「もう韓国海軍との信頼関係は完全に崩れた」と防衛省幹部。これから日韓関係ってどうなるんですかね。

韓国が「レーダー照射問題」に関して日本への反論動画を発表しました。

見てみました?

これがそれ。これは実物ですが、これの一部分を抜き出して日本語による説明をしている日本メディアも多くありますので、それはそれで見ていただきたいのですが、「なるほど、こりゃ日本も悪いわ」と思うかどうか。

また防衛省が発表した動画はこれ。

韓国が出した動画は私には「反論」にはなっていないと感じました。これは韓国国民に対する「俺達は悪くない」というプロパガンダでしかない。

そしてアホかと思ったのは、防衛省の動画は「ズームレンズ」を使っているのが簡単にわかりますが、当然ズームアップすれば「被写体は大きく、近くに見える」わけです。韓国はその部分を抜き出して、「ほら、こんなに近くを飛んでいる」という。また韓国が出した反論動画の「サムネイル(最初の画像)」を見てください。いかにも韓国艦船のすぐ真横を飛んでいるような写真を作って視聴者の誤解を招くようなことをしている。

私が問題だと思うのは、「韓国は日本に対して【謝罪をしろ】と言っている」こと。危険な低空飛行をして艦船に近づいて、それはまさに「神風特攻隊」のようだったと暗に言っている。でも防衛省は「国際的な決まりを犯していない」と。これに関してはフライトレコーダーがあるわけだから、「どれだけ艦船に近づいたのか」はわからないのかもしれないけれど、「高度」に関しては生データがあるから反論は可能でしょう。

でも一番の問題点は、韓国の説明が二転三転しているということ。

◯ 現場は悪天候だった(実は好天候)
◯ 遭難船を探すため、すべてのレーダーを使っていた(船を探すのに今回問題になった攻撃用レーダー照射はしないのが常識)(攻撃用レーダーの使い方を取り決めた国際的な約束があって、韓国もそれに参加している)
ところが自衛隊が反論すると
◯ レーダーを照射していない

それどころか
◯ 低空飛行
◯ 艦船に近づいた
◯ これらに関して謝罪するべき(日本は韓国に謝罪をしろと一度も言っていない)

と変わってきた。そして「このレーダー照射の防衛省の動画は公にしないで欲しいと要請していたこと」もわかってきた。

ここで重要なことは、

◯ この事件が起きたのは「日本のEEZ内であった」という点
◯ 海上自衛隊のP1哨戒機の行動は、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどと共同で行っている「北朝鮮の瀬取りを監視する任務遂行中」だったという点

つまり、これはまさに西側諸国への挑戦であると言えるわけで、韓国がこれを認めるわけにはいかないのはわかるけれど、それをやってしまったのは間違いがない。

誰がどうこの話を聞いたって、おかしいのは韓国じゃないですかね。でも案の定、この問題を大きくしたのは「安倍晋三」だと批判する日本のメディアが出てきた。酷いのはNHKで、飛行機が飛ぶ写真と韓国の戦艦の二枚の写真を上下に合わせて公開したこと。これって誰がどう見ても「韓国艦船のすぐ真上を自衛隊機が飛んでいる」ように見える。これがネットで大騒ぎになって、NHKはその画像を差し替えた。でもその写真を全国の新聞社に記事を配信する「共同通信」も使っていて、共同通信はそのまま放置。

また合成写真も日本国内のネットに出回っていて、「ほら、自衛隊機が悪い」というフェイクニュースも出ている。この合成写真の自衛隊機は「車輪」を出して着陸しようとする瞬間の写真だけれど、通常、「車輪を出したまま飛ばない」ということさえ知らない人はこの写真に引っかかる。ましてやこの写真では哨戒機は船の向こう側にある。つまりとんでもなく巨大な飛行機ということになるのだけれど、こんな写真をネットに流して韓国擁護をする人たちは少なくない。

韓国の動画は笑止千万というレベルだと思うけれど、防衛省幹部が「もう韓国海軍との信頼関係は完全に崩れた」という発言をした(産経ニュース)のが気になります。

今まで韓国と日本はいろいろありますが、自衛隊と韓国軍は密接な関係があって、それは非常に良好だと言われていました。あの「日章旗をあげないでくれ」「自衛隊の銃弾を韓国軍に貸した」問題の時も、韓国軍は間に挟まれて困っているはずだという日本側の意見もあった。でも今回の韓国の言動はそういう信頼関係も壊してしまった。

でもここで防衛関係の評論家が言うには「問題を起こしたのは海軍だけれど、海軍からの発表はなにもない。発表をするのはその上の組織の国防部」であるところに注目すべきだと。韓国は歴史的に陸軍の国で、海軍は下と見られていて、国防部の幹部は陸軍が牛耳っているとのこと。つまり、今回の日本への対応は「海のことを知らない陸軍」がやっているから、ちぐはぐなおかしな説明ばかり出てくる、という。つまり、上部が「絶対に認めない」という結論を出して海軍は沈黙していると。そして国防部が強く出るのは昨今の韓国の言動とある意味整合性があって、「日本叩きを加速させている文政権の意向に沿っている」と。

だからすでにこの問題は政治問題になっているわけで、防衛省の反論、動画公開もそれを大きくしたのは間違いがなくて、防衛省は動画公表には及び腰だったのに官邸が公開するように動いたと。だから安倍首相が悪いという論が出てくるわけだけれど、でもまさに安倍さんは(俗に言う)徴用工問題でも一歩も引かないつもりでいるわけだし、今回のレーダー照射事件でも「韓国とはそもそもどういう国か」を世界に知らしめるのに使えるし、私も使うべきだと思う。そしてどんどん墓穴を掘り続けているのが韓国。

防衛省が公表した動画ですが、私が見てすぐに感じたことは「きっと韓国側は【俺達の周りを飛び回って煩い。ちょっと脅かしてやろう】と考えただろう」ってこと。あれだけ周りを飛ばれれば煩いと思うのは普通かもしれない。でも場所は日本のEEZ内で、P1哨戒機は北朝鮮の瀬取りを監視中。そこにいる船がどこの船で何をしているのか調べるのは当たり前の任務のはず。

そもそもこの写真を見てくださいよ。P1哨戒機が撮った写真ですが、これを見て変だと思いません?

この船がどの国の船なのかも私にはわからない。国旗も軍旗もあげていない。これって普通なんですかね。ましてや韓国にとって日本が友軍であるとするなら、場所は日本のEEZ内であるし「現在救援作業中である」とか自艦の識別もはっきりさせて無線連絡するのが常識だと思うのだけれど、そういうことってしないでも構わないんですかね。また哨戒機が無線で問いかけても一切反応しなかったってどういうことなんだろうか。

韓国は昔から反日国家。でも「反日」が「侮日」に転換したのをこの数年感じますわ。

でも前にも書いたけれど、私は「日韓併合」をされた朝鮮民族の恨みはわかるんですよ。日韓併合は「朝鮮からの要請があった(事実)」「世界も承認した(事実)」であって、軍を送り込んで侵略戦争をしたわけでもない。そして日韓併合によってどれほど朝鮮が発展したのかというけれど、それはあくまで日本側からの見方であって、朝鮮民族が真にそれを望んだのかと言うと話は別。もし日本がアメリカと併合して、日本という国が消滅し、日本語も日本の伝統文化も塗り替えられるようなことがあったら、もしその後、独立したところで、その日米併合を私は一生恨みますもの。そしてそれを推進させた日本人を絶対に許さない。

でもね、過去は過去じゃないですか。世界の大きなうねりの中に飲み込まれてそうならざるを得なかったってことはどうしたって起きる。それに立ち向かうことが出来なかった自国の情けない部分は認めざるを得ないわけで、それを当時のリーダーや賛同者を未来永劫責め続けるのは日本人には理解できない点。原爆を二度も落とされるという、誰がどう見ても国際法違反の歴史上にも例がない大虐殺だけれど、今の私達はそれを蒸し返してどうこうしようとは思わない。これは「日本が悪かったから黙る」という意味ではなくて、戦争そのものも誰が悪いと言うより、世界を動かそうとしている大きな力に日本が勝てなかったのは間違いがなくて、コミンテルンがどうのアメリカの策略がどうのじゃないと思うんですよ。

いわゆる災害と同じで、過去に起きたそれに拘るのではなくて、再発防止、そして起きた時の対処。これをどうするかってのが何よりも大事だと私は思うわけ(でもあの大戦に関しては日本国内での日本人による総括は必要だと思ってる)。でもこれって、災害が歴史的に多かった日本人の独特な考え方らしいですね。海を恨み、山を恨み、太陽を呪ってもしょうがないですから。でも他国に侵略されるとか、そういう経験がないわけだからきっと他国と考え方が違うんでしょう。ましてや朝鮮半島は、「他国に翻弄される歴史しかない」と言っても過言じゃない。だから「敵は敵」であって、許してはならないという気質が、儒教とも相まって育ったのだと私には思えるし、それがあの朝鮮半島という難しい場所で民族が生き延びることが出来た要因なんだろうとも思う(日本人みたいな気質だったらとっくのとうにあの国は消滅している)。ましてや歴史的には「下位だと信じている日本にやられた」わけですから、恨み1000年も当たり前なのかもしれない。

でも私は、そういう韓国に「哀れさ」を感じるのみ。彼らも「未来志向で」というけれど、彼らには「謝れば終わり、許す」という概念がないと私は感じます。日本人的には「謝って手打ちをすれば終わり」ですが、彼ら流の考え方は「謝ったらそこで誰が悪いか確定して、それは将来も続く」んですね。だから韓国人は謝らないというのが昔から日本国内でも言われてきたことで、私も経験があります。だから彼らが日本に言う「謝れ」というのは「自分の非を認めて、俺の下位に付け」という意味でしか無い。だから話し合いだとか謝れば良いじゃないかという「日本人的発想」は彼らには通用しない。

彼らも謝れば済んでしまうことなのに謝らないのは、まさにその考え方があるわけで、「ここで謝れば日本の下位につくことになる」というバカな考え方があるんでしょう。こうやって馬鹿みたいに意地を張るほうがよっぽど反感を買うのがわからないのが不思議。でも謝れない民族なのかもしれませんね。前科者は一生前科者として扱われる社会で許すことをしないんですから、罪を認めたら終わり。

死人の墓にツバする文化がある国だというのを私達は忘れてはならないんじゃないですかね。

もしも、今回の「レーダー照射」が逆の立場だったらどうなったか。つまり日本の軍艦が、韓国の飛行機に「攻撃用レーダーを照射」したとしたら、韓国はどう反応するか。

それを考えれば、韓国にどう対処するべきかはよく分かるんじゃないだろうか。「日本人には日本人のやり方がある」と思う人も多いだろうけれど、まさに「日本の常識は世界の非常識」と言われる部分があるのは、我々海外在住者にはよ~~~~くわかっていることですもんね。

でも私は彼らと同じ土俵に乗るのは日本人の恥にも思えてくる・・・・。困ったもんだ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください