インターネット接続「TIME」のスピードが半端じゃない

どうもマレーシアではインターネット接続の競争が激化しているようで、契約料が安くなったり、同じ料金の場合はスピードがアップしたり。

我が家は「TIME」と契約しているのですが、今までの500Mbpsを同じ料金で1Gbpsにしてくれると言うのでそれにしました。1ギガですよ、1ギガ。(笑)

実際のスピードがどれほど出るのか。またマレーシア国内でそのスピードが出てもアクセスするサイトが日本やアメリカであった場合、その通り道のどこかでスピードが詰まる場所があればそのスピード以上は出ないわけで、まぁ、あてにはしていませんでした。そもそも大きなデータを送受信するわけでもないですから、そんなスピードはいらないと言えばいらないのですが、少なくともマレーシア国内でスピード(帯域)の取り合いになった場合は有利だろうと思いました。

1ギガにアップグレードしてからなんの変化があったのかというと変化なし。

でも昨日、TIMEのエンジニアが来まして「新しいモデム」をインストールしてくれました。

これで早くなったか?

スピードテストをしてみると上りも下りも250Mbpsは出ていて、ま、早くなったことは早くなったという感じ。

ところが私はWifi接続をしているのですが、ケーブル接続をしている息子がヒーヒー言って喜んでいるんですよ。

どした?

と聞きましたら、なんと950Mbps出ているとのこと。

へ~~~~~~~~、凄いですね。

でも我々が主にアクセスするのはアメリカですから、そんなスピードは出ない。

でもシンガポールやタイのサイトと繋ぎますと500Mbpsは出ているのでやっぱり凄い。

私としてはユーチューブの4K動画がスムーズに表示できれば万々歳なんだけれど、まだ大きな違いがあるかどうかはわからず。

時代が変わりましたね~~~。

かつて電話器にカプラーを着けて、ピーヒョロヒョロなんてやっていた時代が懐かしい。PCもRAMは増設しても256Kしかなくて、ローンで買った初めてのHDDがたったの20Mbyteしかなかったっけ。それで16万円。(笑)

そういえば、PCも漢字の表示ができなくて、でも掲示板、メールはあって、ローマ字とかカタカナでやり取りをしていたんですよね。

技術の進歩って恐ろしく早くて、もしかしたら私でも見ることができるかもしれない20年後はどうなっているんだろうなんてたまに夢想することがあります。

100年後の世界も見てみたいなぁ・・・。人間と見分けがつかないヒューマノイド型のロボットが各家庭に一台、あるいは家族一人に一台みたいな時代になっているんだろうか。そのロボットに聞けばなんでも答えてくれるし、やってくれるし、一般人は半端じゃないバカになっていそう。漢字を書ける日本人も10%以下になるのかな?(笑)

私もロボットが欲しい・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

インターネット接続「TIME」のスピードが半端じゃない” への4件のコメント

  1. 950mbpsですか。そんなに気にしていなかったので一応TIMEのサイトに行ってスピードテストを一応やってみたらダウンロードは60mbps台でアップロードは600mbps前後といった感じでした。ほかのサイトのスピードテストもやってみましたが数字こそバラバラですがかなりの高速という評価も出てきますし、個人的には当然何ら問題ありません。それよりアメリカに接続した場合の接続や安定性がやはり気になりますね。
    あとこの記事ではないですが食の安全性の問題大変興味を持ちました。これからもよろしくお願いします。

  2. 太郎さん、コメントをありがとうございます。

    マレーシアのネット環境ですが、マレーシア国内、あるいは近隣の国とはかなり良い感じで繋がっていると思います。

    でもやっぱり我々からすればアメリカや日本とのスピードがどうなるかが気になりますね。1ギガbpsなんて出なくてもいいから、100Mbpsで安定して欲しい。いや100Mもいらないかな。それとPingとパケットパケットロスですね。

    マレーシアでは経験がありませんが、ゴールドコースト時代に「スピードは出るのにブチブチ切れる」みたいな経験があり、こういう技術的なことはまるでわかりませんが、スピードより安定性の方が気になります。

    移動通信としては5Gの時代が見えていて、とんでもない量のコンテンツがやりとりされるんでしょうね。当然、インターネットで詰まったら意味がないんでしょうし今後まだまだ早くなる。

    もしかしたら昔300bpsが2400bpsになって凄いね~~、とんでもなく早いなんて言っていたのと、今と同じなのかもしれない。

    しかしマレーシアって大したもんだと思いますわ。あれは2008年頃でしたか、マレーシアのネット環境も駄目で困ったなぁ、なんて書いていたのを思い出します。

  3. 値段も日本と変わらないようですね。

    Timeのホームページを見たところ、日本とほぼ同じ料金なんですね。

    100メガ : 99リンギット(約2670円)

    500メガ : 139リンギット(約3750円)

    1ギガ : 199リンギット(約5400円)

    ※1リンギット=27円で計算

    スマホも同時に契約すれば更に割引がありますから、日本のインターネットやスマホ料金は高いと思っていましたが、実はそれほどでも無いのでしょうかね。

    ちなみに、最近は5ギガや10ギガのサービスも始まっており、5ギガは1ギガの料金に500円上乗せ、10ギガは1000円上乗せ程度です。

    現状では1ギガ程度で十分ですが、次世代5Gの時代になれば当然必要不可欠になるんでしょうね。

  4. 日本とマレーシアは通信費がおなじ?さん、コメントをありがとうございます。

    私は日本の事情は全くわからないのですが、マレーシアよりは安くて安定しているのだろうと「なんとなく」思っていました。

    ただ物価はその地の平均所得と比べないと意味がないと思うのですが、そういう意味ではこのTIMEの料金はとんでもなく高いということになりますね。一般的な若者が1ギガの契約をすることはまず不可能だと思いますし。

    日本は5ギガ、10ギガの世界ですかぁ。凄いなぁ・・・・。

    未来を見てみたい。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください