揚げない「唐揚げチェレンジ」その4 最終章 結論が出た

懲りずに揚げない「唐揚げチェレンジ」をやっています。ノンフライヤー、オーブンでどこまで出来るのかの実験。

今回用意した鶏肉はもも肉ですが、素材に関しては詳しく書かないことにします。揚がった感じがどうなるかが大事ですから。

衣に関しては二種類ありますよね。「粉をまぶしただけ」のものと「液状のバター液をつけたもの」。前回までの実験でわかったことは、どんな衣をつけようと「オイルをスプレー」しない限り全くお話しにならないということ。鶏肉から十分な脂が出てそれでどうにかなるかと思いましたが、うまく行きません。そして「粉をまぶしたもの」は、見た目はそこそこ良いのですが、粉っぽさが目立って美味しくない。

もう一息のところまでは行くのですが、普通に揚げたほうが遥かに美味しい。これではいくら油が少なく健康的だと言っても私は食べたいとは思わない。

粉をまぶしてオイルをスプレーしたもの。衣があまりにも粉っぽい。

さて、次は「液状のバター液をつけた場合」です。天ぷらやフリッターみたいなもんですね。これもオイルをスプレーしないと、水分が蒸発して白い粉だけが残ってまるで食べられません。

では、液状のものに「オイルを混ぜる」ことをしたらどうなるか。

前にもマヨネーズ(水分と油が混ぜって乳化したもの)を入れましたが、惨憺たる結果でした。

これは液状のバター液が緩すぎるのかもしれず、今回は固めに作ってみました。かなり柔らかめのパンのドゥみたいな。油を混ぜてあります。

でもそれを肉にまとわりつかせるのはかなり難しくて、こんな感じ。全体に均一につけるのは無理でした。

でもノンフライヤーで焼いてみると、見た感じはまぁまぁ。

でもこれは唐揚げではなくて、天ぷら、フリッターの出来損ないみたいな感じです。

次に、その硬めのバター液を若干緩めにしてみました。どうにか肉にまとわりつく程度の緩さ(固さ?)です。

でも出来上がりな似たようなもので、天ぷら、フリッターみたい。でも天ぷらのようにサクっとはしないし、フリッターのように衣が膨れてフワっとすることもない。

ここで、衣が粉だろうがバター液だろうが、オイルをスプレーしようがしまいが、美味しい唐揚げは私には出来ないという結論です。

そして最後の手段。

「パン粉を油で炒めて、それを衣にする」という方法。

フライパンに油を敷いて、温めてからパン粉を投入しましたが、パン粉の油の吸い方って半端じゃないんですね。ちょっとやそっとの油はどこかへ消えてしまったような感じ。でも多めには入れずに、200グラムのパン粉に油を大さじ二杯ぐらいですかね。それをちょっと炒めてから冷やし、普通のパン粉のように使う。

肉に小麦粉をまぶし、卵液(小麦粉入り)に浸し、パン粉を付けるという「普通のフライもの」のやり方です。

唐揚げじゃなくて「カツ」ですね。チキンカツ。

出来上がりとしては、「脂っこくないチキンカツ」になりました。普通のチキンカツにかなり近い。これは十分大丈夫そうです。

ヘルシーなチキンカツとして、これはこれで作る価値はあると思います。

ここでもう一つの結論。

「唐揚げは無理だけれど、チキンカツは十分作れる」

ですからきっとトンカツもヘルシーでそこそこ食べられるものは作れるんじゃないですかね。

でも唐揚げは無理という結論には代わりはなく、ちょっと残念です。

でも巷では「ノンフライヤーで唐揚げ、天ぷらも出来る」と広告宣伝されていますし、ユーザーも「作れる」という人が日本だけではなくて世界中にいます。またノンフライヤーは近年市場に出てきた家電製品ですが、昔からオーブンでフライドチキンを作る歴史はあるわけで、一体どうなっちゃてるんですかね。

彼らがいう「出来る」というのがどういうレベルなのかわかりませんし、ノンフライヤーの場合は「おもちゃを手に入れてそれで作ってみたら出来た~~~」みたいな感じもするわけで、オーブンを使うのは「健康重視の人たち」みたいな気がするわけです。鶏肉ももも肉より胸肉を好む、牛肉も赤身が好きみたいな人たちね。どちらにしてもそういう人たちの「出来た」「美味しい」というのをそのまま受け入れるわけにはいかないのかもしれない。

でももしかしたら私が大事なところに気がついていないのかもしれませんので、一応、私の結果としては「無理」となりましたが、その後のフォローとして今一度多くの人のレシピを見てみたいと思います。私が見るのはクックパッドのような文字+画像じゃなくてユーチューブの動画ですので、料理の途中もはっきりわかりますから同じように作るのは比較的簡単。私自身もいろいろ実験してわかってきたので、最初に調べた時以上にいろいろわかるはずだと思っています。

また「パン粉を使ったカツ」は出来るのがわかりましたし、カツでもない唐揚げでもない、「チキンスティック」をファーストフードで食べたことがありますので、「日本のフワフワした目の荒いパン粉」ではなくて、欧米人が昔から使っている「目の細かいパン粉」で何か面白そうなものは作れるかもしれないと思っています。ちなみにパン粉ですが、これは日本独特のもので今ではそれが世界に広がっているのが面白いと思います。彼らも「(Japanese)Panko」と彼らのパン粉とは区別しているのね。今ではPankoしか使わないなんていう海外の料理人の話を(ユーチューブ)で見ると嬉しくなってしまいます。

油で普通に揚げたほうが美味しいのは当たり前ですが、やはり油は少なめで健康的に作りたいですし、それは「パン粉を油で炒めた」ときのあのパン粉の油の吸収の仕方をみて、我々が普通食べているカツってとんでもなく恐ろしいものだというのがわかりましたので、なんらかの新しいものを作ってみたいと思います。

実はですね、例えばチキンカツですが、普通は「パン粉でくるんで揚げる」でしょ?ところが、ソテーしたチキンの上にパン粉を振りかけて焼き足すのではなくて、カツの衣みたいにしたパン粉を「上に乗せる」という料理があるのも知りました。これってチキンソテーでもあり、チキンカツでもあり、二度楽しめる面白い料理だと思いました。

そんなのも含めて、新たな実験は続けていこうと思っています。

とりあえず、「私には」エアーフライヤー、オーブンで「(私の納得の行く)鶏のから揚げは作れない」ということ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

4 thoughts on “揚げない「唐揚げチェレンジ」その4 最終章 結論が出た

  1. 油で揚げない電子レンジ用の唐揚げ粉はためしてみましたか?

    もし、ご存知でしたら以下は無視してくださいませ。

    普通の油で揚げる用の唐揚げ粉は、油を使わないと粉っぽくて食べれたものじゃありませんが、電子レンジ用の粉は工夫されていて十分美味しく仕上がりすよ。

    私の知る限りでは、以下の2種類が発売されています。

    ①SHOWA(昭和産業株式会社) レンジでチンするから揚げ粉
    https://www.showa-sangyo.co.jp/home/karaage/product05.html

    ②日清 レンジでジューシー から揚げ粉 ザ・ノンフライ
    (ホームページから記載がなくなっているので販売終了かもしれません。)

    お薦めは①のSHOWAの粉です。

    ②の日清の粉はちょっと化学調味料の味がきつく感じました。

    また、どちらも電子レンジ用の粉なのですが、そのまま電子レンジで使用するとちょっとベチョっとして美味しくありません。

    私は電子オーブンレンジ「ビストロ」のグリル機能を使って焼いています。

    ガスオーブンもあるのですが、掃除か面倒なのでもっぱらビストロで作ってますが、出来上がりは遜色ありません。

    作り方は簡単で、ビニール袋に粉とブツ切りにした鶏肉をお好みの数だけ入れて、粉が鶏肉に満遍なく掛かるように数十回振るだけです。

    その後は鶏肉を袋から取り出し、ビストロで10~15分焼くだけで完成です。

    カリッ!パリッ!とした唐揚げ“風“のものが出来上がります。

    私は、時々SHOWAの粉に他社の油で揚げる用の唐揚げ粉(日清 ゆず胡椒味 など)を少量混ぜて味を変えて楽しんでいます。

    また、胸肉だけで作るとカロリーは抑えられますが、ちょっと物足りないので、胸肉とモモ肉を半々にして作って、交互に食べるようにしてます。

    唐揚げとはちょっと違うと思われるかもしれませんが、代用品としては美味しいと思いますので一度お試しアレ。

  2. レンジでチンするから揚げ粉さん、コメントを有難うございます。

    レンチン唐揚げ粉ですが、何年か前に試したことがありますが一度きりで終わりでした。おっしゃる通りカラっとならないんですね。

    オーブンで使うのですかぁ。なるほど。

    ただこちらで売っていたかなぁ。

    また唐揚げはかなり入れ込んでいまして、使う粉を変えたり調味料・スパイスのたぐいもいじるのが好きなので、あまり出来合いのものに興味が無いんです。

    でもその唐揚げ粉も選択肢の一つとしてあったらいいですね。売っていたら買ってみます。

    情報をありがとうございました。

  3. やはりご存知でしたか。

    既製品の粉よりご自身のお手製にこだわるのなら、この粉は必要ありませんね。

    今、ビストロのレシピを見ていて以下の点に気付きました。
    ①片栗粉を使っていること
    ②粉が馴染んでしっとりするまでもむこと

    私は普段市販のレンチン粉を使うので見落としていましたが、この辺がカリッパリッと仕上がるコツかもしれません。

    参考までにレシピのアドレスです。
    https://panasonic.jp/manualdl/p-db/ne/ne_bs1100_recipe.pdf

    P138 No.241 鶏のごま風味から揚げ
    P139 No.240 鶏のから揚げ

    ご健闘をお祈りいたします。

    • レシピを見ていたらいろいろアイデアが湧いてきました。良いですねぇ、これ。やっぱりスチームオーブンでの料理ですから、それだけをまとめてあるのって有り難いです。

      カリ、パリっと揚げるには片栗粉を使うという人が多いですが、それは「小麦粉」が頭にあるからだと思っています。でも片栗粉を基準に考えますと、ジャガイモのスターチ(片栗粉)よりコーンスターチの方がカリパリになりますね。米粉も良いし。

      やっぱりオーブンで作る場合には「②粉が馴染んでしっとりするまでもむこと」がポイントなんですね。つまり、「粉をまぶして揚げる」のではなくて「衣揚げにする」ってところ。でもそこに油分がないと水分が蒸発して粉だけ残るんですね。でも油を混ぜ込むとベチャベチャになって綺麗な衣をつけるのは難しくなる。では濃いめのバター液にするとなんだかわけのわからない料理になるし、ここばオーブンやエアフライヤーで作る難しさじゃないでしょうか。

      逆にこのレシピにもありましたが、「カツ」の方が簡単なんですね。パン粉に油を吸い込ませて普通に付ければOKですから。でも唐揚げって、粉をまぶすか、バター液を絡ませて衣揚げにするかですから、そこのところが悩みどころ。「チキンカツ」にしちゃえば簡単なんですが・・。

      冷凍食品を良く見てみますと、油が結構入っていて、それで薄く衣をつけているのが不思議でなりません。どうやったらあんな芸当ができるのか、食品工場の技術者にちょっとだけ教えてもらいたいくらい。(笑)

      しかし、このレシピは面白いと思いました。日本人はオーブンをあまり使いませんから巷のレシピは少ないし、では海外のレシピを見ると我々が食べたいものが少ないし、このレシピはオーブンで作るという前提ですから非常に参考になります。

      しかしスチームオーブンは良いですねぇ。こちらでも日本のものが売っているのですが、そして私も欲しいのですが、すでに大型、中型がありますからそんなものを買ってきたら嫁さんが逆上するのは間違いなし。ヨメさんは典型的な古い日本女性で、オーブンを使う料理ってほとんどやりませんし。

      一番良く使う中型のオーブンが壊れるかどうかしてくれればチャンスなんですが・・。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください