「鶏の首」を見つけた~~

「鶏の首」、ネックを見つけました。

鶏の首だなんていうと、ペットの餌か?なんていわれそうですが、焼き鳥屋で出てくる「セセリ」はまさにこの首の肉。

我が家の大のお気に入りの焼き鳥屋である「酉玉」ですが、そこで一番美味しいと思うのは「せせり(そろばん)」。

これって「首の肉」なわけですが、この肉だけ売っているのは見たことがありません。日本なら売っていますがゴールドコーストでもマレーシアでも見たことなし。聞いたこともなし。この写真の焼鳥一本作るには、多分、首は4本以上必要じゃないのかなぁ。首には本当にちょびっとの肉があるだけで、あとは細かい骨ばかり。

酉玉では首からこの肉を切り離して焼き鳥にするわけですが、我々素人が首からこの肉を切り離すのはかなり難しいと思います。本当にたったの数ミリの厚さで首にくっついてるだけの肉ですから。

だから首ごと調理することになるんですが、それはまさに「ペットの餌」と同じ。

だって~~~~、ネットで検索しても「犬に食べさせる」なんて話しか出てきませんから。ほんと。

ゴールドコースト時代にもよく食べたのですが、スーパーの肉売り場の「ペット用の肉」のところに並んでいるんですよ。スープを取るための「骨」とか「ガラ」はちゃんと肉の棚にあるのに、鶏の首はペットの餌扱い。

マレーシアに来てからはどこかで売っていないか注意して見ていたのですが、見つからず。あんなに美味しいのに・・。

でも見つけたんですよ。通販で。

前にも何度か書いていますが、スーパーの通販と、デリバリ代行会社を最近良く使うようになりまして、そのデリバリ代行で「HERO」というスーパーから買い物ができるようになっている。HEROというスーパーはTTDIにあって店に入ったことがある程度なんですが、結構安い店なので良いと思っています。で、鶏の首も売っていたわけ。

1パック500グラムで2パック買ったのですが、なんと2パックで3.5リンギ。110円ぐらい。安い~~!\(^o^)/

写真を載せますが、気持ち悪いと思う人にはごめんなさい。

これをまず沸騰したお湯に入れて、再沸騰してから5分ぐらい茹でます。

そしてそれを流水でよく洗い、脂とか余計なものを取り除きます。

その後、お湯にお酒、多めのショウガを入れて茹でます。10分ぐらいですかね。

そしてお湯を捨てて、熱々の状態で「ポン酢」「柚子胡椒」をまぶします。ボールに入れてかき混ぜて、粗熱が取れるまで混ぜ続けますとうまい具合にポン酢が絡みつく。

あとは食べるだけ。

これが美味しいのなんの。

首の骨にこびりつくようにある数ミリの肉を、小さなトウモロコシを食べる要領で齧るわけです。

鶏の部位でこれほど美味しい部位って無いと思うくらい美味しい。サイコ~~~~~~~。

なんでこんな料理を知ったかですが、ゴールドコースト時代、20年以上前だと思いますが、ヨメさんがこの「鶏の首」を買ってきたんですよ。それを見た私と子どもたちは大騒ぎ。なんじゃ~~~これは、人間の食べ物じゃない~~!!ってなもんです。

気持ち悪い~~と騒ぐ我々を尻目に、ヨメさんは茹でてポン酢と柚子胡椒をあえて、「良いから食べてみなさいよ」ってなもんで食べたら衝撃の美味しさ。(笑)

あの日から我々親子は「鶏の首の大ファン」。でもこの話は我が家の秘密で、誰にも言いませんでした。なんせオーストラリアではペットの餌扱いですから。

しかしヨメさんはなんでこれが美味しいというのを知っているのか。そりゃ九州の山奥育ちで、その地方では食べたのでしょうが、怖い田舎だと思ったのは確か。あの街で「うな重」を食べると必ず頭が付いてきましたし。聞いてみると「頭が一番美味しい」とのことで、もし頭が付いていなかったら100%の客が文句を言う場所らしい。

地方には地方の特色がありますが、もしかしたらヨメさんが今でも私達に内緒にしているもっと恐ろしい食べ物があるんじゃないか、そんなことが気になります。(笑)

しかし美味しかった~~~~・

長男も食べながら美味しいね、美味しいねと連発。それは私も同じでしたが、美味しい~~♪というより、「う~~む、うまい・・」と唸らずにはおれない美味しさ。

どうもマレーシアではこれを食べるようですが、どうやって食べるんですかね。台湾料理にもあるらしいけれど、いろいろ調べると「肉だけ食べる」のではなくてどうも「骨ごと食べる」料理もあるようす。

しっかり煮込んだら骨も食べられそうですが、それじゃ肉の美味しさがなくなるはず。

また焼いて食べると美味しいという人にあったこともあるんですが、焼くのはかなり難しいはず。煮込むのと同じで、きっちり火を通したら美味しくないはずだし、でも肉だけ焼けた状態だと骨はあの「骨付きのもも肉を食べたら骨の周りが真っ赤だった」状態と同じはず。

ということで我が家はヨメさんから教えてもらった「茹でてポン酢、柚子胡椒で食べる」方式。そればっかり。

長男がもっと食べたいから、今度はもっと買ってきてくれと。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「鶏の首」を見つけた~~” への8件のコメント

  1. 首の肉は、ノド側と背中側で厚みが違ったはずですよ。厚みのある方だけ、切り落とすと、せせりになります。
    マレーシアではママックに行くとたまに骨つき首肉のカレーがあります。

  2. いいださん、コメントをありがとうございます。

    おっしゃる通り、首の内側(喉)は厚みがありますが、その違いは2ミリぐらいじゃないですかね。

    買った時にはせせりを切り落として焼き鳥にしようと思ったのですが、やっぱり現物を見るとせせりを切り落とすなんて自分にはやってられないと思いました。

    焼き鳥が高いってのは手間賃なんだってのがせせりを見ても思いますね。

    骨付き首肉のカレーって骨はどうするんでしょうか。

    あの骨は食べないに決まっているだろうと思っていたのですが、どうもそうでもないみたいで・・・。

    • なるほど、やっぱりしゃぶって終りですかぁ。

      だろうなぁとは思いますが・・。(台湾のストリートフードでは骨も食べる料理があるらしい)

      スープ取りには最適の部位で、カレーにしても美味しいとは思うのですが、煮込み過ぎたら肉は「出汁の抜け殻」でパサパサになりますし、どんなふうにそのカレーが作ってあるのか気になります。

      というか、自分で思うベストってのをやってみますかね。

      ただ同然の鶏ネックですから、大量に入れてあまり煮込まずにカレーを仕上げるなんてのも手かもしれない。

      一度やってみたい気がするんですが、ネックがごっそり入ったカレーって想像しただけで・・・・。(笑)

  3. こんにちは!現在オーストラリア在住です。

    やすさに負けて鶏の首を買ったはいいのですが、どのレシピも”せせり”のものばかりで困っていたときにこのブログ(オーストラリア編の方です)にたどり着きました。
    早速作りました!とってもおいしいです。
    そして。。。10分茹でた汁を味見してみたらとってもおいしいじゃないですか!あまりに大量にあったので、半分は炊飯器でハンナンチキンライス(鶏肉なし)を作り、残り半分は豆腐とわかめとネギとごまを入れてスープにしました。(鶏の首づくしのメニューになりました!)

  4. Oさん、いらっしゃいませ~。コメントをありがとうございます。

    オーストラリア在住ですか、どこかな~~。今は寒いのでしょうか。

    鶏の首っておっしゃる通りスープ取りにも良いんですよね。オーストラリアだといかにも「ペットの餌」みたいな扱いですが、そのへんは考えないことにして(笑)いろいろ利用したら良いと思います。

    首は冷やして食べても良いし、ビールのつまみには最高。

    お客には出せないのがたまに傷ですが・・・。(笑)

    • でも、食べるのが”あまりに面倒くさくて”(食べている量の割に)リピートはないかもです。せせりくらいにたっぷり量があればいいんですけどねえ。(苦笑)
      エリアはシドニー郊外です。寒くないですよ。今日も22度。最低でも8度くらいです。(まあ、マレーシアよりは”寒い”でしょうけれどね。)日本の酷暑から逃れているのが申し訳なく感じてしまいます。

      • >せせりくらいにたっぷり量があればいいんですけどねえ。

        ですね。

        私は首の骨ってせせりを切り落とした残りだと思っていたくらいです。

        あと2ミリぐらいでも肉厚があれば随分違うんでしょうね。あるいは大型の鶏なら随分違うのかもしれない。

        マレーシアのスーパーで売っている鶏ってオーストラリアのそれに比べると一回り小さい感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください