「ビレッジグローサー」でとんでもなく高い魚を売っていた~~

ビレッジグローサーに行って買い物をしていたのですが、とんでもなく高い魚(切り身)を見つけました。

これです。

価格が打ってあるシールを見てください。

この魚の切り身ですが、な、な、なんと11.74リンギもする。320円ぐらいですか。

うそ~~~~~、なんでこんな高いの?と思った人は流石。(笑)

え?11.74リンギット?安いじゃんと思った人は「常にカモられるタイプ」の人。

この魚が何か、名前と切り身そのものをよく見てくださいよ。

魚は「Dory」ですよ。

Doryってなんだかご存知ですよね?

海外で「安い魚」と言えばこれで、日本でも給食とかお弁当でよく使われている魚。

私がいつも書いている魚です。ただマレーシアでは「Dory」と呼ぶことが多いですが、世界的には「Basa」と呼ばれています。Doryというと「John Dory」という「マトウダイ」と間違うんですね。この誤解を狙う業者は世界に多くいて「不当表示」で問題がでることも少なくない。

さてこのDory、Basaですが、日本語で言えば「ナマズ」の一種。(笑)

でもこれをバカにしてはいけない。そこそこ食べられる魚ですから。

でもねぇ、この写真のDory、Basaって「めちゃくちゃ高い」んですよ。

切り身が12リンギぐらいだから「安い」と思っちゃう客が多いのを狙った値付けだと私は思います。

普通、このDory=Basaっていくらぐらいで売られているのか?

ちなみに、ビレッジグローサーでも「冷凍庫」にこれが入っています。

よーく、シールを見てください。

この冷凍魚は「1キロパック」で12.50リンギ。340円ぐらい。

こういうのは魚でも肉でもなんでもそうですが、「キロ単価」が大事なんですね。

さて、切り身で売っているDoryのキロ単価は?上の写真を見てください。

59.90リンギです。

さて冷凍ものは?

12.50リンギです。

この価格の違いはなんなんでしょうか。

そりゃ、冷蔵と冷凍とは違うよ、なんて言う人もいるのかもしれませんが、メコン川周辺で養殖されているこの「めちゃくちゃ安い魚」が日本の高級魚みたいに「生の冷蔵」で流通していると思います?

いや、ないとは言いませんが、このクソ安い魚が「生の冷蔵」だったらめちゃくちゃ美味しいと思います?

私に言わせれば、DoryはDoryです。本マグロの冷凍と生との違いみたいに考えるべきじゃないんじゃないですかね。

私はこの高いDoryは「冷凍物を解凍して、パック詰めした」と思っています。オーストラリアでもこのDory=Basaはどこのスーパーでも売っていますが、大きな箱に入った冷凍ものを解凍して店頭のショーケースの中に並べていたり、パックしたり、あるいは1キロ程度のパックされた冷凍ものだったり。

でも元は同じ様なものですから、価格はほぼ同じ。

でもね、この高いDoryは食べてみるとちょっと違うんですよ。

つまり、私も値段をちゃんと見ないで買ってしまったことが過去にあるということ。(^O^)v

Dory=Basaってもともと水分の多い魚で、なおかつGraze(水分を足して凍らせて乾きを抑える)してあるのが普通で、どちらかというとベチャっとした感じのある魚。でもこれもいろいろでそんなベチャっとしていないものもある。(マーレシアの場合は多くがベチャベチャ。でもモントキアラのVerveの下にあるJaya Grocerではそこそこ良いものが売ってる)

ところがこの切り身はそのベチャっとした感じがないんですよ。だから私は「おお、こんな質のDory=Basaがあるのか」と感動さえしたんですよ。

でも家に返って料理してみたらパサパサの出来上がり。

つまり、ベチャっとしたDoryを嫌がる客の為に、「かなり水分を抜いてみた」んじゃないかと思うんですよ。そして5倍の値段をつけた。

普通のDoryはフライパンでバターソテーにするには良いけれど、「網焼き」できるような魚じゃないのね。水分が多すぎ。

でもこの切り身なら網焼きも可能でしょう。でもバターソテーにしたり、フライとか、この本来安いDoryらしい料理にするとパサパサで美味しくない。

水分が多めのDoryですが、自分で水分を抜いてみるのも良いですね。私はやったことがありませんが、ピチットシートとか「セロファン」で包んで置いておくだけでかなり水分が抜けますのでやってみたら面白いかもしれない。でもマレーシア品質のキッチンペーパーを使うとくっついてうまくないと思う。

さて、貴方はこの切り身に、冷凍の5倍のお金を出しますか?5倍ですよ、5倍。

切り身一枚が11.74リンギットならいいじゃん、問題ないと思う人もいるんでしょうが、冷凍ものを買って解凍すれば「この切り身と同じ大きさ重さで2.4リンギにしかならない。65円。

でももし、この切り身が12リンギ。65円ぐらいで売っていたら、怖くて買えないかもしれない。(笑)

それとも全く違う魚なのかなぁ・・・・・。でもマレーシアでDoryと言えばBasaのこと。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「ビレッジグローサー」でとんでもなく高い魚を売っていた~~” への2件のコメント

  1. ドリーを職業柄試食する事がありましたが、
    本当にピン切りでした
    身の厚さ、大きさ、水分含有量、冷凍の場合は身と氷の割合
    高いものは美味しいし、安い物は解凍したら身がほとんどなかった(;^_^)
    みたいな。味もすっきりしたものや泥臭い物でした。

  2. なるほどね~~。私もマレーシアに来てすぐにDoryを買いましたが、こんなのありか?と正直思いました。

    いろいろあるんでしょうね~。

    大西さん、どこかで良さそうなものがあったら是非教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください