか」を考えて変化する必要があると思っています。まさか、今のあの韓国の言い分にしても「はい、おっしゃるとおりです」と思う日本人は少数派のはずで、「日本がどうあるべきか」「海外に対してどう向き合うか」をしっかり考えないとならないチャンスだと思うくらいです。

1953年に日韓交渉が始まった時、ヤクザな李承晩が「謝罪しろ。賠償しろ」と言った時、日本側の久保田寛一郎は「日本統治が悪かったと言うなら、日本がつくったものを全て壊したらどうだ」と反論した。こういう気骨のある(韓国とはどういう国か知っているという意味)政治家や官僚って現在はいるんですかね。なんだか皆さん「いい子」になっているとしか思えません。

今日のこの動画は二部構成ですが、第一部も第二部もできるだけ多くの日本人に見て欲しいと思う。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

6 thoughts on “政府の「インチキの構造」がわかった 【重要】

  1. なんで竹中なんかが経済主導してるのかわかりません(~_~;)

    馬渕さん的に言えば、ディープステイトがいるんでしょうね。
    国はいろんな要素の集合体だから、仕方ないことですが、「安倍のせいだ」とか一点張りだけで、物事が片付かないことを茶の間の人にもわかってほしい。複雑にいろんな事が絡んでるから日本は難しいです。。。。

  2. 竹中平蔵?なんで?って思いますよねぇ。

    そうそう。馬渕さんに言わせると竹中は行動隊の一人でしかないんでしょう。

    どうしてこういうことに「おかしいじゃないか」と声を上げる自民党議員がいないんですかね。今のままのほうが彼らの利益になるということなんでしょうが、私が一番気になるのは「安倍さんはこのことをちゃんと理解しているのかどうか」です。

    安倍さんも承知の上ということだと、安倍シンパの私は考え直さないとなりませんし、最近の「桜ちゃんねるの水島社長」の動き。新党結成への動きってこういうことなのかとも思いました。最近の安倍さんって全く別人のように感じますし。

    また私としては迂闊だったと思うことがありまして、安倍さんと菅さんは最高のコンビだと思っていたこと。でも安倍さんは外交に掛かりっきりでどうも「菅+二階」のラインであのおかしな移民法案、種子法、そしてアイヌ法案を主導していたらしい。あれらはまさに利権に動かされた法案でしかなくて、「日本を取り戻す」と言っていた安倍さんの意思に反するんじゃないかと。でも「菅+二階」ラインに押し切られたとすると、一体自民党内の「権力図」はどうなっているのか気になります。

    安倍さんがトップにいるのにこういうことが起きるということは、まさに水島社長の言っていることが大正解ということになってしまう。

    消費税増税に関しても、もしかしたら安倍さんってアホなのかもしれない。そんな気がしてくる今日このごろ。財務省の改変に関しても、チャンスがあったのに何もしなかったし。

    安倍さんの体調がかなり悪いという噂もまんざら嘘じゃないのかと思ったり。何か自分には想像もつかないことが安倍さん周辺で起きているような気がしてなりません。

  3. >安倍さんと菅さんは最高のコンビだと思っていたこと

    僕もそうだと思っていた時期がありました。二階+菅ラインが出来ていたことには驚きでした。

    何十年後かに「ほらね、やっぱりこうなったよね。」ってなりますよ。今のままなら。というか、本来は政府が先を見通して行動するべきなんですけどね。
    それをしない、できないってことは、やっぱり何かあると思ってます。昔から言われるユダヤ支配だけとも思っていません。日本人のマインド自体も、もうおかしいんでしょう。
    戦前の経営者はほとんどいませんし、国会議員も同じですが、みんな自分の利益しか気にしてない。
    だから、庶民も真似をする。
    もう、面白くないんですよね。時間の感覚も短くなっていって、有り難く思ったり、振り返ったり、なぜ美しいと感じたか自問自答したり、そういうことすらないまま次、次、次となりますから。
    だから、文化も育たない。
    今はスマホがあるから、みんなそれに夢中、西部先生的に言えば、グロテスク(精神の巣窟場)です。
    次は対人関係に疲れたところに、ロボットが登場するわけですから、心の空いた箇所を埋めてくれるんでしょう(擬似的に)。
    もちろん、科学技術の発展全てを否定しているわけではないです。
    ほんと良いことないなぁ(笑)
    水島社長の新党が楽しみなくらいです。

  4. 西部先生が死にたい、死にたいって言っていた意味がわかりますよね~。

    でも諦めない人たちは間違いなくいるわけで、今日の日記で紹介した三橋氏も上島氏もそう。特に上島氏っていつもニコニコ優しい言葉に不屈の精神を感じるし、まずそのへんを見習わないとならないと思います。

    水島氏の新党ですが、相変わらず水島氏らしいなと思うところがあって、結果以上に精神論を優先しているのが見えます。勝てなくても「日本人の心」を残すことが出来ると。本当にそうですかね。

    私が気になるのはやっぱり安倍さんで、彼ほどの愛国者はいないはずだと今でも思うんですよ。でもなぜ彼がああなってしまうのかが問題で、それだけ現実というか敵は手強いのじゃないかと。

    そういう意味で、もしかしたら水島氏と対極あるような気がするんです。水島氏は精神論を取る。安倍さんは現実的に一歩進む方を取る、みたいな。

    水島氏がいくら旗を振っても多くは着いてこない、そんな気もするわけです。新党に自民党から合流する政治家がいたとしても、それは逆に彼らの力、活躍する場を削いでしまうことにもなりかねませんよね。青山繁晴氏が自民党員であることにこだわるのもそこのはず。

    私としては青山氏の考え方が現実的だと思う。水島氏は「孤高の人」であるのが大丈夫な人ですが、政治家もそれに巻き込むのが果たして良いことなのかどうか。

  5. 西部先生のおっしゃることわかります。本はカタカナばかりで読みにくいですけどね(笑)。

    上島さんは僕も好きです。彼が討論の場にいると、和みます。学ぶべきところはありますよね。

    僕の推測ですが、「美しい日本を取り戻す」「戦後レジームからの脱却」を言っていた時は、まだ菅さんとかその他も安倍さんと仲良かったんですよ。いや、仲良く一芝居打っていた。理由は、いきなり二階+菅ラインをやっても党内がまとまらない、だからジワジワと時間をかけて彼らは作っていった。総理が変わるとややこしいので、安倍さんを担いだ。という感じです。

    水島社長に対する危惧は、実は僕も感じています。たしかに、討論に参加するメンバーはすごいです。ですが、いざ党を作ったはいいものの上手くはいかないはず、そこで水島社長は精神論を語り出すばかりで結局なにもできなかったみたいなオチはありそうだと思ってます。だから、ダボさんは「今の若者はリアリストだから期待している」って言うのもわかるんですよね。

  6. 安倍さん周辺で一体何が起きているのか知りたいです。安倍さんは何か取引をしたのかなぁ。それとも今の安倍さんを見ていると全く覇気を感じないし、身体的に大きな問題があるのかもしれないと思っています。それを察知した菅さんたちが動き出したとか。

    想像しても意味がないですが、何かおかしなことが起きている感じがしてなりません。

    水島氏は前からそのケがありましたよね。ある意味、三島由紀夫と似ている部分があって、「思いを残す」ことに賭けているように見えます。現状を変えるのは諦めているような・・。

    やっぱり保守の人材不足なんですかね。

    本当に若者には期待しています。今の年寄りは逃げ切ること、自分が楽しむことしか考えていないようだし、そのくせ「長いものに巻かれる」のは得意で根性が座っていないように見える。いや、利益には敏感という意味では強いのかもしれませんが、是非とも若い人たちの中から本物の愛国者が出てきて欲しいと思うばかりです。

    我々はサファリパークの中で生かされているだけの動物たちと同じだってことに是非とも気がついて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください