【相場】なぜ「練行足」を使うのか

練行足の使いやすさは何度か書いていますが、昨晩、それが顕著にわかる動きがありましたので紹介します。

マレーシア時間の3月9日21:30ですが、この時、ありとあらゆる商品が大きく動きましたね。為替はそうでもなかったですが金(ゴールド)の動きは数秒間に怒涛のごとく動きました。ま、あれじゃ手動売買では追いつけないと思いますが・・。

FXをやっている人が多いようなのでこの時USD/JPYがどの様に動いたかを出します。

下のチャートは一分足。上のチャートは練行足。動きが早かったので1分足でもヒゲが長くこれに着いていくのは至難の業だと思います。では練行足ではどうだったか。黄色矢印の範囲は同じ時間です。

練行足では動きのスピードが早いだけで「売買ポイント」はわかりやすい。

練行足は値動きだけを見ますので、時間は関係ないんですね。だから大きく動けばそれは分解されて見やすくなるし、逆に動きが小さい時には圧縮されて見えるわけです。

例えば今回の21:30分に大きく動く前はどうだったかというと、ヨコヨコの全くおもしろくない動き。これを一分足で見ていた場合、出撃しますか?私なら見ているだけ。

19:00から21:30までの2時間半の動きですが、下の一分足ではダラダラ動いているだけ。でも上の練行足では「上げ波動」として出ていますから、ここで出撃が可能なのはおわかりになるはず。

実はこの時間帯は具合が悪くて寝ていて実際の値動きは見ていません。起きてからチャートを見てびっくり。(笑)

トレード手法は人それぞれですが、私の手法は多分、世界一簡単で単純と言っても良いと思います。いわゆるトレンドフォロー型で波動の方向と力に着いていくだけ。一般的にはこれを「モメンタムトレード」と呼びます。このチャートはその方法に適した作り方をしているので、他の手法を取る方はこれじゃ駄目だと思います。一緒にやっている(初心者の)息子は「プライスアクション」を見るのが好きなようで普通の分足も一緒に表示させてみていますが、その方法だと逆張りが多くなりますし私の教えているのとは違う方向性なのですが、それが良いと思うならそれでやらせるしかありません。経験を積んでいつか痛い思いをすれば私の言うことを理解できる時が来ると思っていますが。(笑)

どんな手法を取ろうとそれで安全にそして安定した利益を積み重ねられるなら全く問題がないわけですが、私にはこれしか出来ません。

もし練行足を使ってみたいと思ったら、是非使ってみてください。FXをトレードする人はMT4を使うケースが多いと思いますが、MT4では基本的に練行足は表示できないと思ってください。また分足よりティック足も非常に見やすいと思うのですが、ティック足もMT4ではちゃんと表示できません。いや、表示できるよという人もいるでしょうが、あの手この手を使わないと表示できないチャートなんて意味がないわけです。

何をするにもそれなりの時間なり経費なりを掛けてセッティングをして、道具も選ばないと駄目なのは一緒じゃないでしょうか。

ある程度、利益が出るようになったらいろいろ試してみたいなんておっしゃる方も前にいらっしゃったのですが、それは時間の無駄だと思うし、まず不自由な道具を使って勝てるようになるんでしょうか。つまり、わざわざ難しいことをやっているとしか私には思えないのです。

トレードがうまくなればどんなチャートを使っても勝てるということは起きるかもしれませんが、その逆はあり得ないと思ったほうがよろしいかと・・・。

チャートから何を自分は読み取りたいのか。それがはっきりしていればおのずと使うべきチャートも決まるはずです。もちろんMT4には良いところもあって、MT4じゃなければ駄目だという人も世の中には多いわけで、それはそれで一向に構いませんが、もし私と同じ様なモメンタムを見てトレードするタイプだと練行足がベストだと思います。私はNinjatraderを使っていますが、他のソフトでも練行足じゃティック足じゃの表示は基本的な機能なのが普通です。もしMT4が好きだとしても、ぜひ練行足やティック足を他のチャートで表示させて、MT4と並べてやってみたらいかがでしょうか。

こういう私もMT4で時間足を表示させて見ることは少なくありません。(笑)

長い時間軸で大きな流れ、ウネリを見るとしたら私はMT4の方が使いやすいと思っています。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

【相場】なぜ「練行足」を使うのか” への5件のコメント

  1. ダボさん
    こんにちは。

    「MFI」の読み方?考え方?について少しご意見を頂けないでしょうか。

    トレンドと判断して、出撃した後に「MFI」がスムーズに動かず、ジグザクに動く場合があります。このブログ内では、19時~21時30分の説明のところの練行足チャートの赤〇部分です。
    私は、出撃した後に「MFI」がジグザクした場合は、損切りポイントにくるまでは、ひたすら利確ポイントに到達するのを待つことを基本にしています。

    もちろんケースバイケースであるとは思いますが、ダボさんはこのような時は、どのような判断をされていますか?

    パンダ(ド素人)

    • パンダさん、お久しぶりです。

      該当場所のMFIのジグザグですが、これってよく出るわけでしょうがないですよね。また結果的にジグザグにならなくても、そうなるかどうかは事前にはわからないわけですから、「ジグザグするであろうことを前提に考える」ようにしています。

      私とパンダさんの大きな違いがあります。

      出撃の際、必ず利確、損切りの注文を出しますが、これは「どちらかに達するまで待つものではない」と私は考えていて、私は「待ちません」。では何のためかと言うと「突発的な大きな動きに対応するため」だけです。

      では利確や損切りはどうするかというと、「流れが変わった時」です。

      利確の場合は流れが変わらなくても「伸び切った」と読んだ時には撤退しますし、動きが強い時にはDonchianを重視して着いていったり。

      損切りポイントは流れが変わったときとしか言いようがなくて、多くの場合は5ティック逆に動いたら流れが変わったのはわかるわけで、あるいはその前におかしいなぁと思う時もあるわけで、その時には即刻撤退。

      言葉を変えれば「思うような動きじゃない場合はそこで撤退」でその時点で利益が乗っていようが損が出ていようが関係ありません。

      ですから私の場合は損切りは5ティックと決めて、利確は15ティックぐらいにすることが多いです。でもそこまで待つわけでもなく、大きく伸びればそれに着いていくし(でも15ティック以上の伸びることは非常にまれ)、おかしいなぁと思ったら2-3ティックでも損切りします。

      売買対象にもよりますが、突然大きく動き出すことがあるわけで、その時に「(逆に動いても)大きくやられない」「(利が乗ったら)そこそこ取れる値幅」に設定します。早い時には数秒で数十ティック動くこともありますから。

      パンダさんのように利確と損切りを決めて、それまで待つということは私は基本的にしません。

      ただこれも売買対象によるのですが、細かくて動きが早い場合は例えば損切りは5でも利確は3とか5の決め打ちで出ることもあります(でも基本的にはやらない)。

      出撃、撤退などはボタンに設定して置くのですが、出撃にも最低でも2種類作ります。一つは通常のフラフラしている動き用に「細かい動きを取るためのもの」と、大きく動き出した時用の「ロットも大きく利確も大きくしたもの」です。でも損切りはどんな対象でも5ティック程度です。これ以上小さくすると、ちょっとのヒゲの動きでそれに達してしまいますし、それ以上大きくしなくてもそこまで動けば「流れが変わった」のはわかるわけですから5ティックあたりがちょうどよいと思っています。

      私の場合は、5-10ティックが取れるような売買対象、時間帯を選びますし、そのようなチャート設定にしていますので、これでどうにか出来ています。

      パンダさん、パンダさんはなぜ「利確・損切りポイントまで待つ」のでしょうか。自分でその理由ははっきり自覚しています?

      決め打ちというのは「流れを見ていない」行為だと思うのですが、いかがでしょうか。つまり、儲けと損に気持ちが行っちゃってるってことじゃないですか?「流れを見る為のチャート」なのに、それを放棄していることになりませんか?「利確、損切りポイントまで待つ」のは一般的なギャンブルと同じような考え方が自分の中にあるからじゃないですか?

      私はそういう考え方を排除するのがトレードの基本だと思っています。

      本来は「利確・損切りポイント」は決めなくても良いんですよ。流れについていくのが基本ですから、流れが変わった、変わりそうだと思ったらそこで撤退。利が乗っていようと損が出ていようが関係ありません。これが基本中の基本。でも「何かが起きたときのためのリスク管理」として「利確・損切りポイント」を出撃と当時に入れるだけです。

      パンダさん、利確・損切りポイントを設定しないとしたらどうします?

      そこが基本です。

  2. ダボさん

    MFIですが、ジグザグせずにスムーズに動いたときはちょっと嬉しくて気持ちいいですね。トレード中に嬉しいとか感情は無いほうがいいと思いますが………。

    私の文章力が低いので、上手く伝わっていないところがあるのですが、文章で書くと難しいので、とりあえず利確ポイントと損切りポイントと書きました。

    ポイントと書くと「決め打ち」しているような感じを受けるかもしれませんが、まったくそんなことはなく、チャートを見ながら、流れというか、雰囲気というかを見ながら出撃と撤退をしています。
    パソコンやソフト、回線のエラー、自分が着いていけない速度の時のための絶対防衛ラインの損切りは設定しています。

    出撃は、勢いが出たと思ったところ。
    利確・損切り=撤退は勢いがなくなったと思ったところ。

    ダメだと思ったらすぐに逃げますし、勢いがあると思ったら10ティックでも20ティックでも狙います。含み益がある場合でそろそろ終わりかなと思ったら撤退しています。

    この「思った」というのが私の場合は文章での表現が難しく、人それぞれやり方があるので、とりあえず利確ポイント・損切りポイントと書かせていただきました。ちょっとややこしくなってしまいました。すいません。

    自分のやり方の方向性の確認とMFIのジグザクがなんとかならないかなと思い、コメントさせて頂きました。

    MFIについては、ジグザクするものだと思いトレードしたいと思います。

    返信ありがとうございます。

  3. パンダさん

    今回書かれた様なら問題はないと思います。

    でも貴方はこう書かれたじゃないですか。

    「損切りポイントにくるまでは、ひたすら利確ポイントに到達するのを待つことを基本にしています。」

    どっちにしても「待ってはならない」ということだけはしっかりきっちり覚えておいたほうが良いですね。

  4. ダボさん

    こんばんは。

    利確・損切り=撤退は勢いがなくなったと思ったところ。ですので、そうですね……

    「損切りポイントにくるまでは、ひたすら利確ポイントに到達するのを待つことを基本にしています。」を言い換えれば……。

    ポジションを持っているときは、「勢いがなくなったと思ったところまで待つ」、「流れが変わると思ったところまで待つ」

    となります。

    「待つ」という表現もよくなかったかもしれませんね。

    もうちょっと上手く文章が書ければよいのですが………。

    私としては、MFIのジグザクと、利確・損切りの方向性の整理ができましたので、よかったです。ありがとうございます。

    パンダ(ド素人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください