ビットコインの取引量が急減、人気低下の表れか-弱気相場入りも?

「ビットコインの取引量が急減、人気低下の表れか-弱気相場入りも」というニュースがありました。

ビットコインの取引量が急減、人気低下の表れか-弱気相場入りも

(Bloomberg) — 仮想通貨ビットコインは今年初めに急落し、最高値から約60%安となったが、同時に取引件数も急減少していた。

ニュースの中にもそれを示す画像が出ていますが、これに間違いはない。

他のチャートを見てもそれはすぐにわかる。

またニュース内にはこんなことも。

しかし説明がつきにくいのは、2月5日の安値から価格が50%上昇する中でも取引量が回復していないことだ。ビットコインの人気が低下しているのではないかと一部投資家が懸念する理由になっている。

これも事実だけれど、これから「ビットコインの人気が低下しているのではないか」と結びつけるのはおかしいんじゃないですかね。

ま、私はいつも書いているとおりビットコインが仮想通貨として使われるようにはならないと考えていますし、去年のあの暴騰はバブルとしか思いませんが、だからといって人気が低下しているとは思いません。

なぜか。

それはFXや先物の存在なんです。

そもそもビットコインにしても他のアルトコインにしても「現物を買う」しかなかったわけで、これに多くの金亡者が殺到した。でもその多くの人達は「価格の上昇」に一番の興味があるだけで「現物を持つことに価値を見いて出しているのではない」と私は思うんですよ。もちろん全部が全部じゃないしても「儲かるから買う」という人が多かったのは間違いがありませんから。

ということは現物を持つことそのものには大した意味がないわけで、FXだろうが先物だろうが「価値が上がれば儲かる」のは同じで、そしてFXや先物にはアドバンテージがある。

◯ レバレッジが効く。

◯ 手数料が安く、スプレッドが小さい。

◯ ヘッジが出来る。

◯ 下落局面でも利益が出せる。

先物は限月があるから「持ち続けることはできない」にしても、FXは期限なしですから、何ヶ月でも何年でも持ち続けられる。

「値上がり分を儲ける」という考え方が基本だとすれば、私は先物やFXに移行していくのは当たり前だと思うんですよ。

通貨で言えば例えば「これからはカナダドルが上がる」と世界中がフィーバーしたところで、「カナダドルそのもの」を買う人って限られているわけで、値上がり期待であるなら、FXや先物を買うのが普通ですよね。

あるいは「これからは金(ゴールド)だ」という話になっても、金塊を買う人って少ないんじゃない?先物、FX、あるいはファンド、ETFといろいろあるわけで「自分が現物を保有する必要はない」わけですから。

ビットコインだって全く同じで、「現物から先物、FXへ移行する人が増えた」のが現物の取引高が減っている理由かもしれない。

当然、ある時期、熱病にかかっていた人たちが冷静になってきたのも間違いがなくて、「ビットコイン投資はやめた」という人も多いはず。

でもここで「そうか、ビットコイン(や暗号通貨)はもうだめなのか」と思って、保有しているものを売りに出したり、「下落に賭けてショートする」なんてことはやめたほうが良いと思うんです。

将来的にどうなるかは私は全く考えないし予想もしませんが、「【現物の取引高が減った】からもう終わりだろう」なんてのはあまりにも短絡的じゃないですかね。

ただし、そもそも株式で言う空売りや先物のショートの「存在理由」ってのがあるわけで、値が高くなれば「空売りやショートが増える」わけで、当然、逆も同じで、それがあるから【値が安定する】という利点があるんですね。

だから「現物売買しか存在しない場合」は上げも下げも大きくなるのが、空売りのシステムや先物ものがあると動きは落ち着くのね。逆に現物を持っていないのに「大掛かりな売り仕掛け」が起きたり、レバレッジが効くから少ない資金で大きく売買できるから、なんらかの思惑を持つ人達が出てくる可能性はあるものの、一般論から言えば、「現物しか無い時よりかは値動きは緩慢となる」のが普通で、爆上げ、爆下げの動きは減る。

結構多くの方が今でもビットコイン(やアルトコイン)投資を考えているようですし、このブログの読者にも実際に売買している方、いまだにどうしようか考えている方がいらっしゃる(笑)ので今日はこんなことを書きましたが、

こんなニュースで値動きの方向性を考えるのは「飛んで火に入る夏の虫」かもしれない。

私がビットコイン等の投資を推奨しているわけではないのは読者の方はご存知だと思います。それどころかこういうもので一攫千金を狙うのはただのギャンブラーでしか無いし、投資やトレードを真剣に考えるのならばこういうものに心を奪われてはならないと思っているのはいつも書いているとおり。

単に他の金融商品と同じように値動きを追って利益を出そうという考え方は良いと思うのですが、「宝くじを当てたい」みたいな意識が自分の中にあるとそれがいつも「自分の足を引っ張る」ことになるのお忘れなきよう・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ビットコインの取引量が急減、人気低下の表れか-弱気相場入りも?” への4件のコメント

  1. こんにちは、お久しぶりです。
    昨年末に勝率が安定してきたところで
    レバレッジをあげたとたん負けてしまい一年ほど
    相場から身を離れ貯金と資格の取得に励んでいました。
    三月から再開し、なんとかで出しは安定しております。
    仮想通貨は確かにギャンブルですよね。私の知人も手を出して痛い目にあったようです。

  2. 労働者さん、レバレッジは決めた倍率でやらないと自分では気が付かない無意識が悪さをして勝てなくなるのはよくあることだと思いますよ。ロットを大きくするのは「利益を溜め込んで大きくする」のが王道だと思います。それでもビビるのが普通。そのへんの心理コントロールをちゃんと考えないとロットを大きくしても勝てない。ギャンブルのつもりでえいや!でやっていたら何年経っても前に進まないはず。それどころかある日ある時大負けして退場。

    仮想通貨がギャンブルなのじゃなくて、その人がギャンブルのつもりで買うからでしょう。どんな対象でもそういう考え方なら結果は同じ。買ったまま放置して大きく儲けようなんてスケベ根性が負ける原因。

    仮想通貨はボラティリティが高いだけで他の商品と同じだと私は思っています。

    労働者さん、自分の将来の姿をしっかり描いて、それのロードマップも細かく描いて一歩一歩注意しながら進まないとうまくいかないと思いますよ。それに気が付かないで何年も同じことをやる人が世の中にたくさんいますし、私もそうでした。きっちり理詰めで考えればどうするべきかわかるのに、欲に負けるんですね。

    • そうですね。まさしく心理的なものでした。ドローダウンはパーセンテージ的に想定内だったのに額が増えて相当狼狽してしまいました。
      レバレッジを上げたときの心理状態を考えてみるとやはり欲と恐怖に支配されてましたね。
      同じ失敗はしないようにします。

  3. 労働者さんはご自分でやりたいようにやっているわけで、私とは全く考え方が違います。私がいつも書いている「守ったほうが良いこと」「しないほうが良いこと」とは全然方向性が違います。ドローダウンに狼狽するなんて・・・。ドローダウンが出るってことは自分の読みと違う方向へ動いたのに「持ち続けた」ってことですよね。そんなやり方を繰り返してうまくなるんですかね。

    労働者さん、私と目指しているところがまるで違うようで、どうぞ頑張ってくださいとしか言いようがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください