眺望の大事さ、コンドの眺望の変化

マレーシアに来る前から考えていたことは、マレーシアには遊びに行くのではなくて「お金儲け」で行くのだから、そして自宅で仕事をするし、部屋からの眺望なんてどうでも良いと思っていました。それより仕事がしやすいコンドであることが何よりも大事。

でもマレーシアに来てから2ヶ月間、Airbnbであちこちの地域、「長期で借りるかもしれないコンド」を探して泊まり、点々としていたわけですが、やっぱり欲がでるんですね。

この地域は合わないとか、こういう眺望のところは嫌だとか、家族3人が3人共、ワガママの言い放題。

結局、あの二ヶ月で何箇所のAirbnbのコンドに泊まりましたっけね。

今、借りているコンドもAirbnbで泊まってみたわけですが、一発で気に入りました。モントキアラの雰囲気って我が家に合うのですが、その理由はよくわからず。ただ場所的には「Desa Parkcity」の雰囲気が一番良いと思いました。並木道を車で走っていてもゴールドコーストにいるような雰囲気ですし、大きな池があってなんとも言えない開放感があった。でも残念ながら我々に合うコンドは見つからなかったので、モントキアラの今のコンドに決定。

どうでも良いと思っていた眺望ですが、やっぱり眺望が良いってのは良いですね。

ゴールドコーストでもそうでしたが、私は遠くを見ながら2時間でも3時間でもボーッといろいろ考えることが多く(瞑想みたいなもの)、その眺望が自分に与える影響ってのは間違いなくあるのがわかる。特に、遠くに「人の営みを感じる」ってのは若い頃から大事だと思っていて、また高層階から下界を見るように世の中を見ながらいろいろ考えると、やっぱり考える内容の視点が大きく広くなるのね。「一体、俺たちってなんなんだろう。どうあるべきなんだろう」みたいな根本的なことを視界の中で動く車の流れ、人の動きを見ながら考えたり。

昔、日本で百貨店相手の仕事をしているときですが、取引先の商談室、会議室が池袋サンシャインの56階だったかな、そこにあったんですよ。そこから下を見ると人間はアリンコみたいに見えて、多く走る車はおもちゃみたいで、そしてずーっと遠くまで並ぶビル、そしてその先に見える山々。その眺望って東京が見えるというより、世界が見えるみたいな感じがしていました。その商談室、会議室に行くのが私の楽しみでもあって、そこでバイヤーと相談したり会議をすると、まるで自分ではないかのようなスケールの大きな考え方が出てくるんですわ。長期計画を練る時なんて最高で、当時の私の会社は渋谷の道玄坂にあったのですが、そこの私の席から見える渋谷の雑踏の中では全く思いつかなかったことがあのサンシャインの56階に行くと出てくる。

やっぱり大企業がああいう場所にオフィスを構えるってのはそういうことなんだな、なんて思いましたわ。閉鎖的な地下室みたいな仕事部屋だったらろくな発想が出てこない。

ゴールドコーストで自宅を売るために借りていたコンドの眺望も好きでした。まさにゴールドコーストらしい眺望だったし、私達の最後のゴールドコースト生活を飾ることが出来ました。

それはマレーシアに来てからも同じで、下の方を走る車を見たり、遠くのマレーシアの象徴であるツインタワーや山々を見ていると、近視眼的なものの考え方じゃなくて、大局的な視野の広いことを考えることが出来る。自分がこれから進もうとしている方向性、今、自分がやっていること、やるべきこと、あるべき姿とか、そんなことを考えるのには今のコンドの眺望は最高です。

ところが~~~~~~~~~

この気に入っている眺望に邪魔者が出てきました。

高速道路を挟んだ向かい側でコンドが建設されているのをこの2年間、見ていましたが、思ったより背が高くなって、「邪魔」と思うようになってきました。遠くの山々が見えていた方角に大きなコンドが建ってがっかりです。

でもそれだけじゃない。このコンドって何棟もあってまだいくつも建てている。それらはまだ背が低いけれど、もしそれらがこの左に建つコンドと同じ高さになったら、ツインタワーも見えなくなるのは間違いがない。

がっかりだなぁ。このコンドがもし自分のコンドだとしたら、暴れたくなるぐらい腹が立つ。(笑)

今のコンドは後1年まるまる契約が残っているのですが、引っ越しって私達にしてみると楽しみではなくてストレスになるのが去年の引っ越しでわかりましたし、このまま後何年でもこのコンドを借り続けても良いなぁと思っていたんですよ。

でも1年後には目の前に壁が出来て、それらのコンド群を見ながらってのはどうにも我慢できそうにありません。最初からそういうものなら諦めもつきますが、今まで出来ていた、私が自己チェックのための一番大事な「ボーッと考える作業(瞑想)」が出来なくなるという恐怖感さえ感じます。

やっぱり1年後はどこかに引っ越しするしか無いかな。

モントキアラは気に入っている街で、その中でもこのコンドを気に入ったからここを借りているわけで、他のコンドと言っても今の時点ではまるで考えられません。では他の地域と言っても、KLCCはあの混雑、道路事情と空気の悪さを考えるとワクワクしませんし、ブキビンタンは前にもちょっと書きましたが、あの街が持つエネルギーを私は怖いと感じるぐらい相性が悪く、今の時点では、どこがいいのかさっぱり頭に浮かんできません。無理やり考えてみるとバンサエリアかなぁ。う~~む、やっぱり私はなぜかモントキアラが好きですわ。

もし目の前のコンドが完成しても、今借りているコンドの最上階に近い階か、あるいはいくつかある棟の一番南の棟なら視界が遮られることはないかなとか考えてみたり。

え?今、目の前に建てているコンドが良いんじゃないかって?

そうか、そういう考え方もありますねぇ。

ちょっと調べてみましょうかね。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

眺望の大事さ、コンドの眺望の変化” への2件のコメント

  1. 友達のこんどがKLCCが綺麗に見えるところだったのですがその前にこんどが二棟建ち工事のおじさんと目が合う状態(実際はフィルムが有るから中は見えないのですが)結局立ててる最中のコンドの出来上がってるほうに引っ越しました すごく眺めが良かったです。
    デサパークもどんどんこんどが増えてきてしばらくするとモントキアラのようになって朝は大渋滞になるのが目に見えています。
    空もだんだん狭くなってきて嫌だなー
    家の前にコンド予定地が着工したからすごく憂鬱です

  2. コンドを借りてるのって気軽で良いですよね。自分の持ち物で眼の前に建った日にゃ暴れたくなりますよね。コンドの価値も下がるんだろうし。

    デサパークに最近行っていませんが、変わったんですか?

    あそこは確かに広いし、そこにどんどん建って住人が入ってきたら凄いことになりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください