やっぱり真剣にこのブログのあり方を考えないと駄目なのかなぁ

一週間ほど前にこのブログのアクセスログを見たところ、以前とかなり変わっていることがわかりました。

○ 一日に訪れる読者数は1400~1600人程度で、これはなぜか安定している。

○ 検索で来る方が全体の4分の3。1年前と比べて50%増えた。

○ 常連の読者が全体の4分の1。1年前と比べて半減した。

常連さんの数が半減したという事実に私としては結構、落ち込んでしまうわけです。このブログは多くの方の興味があることを書いていないということであり、半数の読者が来なくなったってことですから。 

これって商店だとしたら大変ですよね。お客様、売上が半減したってことですから。でもフラッと来てのぞいていく通りすがりは5割増えている。(笑)

ここにも問題があって、その通りすがりの方たちを捕まえて常連客にすることが全くできていないってことなんですね。

そしてこの数週間にも今までとはかなり違うことが起きています。それはクリック数の激減。このブログをブログ村に登録してから10年以上経ちますが、こんな低いクリック数はなかったと思うほど低い数字が突然出てくるようになり、そんな数字が普通に出てくるようになりました。本当にこの1-2週間の出来事です。これってクリックをしてくれていた方々が申し合わせをしてクリックをやめたようにさえ見える数字の変化です。

私のブログは情報提供ではなくて日記だと開き直っていますが、それにはっきり「ノー」を突きつけられたような感じがします。本当に申し訳ありません。

謝る必要なんてないのかもしれませんが、常連さんがわざわざ来てくれるってことはそれなりに皆さんの有益な時間を費やしてくれているわけで、でももうやめたと決めた方が半数いるってことなんですね。私が書いている内容ってずーっと似たようなものですから、最近、特に変わった、変えた意識は私は全く持っていません。でも半数の常連さんが去っていった。

クリック数って「評価」だと思うし、それは確かに読者がその日記をどう思ったかのバロメータなわけですが、私のクリック数って「総アクセス数は非常に多い」ことを考えると、面白くもなんともないと思う読者の方が圧倒的に多いってことなんですね。そして常連さんのアクセスも半減したのもはっきりしている。

なんだか私としてはイエローカードを出された感じ。あるいは一回目の不渡りを出して、もう後はないぞみたいな。(笑)

でも本当にこの1-2週間の動きって急激な変化が起きていまして、クリック数が激減したのと同時に、全体のアクセスの中の常連数もまた下がってきているんです。

私としてはランキングの順位が下がることより、常連さんが半減していることの方が気になります。

でも常連さんが、一体どんな日記を読みたいのか、どんな内容に興味があるのかが全くわからないんですよ。

普通は「どの日記にアクセスが多いか」で判断するんですが、アクセス数でいうと「料理関係」ばっかりなんですよ。

たとえば「たった今の時点」で何人アクセスしていて、どのページを読んでいるのかがわかるのですが、こんな感じ。

今、9人の読者がアクセスしていて、皆さんが読んでいるページは以下の通り。

特に「低温調理」に関係しているところへのアクセス数が多いのですが、私としては低温調理なんてどうでも良いとは思わないものの、それを書きたくてブログをやっているわけじゃないんですね。

レストランに例えれば、メインの料理には誰も興味を示さないのに、なぜかお客さんはデザートに興味があるみたいな。(笑)

ですからそれのアクセスが多いからと言って、低温調理に関してもっと書こうなんてことは考えない。

受けが良い日記を書きたいとは思わないのですが、離れていった半分の常連さんのことを思うと申し訳無さでいっぱいです。

本当にすいませんでした。m(_ _)m

ご期待に添えていないことを本当に申し訳ないと思っています。

でも常連さんが何を求めているのかってのが、アクセスログからはわからないので困っています。

実はですねぇ、私は凝り性でオタクっぽい性格なのは読者の方はすでにご存知だと思いますが、本当はもっと突っ込んだことを書いたほうが良いかなとも思うんです。

これはトレードに関しても調理実験にしても、あるいはガジェットにしてもそうなんですが、「一般論」ではなくて「もっと突っ込んだ詳しいこと」を書きたいと思う。これは時事に関しても同じで、巷ですでに言われていることとか、多くの人が知っていることじゃなくて、「もっと詳しく知りたい人」の為に書くほうが良いんじゃないですかね。あるいは「へーー、そんなのがあるんだ?」というような啓蒙。

例えば、数日前に写真のタイムラプスのことを書きましたが、タイムラプスなんてのは好きな人はすでにやっているんですね。でもマレーシア関連のブログでは見たことがありませんが、少なくとも写真は好きで良く撮る人は多くいるのは間違いがなくて、そして撮った写真を修正したり見え方を変えたりするのはあたりまえの時代になりましたが、そこまでやらない人のほうが圧倒的に多い。タイムラプスも簡単にできるのを知らない人も多いはず。

これって面倒だからやらない人のほうが多いのだろうとは思いますが、ちょっと手を加えるだけでガラッと変わるわけですよ。だからそんなことを書いたりするのが良いんじゃないかと思ったり。でもそういうノウハウ、それを知りたい人のための情報はネットの中にはいくらでもあるんですね。プロもいろいろ書いています。でも私が気になるのは、「手を入れると大きく変わることさえ知らない人が多い」ってことなんですよ。だからそんなことも書きたいんです。そして興味を持ったら詳しい情報サイトを探して行けば良いんですね。

例えば上に載せた、今の時点でどのページを読んでいるのかにしてもそうですが、低温調理に関してもまとめてあるサイトって皆無って良いぐらいなんですね。そしてやればやるほど疑問が出てくるわけで、そういう人たちがこのブログに飛んでくる。また「鶏レバーの刺し身モドキ」なんてどれだけの人が興味あるのかと思う内容ですが、知りたい人には知りたいことで、ちょっとそこらを調べてもわからない内容なんですね。

ということは、そういう一歩掘り下げた内容を書いたほうが「世の中のためになる」んじゃないかと思うんです。そして「低温調理は面白いですよ~」と啓蒙もしたい。実際に、私のブログを見て低温調理を始めたという人は少なくないし。

上に書いた写真関係も同じで、「こんなことが簡単にできるのを知ってました?」という感じのことを本当は書いていきたい。

あるいはトレードにしても、トレードってのは変わった人たちがやることだったけれど、私は全ての社会人が知るべきノウハウだと思っているわけで、「やってみませんか?」というようなことは常日頃書いていますが、ちょうどコメントに質問があったように「VWAPを使いこなすのが重要」だとか、そんなことも書きたいんです。トレードを知ってる人でも「VWAPってなんだ?」って思うでしょ。でもこれって非常に大事なんですね。

そんなこんなで「一般受けするようなことを書く」のではなくて「それを書いたことによって【一人でも】なるほど」と思ってくれたほうが私は嬉しいんですよ。こういうことを書くと「偉そうに・・」なんて思う方が出てくるのはわかっているのですが、私はエンターテイナーでもないし、暇つぶしの対象になりたいわけでもないんです。また読者を増やし、ランキングを上げることに興味があるわけでもない。本当に「ダボ、それを書いてくれて助かった」とたった一人でも思ってくれたら嬉しいんですよ。

このブログの読者には変わった方が大勢いて、中には「過去ログを全部読みました」なんて人もたまに出てくるんですよ。ま、最近はいささか過去記事の量も半端じゃないですからそういう人はいないと思うのですが、「トレード・相場」「低温調理」関係は全部読みましたとか、何度も読み返したとか、プリントアウトして読んでいます。なんて人も出てくるのね。

さて、私が大事にするべき読者ってどんな方たちなんでしょうか。

「あの時、ダボのブログを読んだことがきっかけで人生が変わった」なんて人が出てくるのが私は一番うれしいわけですが、そこまでいかなくても「なるほど、こうすればこれは解決するのか」とひらめきを得てくれる人が多かったら良いと思うんです。

だからほとんどの人が「つまらねぇなぁ」と思うような内容でも、たった一人でも「そうか、そうやればよかったのか」と思ってくれたほうが私のこのブログの存在価値があると思うんです。

だから常連さんの数も関係ないといえば関係ないのですが、「そもそも読まない」としたら私の思いは誰にも届かないんですね。そして常連さんは間違いなく減っているという事実がある。

このジレンマに悩んでいます。

もし「ダボからこういう情報を引き出したい」と思っている方がいらっしゃったら遠慮なくコメントでもメールでもください。もしそれがほとんどの読者に全く関心がないことだとしても、私は貴方のためだけに書きますから。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

やっぱり真剣にこのブログのあり方を考えないと駄目なのかなぁ” への25件のコメント

  1. ダボ様
    ご無沙汰しております
    私 思うに 読者は減っていないと 思います
    最近は ポチ は していません 御免なさい
    原因は 恐らく 最近 ダボさんの ブログが GC 時代に 比べますと
    可也 長文に成って来た様に思います
    私等は 毎朝 必ず トイレで ダボさんを 開きます

    長文ですと 10分以上 掛ります そうしますと カミサンから
    パパ 大丈夫と 声を 掛けられて
    はいはい 大丈夫ですよ と 言いながら
    ポチを 押さないで 出る 習慣が付きました

    ポチ 押さないけど 皆さん GC 時代からの 読者は
    減っていない と 思います

    ユキ

  2. ユキさん、お久しぶりです。お元気ですか?ゴールドコーストへはたまには行ってますか?

    実はブログには書いていませんが、結構、ゴールドコーストを思い出してはやっぱりゴールドコーストは良いなぁとホームシックにかかっています。2-3週間、ゆっくり帰ってみたいなと思ったり。

    常連さんは間違いなく減っています。半減。でもどういう常連さんかという細かい分類は出来ないんですよ。アクセスログの過去のものも取っておいて自分で解析しないと駄目なんでしょうね~。でも細かいことがわかったからと言って、じゃぁどうするのか。

    最近はますます文章が長くなっています?(笑)

    でも書きたいことを書くとどうしても長くなっちゃいます。

    でもね、私は思いつくまま話し言葉で書いていますでしょ。だからこれが「話」だとしたら5分も喋っていないくらいじゃないですかね。ま、話をまとめるのが昔から下手だし、頭の回転も遅くなって、粘着質の性格もますます強化されているのかもですね。(笑)

    最近、なかなか腹の底から笑えるようなことがなくて、ちょっと寂しい思いをしています。

    自然の中で自然のエネルギーを沢山吸収したいな。

    あるいは日本のネオン街を徘徊するとか。(笑)

  3. こんにちは。ダボさんの記事はRSSリーダーに登録していつも拝読しています。私は常連さんかどうかわかりませんが、ダボさんがマレーシアに渡ってチャレンジする姿に勇気づけられています。私として興味あるテーマはトレードや資産運用、シニアの我々の今後の生き方に関わるようなテーマに惹かれます。ダボさんの国際情勢や政治にかかわるコメントにもいつも感心させられます。あとはカメラなど、モノについてのテーマです。正直言って料理については興味がありませんのでスルーさせていただいています。クリック忘れてしまいごめんなさい。リアクションするようにしますね。
    Abbey

  4. 政次さん、コメントを有難う御座います。

    クリックをお願いしているようで大変申し訳無いのですが、これは私だけではなくてブログ主の殆どが「そのクリック数で読者の反応を見て、書く内容を考える」ことをしているんですね。

    だからクリックが少ないと、一生懸命書いたけれどこれに興味がある人はいないからもう書くのはやめようとか考えてしまいます。

    これからもよろしくお願いいたします。

  5. 少ないクリック数でも、その記事が人に大きな影響を与えられる。こともあるのではと思います(特にこのブログのように内容も量も充実している記事では)

    またクリック数や訪問者数を増やすために、多くの人に興味のある記事を書く=現在のテレビ業界の現状ではないでしょうか。

    当たり障りのない内容で、グルメ記事やクイズが中心となり、
    どこの局も同じような放送をしています。

    テレビ局は営利企業なので仕方がないかもしれませんが、
    趣味でされているのであれば、好きな事を書いて発信されていくことが大切なんじゃないかと思います。

    最後になりますが、ブログ村などのリンクサイトの役割はもう終わっている。と個人的には思っております。
    私はこのブログを実社会の友人(マレーシア在住)から教えてもらいましたが、そのような人もいれば、検索からくる人も多いと思います。

    • アジア株太郎さん、確かにおっしゃる通りなんですが、読者が一体何を考えているのか、何を欲しているのかが全くわからないんですよ。

      好きなことを書けばよいと言っても、私はまだまだ本当に書きたいことって書いていなくて、もしそれを書いたらそれこそ「オタクの巣窟」になりそう。(笑)

      やりたいようにやるしかないんですが、実際に「数字の大きな下落」を見るとやっぱり考えちゃいますよ~。このようなコメントもほとんどないですし、「俺ってやっぱり世の中に受け入れられていないんだろう」って思っちゃう。

      私は結果主義ですし、見える数字は「老兵はただ消えていくべし」と言われているようなもの。(笑)

  6. daboさん、こんにちは!
    ブログ楽しみにしています

    >もし「ダボからこういう情報を引き出したい」と思っている方がいらっしゃったら遠慮なくコメントでもメールでもください

    実はdaboさんにお尋ねしたいことがてんこ盛りなんですが、私の記憶違いかもですが、いつか「メールよりブログのコメント欄の方ので・・」以来、個人的なことは恥ずかしくブログでたずねられなくて・・汗

    多くの方がdaboさんのブログみて、助けられたとおもいますよ
    私もその一人です

    • jazzmanilowさん

      メールは勘弁してくれっていうわけじゃないですから、なんでも書いてくださいね。

      要は、コメント欄に書けば良いような「個人的ではない話」をメールで送られるとガクっとくるってことだけですから。(笑)

  7. こんにちわ、出来高関連のindicatorの件、おへんじどうもありがとうございます。常連さんが減っているとのことですが、逆にこのBLOGが、DABOさんが交通事故に見舞われるなどの理由で更新がとつぜんストップしたら自分はかなりの喪失感を感じるとおもいます。

    他方で常連さんが減っている、というのはそれほど100%否定的にとらえるべきことなのでしょうか?例えば相場関連でこのBLOGの内容を踏み台にして卒業していった方がいらっしゃったとしたら、それは逆にとても喜ばしいことではないでしょうか?

    • ゆっきーさん

      >他方で常連さんが減っている、というのはそれほど100%否定的にとらえるべきことなのでしょうか?

      私は結果主義ですので、やっぱり気になりますよ~。

      企業や商店の客数、売上が半減しているのが明らかなのに、気にするなって思います?

  8. 私はダボさんの記事で「海外での子育て」の話を聞くと心が痛くなる、が好きです。
    只今海外で子育て真っ最中で、現地の小学校で色々あり、記事を読むだけで涙が出て来ます。
    いじめとかないのですが、子供にはかける言葉もなく、毎日ただ心配しながら朝見送ることしか出来ません。
    私は女性ですが料理の記事はあまり読んでおらず(ごめんなさい)、教育ネタや歴史ネタ(この間の『マレーシアの独立記念日ですかぁ。いろいろ考えちゃうなぁ・・・』とか)が好きで、思い出して検索して再度読み返すこともあります。
    これからも楽しみにしています。

  9. Momoさん

    子育て真っ最中ですかぁ。何がどうってわけじゃなくても、毎日ハラハラしますよね~。

    でもいつも書いていることですが、お子さんを一生懸命愛してそれが伝われば怖いものはないと思います。でも自分の言葉で伝えないと伝わらないんですね。それとやっぱりビシッと言うべきことは言う。でもそれを「愛してくれているからママはそういうんだ」と思ってくれないと駄目で、なかなか難しいですね。

    子どもはあっという間に大きくなっちゃいますし、心理的には余裕はないと思いますが、毎日の一コマ一コマが掛け替えのない思い出になりますので、毎日を大事に過ごしていただきたいと願っています。

    しかしMomoさんはあの『マレーシアの独立記念日ですかぁ。いろいろ考えちゃうなぁ・・・』に興味を持たれたんですか?

    へ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    あれこそ、「誰も興味が無いだろうな・・」と書いた日記のトップ5に入ります。

    どんな人間も、民族も、国家も、「根っこ」があるし大事だと思うのですが、日本人の場合はそれをばっさり切り落とされ、そして「新たに伸びてきたものを自らそれを切り落とす」ことを選んだ日本人が歯がゆくてしかたがありません。

    またいつでもコメントを書いていただけたら嬉しいです。

  10. daboさんこんにちは、初めてコメントします。
    私は、トレード関連の記事を全て拝読しました。特にNinjaTraderの情報が参考になりました。近々IB証券に口座を開設して、NinjaTraderを購入する予定です。daboさんの影響はかなり受けています。100%メカニカルトレードを目指していますが、チャートにはこだわるようになりました。特にNinjaTrader用のインジケーターは全て自作しています。おかげで、かなり短時間で作成できるレベルになりました。それを使ったオリジナルのロジックで勝負するつもりです。これからも、トレード記事をたくさん書いていただけると嬉しいです。

  11. davidさん

    Ninjatraderがないと私は困ってしまいますが、将来的にはNinjatraderを捨てることを考えないとならないし、それは今でも覚悟すべきことであるのはブログにも書いたとおりです。

    IBのTWSというソフトにNinjatraderがぶら下がるようにして使うことは可能ですが、この接続は「信頼できるほどではない」という問題があります。ですから自動運転をしたり、サーバーサイドで注文を保持せずにNinjatraderが逐一注文を送り、変更するようなロジックだとかなり危険だということ。

    そしてNinjatraderはバージョン7ですが、もう発表されてから長い年月が経つバージョン8もだんだんと市民権を得るようになりました。バージョン8の方が良いというトレーダーも多い。

    でもIBではバージョン8は繋がりません。

    また今の世の中の動きですとIBもバージョン8に対応するようになるのかもしれない。その時、バージョン7を捨てるようなことになるとこれも大問題。7と8はフルコンパチではありませんから、あちこち変更しないと使えない。

    では今の時点でバージョン8が使える業者は?バージョン7の場合は?となりますが、これまた対応している証券会社があまりにも少ないんです。

    ですから私の今の基本姿勢は、Ninjatraderは「チャート表示のためだけ」とし、注文アルゴリズムを考えてそれを使うのは、その証券会社のチャート&発注ソフトを使うというスタンスです。

    でも繋がれば儲けもの程度にしか考えていません。

    また何度か日記に書いていますが、IBからデータを取ると分データしか取れないと考えたほうがよく、私のようなティックデータが全て入ってこないと困る(これが普通だと思うのだけれど)場合、IBのデータはまるで使えません。ただ、チャートソフトを接続している間はティックデータ(いくつかをまとめて丸めてある)が入りますが、過去データとしてのティックデータはIBは配信していません。

    ですので、IB+Ninjatraderというのは決してベストじゃないどころか、将来的にも問題があると考えています。

    もし今の時点でNinjatraderじゃないと困るということがないのだとしたら、他の信頼できるチャート+証券会社を使うほうが良いかもしれません。

    ただIBは手数料も安いんですね。

    davidさんがどういう手法なのかまるでわかりませんが、もしかしたらCQGでも使うのが良いかもしれません。

    私もNinjatoreder(バージョン7)がそろそろ使えなくなりそうなのが見えてきた場合、全てCQGに移行するつもりです。

    ご自分でプログラミングをなさるのなら、もっと安定して信頼できるチャートをお使いになるのがよろしいんじゃないかと思いました。

    これからもトレード記事は書いていくつもりではありますが、どのへんに重点を置くべきかわからないんです。

    私は、トレード?関係ないねと思っている人にも「トレードスキルは万人に取って大事」というスタンスでいて、そういうことを主に書いています。まさか細かいインジケータのことをこのブログに書いてもしょうがないと思いますし。あるいは、トレードでは心理状態をどう保つかが一番大事ですし(メカニカルトレードなら関係ないですね)、それはトレーダー万人に共通することで、そんなことを主に書いてきましたが、そろそろネタ切れです。(笑)

    もし何か読者から要望があれば、細かいことも書こうと思いますが、要望もないのに細かいことをこれ以上書いても意味がないんですね。

    また是非、遊びに来てください。また気軽にコメントでも頂ければ嬉しいです。

  12. ダボさん、こんにちは。
    私はダボさんの相場関連の記事はすべて読みました。
    相場記事限定でのコメントになります。
    少し抽象的になってしまいますが、ご了承ください。

    直近の記事ですと、個人的には息子さんとの反省会の記事が一番勉強になりました。私はダボさんのスタイルを基にはしておりますが、100%一人でやっておりますので、ほかの方の反省会は非常に勉強になります。
    なぜここで入ったのか?
    何を読み間違えたのか?
    焦りか?欲か?恐怖か?
    ダボさん流の反省会はどのようなものなのか非常に興味があります。

    あと難しいかもしれませんが、うまくいったトレード、うまくいかなかったトレード。できればうまくいかなかったトレードのほうを例として出して、解説していただきたいです。

    あとなかなか安定しないTwitterにいる日本人トレーダーが行き着く先として王道になりつつある、玉操作、マルチタイムフレーム、プライスアクションについてのダボさんの考察をお聞きしたいです。

    応援しております。よろしくお願いいたします。

    • おのさん、相場関連の日記を全て読んだんですか?凄いなぁ。でもなんだか申し訳ないような気もします。私も全ての日記を真剣に書いているわけでもなくて、手抜きもありますし、「これちょっと違うなぁ」と自分でも思いながら書いたものも正直なところありますから。

      でも根本のところに流れている考え方って何も変わっておらず、そのへんを是非読み取っていただきたいと思います。

      どんな反省会ですが、それは「自分がどんな手法を使うか」と深い関係があるわけで、一般論は成り立たないと思います。「自分が決めたことをちゃんとできているか」という点では全てに共通するでしょうが。

      よく息子と話すことですが、「絶対」はありえませんよね。だから買シグナルが出たところで本当にそれに着いていって良いのかどうか。これを反省会でやっては駄目なんですね。それは「手法をどう磨くか」というところで話し合うべきこと。

      大事なところは「結果的に負けたけれど、出るべきところで出られたのか?」ってことじゃないでしょうか。ここで、出なければ良かったとか、出ないほうが良い兆候はなかったのかとかいろいろ考えますが、これも反省会でやることじゃないんですね。

      一番ダメなのは「シグナルが出たけれど、それに従わずに結果的に助かった」ってやつ。勝つか負けるかわからないけれど、シグナルには乗るのが基本中の基本だと思います。

      とは言うものの、「システムトレード+裁量トレードの良さ」を無視してはならないと思っていまして、「出撃シグナルは見逃してもOK」という考え方も持っています。上に書いたことと反するようですが、「出撃しないほうが良いと思うヒラメキ」を大事にしたいということ。でもそこで「出ないほうが良い理屈は探さない」ようにしています。理屈を探し出すといくらでも考えられるわけで、はたしてそれを手法の中にとりいれるべきかどうか。

      それを取り入れたところで、やっぱり「ここは出撃しないほうが・・」とヒラメク時はあるわけで、これをやりだしたらキリがないと思うんです。

      サイン通りに動くべきではありますが、「出撃を見逃しても損失は出ない」ところも忘れてはならないんですね。ここに裁量が入る余地を残しておくのは重要だと思います。

      ただし、「撤退サイン」は何が何でも守る。ここは重要だと思います。

      持ち続けていればもっと利益が出たのに、なんてことは普通に起きますが、この欲望を抑えることができないと泥沼に入ると思います。

      撤退サインが出たから撤退したわけで、その後、まだトレンドが続いたとすれば「再度出撃する場所もあったはず」なんですね。私はそこを重視します。長いトレンドを細かく分けて取るのも良いじゃないかという基本があります。ここでスケベ根性を出すと元の木阿弥になる。

      >玉操作、マルチタイムフレーム、プライスアクションについてのダボさんの考察をお聞きしたいです。

      これも難しいところだと思います。これらってどう考えるべきか深掘りするのも大事だと思いますが、「どれも無視すること無く、良いと思う点は取り入れる」しかないんじゃないですかね。

      ではどんな点が良くて、どんな点が駄目なのかは「自分がどう思うか」でしかないんじゃないでしょうか。

      そうやってそれぞれ「自分にあった手法を作り上げる」のだと思います。

      例えばマルチタイムフレームを重視するべきだという論を聞いて、そりゃそうだなと思ったらそれを導入します?どの程度?どこまで重視します?

      ここに答えなんかないんですね。自分が「この方が動きが見やすい」と思ったことを突き詰めていくしか無いんじゃないでしょうか。

      なんだか禅問答みたいですが、私は相場とはそういうものだと思うんですよ。それなのに「答えを見つけたい」と誰しもが思う。

      「悟りとは追いかけても得ることはできない」。「いつか向こうからやってくる」ものかもしれませんね。

      答えになっていなくて申し訳ないですが、こんな風に考えています。

      またいつでもなんでもコメントを頂ければ嬉しいです。

      • ダボさん、とても詳しく答えてくださってありがとうございます!

        私も一人反省会では
        >大事なところは「結果的に負けたけれど、出るべきところで出られたのか?」
        を意識しておりまして、そのおかげでエントリーはいい感じになってきたのですが、
        何をもってトレンドが発生したとみなすのか?
        撤退サインはどこなのか?
        など突き詰めていったところ、絶対的な答えにこだわってしまい、混乱しておりました。

        >自分が「この方が動きが見やすい」と思ったことを突き詰めていく
        ここを徹底的に突き詰めていこうと思います。

        あと、やはりFXのスキャルは難易度が高すぎで、成り行きはびっくりするぐらい不利なほうに行きますし、波が小さすぎてそれこそ手数料を稼いでいるような感じですので、国内で海外の先物スキャルができる方法を真剣に考えようと思います。
        FXは練習や実験には最適だとは思います。

        読み応えのあるブログ、楽しみにしております。
        ありがとうございました。

  13. daboさん、早速のお返事ありがとうございます。

    TWSの自動運転は結構難しいです。ただ、IBControllerという優秀なフリーソフトがあり、それを使うと解決します。また、注文をサーバーサイドに置くかローカルに置くかは選択できると思います。所謂「隠しストップ」のことかと思いますが、自分はサーバーに置きたいですね。
    NinjaTrader8ですが、私は最初からNT8で始めましたので、むしろNT7の方が分かりません。NT8もTWSも最新版を使っていますが。簡単に接続できたので、つながらない時代があったとは知りませんでした。IB Gatewayをつかっても接続できます。
    daboさんのご心配の通り、ティックデータは250msのスナップショットですので、スキャルは無理ですね。自分はデイトレ~短期スイングなので、なんとかなるかと思っていますが、ダメならeSignalかiQFEEDになってしまいますね。
    CQGはもちろん検討したのですが、「テクニカル分析とチャートパッケージの月額は67,900円(税抜)から」という一文を見て即ページを閉じた次第です
    daboさんのおっしゃる通り、他の信頼できるチャート+証券会社があれば良いのですが、なかなかないです。迷いに迷ったあげく、IB+NinjaTraderが現実解かなと思っています。自分の場合、プログラミング環境があるプラットフォームが必須なのと、CFDはやりたくないというのがあって、そうなると選択肢はほぼほぼないです。

    運用までたどり着けるか不安ですが…何とかがんばってみます。

    • えええーーー、TWS+NT8で動くんですか?知らなかった~~~。TWS+NT7でもそれぞれどのバージョンじゃないと動かないとか、そんな風だと思っていたんですが・・・。

      >所謂「隠しストップ」のことかと思いますが

      ということじゃなくて、値動きによってはピラミッディングをしたり、当然ストップの場所も頻繁に変える考え方があるわけですが、こればかりはNinjatraderにやらすしかないんですね。前に紹介したSharkIndicatorsのBlackBirdで細かいロジックが組めます。

      だからもしTWSとの接続が切れたら完全アウトで、とにかくポジションがあればスクウェアにするしかなくなってしまう。

      理想としてこうあってほしいとかいろいろありますが、なかなかうまくいきませんね~。

      NT8ですが、私が一番困っているのが私には必需品の「平均足」なんですよ。NT7では平均足はインディケータとして使えますが、NT8ではChartTypeなんですね。絶対にないと困る練行足もChartTypeですから、練行足に平均足を掛けることができません。

      でもそれをNT8でやっている人をつい最近見つけまして、仕様に変更があったのかわかりませんが、暇を見つけてどうなっているのか調べようと思っています。

      ところでCQGですが、私がかつて使っていた時は「チャート+データ」で毎月17万円ぐらい払っていました。当時私がよく使っていたRCIが存在しないとかあって、私はプログラミングができませんからプロに発注したり、かなりお金がかかってしまいました。

      でもそのコストが問題にならないレベルになればCQGって良いんじゃないかと思っています。

      iQFEEDって知らないのですが、eSignalもそれなりの期間使っていたことがありますが、なんていうのかなぁ、どこがどうって細かいことは書けないのですが、「信頼性がない」と感じたことは結構ありました。

      その点、CQGって「プロ仕様」みたいな感じがします。当時、大手町かどこかにあった事務所にも行きましたが、高いだけあってちゃんとサポートしてくれた覚えがあります。

      でも今のCQGってどうなっているのか全くわからずです。

  14. わたしの場合は自分の中で、個人的にDABO氏語録というのをつくっています。ご自分では無意識に発されたかもしれないご発言かもしれませんが、一生忘れられないDABO氏語録というのがあります。

    ランキング3
    男のやさしさとは最終的に力であり、それは金である。

    ・・・日本の草食系男子しか接点もっていなかったので、ガツーン!

    ランキング2
    自分の子供が、ただ食うためだけに毎日を生きているとしたらそれはほとんど犯罪にちかい。

    ・・・シンガポールみたいに外国人をうまくこきつかってポイステしてしているようなところではそういう外国人にとって有効性にとぼしい発言になってしまうかもしれませんが、思わずほろっと涙してしまうようなカッコいいご発言ですね。

    ランキング1
    〇〇〇〇〇〇……今のところ秘密です。

    これからもカッコイイ発言をたのしみにしております。

  15. ゆっきーさん

    そんな語録があるんですか?(笑)

    でもランキング3の「男の優しさとは力であり、力とは金だ」ってのは、かなり昔に、多分、母から聞いたような気がします。私もその時には衝撃を受けました。

    日本って「優しくなければならない」という暗黙のプレッシャーが非常に強い国で、なおかつそれは「女性的な優しさ」なのは気がついていました。「弱者に心を寄せる」ってこと。

    でも母は言ったんですよ。「それで誰も救えない」と。

    飢えている人にどれだけ優しく接し、優しい言葉を発しても、その人は死んでいく。

    男なら、黙って「パンを与える」か「金を渡して立ち去れ」と。

    なるほどねぇ、確かにその通りだと思いましたっけ。

    その思いって結婚してから強くなって、女性って思いを共有するのが好きですよね。だから旦那にも同じ様な感性を持って、それを基準に毎日を過ごしてほしいと願っているのがよく分かる。

    でも何のために男と女がいるのかというと、それは分業の為なわけで、同じなら二人いる必要もないってことだと思うんですよ。お互いが違っているから意味がある。

    女性は「心の安らぎ」を大事にする。でも男は「現状をより良くする」という現実的な解決を求められるじゃないですか。夢ばかり語っていたら男じゃない。

    でもそういう考え方を表面に出すと嫌われるのね。女性からは当然「優しさのかけらもないのね」なんて言われるし、そういう女性上位の世界に生きている男は「ただ黙る」だけ。逆に、女性に同調していれば自分は「あえて難しいことをする必要もない」「言葉で済めば楽だ」と考え出す。

    お金に困って助けを求められた時に、「大変ね~」「頑張ってね~」と女性は言うけれど、そういう時に、男は「黙って金を出す」ものだってことですね。

    私の考え方は古くて、男尊女卑のように思われますが、分業なんですよ。心って大事だからそこに焦点を当てて気持ちを和らげ、明日からの活力につなげることは大事で、それはそれで重要ですよね。

    でも男が一緒になってそれをしててどうすんだ?ってことでしかない。

    これを言うと本当に叩かれると思うけれど、かつて女性に選挙権がなかったというのは分業の重要性を知っていた昔の人達の知恵だと今でも思っています。

    でも女性も男性も同じってことになって、「安らぎ」を重視するようになると、家族や村、町、あるいは国の集合体の安全保障は脅かされるわけで、「仲良くしましょうね~」とか「戦争反対!」で平和が来ると思う社会になってしまう。

    でも日本の昔の女性はそれもよくわかっていて、戦後に意気地をなくした旦那に「あんた、戦争に一度負けたぐらいでくよくよするな」というヨメさんもいたと。

    私の母はこのタイプでした。オヤジの会社が倒産しそうになってアタフタしているところにカツを入れたのは母でしたし。

    そういうカツを入れるというのも「優しい言葉」と同じですよね。その言葉で何の現状が変わるわけじゃない。でもそれで男は奮起して動き出して「現状を変えていく」んじゃないですかね。

    日本の「男女同権」は間違えていて、「男性の女性化」でしかないと思うんですよ。その点、アメリカは確かに男女同権で、女性が軍隊に入り鉄砲を持って戦う国。これなら良いと思うんですが、女性の特権である「そんなことできな~~~い」が許される社会で男女同権なんてとんでもないと思う私。そしていつか男も「そんなことできな~~い」というのが普通になってくるんじゃないですかね。

    ランキング1ってなんだろうなぁ・・・。

  16. daboさん
    こんにちは、『遠慮なくコメントでもメールでもください。』というお言葉に
    勇気をもらって伺います。初歩的な質問なんですが、「練行足」は
    Ninjatrader7に標準装備されているんでしょうか?私もやっとNinjatrader7を
    インストールしてタイアップしているFXCMのデータをつなげてトレンド画面を開く
    ところまで来たのですが、探しても「練行足」が見つからないんです。探し方が悪いのか、それともソフトを追加しないといけないんでしょうか?

  17. ソラ使いさん、コメントを有難うございます。

    >『遠慮なくコメントでもメールでもください。』

    これは間違いが無いのですが、トレードに関する質問の場合、内容によっては「すぐに答える」ということはしません。質問者のためにならないからです。

    Ninjatrader7の練行足に関しては何度かブログに書いていますが、そこを見つけられていないんですね。

    練行足はNinjatraderに標準装備としてついています。でもそれは使いません。巷には様々な練行足が出ていますが、私が使っているのは「UniRenko」という練行足です。

    それがどこにあって、どういう風にインストールするのかは是非ご自分で悩んでみてください。それをクリアするだけで知るべきことの多くを知ることが出来ますから。

    すでに私がキッカケで多くの方がNinjatraderに興味を持ってつかっていらっしゃいますが、私は自分がどんなインジケータを使っているのかもお教えしていません。「どうにか同じようなものを作ってみてください」というだけです。興味がある方はそこから出発して、試行錯誤して探してやっています。その中でNinjatraderの使い方、Ninjatraderの情報、インジケータの集め方、使い方を覚えてしまうんですね。

    私が細かいことをお伝えするのはそれからです。最後にはインジケータの名前、どこにあるか、セッティング、パラメータ、など細かいこともお教えしていますが、最初から全てお話することはありません。

    意地悪のように思われるでしょうが、これは非常に大切なことなんです。

    >探しても「練行足」が見つからないんです。

    Ninjatraderの日本語での情報は極端に少ないですから「練行足」で検索してもほとんど何も出てこないかもしれませんね。是非「renko」で検索してみてください。いろいろ出てきます。

    • daboさん
      返信ありがとうございます。
      いくつかヒントを頂いたので、探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください