森友問題と「今回の改ざん」は繋がっているけれど全くの別問題。一体どういう流れなのか考えてみる。

全く森友問題をいつまでやるのかと思っていたら、今回の改ざん事件。

これって繋がっているわけですが、問題は全く違う事件で、これは看過してはならないんじゃないですかね。でもそれは財務省、財務局の問題であって、それを指示したのは安倍さんだろう、麻生さんだろうなんてのは私に言わせればトンチンカンな議論で安倍憎し、麻生憎し、現政権嫌いのこじつけにしか見えません。

一体どういう事が起きたのかを時系列に整理してみるのに良さそうな「維新の足立議員の説明動画」がありました。私は彼の言うのが全てだと思っていて、森友問題そのものに「忖度があった」のは間違いがないだろうし、そういう方向へ詐欺師的才能抜群の籠池氏が持っていった。そして財務局としてはあの土地はいわくつきの土地でとにかく早く処理したかったことがある。あの土地の半分は民主政権時代に辻元清美氏が音頭を取って豊中市に払い下げ「野田公園」となった(民主党の野田元総理大臣の名をとった)。その時には14億円だったのが実質的に2000万円となったのになぜかそれが問題だとは誰も言わない。まず森友問題を話すならその前のこの払下げに何があったのかを掘り下げるべきじゃないですかね。

それと本来ならどれほどのゴミがどれほど埋まっているかわからない土地で、場所的にも昔から問題山積みの土地は、それらを調べて「入札」にするのが常識だと元財務官僚の高橋洋一氏は言うけれど、近畿財務局は「随意契約」にしてしまった。まずここが問題の発端だと彼はいう。でも入札にすると「ゼロ円の価値」あるいはマイナスになる可能性もあり、そこそこの値で売れるのなら売ってしまおうと考えたのであろうと。

でも8億円の金額をふっかけたところで「ゴミ問題がバレた」。そして籠池氏は財務局に怒鳴り込んだ。そして彼が匂わせたのが昭恵夫人や総理の存在。またその他、複数の政治家に仲裁を願い出ていて、今回の改ざん文書にも名が出ていた鴻池議員にも200万円を渡そうとして追い返されたことは周知の事実。

もうこの時点で近畿財務局はアウトなんですね。でもミスを隠そうとしたまま穏便に話を収めようとしたんでしょう。昭恵夫人や総理の名前が出てくればなおさらです。だから忖度があったのかなかったのかといえば「あった」としても全くおかしくないし、逆に実際に「一体何をごちゃごちゃやっているんだ?」と上の方から言われたら困るのは財務局。

そんな時に「昭恵も自分も関わっていない。関わっていたら総理も議員も辞める」なんて安倍さんが言ったもんだから、そりゃ財務局も慌てるわけで、徹底的な隠蔽工作が始まったのがまさにその総理の発言以降。

そして国会でまたおかしなことを佐川氏がしゃべった。財務局にもミスはないという前提で取り繕った。当然、値引きに関してもどこからの指示もないと。でもこの取り繕い方が異常で、野党だけじゃなくてそれを聞いた国民ほぼ全員がおかしいと思ったはず。

結局ですね、やっぱりおかしいのは最初から近畿財務局で、事案としては総理や財務大臣がああしろこうしろ言うレベルの事案じゃないんですね。ただし後に話がややこしくなってきて「改ざんをしろ」と圧力をかけたとすれば大問題だけれど、あの時点で問題があるとは安倍さんも麻生さんも誰も考えてもいなかったはず。

それと改ざんされているのは2017年の4月の時点で「会計検査院」が知っていたとの安立氏の聞き取りからわかった。これはなんだ?と会計検査院が財務省に問い合わせをしたのも2017年4月。その時を境に、財務局は書き換えをやめたらしい。こりゃヤバイと思ったんでしょう。でもこの時、会計検査院は「あってはならないことを見つけたのに何もしなかった」。

そんな時系列の話がわかりやすく足立氏が説明しています。彼は朝日大嫌い、立憲民主党大嫌いですからそのへんが誇張されていますが。(笑)

朝日にリークしたのは誰かということですが、これは「大阪地検」であろうという説が有力そう。この改ざん事件は専門家から見ると「立件するのは難しい」らしい。つまり違法性はあるのだけれど、「改ざんした内容そのものに重要度がない」ということらしい。でも立件できないと次に大阪地検が忖度したろうとか安倍氏が強権を使ったのだろうと話が広がるので、国会では予算も通過し何も問題がなさそうなこの時期を見計らって朝日にリークしたのではないかという説。当然、リーク時には「改ざんした証拠」を見せたにしても、コピーは取らせないのが常識。そのコピーが新聞に出るようだとどこの誰がリークしたのか特定できてしまうからと。

今後どうなるかまた違う資料や発言が出てくるのでしょうが、私としては麻生総理辞任、内閣総辞職まで持っていける事案とは全く思えず。

この森友問題で一番大事なことは「事件性があるかないか」だと私は何度も書いてきましたが、「忖度」は事件にはならないってことを忘れちゃならないと思うんですよ。でも世の中では「忖度させたほうが悪い」という風潮。

そもそもあんな地方のどうでも良い土地の売買に「財務大臣や総理」が口を出す訳がない。それに複数の政治家がすでに関わっているものに他の政治家が口を出さないのはあの世界の常識らしい。

でも話は「異常な値引き」から「公文書の改ざん」にまで発展してしまって、ややこしくはなっているけれど、足立氏が動画で説明しているように、話の焦点は「改ざん」であって、土地の売買時の違法性に持っていこうとする野党の作戦は無理筋だと私は思うわけです。

で、その改ざんの原点は地方の一役所の「忖度」であり、そのトップである佐川氏の口裏を合わせるための操作であって、こんなことまで大臣や総理が責任を取らされたら政治がそもそも成り立たないんじゃない?そうじゃなかったら「公務員のミスは全て大臣と総理にある」ということになる。ま、それも一理あるけれど、それは改善すべきことであって大臣は責任をとってやめろ、総辞職だなんてのはあまりにもこじつけが酷すぎると思う。

ただし、あの麻生さんの高飛車な物言いって絶対に受けは悪いはずで、あのまま居座るようだと政権そのものにも影響が出てくるんじゃないかな。

でも大疑獄事件だなんて騒ぐ野党ってなんか変だと思いますわ。

徹底的に追及し、討論すべきことは「官僚のあるべき姿」じゃないですかね。そして「忖度」ってどうあるべきか。巨大な権力を持つ組織の中の人は「忖度」って切っても切れない常識なんだろうけれど、私としては「自分は公僕である」という意識があればどうにでもなることだと思うんですよ。でも私には公務員に「公僕という意識が欠落している」と常日頃感じているし、それどころか「俺達が国を動かしている」という異常なプライドあるところ。

選挙で選ばれたわけでもない官僚が権力を持つことほど怖いことってなくて、それもせめて選挙で選ばれた政治家が人事権を持つなら良いけれど、それさえも越権行為だという考え方って異常としか思えないし、それに賛同する国民がいるのも私には理解の外。私に言わせれば泥棒に自治権を与えたようなもんですわ。

今回のことがキッカケで財務省の再編成まで話が進めば良いなぁ。まず絶対にして欲しいのは動画の中で足立氏も言っていた「歳入庁」を作ること。これだけで日本は大きく変わると思う。

すくなくとも「消費税増税は再延長、あるいは凍結」にしてもらいたいなぁ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo