焼きそばの麺を「焦げるほどに焼いた」ら激ウマだった~~

調理実験が趣味の私ですが、まず焼きそばを作ることはありません。実験として面白くないから。(笑)

チャーハンもこれを書くのは恥ずかしいのですが、作ったことは生まれてこの方、一度もありません。

でもIHの強い火力を使えば、私が望む焼きそばが作れるんじゃないかと思って実験することにしました。

それは「焼き焦げがある麺」で、ベチャっとしていなくて乾いた感じがする焼きそば。そういう意味では日本風のソース焼きそばとは違う。特に私が作りたいのは、非常に単純な「モヤシとビーフン」の炒めたもの。これって中華のお店に行けばどこにでもあるようなものですが、これを自分の家で自分の好きな具材を好きなだけ入れて作ってみたいんです。

ところが我が家のガスコンロでは「モヤシを炒める」のも難しくて、水分を飛ばせずにベチャベチャになるばかり。だから「モヤシ・ビーフン炒め」の実験はしていません。

でも火力が強いIHで、なおかつ熱をしっかり貯められる厚さのあるフライパンならできるかもしれない・・・なんて考えていたわけです。

そもそも我が家のガスコンロで焼きそばは出来ないのかというのも考えました。モヤシが駄目なのはわかっていますが、そもそも焼きそばを作ったことがありません。ヨメさんも焼きそばはつくりませんし、せいぜい中華のお店でテイクアウトしてきたものを炒め直す程度。

ということで、まずはガスコンロでどれだけのことが出来るか実験してみました。

モヤシは無く、野菜もいろいろあるわけじゃありませんが、うまい具合に出来た「豚の軟骨煮」がありますので、これを主役で作ってみようかと。

焼きそばの麺は冷蔵庫で出番を待ち続けていたものを使いました。そしてそれプラス、ビーフン(細いもの)です。

この二種の麺を入れるというのは私がマレーシアに来てから覚えた技で(中華店ではそういう料理が普通にある)、これだけで汁麺も劇的に美味しくなるのね。

これらをですね、キンキンに熱くしたフライパンでまず焼いてみました。もちろん「油」を入れますが、煙が出るほどまで熱くします。

入れた瞬間はジャジャ~~と嬉しくなる景気の良い音がしますが、その瞬間、温度は下がって悲しい状態が続きましたが、それにもめげず気持ちだけ強火で焼き続けました。

10分近く焼き続けたところ、焼きそばの麺はうまい具合に焦げました。でもビーフンの方は白く固くなるばかりで焼き目はつかない。でもこの歯ごたえがあれば良いと思って、それで焼きそば作りを続行。

この麺類は取り出して、フライパンを再び煙が出るほどに熱し、冷蔵庫にあったキャベツを大量に入れ、ニラの芽、タケノコとか具になりそうなものを塩コショウをして炒めました。本当はキャベツも焦げ目を付けたいのだけれど、それは出来ず。

適当に炒めたところで、「豚の軟骨煮」とその汁がゼラチンで固まった物を入れ、そして焼きそばの麺とビーフンを投入。

折角焼き固めた麺とビーフンが水分を吸ってまるで意味がなくなるかと思ったのですが、たまたま水分量が多くなかったのでしょう。いい感じに出来上がりました。

味付けは醤油とオイスターソース、そして「豚の軟骨煮」だけ。

この見た目ではまるでわからないと思いますが、結果は上々。焼きそばのカリッとしたところもあったり、ビーフンも同じく歯ごたえがあるところがある。これが適当に混ざっているところが良いと思いました。

良い匂いがするね~~~とキッチンまで来た長男がこれを食べて大絶賛。

中華料理屋で食べる焼きそばみたいだ、ですと。(笑)

私も自画自賛ですが、これならお金を払って食べても良いと思う出来。

今回は海鮮モノは一切なしですが、イカなりエビなり好きなものを入れて、そして「豚の軟骨煮」があれば、かなりものが出来るはず。

嬉しかった~~~~。

火の弱いガスコンロでもこの程度のことが出来るなら、火力が強いIHならもっと美味しく出来るはず。美味しい具材をいろいろ入れて五目餡掛けみたいにするのが私の目標。

さぁて、やっぱりIH対応のフライパンを買ってこないとだわ。

でもこの写真に写っているフライパンって32センチなんですよ。この大きさがないと大食いの我が家では十分な量が作れません。

ところがIH対応の大きなフライパンって無いみたいなんですよ。26センチはあるけれど、それ以上の大きさのものはWokタイプになると言われました。いわゆる中華鍋みたいに大きくても底は狭く湾曲している鍋ね。

でも私が欲しいのは底が平で広いフライパン。餃子が30個ぐらいは乗せられるようなフライパンが欲しい。

そういうのもあったことはあったんですが、高さが5センチぐらいしか無いのね。これじゃ使いみちがない。

「日本なら・・・」という言葉は使うべきじゃないんですが、日本から買おうかというのも頭をよぎりました。ところがIH対応で、大きくて、分厚いのなんて3キロを超えますから郵送費がかなり高くなるのね。

なかなか思うようにはなりません。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

焼きそばの麺を「焦げるほどに焼いた」ら激ウマだった~~” への3件のコメント

  1. はじめまして。トピック内容が濃く、素晴らしいブログなので初コメさせていただきます。いくつか読ませていただいた中で MM2Hホルダー、CFD取引、糖質制限等、私と共通点が多く、いろいろ参考にさせていただきました。私は居住ベースはKLですが現在は数ヶ月の予定での日本の実家に滞在中です。つねに勉強は欠かせませんが専業トレード生活ではネットがあれば世界中どこに住んでもOKなのがいいですね。daboさんもされる糖質制限ダイエットですが、自分の場合はKetogenicダイエットを2年くらい継続、勉強してまして、かつてはdaboさんと同じ疑問を持ったので余計なお世話とは思いますが経験を書かせていただきます。1.血糖値上昇過程には個人差が大きくglucose spikeのトップとボトムを24時間モニターしないと有益なデータはとれません。計測には腕にセンサーを貼るFreeStyle リブレ Pro等がおすすめです。2.厳しい糖質制限を長く続け体がケトジェニックになってくるとケトンはエネルギーとして体内で効率よく消費されるため、尿中ケトン体は検出されにくくなくなります。その場合、血中のケトン体値を調べれば高く出ているはずです。なお糖質をとらず体に必要なエネルギーをケトン体でまかなっても運動をすれば筋力は落ちませんし、最近では多くの欧米のアスリートがケトジェニックでパフォーマンスを向上させています。3.ケトン食、MEC食などの糖質制限なら無理に野菜を食べる必要はありません。本来、人間は野菜などの食物繊維(セルロース)を消化する酵素をもっていません。ケトジェニックではある程度、排便が減りますが便秘ではありません。便秘は炭水化物(+食物繊維)をとるからなります。
    日本のメディアでは正しい情報が少ないのですが、前にNHKでglucose spike(血糖値スパイク)が糖尿病、心筋梗塞・脳梗塞、がん、認知症の原因になっていると言う最新の科学的データを番組にしていたのを見つけました。もし見ていなければ暇なときに下記を見てください。いい番組ですが、ただ一つ残念なのが一番重要な事、「糖質摂取がglucose spikeの唯一で最大の原因。食べる順番やGI値はあまり関係ない。」こと、「糖質が人類にとって必須の栄養素ではない。つまり必須アミノ酸、必須脂肪酸はあっても必須タンパク質はない。」ことをNHKも含めメディアはハッキリとは言いませんね。厚労省、製薬会社、医師会、農業団体等に気を使っているのでしょうか。
    https://www.youtube.com/watch?v=rGqx9VjPEtA

    すいません、調子に乗って個人的な意見を長々と書いてしまいました。これからもブログ楽しみにしています。それでは。

  2. 「糖質が人類にとって必須の栄養素ではない。つまり必須アミノ酸、必須脂肪酸はあっても必須タンパク質はない。」

    必須アミノ酸(=タンパク質)

    必須タンパク質はない ->必須炭水化物はない

    肝心のとこ間違えました(笑)

  3. HIROさん、いらっしゃいませ~。コメントを有難うございます。

    HIROさんの考え方と私と共通点がいろいろあるようで、コメントを読むのも楽しかったです。

    私も「スパイク」がポイントだと思っていて、これは血糖値に限らず血圧でも同じですよね。計測した時点で低くても全く意味がない。また自分の血糖値の変化ですが、年齢と共に「下がりづらくなった」のは間違いがなくスパイクがスパイクではなくなって大きな山となってしまいますので、スパイクそのものを無くすことに注目してきました。でもそれは意外に簡単で、何度かブログに書いていますが、「同じ糖質量」だとしても食べ方、料理の仕方で大きく変わってくる。

    でもこれでスパイクがでなければそれで良いのかって話で、結局は「糖質量」の制限がなければ意味がないのは体感としてわかりました。いわゆる血糖値の凸凹が平らになっただけで、平均値は上がってしまう。でもここでもインスリンが働いていますので、表向きは平均値も下がって当たり前で、それで良しとするのは「血糖値の管理」としては正解でも「ダイエット目的」の為には意味がないですよね。そもそも「インスリンを出さない」のが目的の一つですし。

    この辺の「真実」を探し出すのは自分で人体実験をするしかなくて、世の中の専門家は「ダイエット目的」で血糖値管理を真剣に考える人はほとんでいないわけで難しいところだと思っています。というか血糖値は結果であって、我々が気にしないとならないのは「糖質そのもの」ですね。

    HIROさんが書かれたいくつかの「断定的」なことは、私も「きっとうそうだろうなぁ」とは思っていはいますが、断定するまでには至っておらず私の中ではまだ「推論」でとどまっています。

    でもなるほどと思ったのは、ケトン体の「血中濃度」です。

    私の40代までの「ローカーボダイエット」は簡単なんてもんじゃなくて、ちょっとライオンにでもなったつもりで炭水化物を極端に減らすと一気に痩せました。ケトン体も尿中にしっかり出てきますので、「順調に行っている」のがすぐにわかった。しかし50代に入ってからは「効きが悪くなった」のは間違いがなくて、50代後半、60代に入ってからは「ローカーボダイエットなんて幻想だったのか」と思うほど。私の炭水化物の排除はかなり徹底していますので、「ケトン体が検出されないわけがない」のに尿中には出てこない。そしてダイエットも効かない。

    「タンパク質、脂質も血糖になったのか?」と思うほど。

    また「糖新生」に関しては自分の中で何が起きているのか確かめようがなく、「そもそも摂取エネルギーと必要エネルギーの差」がかなり重要なのではないかと疑っています。40代までは効きも良かったのにそれが全くと言ってよいほど効かなくなった今の状態の違いは何かと言えば、それは「基礎代謝の低下」です。それ以外は食べ方も摂取エネルギー量も同じ(笑)ですから、効きの違いの説明が付きません。アトキンス式ダイエットでも、「脂肪分が多い食事は、自ずと食べる量が減ってくる(満腹感がある)のもダイエットが効く理由の一つ」というのを思い出しています。でも私の場合は食べる量(摂取エネルギー)は変わりません。(笑)

    結局、食い過ぎなんだよ、まして運動もしないんだから、というところが正解なのだろうとは思っているのですが、それの科学的裏付けは全くなく自分の中では納得できていません。

    でも「血中ケトン体」を計測したことは今までありませんから、ちょっとそれを調べてみると何かがわかるのかもしれないという「光明」が見えました。

    私の血糖値測定器はケトン体も測れるタイプなので測ってみようと思います。今まではケトン体用の試験紙がかなり高いのでケチっていましたが。(笑)

    HIROさんが書かれた「NHKも含めメディアはハッキリとは言いませんね。厚労省、製薬会社、医師会、農業団体等に気を使っているのでしょうか。」という点は私がいつも感じていることで、多くの専門家は未だに「多くの種類を摂るのが良い」というはっきりした根拠もないことを言い続ける。

    これって「よくわからないから、とりあえず偏食はしないほうが良いんじゃない?」という井戸端会議と全く変わらないと思っています。

    かく言う私もやっぱり「偏食はしないほうが良いんだろうなぁ」なんて思ってしまうわけで、刷り込まれた固定観念をぶち壊すのは簡単ではありません。(笑)

    でも「危険があっても痩せたい。太ったままとどちらが安全なのか」という問題もあるわけで、「短期間の【問題がある】偏食でも痩せることは重要」だと考えています。

    でもそれが効かなくなってきた。

    これの明確な答えってどこを探しても出てきません。

    摂取エネルギーの総量を抑え(基礎代謝の減少を考慮する)、運動もすれば痩せるのでしょうが、論理的に納得出来ないことをやる性格ではないので自分でも呆れています。でももしそれで痩せたにしても、そして目標は達成されたとしてもその根拠がわからなければ、長年付き合ってきたローカーボダイエットは私にとって「これって一体なんだったのか」という謎が残るだけで面白くないわけです。そもそも「食べる量を減らして運動をする」ことによって痩せるのは当たり前のことですものね。

    HIROさん、またいつでも遊びに来てください。そしてHIROさんのお考えを聞かせてください。楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください