新しい趣味の「パン作り」を始めようかと・・・

我が家は全くと言って良いほどパンを食べない家です。私も息子もパン嫌いってことはないんですが、ヨメさんが「コメ命」の人ですからまず食卓にパンが出るってことはありません。外食でもサンドイッチのたぐいは食べないし、パンを食べる時は外食の洋食の時に出てくるものだけみたいな。

それでもたま~~~~に食パンを買って来ると、それでヨメさんはオープンサンドイッチとか洋食の時にはトーストを出してくれることはあります。でもヨメさんは食べない。(笑)

この数ヶ月なんですが、たまたまヨメさんが作ってくれたオープンサンドが美味しくて、その作り方を教えてもらったんですよ。って何も難しいわけじゃなくていわゆる「ベーコンエッグ+コスレタス+トマト+バター+ケチャップ+マヨネーズ+チーズ」というシンプルなもの。これがですね、私のツボにはまりまして自分でも作るようになりました。

ところがですね、問題はパンなんですよ。

パンのなんたるかもウンチクも全くわからない私ですが、どうもモントキアラ周辺で売っているパンを美味しいと思わないんです。どこかに美味しいベーカリーがあるのだろうとは思いますが、ビレッジグローサーの中のパンもパブリカのB.I.G.の中のパンもイマイチ。それって「食パン」の話です。

どこのパンなら美味しいと思うのかですが、今の時点で美味しいなぁと思うのはスリアKLCC伊勢丹のレジを出たところにあるパン屋の食パン(イギリスパン?)。あれがあれば文句なしなんですが、KLCCまでパンを買いに行くなんてことはできません。その他、日本の名前のパン屋とかマハティールさんが関係あるパン屋とか話は聞いたことはありますが、店に入ったこともないし一度も食べたことはありません。

どこか近場で探すしか無いか・・・と思っていたのですが、フト、自分で焼くことは出来ないのかなと思ったわけです。

本当にパンのことは何も知りませんが、でも小麦の種類とかイースト菌で大きな違いがあるというのは聞いたこともあるわけで、な~んも知らない私がそこそこ気にいるパンが作れるのか、全くわかりません。

でもトライしてみようかと。

そう思うようになったのは実は「ある調理器具」を欲しいと思ったのがキッカケ。それは何かというと「ミキサー」なんですよ。

この手のやつ。

これを何に使うかというと主に「肉のミンチを練るため」なんですわ。我が家はミンチは肉の塊から家で作るようになったのはいつもブログに書いていることですが、またソーセージづくりも趣味なんです。マレーシアってなぜか美味しいソーセージが見つからなくて(ベーコンもそう)、やっぱり自分で作るしか無いと思うわけです(ベーコン作りも始めます)。味付けも脂肪分の比率も自分の好きなように出来ますから。

一応、羊腸や豚腸のケーシングやもろもろの小道具はあるのですが、プリッとしたソーセージを作るポイントは「エマルジョン(乳化)」なんですね。でも手捏ねだと結構難しんですわ。それこそデロデロになるまで練るのですが、温度も上げないようにしないとなりませんし、ミキサーがあれば楽勝なのね。

餃子やハンバーグ、その他の練り物も楽勝だし。

そしてパンやお菓子こそほとんど作ったことがありませんが、小麦粉を練って使う料理はたまにやるんですよ。筆頭は「肉まん(豚まん)」ですが、ちゃんとイースト菌を使って発酵させて・・・なんてことをやる。だからミキサーがあれば楽だし、それがあれば今まではあまりにも面倒なのでやらなかった大好きな餃子の「自家製の皮」も作ろうかと。今までに何度も餃子好きの友人から「皮も作ったら本当に美味しいんだから~」なんて言われていましたし。

そしていわゆる食パンみたいなものはあまり食べませんが、ピザ、ターキッシュブレッド、ピタパン、ナンみたいなものは好きですから、ミキサーがあればそんなのも作ってみたい。

でもまた新たに調理器具なんか買ってきますとヨメさんがブツブツいうわけですが、今月は私の誕生日。

「俺の誕生日に、自分へのプレゼントを買ってきたぞ~~~」となれば文句は言わないだろうと・・。今がチャンス!!(笑)

ま、そんなことを考えています。

きっとパンを作るのだけが目的なら「ホームベーカリー」を手に入れるのが私みたいな全く経験のない者には良いとは思うのですが、今、一番やりたいのは「ミンチを練ること」ですからホームベーカリーというわけにはいかず。

さて、どうなりますか・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

新しい趣味の「パン作り」を始めようかと・・・” への8件のコメント

  1. daboさんいつもブログをチェックさせて頂いております。以前お便り差し上げた事が有り久々ですが、キッチンエイドを20年程前から愛用している者として一言。
    daboさん言われている通り、餃子の具財、パン生地、などのミキシングにとても便利です。又アタッチメントを利用してミートチョッパー、スタファーとしても活用しています。
    チョッパーはプレートの穴サイズが二種類しか無い為、近所の鐵工所で9mm穴サイズのプレートを作り超粗挽き肉用として主に腊腸を作る時などに使用しています。スタファーは羊腸に肉を充填する時にとても便利です。このアタッチメント入手以前はハンドルを手廻しして充填していましたが、両手が使えるのでケーシング内にエアーも殆ど入らずに均一に充填出来る様になりました。今回の購入動機であるパンを作る為には必須道具ですよ!
    私はその他餃子の皮(鍋貼、水餃)にも頻繁に使用しています。

    • 山形さん、コメントをありがとうございます。

      キッチンエイドの20年選手ですかぁ、凄いなぁ。

      我が家はヨメさんがパンやお菓子を作らないし、いまだかつて一度も触ったことがありません。でも今回は是非欲しいなぁと。

      山形さんはソーセージ作りがお好きなようですね。きっと燻製もこだわるんだろうなと想像しています。

      私ですが、ソーセージ好きってほどでもないんですが、あまりにも美味しいソーセージがないので自作したいと思っている程度です。ですから量も少なく、一度に1キロの肉も使わないぐらい。ですからスタッファーも欲しいと思ったことはあるのですが(笑)、建築屋さんがコーキングに使うアレとか、マレーシアに来てからは「袋上のもの」を使っています。

      ただ書かれていたようにアタッチメントがいろいろあるんですよね~。実は電動ミンサーを買う前に、この手のミキサーを買おうと思ったんですよ。アタッチメントがいろいろありますし、フードプロセッサもミンサーはいらないと。

      でもミキサーは私には過ぎていると思って見送りましたが、今思うとミキサー+アタッチメントこそ、マレーシアに来て一番最初に買うべきだったと今は悔いています。

      フードプロセッサーは結構使うのですが、ゴールドコースト時代に使っていた4枚刃の高性能のと同じものはケチって見送ってパナソニックのそこそこのものを買いましたが、やっぱり中途半端。ひ弱な電動ミンサーも中途半端。

      それだったらミキサー+アタッチメントでもっといろいろ出来たのにと悔やんでいます。

      今、考えていますのは、まずミキサーだけにして徐々にアタッチメントを増やしていって、今持っているフードプロセッサやミンサーをお嫁に出そうかと。

      ところがアタッチメント重視にしますと、私が買おうと思ったキッチンエイドのタイプだといろいろ使えないこともわかってきて、かと言って使いこなせるかどうかもわからないのに上級種を買ってしまっても良いのか悩んでいます。

      こういう中途半端な考え方があとで後悔する原因なのはわかっているのですが、ヨメさんが「調理器具は見えないところにしまう」のが流儀ですので、大きくて重いものは出し入れが面倒なのが気になっています。

      今のコンドのキッチンは広くていくらでも置く場所があるのですが、調理器具は必ず「使ったらしまう」ことを約束させられますので・・。(笑)

      • 各家庭には様々な内規が有りますからね(笑い)。勿論我が家にも煩い人が一人いますので全て自由に出来る分けでは有りませんが、キッチンエイドはアタッチメントを含め完全以上に投資を回収出来た数少ないお奨め調理家電です。私が作るソーセージは身近に美味しい物が入手出来ない中華の腸詰に限ります。又最近はスモークは手軽にスモークシートで覆って真空パックして一晩冷蔵保管で完了させる手抜き方法になってしまいました。KLではアトランティックのサーモンが入手出来ると思うのでこの手抜きスモーク(一応冷燻法)で美味しいスモークサーモンが出来ますよ!
        ついでですが旭化成の真空包装機
        SQ-205S(シリーズは各種有り)「旭化成 SQ 」キーワードで検索出来ます。既にdaboさんは真空包装機を購入された様ですが、この機種は威力が有り真空調理及び大量調理後の分包には最適ですよ、但し衛生管理を完璧にして使用する為にはパーツの分解掃除は必須です。殺菌温度&時間のデータを元に調理しても二次包装時に汚染させない手間は
        必須です。

        • 山形さん、コメントをありがとうございます。

          スモークシートなるものの存在を全く知りませんでした。早速取り寄せてみますね。実は、冷燻が好きなのですが、卓上で使えるガンタイプでチューブから煙が出るタイプを買ってみようか考えていたところです。

          ただ鮭に関しては、あの一般的なスモークサーモンってあまり好きじゃなくて、ハードタイプっていうんですかね、それこそ昔のインディアンが作っていたようなものが好きで、ゴールドコースト時代には良くNZ産のを買っていました。

          あれをどうにか作りたいのですが、スモークシートじゃ駄目かもしれませんね。ただ、ピチットシートもありますし、脱水に関してはいろいろ研究してセロファン+シリカゲルという手もあって、どうにかなるかなと。

          真空調理機はマレーシアで2機目です。ろくなのがないのですが、電化製品は現地で買うのを基本としていますので、もしそれも壊れたらあのプロが使う大きめのやつも安く売っているのでそれを買おうか考えています。

          ただ今のものは吸引がいまいち弱い感じがしていますが、真空パックは「低温調理時」に使うだけで、冷凍には使っていません。というか、なぜか小分けして冷凍ということをあまりしないのです。習慣なんでしょうね。

          しかしスモークシートは結構遊べそうですね。楽しみです。

          情報をいろいろとありがとうございます。

  2. (1).材料(例えば刺身で食べられるサーモン)をソミュール液に漬け込む。

    (2).1の漬け込み完了後ピチットシートで包み脱水。毎日ピチットシートを交換して3~4日繰り返す。・・・材料の厚みに寄る。

    (3).2をスモークシートで覆い冷蔵保管して完了。

    以上の工程でかなり歯応えの有るサーモンが出来ますよ。尚ピチットシート及びスモークシートで覆ってから更に真空パックすると、確実にしかも早く効果が得られます。
    最近は「築地の鳥藤」で鮮度の良い鶏胸肉を購入し楽しんでいますが家族から好評を得ています。

    • 山形さん、コメントをありがとうございます。

      つい最近、マレーシアでもキングサーモンが手に入りそうなのがわかったので是非やってみますね。

      日本は美味しい素材がいくらでもあるから面白いんでしょうね~。

  3. マレーシアのパンが美味しくないのは小麦が違うからのようで、JBで美味しいパン屋さんをやっと見つけて毎週通っているのですが、そこの小麦粉は日本の物を使っているようです。

    以前、ローカルの小麦粉でパンを作ろうと苦戦しましたが、全く弾力が出ず、いつまでたってもべろ~っとした生地のまま。
    ホームベーカリーでパンを作っている友人曰く、マレーシアでもJapanese Bread Flourじゃないとうまくいかないよ、と。
    強力粉と書きながらグルテンの含有量が少ないのかな~と思います。

    結局、そのころにはパン作りの意欲も無くなり、作らずじまいなのですが、最初の小麦粉選びを間違えると、私のように意欲喪失してしまうと思います。

  4. りこよんさん、コメントをありがとうございます。

    こちらの小麦粉が美味しくないというのはうすうす気がついていました。ピザまで美味しくないですから。(笑)

    最近、なんとなくマレーシアがわかるようになってきて、素材、調味料、あるいは電気器具にしてもなんでも「マレーシア市場に合っているものしかない」と思うようになりました。日本を基準にしていると、世の中には本当に多くのグレードのものが存在しているのがわからないんですね。

    でもそれはゴールドコーストとて同じで、なんでもあるけれど「良いものはない」のね。

    そしてマレーシアはゴールドコーストよりもっと・・・・なのがわかってきた。(笑)

    最近は欲しいものは悩まず日本からでもどこからでも取り寄せるという考え方になりましたので、パン作りにしてもそこらの小麦粉を使おうとは思っていません。最初が大事で、ちゃんと焼けないにしても「これじゃ・・・」と思うような出来だと後が続きませんし。

    実は蕎麦やうどんもやってみたいと考えていて、日本で評判の良いものを手に入れるつもりです。

    あるいはパン用の小麦粉に関しては「欧米人御用達の店」があるようで、そんなところも探してみようと思ったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo