「為替市場」がクラッシュ!!恐ろしいほどの円高!!良い勉強になる動きだと思う

一体どうしたんですかね。暴騰・暴落というより「クラッシュ」と言ったほうが良い動き。これほどの動きは近年見た覚えがありません。

米ドル・円の日足。

もっと短い足で見ても、この動きって異常。

一分足。日本時間の1月3日07:35の一分間だけでこれだけの動き。

一体何が起きたのか調べてみましたが、なんだかイマイチよくわからず。アップルがどうしたって?これでなるほどって思います?

円急騰、一時104円台-アップル売上高予想引き下げ後、薄商いの中

この急激な動きは、ある時間帯を「故意に狙った」動きだと思います。上のニュースの中ではこう書かれている。「ニューヨーク市場での取引が終わり日本市場が休場となる中で、売買が【非常に薄く一方通行的な市場】になった」と。

つまり「世界のビッグプレイヤー」がいないときに、世界的にとんでもないことが起きたわけでもないのに、誰かが「仕掛けた」としか言いようがないんじゃないですかね。

ここで思うのは「日本人トレーダー」をターゲットとしたハゲタカ戦法。

上のニュースにも書かれていますが、昔から日本人トレーダーって「豪ドル・円」を好んでトレードするんですね。今はそうではないものの「かつての豪ドルの金利が高い時代」は「豪ドルを買って放置する」だけで「スワップ」という金利が受け取れた。だから「豪ドルを買う日本人トレーダー」が多かったのね。

そういう日本人を「ミセス・ワタナベ」と揶揄して、彼らをターゲットとしてカモる行動が見られることがありました。

今回もそれじゃないかなぁ。

豪ドル・円の日足を見てみましょう。

NY市場は閉まっていて、東京市場も空いていない。それも正月の3日。市場は閑散としているのにそんな時間帯にトレードを頑張る日本人トレーダーなんていないに等しいでしょう。

でも豪ドルを買っていた場合、「損切り注文を入れておく」のが普通。その値になったら「成り行きで売る」という注文です。そうでなければ底なし沼にはまりますから。

そしてもしその注文が入っていないにしろ、多くのトレーダーはレバレッジを掛けてトレードしている(要は借金と同じ)から、ある程度の値になると「証拠金が不足」して「強制的に売られる」ことが起きる。

まさに今回の動きはそれで、これだけ大きく動いたらかなりの多くのトレーダーが「証拠金不足」になって「強制的に売られたはず」。

損切り注文を入れていたとしても、また強制的に売られたにしろ、一気に、しかも大量に売り浴びせられたら市場は売り一色で「なかなか値がつかない」ことが起きる。つまりまさかの値でも「約定するまで下がり続ける」わけです。

大勢がパニックになって売るでしょうし、上に書いたように「自動的」に売られるわけですから、値はどんどん下る。

そしてあるところを見計らって「刈り取る」わけです。

NY市場は閉まっている。東京市場は休み。東京時間の朝の7時半。狙うには最高の時間帯じゃないですかね。取引が閑散としているから、小さな資金で大きく動かせる。

でも逆に、正月早々、とんでもなく大きな「お年玉」をもらった人たちも多いんじゃないでしょうか。

もう一度、米ドル・円の日足を見てください。すでに下げトレンドに入っているところでの急落ですよね。

豪ドルの下げが半端じゃない。つまり今回の下げは主に豪ドルを売り浴びせたんじゃないですかね。(しかし去年、豪ドル主体だった金融資産をすべて米ドルに替えたのは大正解でした。もしそれをしていなかったら正月早々寝込んでいたかもしれない 笑)

豪ドル・米ドルの日足。

だから真面目な(?)トレーダーなら、ここで「買い玉はない」のが普通で、積極的に「ドル売り・円買い」をするのがセオリー通り。そんな人達はまさかのお年玉をもらったことになります。

これからも「逆張りはしないほうが良い」というのがおわかりになるんじゃないですかね。そしてトレンドをしっかり見て、「トレンドと逆の行動はしない」ということ。これは「トレンドと逆の建玉を持ってはいけない」という意味でもあるわけです。

それを守っていた人たちは、今回の動きは「対岸の火事」でしかなかったはず。

先月ですが、「日経225はどうでしょう?」という質問を受けました。日経225が大きく下げている時の話です。私はその時に、「そもそも、今の時点で株を持っている方がおかしい」としか答えようがありませんでした。

「長期投資だから、長期で持つのだ。上がっても下がってもジタバタしない」というのも一つの考え方だと思いますが、それって自己満足、孤高の人としか言いようがないと思うんですよ。でも大手の機関投資家、大企業はそうやっているじゃないかと思うかもしれませんが、彼らは「長期投資しかできない」んですよ。短期間に莫大な資金を動かしたら、それだけで値は上下に動いてしまうんですから。また彼らはヘッジをしたり先物やオプションを使ってやりくりするんですね。「大手の真似をするのも良いけれど、大事なところは真似しない」のが一般的な投資家じゃないですかね。

またスワップ狙いの長期投資は「値上がり(値下がり)で利益を出すのではなくて、スワップ(金利)をもらって稼ぐのだ」なんて考えていると、トレンドを無視しがちだし、安くなると「もっと買い足そうか」と考えてしまう。つまり「トレンドを無視して、でも逆張りはする」という非常に危険なことをしてしまうのね。

これも「儲けたい」という思いが強い人に良くある傾向。やっぱり、たとえ「スワップ狙い」だとしてもトレンドが下を向いたら「一時撤退」を考えないと駄目ですよね。

正月の3日の朝からFXのデイトレをしているひとがどれだけいるかわかりませんが、そのトレーダーはびっくりするほど利益がでたでしょうね。

5分足でも、「完全な下げトレンド」に入っていて、普通なら(米ドルを)ショートする(売る)でしょう。買いから入るトレーダーはかなりのへそ曲がりか、ド素人かギャンブラーか。

5分足。この動きを見ると、仕掛けたハゲタカ連中は、最初チョロチョロ売ってみて、「買い勢力の様子を伺っていた」のが見えるようです。そして強力な買い手が出てこないのを確かめて、一気に攻撃を仕掛けたんじゃないですかね。そんなストーリーが見えるような気がします。また日足でも円高トレンドだったわけですが、もしも円安トレンドだとしたら、ここで仕掛けて来なかったかもしれませんね。

売っているトレーダーは「利益が出てきた・・」と思った瞬間、とんでもない大きさのお年玉だからびっくりしたでしょうね。

でも「そろそろ(米ドルが)上がるだろう」なんて逆張りをしてドルを買って入った人は「即死」に近いんじゃないですかね。大損したのは間違いがないはず。今頃、頭をかきむしって自分を罵倒しているはず。かなりの安値で強制売買させられて、そしてその後、値は半分ぐらい戻ったわけですから、どうにもやりきれないでしょう。まさか自殺者が出ないと良いのですが、市場が大きく動く時って、一攫千金になった人と、その逆もいて、死を選ぶ人は決して少なくないかもしれません。値が元に戻ったところで、自分の建玉は安いところで自動的に強制売買されて大きな損失をだしたとしたら、それを証券会社に払わないとなりませんし、額によっては・・・・。

前にも書きましたが、株でもなんでも同じで、「安く買って高く売る(高く売って安く買い戻す)」のが利益を出す方法ですが、これを間違えて覚えると「逆張りをしてしまう」んですね。安くなったんだから買いだと単純に考えてしまう人はかなり多い。でも市場は非情で「トレンドが示す方向にもっと大きく動く」ことがあるわけです。ギャンブル好きな人はこれをやる傾向が非常に強いんですね。当たるとこれほど気持ちの良いことはありませんから。でも逆張りを続けていると「いつかは退場することになる」と私は断言します。

では一切逆張りは駄目なのかというと決してそういうことではないのですが、下手くそがそんなことを考えても駄目なわけですよ。だから「逆張りはしない」と決めたほうが私はうまくいくと思うし、「逆張りをうまくなりたい」なんてのは「イチローみたいになりたい・・・」というのと似ていると思います。

でも「安く買って高く売る(高く売って安く買い戻す)」ことは間違いないわけで、これに「トレンドに沿って」というのを付け加えて考えればそれでOKなんですね。つまり買いだとすれば、「上げトレンドの中で【安く買って高く売る」ということ。

相場の格言に「安い時には叩き売れ、高い時には買い上がれ」というのがあるくらい。それだけ「トレンドは重要」だということ。

買い時、売り時もトレンドが一番大事ですが、「トレンドが下がっているときに【買い玉を持っている】」というのも駄目だということです。

要はそれだけ「長期投資は難しい」わけで、それなのになぜか「短期投資は難しい」と信じている人は非常に多い。これって業界の人達に刷り込まれた「間違えた印象」だと私は思っていて、この業界ってのは「常に新しいカモがお金を持って参入してくる」ように皆で動くわけですよ。証券会社も同じ、評論家やアナリストも同じだと思ったほうが良いくらい。

「負ける人がいないと、勝てる人もいない」ってことに気がつくべきですね。だから新しく入ってくる人には負けてもらわないとその業界の人間としては困るわけですよ。

これはトレーダーも同じと言って良いかもしれない。「あいつバカだなぁ。飛んで火に入る夏の虫」なんて思いながらニヤニヤしているトレーダーって結構多いのかもしれない。

ここに気がつくだけで、自分の投資方法も変わってくるんじゃないですかね。

しかし、今回のドルの急落(円高)で、海外の日経225も急落しましたが、今はもとに戻っている。為替の方はどうなるんでしょうねぇ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

6 thoughts on “「為替市場」がクラッシュ!!恐ろしいほどの円高!!良い勉強になる動きだと思う

  1. いつも興味深い記事ありがとうございます。
    また短いコメントにも返信いただきありがとうございます。

    さて、今回実感しましたが、FXは怖いですねぇ。
    FXはもちろんですが、証拠金取引。しかも高レバレッジの。

    今回の急落時、ー豪ドルではスプレッドが5000pipsを超えている会社があったそうです。(youtuber 情報。未確認)
    FX会社はどんな状況でも損はできないので、そうなることも仕方ないかもしれませんが、高レバレッジでやってたらアウトでしょうね。

    証拠金取引も殆どのアマチュアは、最終的には退場させられるのではないでしょうか。Daboさんは例外だと思いますが、お知り合いでも最終的には消えていった方多くいらっしゃるのでは。と思います。
    それはリスク管理ができてなかったり、ナンピンで自滅したり、ロスカットできなかったり。といろいろな理由で。

    話がすごくずれますが、FX会社によっては現受け(豪ドルを買って、のちにその価格で豪ドルをFX会社から送金すること)ができます。
    それを利用して、豪ドルが一段と下がった段階。狙っているのは1ドル65円で20万から30万豪ドルを購入しようと思っております。
    65円で20万通過 1300万円。証拠金は500万円を予定しているので、
    1ドル45円を下回るとアウト。

    長期的にチャートを見ると60円を割ることはなかなかなさそうですが、どうでしょうか。
    私だけは大丈夫 と、考える他の投資家と私も同じでしょうね(笑)

    • アジア株太郎さん、コメントを有難うございます。

      本当に今回の動きで大損した人は続出したでしょうね。また円を買っていた人でもここまでの動きを予想していた人は皆無のはずで、利確の注文をいれていたとしても104円台なんてありえないでしょうし、後になって気がついた時には値は半分もどしちゃって、「儲け損なった」人ばかりじゃないかと。

      もう二度とFX、相場には手を出さないなんて誓った人がいくらでもいそう。(笑)

      でもこれって他人事じゃなくて、自分もこういう渦に巻き込まれる可能性はなくはないんですね。証拠金取引をしている限り、危ない。

      だからこの日記でも、大きく動く前の動きに注目したわけで、「上げている時に突然下がりだしたのではない」ところが大事だと思っています。必ず予兆はあるわけで、逆張りをしない限りは大丈夫だというのが今回のケース。

      これは911や311、実際に何か起きた時も調べてみましたが、必ず予兆があるんですね。というか、第一報を受けた人が市場に入ってきて、情報が広がるにはどうしても時間がかかる。だから日足で見ると急激な動きでも、1分足で見ると大きなトレンドが出来て、そして途中で大きく動くという感じ。

      こういうことを調べても、やっぱり自分には長期投資は無理だと思うし、短期投資どころか、デイトレしか怖くてできないと思うわけです。

      豪ドルのキャッシュが必要なんですか?

      なんだかその作戦がよくわからないのですが、下げトレンドの時に「まずは売る」わけですよね?で、65円になったら買い戻し、なおかつ豪ドルを買って現受という意味ですか?

      もし65円以下になっても今からその作戦なら利も乗っているはずですし、また動きを見て下げに乗っていけば良いところで精算、そして買いに転じて、現受するのは可能じゃないんでしょうか?

      でも私だったら「65円になるかならないかはわからない」わけですから、もし豪ドルが必要だとしたら、常時、豪ドルのOTMプットオプションを売り続けることをします。その小さな利益を積み上げていくと、いつか必ず計算上は65円近くにはなるはず。そして頃合いを見て豪ドルの買い方に回るのが良いんじゃないですかね。

      でも途中でイン・ザ・マネーになったとしても、現時点よりは価格は低いわけですから、よしとすることもできるんじゃないですかね。

      う~~む、でも意味がわかりません。

      65円で買いたいのですよね?で、それがもっと安くなったら困るってのがよくわかりません。だったらFXでヘッジをすればよいのでは?

      ただし、65円になったら買うという作戦は、絵に描いた餅でしかなくて作戦にはなりえないんじゃないでしょうか。過去のデータではそういう時が来るかもしれないと予想はできますが、それまでどうするんです?10年でも20年でも待つ?

      この考え方って、仮想通貨を買って「億り人になりたい」というのと同じに思えます。

      65円で30万ドル必要なら、それはいつまでにってのを決めて、では明日から何をするべきかという細かい実行可能な計画を立てる必要があると思います。

      あれれ、それとも65円になったら500万円を投じて30万ドル買うという意味ですか?

      それって日経225が1万円になったらああしたいこうしたいというのと同じで、ただの夢想でしかなくて、投資でも何でも無いんじゃないかと。

  2. 早速のご返信ありがとうございました。

    単純に65円になれば20万から30万ドルを両替したい。という意味でした。

    この20万から30万ドルは必ず必要なわけではなく、
    ただ豪ドルが安い時に買って、そのお金を使い投資不動産を購入したいと思ってます。

    もし豪ドルが反転して、80円、90円となってくれば、
    この話は無しになります。逆に10年単位で60円近辺になれば、その時は購入を再検討すると思います。

    私は短期のトレード(短期証拠金取引)は知識、勉強、リスク管理不足もあり、自分には向いていないと思ってます。

    ただ長期(5年から10年以上)ではいろいろな市場で結果が出ているので、今後もこの方法で勝負したいと思っています。
    12月にアメリカで大麻生産が農業法改正で可能になったので、関連株(ASX EXL) を購入したしました。これも数年で結果が出れば嬉しいですね。

  3. 投資方法は人それぞれですからそれでうまく行っているのなら全く問題はありませんね。

    ただし、豪ドルが65円になったらとか、そういうレバたらを考えるのはどうなんでしょうか。

    そこまで下がる時にはそれなりの理由があるわけで、その時には「今回は歴史的な安値を更新するかもしれない」みたいな思いが必ず出てくるはず。私もリーマン・ショック後の暴落の時には、この辺が底だろうとは思ったものの、もしかしたら・・・という考えを払拭できませんでした。

    投資は「チャンスがあったら儲けよう」という考え方もありますが、「これが仕事だ」と考え方を変えてどうやって利を重ねていくかを考えるほうが、結局は近道だというのが私の考え方。

    >ただ長期(5年から10年以上)ではいろいろな市場で結果が出ているので、今後もこの方法で勝負したいと思っています。

    長い時間軸のチャートを見てください。常にその方法で大丈夫なんでしょうか。

  4. 超長期で見ると豪ドルも下り基調ですので、もっと下がる事もあり得ますよね。

    昨年も(値頃感)でトルコリラを購入し、大損害を被った人が多数いるそうです。知り合いもこれでやられて数百万やられました。

    豪ドルも超長期では50円を下回ったり、もっと割り込む事もあると思います。その時は再度円を豪ドルに換え、円換算で安くなった物件を買いたいですね。

    投資に関しての考えですが、私は投資を本業としていないので、コンスタントに利益を得る必要は無く、長期でボーナスを得られればいい。ぐらいのスタンスです。

    たられば。も実行に移さなければ絵に描いた餅ですが、そもそも長期投資は、たられば。の世界だと思ってます。
    ○○国の10年後の経済を見通して、どんなセクターが有望なのか。労働人口と所得が増えればどんな会社が儲かるか。その時株価はどうなるのか。と考え、その可能性を高めようとする。

    Daboさんみたいに短期のトレードができれば。と思う事も多々あります。特に今みたいなボラティリティの高く、短期でトレンドの出ている時は。

    ただ短期のトレードはプロ(daboさんのような専業、投資運用会社?の人、アルゴリズム取引) に勝つためには、かなりの修練が必要ですし、何よりメンタルと体が持ちそうにないです。

    短期トレード中は投資金額にかかわらず、心拍数はかなり高くなり、体と脳に大きな負担がかかり、体への負担はかなり大きいと思うので、私には無理かな。と思っています。

  5. なぜ私が(素人の)長期投資は駄目だと思うのかの理由がまさに

    >そもそも長期投資は、たられば。の世界だと思ってます。○○国の10年後の経済を見通して、どんなセクターが有望なのか。労働人口と所得が増えればどんな会社が儲かるか。その時株価はどうなるのか。と考え、その可能性を高めようとする。

    ↑ だからなんです。

    タラレバと言えば、短期投資もデイトレもタラレバでしかなく、「今の力関係はこの先も続くだろう」というところのみに立脚しているだけ。

    ではプロたちの長期投資ですが、長期投資だから放置するわけじゃなくて、毎日、情勢の変化を見ながら「タラレバも変化させる」ということなんです。ヘッジという形で先物やオプションで「常に面倒を見る」んですね。家庭菜園と同じ。

    でも一般的には「種、苗木を植えたら水もやらずに放置する」わけです。

    そして問題は、どの時点で「間引き」「枝打ち」「収穫」するかという計画もないこと。単に「XXXXXになれば良いなぁ~~」と夢を見て、神に祈る。

    そしてその時が来たら収穫するのではなくて、「もっと実がなるかもしれない」と欲を出す。

    これで勝てるわけはないというのが私の持論で、「すべては成り行きに任す」ようにしか見えないのです。

    これはギャンブルでしかなくて、日本がデフレで苦しんでいる時でも世界は成長してきましたから、「海外に目を向けた人」はそれなりの結果は出たはず。

    さて、「波乱の時」が来たらどうなるのか。

    それが試させるのが2019年のような気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください