海外からDHLで買い物をしたらしっかり「課税」された~~。なんでこんなに高い?

低温調理器が壊れたみたいなので新たにアメリカから買ったのは前の日記に書きました。

Anovaというメーカーの低温調理器。

30%オフだし良いと思ったんですよ。送料を含めて15000円弱ですし。

DHLですからすぐに届くのは良いのですが、先程、DHLからメッセージが来ました。

「税金を払え」

と。

オンラインですぐに払ったのですが、税額が240リンギットなんですよ。これってかなり高くね?

40%ぐらいですよ。

どうしてこんなに高いのか調べようと思ったのですが、異議申し立てなんてする気はないし、詳細がわかったところでどうしようもなし。

GSTがなくなってSSTになったものの、それとは別に物品税みたいなものがあるんでしょう。

こういう隠れた税金って昔からどこの国にもあったけれど(オーストラリアは凄かった。釣具に良いものがなくて高いので、日本から輸入して仕事にしても良いなと思ったんですよ。ところが物品税が確か100%だったはず。文房具とかも同じでそういうとんでもないのがゴロゴロありましたっけ。今は知りませんが・・)、今の時代、これってないんじゃないですかね。

でもアメリカからってのも関係があるでしょうね。これがASEANだったらまるで違うはず。

アメリカはTPPには参加していないし、マレーシアとアメリカの間にFTAなりEPAがあればこういうことは将来的にはなくなるんだろうけれど・・・・・。

いや、きっと関税自体は安いんじゃないかな。でも物品税は別。

自動車もそうだけれど、関税ではないとんでもない税金がかかりますよね。これって「非関税障壁(関税以外の方法によって貿易を制限すること)」のはずだけれど、関税よりこういうところが問題なんですよね。

しかし面白いと思ったのは、この低温調理器はアメリカから送られてきたものの、「生産国は中国」なんですよ。

最近、アメリカから買ったのに送ってきたのは香港からだったり、そういうのが増えているけれど、その場合の税金ってどういう風になるんだろうか。

もうそういうことを知ったところで何の関係があるわけじゃないからどうでも良いと言えばどうでも良いのだけれど、今まではEMSであちこちから買い物をしても税金をかけられるのは「交通事故」みたいなもんで、確率としては10分の1以下でした。

でも本来はそれが100%であるべきなのに、マレーシアの税関がちゃんと仕事をしていないだけの話で、今後、マレーシアがどんどん近代化すれば課税される確率もあがるんでしょうね。

ああ、そういえば、今まで課税された時もその税率は決して低くなかったなぁ。

GST以外に、「品目によって税率が違う」のが普通で、やっぱり「関税、GST(SST)とは別の物品税が存在する」ってことでしょう。

でもTPPが始動したらこれって駄目なはずですよね。

どうなるんだろうか・・・。

まさか自動車がクソ高いマレーシアで、TPP締結国から輸入したら安いなんてことが起こるんだろうか。

TPPが始動すれば、日本からの輸入車には「関税はかなり低くなるはず(それとも自動車は除外?)」だけれど、他の税金が掛かって高くなるとなれば、輸出業者はマレーシア政府を訴えることができるわけですよね。ISD条項でしたっけ?

国産品と輸入品と扱いに違いがあれば、「内国民待遇をしなければならない」というTPPの根幹に反する。つまり、「外国企業もマレーシア企業と同じように扱え」、ということ。国産品を保護したいのはどの国も同じだけれど、それを認めたらTPPの意味がないですもんねぇ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

海外からDHLで買い物をしたらしっかり「課税」された~~。なんでこんなに高い?” への6件のコメント

  1. 新メニューの導入時に毎回厨房機器や器を日本から入れますが、毎回30~35%位税金かかりますね。
    子供の室内ジャングルジム新品も税金かかりました。
    EMSだと税金かかり易いとか有るんですかね?

    • 宅配便ではなくて正規の輸入手続きを取れば、税金はきっちり払わないとならないのはどこの国も同じだと思いますが、EMSみたいなのはスルーしちゃうケースが多いと思います。

      彼らがどういう基準で選ぶのかは全くわかりません。

      いかにもいろいろゴッソリ入っていそうな大きなもの、重いものばかり選ぶかと言うとそうでもなさそうで、飛行場のPOS+税関+検疫のあの場所で他の人達を見ていると、ほんとに小さな小包だったり千差万別。

      本来は「開けてみる」とか「インボイスを見て」決めるんじゃないかと思うんですが、開けないで「止める」んですね。税関に行くと彼らの目の前で荷物を開けさせられますが、荷物をその前に開けた形跡もないし、インボイスが添付してあってもそれも見ていないのは間違いがないと思います。彼らは一切手も触れない。何が入っているのかも知らない。

      EMSで小分けにして送ると、課税されるのはごく一部かもしれませんね。

      >EMSだと税金かかり易いとか有るんですかね?

      逆だと思います。

  2. まず、このへん(輸出入)がらみの税金・関税もろもろは基本の考え方はわりと単純なんですが、レイヤーが多いので、それぞれの案件による結論はかなりちがいます。

    今回のように具体的な物(サービスがからんでない)だと、現物の流れ(輸出国と輸入国の関係)が基本となって、それにVATないしマレーシアだとSST(もうはじまったんですねー、10%ですか?)、関税(Import Duty, Tariffといわれる輸入品にだけ課されるもの)、その他の物品税など(車、タバコ、酒など。家庭用の電化製品ではもうないとおもってました)がのってきます。40%ということはSSTが10%だとすると、関税率30%ですかね。ちょっと多い気がしますが、ありうる率でもあります。支払いの明細なりに記載されているはずです。今、ざっとみたところ電化製品は0%か20%みたいなんですが、HSコードはみれますか?8516シリーズじゃないですか?

    で、この関税(大体30%以下)がお安くなる場合はいくつかあるんですが、個人の場合だと、たいてい輸入時の免税があって、品物代金が一定内であればお天道様の下で素通しされます。マレーシアはMYR500みたいですが、ぎりぎりひっかっかったんですかね。
    FTA・EPAの場合は基本的に事務処理がややこしいので個人輸入の時は使えないことが多いと思います。原産地証明というやつで、例えば中国とマレーシアのFTAだとちゃんと中国で作ったよという書類をつけないといけません。これがないと、他の国から持って来て中国経由にするだけで関税が安くなるとかできるので。
    で、その物品をどこ(今回ならアメリカ)の会社が売ったっていうのは原則的に関係ありませんが、関係ある時もありますです。どっちやねん!ですが、FTA/EPAの要件はそれぞれの場合に細かく決められているので、きっちりみればわかります。というか、一定規模以上で商売をしていると、そこのさじ加減で何億円レベルの違いがすぐでる(対卸値いや原価であっても10%セービングはでかいですよー)んで、FTAがきまる前からがっちりロビー活動してます。あくまでも、基本の考え方は、輸出国(生産国)対輸入国が基本であって、企業側はそれも踏まえて、どこに会社をつくって、どこで工場をつくって、どの経路でそれぞれのマーケットにもっていくかを考えます。

    TPPもどうなるんですかねー。まー、物がある限り現場レベルはいろいろやってくると思います。が、難しいのはサービス、例えばオンライン経由のダウンロードなんかをどうとるかじゃないですかね。

  3. Tako3、説明をありがとうございます。

    DHLによって宅配された時に、書類が添付されていました。それを見ると30%の税金が掛かっていました。それとSSTですね。

    気になったのはその書類を見ると、「正規の輸入手続き」に見えるんです。いわゆる工作機械などを何十億円分、輸入するのと同じ様な。

    Tako3が書かれたように、個人の輸入には免税枠がありますが、それってまさに「個人輸入」であって、正規の貿易とは別ですよね。

    じゃぁ、EMSってなんなのかってことになるんですが、EMSの場合は「正規の輸入手続き」を取るのかどうかは「税関吏の気分次第」ということのようす。基本的には「個人の免税枠を超えると正規の輸入手続きを行う」ってことだろうと思うのですが、そのチェックをEMSの場合は「気まぐれ」だという点がポイント。

    だから我々としてはEMSを使い、あとは「神頼み」というのが良いということになる。(笑)

    最近、面白いことになってきたと思うのは、eBayなんですよ。あれってそれこそ「世界は一つ」みたいなもんで、ありとあらゆる国からありとあらゆる国に商品が流通しているわけですが、「アメリカから買う場合」は「受け取り国での税金込み」というのが普通になってきた。

    eBayが自動でそれを計算しているってのがどうにも信じられないのですが、数日前に「カメラ用のモノポッド」を買った時にはマレーシアでの税金込みでした。

    これってeBayがというより、宅配、郵送業界、国絡みでそういうシステムが世界で出来たってことですよね。こういうケースの税率計算は「簡易版を使う」ってことなんでしょうが、とんでもないややこしいシステムが出来たなぁ、と。

    これが当たり前になると「EMSなら税金がかからないケースが多い」ってこともなくなるし、税金は支払うものだとすれば「便利になった」ってことなんでしょうが、私としては「税金は考慮せず、EMSで送ってほしかった」と思いました。(笑)

    マレーシアでは「どこで売っているのか探すより、売っているのが確実な海外の業者から買ったほうが結果的に早くて安い」と私は思っているんですが、「必ず課税される」場合にはFOBではなくて、高い郵送料込のCIFに課税されますから、メリットがほとんどなくなってしまうんですね。

    そこが気になるところです。

    でもマレーシアでは有名な「楽天」みたいな「Lazada」では海外の業者も普通に店舗を持っていて、購入者もよーく確かめないとどこから商品を買っているのかもわからない。

    そして彼らの送付方法ってEMSでもない、DHLでもない、わけのわからない宅配業者を使うし、購入者がどこを使うかの選択はできないケースがほとんど。

    通販と言っても、本当にありとあらゆる国のわけわからない業者がいて、これまたわけわからない宅配業者もいて、でもDHLみたいなしっかりしたものもあれば、EMSみたいに国によってはまるで違うものも混在していて、マレーシアでの通販ってそれなりに気を使わないと難しいと思っています。

    日本から買う分には全く問題がありませんが、それって世界の標準とはまるで違うってことですね。そして課税されるかされないかも時の運。(笑)

    しかしマレーシアみたいな開発途上国って保護貿易政策を取っているのが普通で、良くTPPに参加すると思いますわ。自分の首を絞める事になりかねないんじゃないですかね。輸出立国って自分が輸出することばかり考えているけれど、相手国が「同じように買ってね」となったときには大騒ぎになるんじゃなかろうか。

    ISD条項によって提訴された場合、自国の裁判所が出てくる幕もなくて、とんでもない額の賠償金を払うのと共に制度を是正しないとならない。

    てなことになれば、今回のように関税以外の税を掛けていたらそれに引っかかるし、もしそれが国内製品、ASEAN製品の場合は無税、あるいは税率が違うとなれば「間違いのない非関税障壁」になるわけで、それを指摘されたらマレーシアの経済って蜂の巣を突っついたみたいになるはず。

    特に国の根幹とも言える自動車産業が崩壊することだってありうるんじゃないかなぁ。

    Tako3が書かれた「サービス」も問題が出てきそうですね。海外への外注とか購入もオンラインで出来ちゃうものはどうにもならないだろうし。

    世界がFTA、FPA、そしてTPPに向かうのはそういう未来のことも考慮してなんだろうと思ったり。

  4. 関税が30%でしたか?ちょっと気になりますね。

    通関手続きは最初から個人・法人にわけられているわけではなく、「一定額内かつ個人かつ特定物品以外なら」免税ないし簡便法を使えます、という形になっていると思います。基本の書類は一緒かもしれませんが、法人がする通関だとコンテナ単位が基本になるので書類の厚さが2-3センチありますよ。

    「気まぐれで通関」:)選抜チェックをかける基準はマル秘なことが多いですね。税関は禁制品のチェックやら色々と水際で防ぐ役割があるので、結構な権力・強制力をもってます。悪質なケースだと刑法にもってかれますからね。まー、実質は直感という名の気まぐれかも。そういえば、私は昔よく飛行機に乗る前にいろんな検査に選ばれてたんですが、911以降はパタッとなくなったのを思い出しました。見た目から属性で選ぶようになったらしいですね。

    海外向け販売する値段の条件(FOBやらCIFやら)はIncotermsで決まっていて、昔から色々あります。輸入国の関税込みってことはDDP(Delivered Duty Paid)なんでしょうね。これの意味するところは、その値段で売主が輸入通関するとこまでのコストとリスクをとるよ、ということなので、もし通関素通りで課税されない場合は売主の得になりますね。eBayのは通常のプライスにその分上乗せされたってことですか?だったら、その分こっちでやるから引いてくれって交渉する方がいいかもですね。いずれにせよ、どのIncotermsを使うかはそれぞれの取引によるので売主と買主の自由です。ただ、トレンドとしてはFreeShippingが主流になってるので、FOBよりはCIF,CIFよりはDタームが多くなってるのかもしれませんね。関税やSSTの基準となる価格に関してはマレーシアだとCIFベースなので、例えばインボイスがFOBベースだと運賃と保険料が加算されて課税額を計算されます。

    ちなみに、トレードのほうもぼちぼちしてるんですが、今日はBundでスカイダイビングにうまく乗れてボーナスをとれたのでよかったです。ここまでの急降下は見たことがなかったんですが、これがダボさんがおっしゃってたボーナスなのかとおもいました。

    • Tako3、またまた詳しい説明をありがとうございます。

      >eBayのは通常のプライスにその分上乗せされたってことですか?だったら、その分こっちでやるから引いてくれって交渉する方がいいかもですね。いずれにせよ、どのIncotermsを使うかはそれぞれの取引によるので売主と買主の自由です。

      これなんですが、その税金が安いんですよ。意味不明(笑)。でもそれで通っちゃうならそれでOKかと。

      どちらにしても今のところはEMSかわけわからんちんの宅配業者の方が税金に関してはお得なのは間違いがないと思います。

      >Bundでスカイダイビングにうまく乗れてボーナスをとれた

      え?マジっすか?Bundは見ていませんでした。^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください