JALが「超音速機(マッハ2.2)」を20機、導入するんですって。未来の世界を見てみたいなぁ。子孫たちはどんな生き方をするんだろう。

時代がどんどん変化しますね。JALが「超音速機(マッハ2.2)」を導入するとのこと。でもまだまだ先。とは言ってもこの10年以内みたい。

JAL、超音速機を導入へ…開発会社と提携、優先発注権20機分を獲得

日本航空(JAL)は、超音速旅客機を開発している米国のBOOM TECHNOLOGY(ブームテクノロジー)と資本業務提携することで合意したと発表した。

BOOMはマッハ2.2(時速換算で2335km/h)、航続8334km、座席数45~55席の超音速旅客機を2020年代半ばに実用化する計画を掲げて開発している。

マッハ2.2(時速換算で2335km/h)ってことは今のジェット機の3倍ぐらいの速さですか。ということは今の3分の1ぐらいの時間で飛べるわけだから、マレーシアと日本の間を3時間以内で飛んじゃう。マレーシアとオーストラリアの間、日本とオーストラリアの間も同じ。日本とアメリカも同じ。

凄いですねぇ。

楽になりますねぇ。

2020年代の半ばに実用化という計画だから、順調に行けば今から10年以内に我々ジジババも乗れるようになるかもしれない。

でもそれにお財布が耐えられるかが問題。(笑)

ま、無理だろうなぁ・・・。会社の経費で落とせる人か、とんでもない金持ちしか乗れないと思う。かつてのコンコルドと同じでしょう。まさかのまさかでAirAsia Xがこれを導入して、今の3倍程度の料金なら乗れるかもだ。(笑)

冥土の土産に乗ってみるなんてのもアリかもしれないけれど・・・・・・。

あああああ、マイルを貯めて乗れる可能性はありますね。

私はもうすでにJALのマイルを積極的に貯めるのは止めてしまったから無理だけれど、一時期は「成田-ニューヨーク間」のファーストクラスの往復チケット2枚分のマイルを持っていたことがあります(当時、ファーストでの往復は買えば150万円ぐらい)(ゴールドコースト在住時)。だからヨメさんに「ファーストクラスで東京からニューヨークに行ってみるか?」と聞いたんですよ。そうしたら出不精のヨメさんは「アメリカに行きたくないし、東京にも用事はないし。ファーストクラスに乗りたいだけで行くってバカじゃない?」という、まぁ、まともとも言える返事。

でもそのマイルも時間と共に自然消滅するわけで、ほぼ全部がもう消滅してしまった。

バカじゃないかと思うんですが、ゴールドコーストに住んでいるとJALの路線がないからマイルを使うことも無いんですね。だから海外-海外路線でJALのビジネスに乗ったり、ワンワールドの他の飛行機に乗ったり(変換効率はかなり悪くなる)しましたが、そもそも海外に出ることもほとんどなくて、マイル消費のための旅行をするということもしませんでした。金券に替えたこともあるのだけれど、その金券を使う場所もなかったわけです。

もったいないことをしたなぁ・・・。

でも高額の航空券って「マイルで手に入れる」のが一番効率が良いんですよね。近場の安い航空券に替えたらもったいない。エコノミーよりビジネス。ビジネスよりファースト。近場より遠い路線が有利。なんだかんだ言ってマイルで無料に乗ることは結構あったんですが、オーストラリア-日本間のビジネスクラスって買うと50万円ぐらいしたんですよ(エコノミーで18万)。でもマイルだと6万マイルで乗れちゃう。また東京-香港間でビジネスにマイルで乗ったら、なんとファーストに無料アップグレードしてくれたり、ま、それなりにJALマイルは利用してきました。だから結構、消滅させちゃったけれど、ま、いっかみたいには思っています。

マレーシアではとんでもなくマイルが貯まるカードがあって、それはMaybankのクレジットカード。なんと1リンギットで1マイルが貯まる。これって異常だと私は思っていて、普通、一般的には100円=1マイルですよね。でも1リンギってことは27円ぐらいだから、半端じゃないスピードでマイルが貯まる。そしてそのクレジットカードは「ホテルのレストランで二人で食事をすると50%引き」なんてのも付いている。

当然、私はマレーシアに来る前から「このクレジットカードは絶対に手に入れるべき」と考えていて、それに関しては何度かブログに書きました。

この二年間、そのクレジットカードで払えるのもは何でもそれで払いましたからかなりのポイントが溜まっているはず。でもまだそれをマイルには替えていない。またマイルに替えられるのは「マレーシアエア」か「シンガポールエア」だけ。

きっとこの超音速機が現実のものになった時、シンガポールエアは真っ先に導入すると思うんですよ。あのクソでかいボーイング380の導入もそうだし、シンガポールエアーはそういうのが好きなんですね。

だからもしかしたらシンガポールエアで「マイルを使って【無料で】乗れる可能性」はあるかもしれない。

なーんてことを考えるのですが、こういう飛行機が出来たらすぐにでも乗ってみたい、なんて考え方はもう私の中には無い。(笑)

でもJALの鶴のマークを付けたこの超音速機を是非、見てみたい気がします。

JALって株式でも大損させられたし、良いことはないのですが、やっぱりJALが好きなんですわ。不思議なもんで私はANAにはほとんど乗ったことがありません。比率で言うと20対1ぐらいか。

いつの日か、超音速ジェットがどんどん普及して、普通のジェットはLCCなんて時代が来るのかなぁ。

技術の発展って、そういうのが大好きな私としては「長生きして将来を見てみたい」という思いが強いです。自動車も自動運転が当たり前で、どの家庭にも人間の形をしたロボットが一台なんていう時代も来るんでしょう。

でもそれとは逆に、とんでもない所得格差の時代になるのも間違いがないようで、AIやロボットが人間の仕事を代替わりするようになっても、それで恩恵をうけるのは一部の人達で、一般庶民はただただ仕事を奪われるだけになるはず。自分の子孫がどちら側になるかと想像しても、私としては貧困層になるとしか思えない。

でも人間って面白いもんで、どんな環境になってもその中で幸せを探せるのね。

とんでもなく理不尽なことでも、社会ってそういうものだと受け入れちゃう。今もまさにそういう状態だと私は思っていて、大きなサファリパークの中で飼われているような状態でもそれをまるで自覚することなく、その中で幸せを追求する。

かつての奴隷と全く同じ。私達は昔の奴隷を「可愛そうだ」って思うけれど、結構本人たちは幸せに生きてきたはずだと確信しています。たとえ理不尽なことで殺されたにしても、世の中がそういうものだと認識するとそれなりの生き方をして諦めも付いちゃうはず。精神的には泣きながらも幸せに生きるという点で、今となんら変わりはないんじゃないですかね。石器時代の人間も同じく。

あがいてもどうしようもないと諦めてしまうと、それはそれで人間って幸せをその中で得ることが出来るというのが不思議に思います。現代の我々も「奴隷だ」「利用されている」という意識なんて全くなくて、今の生活の中で幸せを追求するのと同じ。だからこそ命が続いてきたのだろうと思うけれど、世の中をコントロールし搾取する側に取っては利用価値が大きい。いやいや、AIとロボットが増えれば、生身の人間の価値が下がるんじゃないかなぁ。

ピラミッドみたいな建築物が将来も建築されるんだろうけれど、それを作るのはロボットたちで、その動きを遠くから野良犬、野良猫みたいな生活をする人間が、うつろな目で見つめている姿が見えるような気がします。きっと都市は摩天楼みたいになって、そこに自動運転の車が行き来し、SFに出てくるような世界は出来るんでしょう。でもそれとは全く縁のない生活をする貧民層が都市部の金持ちの何倍も存在してて、乞食同然、あるいは動物みたいな生活をしているんじゃないかと私は思う。

勝ち組をそこまで放置して良いのかって思うけれど、今の安倍政権の動きを見ても、勝ち組に勝たせないと国の存続が危ういという現実があるんでしょう。でももし庶民に優しい政治にすると、中国みたいな抜け目のない国に富の大部分を取られてしまって元も子もなくなる。じゃぁ、中国に行くとか、中国に日本が乗っ取られた方が幸せかと言うとそんなこともなくて、人権なんていう言葉も意味をなさない、希望とか夢とかそういうものと同じレベルの意味になっちゃうのかなと思ったり。

だから私は「トレード技術」を子どもたちに残したいと思うんですよ。

これはどんな世界になって株式市場や為替市場、先物市場ってなくならないはずで、でもトレードはAIと戦わなくてはならないから今よりももっと厳しくなるのは間違いがないしろ、どうにか出来る余地は必ずあるんじゃないかと思うわけです。当然、トレーダーの全てがAIを活用しつつトレードするのが当たり前になるんでしょう。

世の中の勝ち組、支配層に尻尾を振ることなく、自分で自分の好きな生き方を決める人生を送るためには「自分で稼ぐ手立てを持つ」しかないはず。きっと今以上に犯罪(詐欺や強盗)も増えるはずで、機械化した警察がそういう人間を追いかけ回す時代も来そうで、でもトレードで自立できれば、誰に迷惑掛けるわけでもなく、貧乏人から搾取することなく、逆に支配層の富をふんだくるという義侠団みたいな組織を作ることも可能。そして当然、「来年の今日はどこで何をして生きるかは自分で決める」ことが出来る。

SFの様な世界になっても、その中に「自分たちで生きる人間の集落」みたいなのが点在したら面白いと思う。

この画像みたいな世界はいつか来ると思うのは全くおかしくなくて、200年前の人類は今の世界を想像さえ出来なくて、空を飛び、海に潜ることも不可能だと信じていたのと同じことが起きる。

でも一つだけ間違いがあると思うんですよ。こういう未来を想像する人たちは多くいるはずだけれど、誰しもが「自分の子孫はそこに住んでいる」と勘違いしているはず。こういう世界に生きるのは「選ばれた人たち」でしかなくて、一般庶民の末裔はとんでもなく汚い場所で、教育もなく、道徳も法律も存在しないような場所に生きることになると私は想像しています。

インドやバングラディッシュ、フィリピンの貧民窟を見て、我々は「自分とは別世界」と感じる。なんでですかね。

我々は「日本に生まれた」ということだけで、多大な恩恵を受けることが出来ているだけで、もしああいう貧民窟に生まれていたらどうなったのか。

それがかなりの確率で未来に起こると私は読んでいます。

だから今から「自立できるノウハウを一族の中で確立し、保持する」のが大事だと思っているわけ。そしてその輪を大きくしたいと。

世の中には「老舗」がいくつも存在し、生き残りのノウハウを一族の中に「門外不出」のものとして溜め込んでいる。企業も同じ。私は「トレード技術」もそうなり得ると思っているんですよ。そんな集まりが大きくなり、複数出来てきたら、それが日本を救うキッカケにさえなると私は思うわけ。

こんな考え方は妄想どころかそのはるか彼方みたいなものですが、私としては「坂の上」ではなくて、もっとその向こうにある「坂の上の雲」を追いかけたいと思うんですよ。

日本がなぜ明治維新後に世界ではありえない発展をし、力をつけたのか。それは「坂の上の雲」を見続けた日本人がたくさんいたから。そんなふうに思うわけです。そして私もそのうちの一人になりたい。そしていつか「坂の上の雲一族」「坂の上の雲軍団」を作りたい。(笑)

私が前に書いた「平民の逆襲」とはこれのこと。(笑)

できないと思った時点で負けが決定しますから、勝てるまで絶対に、絶対に諦めません。

「このままでは終われない。まだ夢の途中、諦めない・・・」

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

6 thoughts on “JALが「超音速機(マッハ2.2)」を20機、導入するんですって。未来の世界を見てみたいなぁ。子孫たちはどんな生き方をするんだろう。

  1. ダボさんっていつもそんな遠い未来のことを考えているんですか?

  2. 通りすがりさん、コメントを有難うございます。

    いつもってことはないですが(笑)、50年、100年先のダボ家の姿を想像して、では今どうするべきかを考えて計画をねっています。

    おかしいと思います?(笑)

    私は若い頃は金亡者で自分のことしか考えていなかったんですが、30前後の時にとんでもなく酷い偏頭痛持ちになって仕事も出来ない、外にも出られない、運転もできない状態になったんです。これで俺はもう終わりだと思っていたところを救ってくれたのが今のヨメさん。

    結婚をして子供が生まれ、彼らの寝顔を見ている時に、俺はこいつらの為に生きようと思ったんですよ。責任感じゃなくて、そうしたいと思ったのね。

    またフト自分の親、祖父母を思い出した時に、彼らも一族のために生きていたのがわかった。あああ、我が家はこれで良いんだと思ったんですよ。もともとが商家ですから、それぞれが勝手に生きるという世界じゃなかったんですね。継続性を非常に大事にする。考えてみれば、日本人って皆そうだったはずなんですよ。武家も商家も農民も同じ。でも時代が変わって、皆がサラリーマンの時代になると親は親、子は子みたいになりましたよね。

    だから私にしてみると、私が普通で、個人中心になった現代日本人の方がおかしいんじゃないかと思ったり。(笑)

  3. 米国在住ですが、一度マレーシアに移住しようと思い(断念しましたが)不定期に読み始め2年以上になります。 貴氏の未来感について、スピルバーグの最新作であるReady Player 1(多分日本でも公開していると思います)がビジュアル化していたので、ご紹介までに。 舞台は近未来で、環境汚染、政治機能不全で世多くの人は仕事もなくスラム化した街らしきものに住み、VRゲームをしている。 一方、ごく一部の富裕層は未来都市に住んでいる云々の設定、まさに予想通りの未来が描かれておりました。

  4. Jiroさん、コメントを有難うございます。

    へーー、スピルバーグのそういう映画があるんですか。是非見てみたいです。

    ハワイ、サンディエゴと長年暮らしていた姉がマレーシアに今住んでいますが、後悔はしていないものの両親の介護から開放されたらすぐにでも出ていきたいと言っています。

    私も無税、そして生活費の安い国で資産づくりを考えていないとすれば、マレーシアに来る理由は無いと思っています。

    マレーシア好きにこんな事を言ったら怒られるでしょうが、今、こちらに住んでいる多くの日本人ももし税金は普通で物価も高かったら来なかったはず。

  5. ダボ様、お返事ありがとうございます。 
    65歳で会社の役職を降り、これからは日米の年金生活となります、ガンになったので流石マレーシアはちょっと足踏みしました。 幸い、人様より蓄えがありますし母国より住みやすい今いる街で余生を過ごそうかと。 
    映画ですが、ネット配信もされており、80年代の日本のキャラがお好きなら別の意味で楽しめるかと存じます。

    村落共同体的なニッポン思考回路はどうも合わないので帰国意思は皆無な非居住者です。

  6. Jiroさん、コメントを有難うございます。

    ご病気ですが、アメリカのほうがはるかに生活しやすいだろうと想像しています。治療だけではなくて、人が人として生きるためのバックアップ体制が出来ていると想像しています。

    >村落共同体的なニッポン思考回路はどうも合わないので

    まさにそれに耐えられず、十代の頃から日本を脱出するしか無いと「自由に生きているグアムの人たち」を見て確信しました。オーストラリアには私が想像していた以上の自由があって、本当に良かったと思います。

    でも今の私はジジーになり、かなりズーズーしくなりましたので、村的環境に入っても全く影響されないようになりました。

    そしてフト思うのは、自分はやっぱり日本人で、日本が大好き。それなのに日本を知らないことに気が付きました。だから是非、日本の各地をじっくり回ってみたいし、日本の素晴らしい自然、日本人の心を感じてみたいと思うのです。【「日本の良さ」マイナス「日本の面倒臭さ」】を享受できるんじゃないかと。(笑)

    でも実は、やっぱりアメリカに行きたかったという思いがあります。オーストラリアには自由があって、自由を求めていた私には十分でしたが、やっぱりオーストラリアって田舎の小国なんです。あれをやりたいこれをやりたいと思ってもその環境がないんですよ。ところがアメリカにはなんでもある。環境はバッチリ揃っている。

    でもま、レバたらは考えずに、オーストラリアに感謝し、そして母なるわが祖国日本の懐に抱かれて終わりたいと今は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください