今回の「株式市場の下げ」はいつもとは違う感じがする

2018年11月13日、アメリカ市場の動きがきっかけで世界の株式市場が下げましたね。

NYダウ先物。日足。

日経225先物。日足。

チャートで見ると大きな下げトレンドの中の下げであって、方向性としては全く不思議でもなんでもない様に見えますが、どうも今回の下げはよろしくないなぁみたいな感じがしています。

ニューヨークが下げましたが、その下げた理由は「アップルのiPhoneの売れ行きが芳しくない」という理由だとのこと。iPhoneの売上が悪いとそれは他の部品メーカーにも影響があるわけですが、誰しもが思うのは「iPhoneの売上」うんぬんでこれだけ市場が反応するのか?ってことじゃないですかね。

これって皆が疑心暗鬼になっているところに、「針が刺さって弾けた」みたいに思えるんです。

つまり多くの市場参加者は「(日本流に言うと)弱気」になっている証拠だろうと。

ここを見逃してはならないと思ったので、今これを書いています。

市場が弱気であるのが顕著になれば、「売り方」は勢力を大きくしてまさに「Bull」となり積極的に売りを仕掛けてきますから注意が必要だと思っています。

ちなみに、日本では市場が上を向いていると「強気」、下を向いていると「弱気」と言いますが、私達が知らないとならないのは「この言い方は間違えている」「誤解を生みやすい」ということだと思います。

というのは「市場参加者が強気だから値が上がる」「弱気だから値が下がる」のではないということ。

ここのところは、一般的な株式投資家には理解しづらいと思いところで、「自分は上がると強気になり、下がると弱気になる」けれど、市場はそういう強気、弱気で動いているのではないんですね。

そもそも、値が上がろうが下がろうが「値が動けば利益になる」という事実を忘れてはならない。自分は「買うことしかしない」から「下げで利益を出す」ところまで頭がまわらないのが普通ではないでしょうか。

でも「下げで利益を出そうと狙う投資家」はいくらでもいるわけで、彼らは決して「下げだから弱気」ではなくて、「下げに対して強気」であるということ。わかりますかね?

値動きは上下だと考えるのではなくて、横向きの「綱引き」だと考えるべきだと私は思うのです。綱を左右で引っ張り合うのと株式市場は全く同じで、市場が加熱してくると「どちら側も強気」になるんですね。では「弱気」の時ってどういうときかと言うと、「動きが見えない時」じゃないでしょうか。

あるいは「為替」を考えてみればすぐにわかることで、「円が下がる」ことは「ドルが上がる」わけで、ここでは「上げは強気」「下げは弱気」なんて言えませんよね。

ちなみに英語圏では「強気」「弱気」という言い方はしません。

「Bull」か「Bear」です。ブルとは雄牛のことで、下から上に突き上げる攻撃をする。ベアとは熊のことで、上から叩き落とすような攻撃をする。攻撃をするときにはどちらも強気なわけで、下がるのは弱気だからじゃないんですね。

強気と強気がぶつかりあうのが相場の世界で、もし自分が弱気になったときに「下がるだろう」と思ったら【読み間違える】ということ。

下げ方向で利益を出そうとチャンスを狙っている陣営は、「今回の動きを見逃さない」ということを頭に入れておくのは良いことじゃないですかね。

また自分が「弱気」の時にはどうするべきかと言うと、「市場から撤退するべき時」なんですね。

でももし「下がる」と思うのなら、買いポジションは解消すべき、あるいは積極的に売り側に回るべきだし、買いポジションを保持したまま「どうしよう」なんて悩んでは駄目だということ。

この考えかたを理解するだけで、自分の投資スタンスってかなり変わるんじゃないでしょうか。

少なくとも「弱気になったときは撤退」なのは間違いがないはず。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

今回の「株式市場の下げ」はいつもとは違う感じがする” への6件のコメント

  1. こんにちは、Harryです。daboさん、いつお大変勉強になります。以前も投資に関する素人の意見を述べた時、daboさんにこっぴどく怒られたことがありますが、今日は質問です。長期投資している人達も今は撤退するべきなんでしょうか?唐突な質問で答えようがないと思いますが。コメントする価値がないと言う事だと思いますが。無視されても結構ですよ。

    • Harryさん、コメントをありがとうございます。

      ええ~~~、前に「こっぴどく怒られた」なんてことがありましたか?うううう、記憶にありません。申し訳ないです。

      今は撤退すべきかどうか、難しいところですね。私にはわかりません。

      ただ言えることは「長期投資はしないほうが良い」ってこと。「上げだしたら買う」「下げだしたら売る」という単純な売買方法のほうが良いと私は思っていて、長期投資のように上昇期、下落期をいくつか乗り越えて最終的に勝とうという長期投資って私にはどうにも理解できないのです。あえて言えば「運を天に任せる投資方法」にも思えてくるわけで、私にはコメントのしようがないのです。

      少なくとも今、間違いがないのは「下降トレンド」に入っているということ。さてどこまで下がるのか。それとも反転して上がるのか。それがわかれば簡単なんですけどね~。

  2. 早速ご返事頂けて光栄です。はい、長期投資はギャンブル性が高いですね。明日の事は誰にも分からないし。トレンドに従った売買がいいですね。若ければギャンブルも可能でしょうがもう人生の晩節を迎えていますし。以前書いたのは、長い人生にはいくつものチャンスがありますね。って言った事です。品質や事件性のあった銘柄、ブリジストン・オリンパス・東芝等。天災時、東北大地震等。知人やそのつてで知りえた窮地で手放さざるを得なかった不動産等。品がない取引と顰蹙を買うかもしれませんがほぼ100%の勝率でした。

  3. 私は生きることそのものがギャンブルだと思っています。結婚も子育ても同じ。(笑)

    100%の確率で勝てた人もいれば、同じ様に100%の確率で負けた人もいる。

    人生って面白いですね~~~。

  4. コメント感謝致します。私は多年daboさんのブログを読んで来て、感嘆と感動の思いで一杯です。ご家族の信頼関係は素晴らしく,それだけでもdaboさんの人生大成功じゃないですか。素敵な奥様、御子息達も立派ですね。特にマレーシアでdaboさんのお弟子さんになって跡継ぎを目指す親子関係は見事ですし。お母様とお孫様の仲睦ましいお姿も大変微笑ましく拝見しました。翻って我が人生は反省しきりです。今はせこい投資スタイルから卒業しました。この数年はFANGに絞って投資して来ましたが、それも卒業しました。daboさんのご指摘どうりこれからは「上げ出したら買う」、「下げ出資たら売る」を素直に実践します。それが人生の晩節に思う事です。有難うございました。

    • 私の人生大成功ですかぁ?まだまだ富士山の登山口でウロウロしているだけです。今、フト、ドラマの「坂の上の雲」を思い出しました。人ってどこまで行けるかわからないけれど、大志を抱いて進まなければならないんだろうと思ったり。私が気になるのは、日本人なのに日本に対してなんの貢献もしていないってこと。なんだかそれが申し訳なくて、死ぬまでに日本という国から受けた恩の100分の1ぐらいは返したいと思うんですが・・。

      FANGですか?お恥ずかしいですが、その意味も知りませんでした。検索して、なるほど~~~なんて思ったり。(笑)

      私は相場にも「道」があると思うんですよ。儲けりゃ良いってもんじゃなくて、「武士道」とか「剣道」みたいな「相場道」があると感じます。それを自分なりにどうにかモノにしたいな、なんて思ったり。

      これからも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください