日本の年金受給は「繰り下げる」ことに&オーストラリアって不思議な国

来月65歳になり、日本の年金がもらえる年齢になりますが、「繰り下げる」ことにしました。

そもそも私は30代に海外に出てしまいましたし、日本でのサラリーマン時代も数年しかありませんので、もらえる年金は微々たるもの。また自分が長生きするとは思えないのですが、70歳からなら42%程度増えるようですし、ま、それで良いかと。

私たちはオーストラリアの年金も貰えるのですが、オーストラリアの年金は日本で言う「生活保護」に似ていてある一定の基準を満たさないともらえません。それは主に「収入」で「収入の多い人は年金はいらないでしょ?」という考え方。でも「持ち家」に関してはたとえそれが1億円の価値があっても関係ないそうで、面白いですね。これは税金から支払われる年金で、誰も保険料を払っていません。

オーストラリアは「贈与、相続」の観念そのものが税制にありませんので、大きなキャッシュやキャッシュを生む資産を持っている老人は「子供たちに贈与」して「私には収入がないよ~~」という形を作る人が多いらしい。でもキャッシュやキャッシュを生む資産を譲り受けた子供たちは当然「所得税」が掛かってきますので、どうしたらよいのかと細かい計算をするのかもしれませんね。

ただその年金とは別に、401Kみたいのがありましてこれも就労者は加入しないとならない法律。でも歴史も浅く、私もヨメさんもそれに多くは支払っていませんしそこからの年金も微々たるもの。海外で出た場合は、それを「解約」できるはずなので今まで払い込んだものは返してもらう予定。

私の友人で「貯蓄のつもり」でその401KみたいなSuperannuationにせっせとお金を入れていたのがいるのですが(自分で余分に払い込むことが出来る)、税制上のメリットもあって、ごっそり毎月受け取っているのがいます。

オーストラリアって社会保障に関しては日本のずーっと先を行っている感じ。税金は高いですが、セイフティネットはかなり分厚い。

今も変更はないはずですが、「失業保険」なんて仕事が見つからなければ一生もらえるんですよ。いや、65歳までか。それからは老齢年金に切り替わるだけ。仕事をしないで失業保険で生きる人ばかり住む地域があって、でも貧しい暮らしをしているかというと全くそうじゃなくて、自宅も持ち、毎日自分のボートで釣り三昧なんていう人も多いのね。学校は基本的には無料で高校まで行けるし(公立)、大学は政府からお金を自分で低金利で借りて行く子が多いし(卒業後所得税に上乗せして返済する。収入がなければ返済しないでOK)、シングルマザーは下手に子供を預けて仕事をするより国からの援助で生活したほうが楽なんて話も聞いたことがある。

面白いのは「旦那が支払う生活費」だけれど、直接支払うんじゃないのね。私の会社のスタッフに「彼女に子供ができちゃった」のがいたのですが、子供は認知して日本なら生活費を払わなければなりませんが、オーストラリアの場合は「国が子供を援助する」のね。で、旦那は所得税に上乗せして「国に払う」システムだから、シングルマザーも子供も「もらえなかった」なんてことが起きない。

税金も物価も高いけれど、それだけお金が動いている社会だからうまくやれば貧しい人でもそこそこの良い生活ってできるのね。だからオーストラリアの永住権を取ろうとする人たちの数が半端じゃない。永住権にもいろいろ種類があって、投資家としてまとまった金額を投資するスキームもあれば、昔から多くの人達が使う「独立移住」というスキームがある。ちゃんと学校を出て資格と経験があれば永住権がもらえるというもの。昔はオーストラリアが世界中のそういう「使える人たち」を呼び込むために、その国からオーストラリアまで来る「交通費」も政府が負担していたくらい。

なんでオーストラリアにそれができて、日本にはできないのか・・・。

オーストラリアの企業に勤めても、ある日辞令が出て世界の何処かに飛ばされるとか、単身赴任もない。この単身赴任に関しては「日本では良くあること」とオーストラリア人に言っても信用しないんですよ。「そんな会社に務める人がいるはずがない」と皆が口をそろえる。サービス残業なんて基本的には無いし、年に4週間の有給休暇は義務付けられているし(その分の給与にはプラスアルファ支払われる)し、不思議な国だと思いますわ。でも「雇う側」からすると給料は高いし、スーパーアニュエーション(年金)もしっかり払わないとならないし、結構大変なのね。手塩を掛けて育てた社員も簡単に転職しちゃうし。(笑)

二人の息子たちが「日本で仕事をしたいとは全く思わない」ってのも当たり前だと思いますわ。

どんな国でも「生活は楽です」なんて言う人は少数派だろうけれど、国を比べてみると大きな違いがあるのがわかりますもんね。

あいつらはきっとオーストラリアで生きていくんだろうなぁ・・・。

私は日本のダボ家のお墓がどうなるのか、それが気になったり。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

日本の年金受給は「繰り下げる」ことに&オーストラリアって不思議な国” への6件のコメント

  1. ダボさんの書いている豪州の状況レポートに同意します。セーフティーネットは失業保険(New Start Allowance)が大きいですね、2週間に一回約500A$出ます。このせいで家があれば細々国のこの援助とアルバイトだけで暮らしている人もいます。失業保険は期限なしで、1週間に一度 job assistance会社に行って職探し活動やってコンタクト結果をリストで提出すればもらえます。全然働く意思のないレイジ―なやつもいるのですが、ドラッグや酒におぼれて自堕落な人間を監視する役もこの会社は持っているとのことです。失業保険は時給にすれば2A$、働けば時給20ドル以上とれるので、そろばんはじけば働いたほうがsurviveする手段としてはどう考えてもいいはずですが、怠け者はどこでもいる。そんな人たちが犯罪に手を染めないよう、政府の監視下に置いておくには、1週間に一度様子を見れる機会を作ることは必要なことなのでしょう。親が子供に刺される事件があり、ひどい子供とメディアには書かれました。実はこの親は自分も働かず、子供も働かせず、自分の面倒を見させるために、彼のNew Start Allowance を搾取して、子供の将来を奪っていたそうです。働くことは自立への道です。将来を悲観して子供は親の抹殺を諮ったというのが真相です。また代々この国家補助をあてにして働かない人たちの住むエリアがあるそうです。Safety Netについてはいろいろ考えさせられます。

    • 江川さん、お久しぶりです。

      この話になると思い出す友人がいるのですが、彼はゴールドコーストから3時間ぐらいの海に面した綺麗で小さな町に住んでいたのですが、その町は「失業保険で生きている人たち」がごっそりいる町で、彼とヨメさんもそんな生活をしていたんですよ。

      でもこれじゃ将来がないと思って、ゴールドコーストで職を見つけて引っ越しする時になったら、その町の友人知人に「お前、馬鹿じゃないのか。ここで優雅に暮らせるのに」と言われたと。(笑)

      怠け者は駄目だという感覚って私は日本人らしい考え方だと思っていて、彼らには彼らの基準があって、他人に何と言われようが全く関係なく生きるタイプが多いと思います。そういう生き方が法律に違反するわけでもありませんし。

      でもあそこまで緩いと国民全体が自堕落になりそうなもんだけれど、そうでもないってのがあの国の凄さ、オージーの真面目さかな、なんて思ったり。

      きっと夢や希望を持って上を見ている人たちが多いってことなんでしょうが、それに比べると日本って暗いイメージばかりです。民度が高いのどうじゃと言うわりには自己責任がわかっていなくて国や自治体をあてにして、文句ばかり言う国民が多いと感じています。

  2. 地下資源立国と人間資源立国の違いでしょ より:

    まぁ、地面を掘ればお金がわいてくる国と資源や食料を輸入に頼り、頭と手先でなんとか稼いでいる国とを単純比較してもしょうがないんじゃありません?

    資源があるうちは今のやり方でいいと思いますが、先が見えてきたら大慌てするでしょうね。

    そんな国や地域、結構あるみたいですよ。

  3. それだけで簡単に片付けられる問題には私には見えないんですよ。確かに資源が豊富な国だけれど、他の多くの資源国みたいにそれが国有になっているわけでもないし。

    貴方がどこにお住まいかわかりませんが、オーストラリア人の「国がどうあるべきか」のコンセンサスが日本とは大きく異なるのが住んでいるとわかるんですよ。公務員は公僕であるという点の意識の差とか。また政府、自治体は先手を打つのが日本より遥かに早い。

    日本の病巣は「既得権益」にあると私は思っていて、また国民も「俺達には何もない国だからしょうがない」と諦めている点。

    トリクルダウンなんてことが起きると信じる政治家、そしてそれに期待する国民、こういうところに日本って何かおかしいと私は思うわけです。こういう日本であるなら、もし日本が万が一海底資源を利用できるようになって資源国になろうが、世界に先駆けてAIや核融合で世界のトップを走ることが起きたとしても、日本の社会保障が向上することはあり得ないと考えています。

    保守系の思想を持っている私がこんなことを言うのはおかしいかもしれませんが(笑)、オーストラリアって「社会主義が成功した国」に見えるし、ああいう方向性は見習うべきポイントは多々あると思うわけです。

    資源価格が高騰するとオーストラリアは好景気になるのは間違いがないのですが、資源価格が低迷した時にオーストラリアはどう生きたかを見ると、ただの資源持ちとは違うものを私は感じるのです。

  4. ダボさんの考える今の日本に対するネガティブな見方の底にあるのは、日本人の自立意識の欠如でしょう。確かに長い間、お上の言うことに逆らわず、今ある体制(既得権益が固定化された社会)の中で主張せず生きてきた体質が残っています。しかしそれでは今の自分のポジションを維持するだけでも大変な環境に中で、生活の向上は望めません。豪州ではTax Returnは全国民やっているし、税金がどう使われるのかにそこらのおばちゃん、爺さんもTVで口角泡を飛ばして発言しています。法律で決まっているので仕方ありませんが、ほとんど全員が選挙に行きます。移民たちの自分たちの意見を通そうという政治意識は高い。それに反して日本人は「政治」というと近づきません。(シドニーの慰安婦像問題でいやというほど経験しました)
    税制を含め今の仕組みについてPCで自分で調べるなり、積極的に人に訊いて知の武装しています。休暇の取り方も、会社や同僚のことより自分と自分の家族のことが優先。この生きることは自分の意思で生きるという、時には日本人からするとわがままにも写るこの則の自覚が日本人には足りないと思います。安全保障もしかり。人に守ってもらうこともあるが、それは自国ひいては自国民のInterestに基づいた判断によっています。オリンピックも今豪州のTVは自国の選手がメダルを取れば騒いでいますが、本人は私が強い、私はヒーロー/ヒロイン、勝って気持ちいい、家族も喜んでくれるとは考えるが、国のために良かったとは考えていないでしょう。滅私奉公、組織のため、打たれないように出すぎず、自己主張せず波風立てずやっていればよいという気持ちが強すぎて、本来のチームワーク、自分の仕事のクオリティにこだわる、礼儀正しいという日本人の特性を殺しています。しかし最近日本に帰るたびに年寄りが威張って若者たちを脅したり、乱暴したりしている光景を見るようになりました。団塊の世代以上が壊れ始めているのを感じます。

    • 日本の最大の問題は「自分たちで作った国」とか民主主義にしても「戦って勝ち取ったもの」という感覚がゼロだと思っています。太古の昔から「お上」の言うことを聞いていれば良いし、逆らっても無駄だと信じ込んでいる。

      日本の左派もきっとその辺は同じなんでしょう。だからピント外れな主張ばかりして、外から見ていると自民党がリベラルに見えてくるから変な国に感じます。

      ま、完璧な国、思想、政治ってないわけですが、私は日本の将来には希望がまるで見えていません。

      団塊の世代以上が壊れ始めている?へ~~~~~。彼らも不安で一杯ってことなんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *