世界の株式市場が凄いことになってますね~&私の長期投資とは

アメリカの株式市場の下げがキッカケで世界中の株式が暴落中。って世界中のをチェックしたわけじゃありませんが・・。

日経225も暴落。

アメリカダウの下げ幅は「過去最大」とのこと。でもま、これは「値幅」で見るとそうですが「割合」で見ると違うんじゃないですかね。「過去最大」ってのは不安を煽る表現だと思いますが・・・。

NYダウ。

この下げですが、「初動」は日経225の方が早かったんですね。それにアメリカの下げが拍車をかけた形。

ファンダメンタルズは一切考えないのを基本としている私ですが、なんでこんなに下がるのか調べても良くわかりません。

1月23日に「日本の持ち株を【そろそろ売ろう】と思うのだけれどどうするべきか」と相談を受けていたので、1月23日にこんな返事をメールでしました。チャートからの判断ですが。

今日はいろいろお話できて良かったです。

ちょっと気になって日経平均のチャートを見ていたのですが、今まさに「次の一段高」を待っている形ですね。

これって市場参加者が上を見ているってことで、でもそのタイミングを待っている状態。

ただここで注意しないとならないのは、上に抜ける力が出てきた時に、その力が弱い場合は、今まで強気だった人たちが「ダメだ、撤退しよう」と考える場所でもある。

ですから上に抜ける可能性は高いものの、その時の動きの強さが大事だということ。

強ければ「一気に上がる」場所でもあるわけです。買い方は総攻撃を掛けますから。

これって「どうなるかはわからない」ということでもありますが、本来、長期投資家だろうがスキャルパーだろうが、「どう動くかのシナリオ」をいくつも考えているべきなんですね、「初志貫徹」なんてことはあり得なくて「臨機応変」に動かなくてはならない。いつ何時、「予想外のこと」が起きるかわからないわけですから。だから「あらゆる値動きを想定」して、自分がその時にどうするかは「事前に決めておく」のがお約束なんです。

そしてこのメールを送った二日後に「下落が始まり」ました。そしてその後、アメリカも下げだしたので、ヤバイなぁと思っていたんです。アドバイスした方はどうしたんだろうって。もしかしたら「ここから一気に上る場所」だという読み方だけを心に刻み、「その力が弱い場合は、今まで強気だった人たちが「ダメだ、撤退しよう」と考える場所でもある。」というのは無視しているんじゃなかろうかと。

誰しも「自分に都合の良い事ばかり考える」のが普通ですから。

そこが気になりましたので、追加でメールを送りました。画像も付けて。2月1日のことです。

添付したチャートを見てください。

23日は結果的に前の高値を抜いて、ここから上に一気に抜ける様相を見せていましたが、次の24日は「はらみ線」で高値安値始値終値も23日を超えていません。これって「迷い線」でもあるわけで、そして次の日に「下落に転じた」。ここで買い勢力は「一旦撤退を決めた」と考えるのが妥当。

そして今はアメリカの下げに引きずられて大きく下げています。

つまりですね、24日、25日の動きからして「上げる力が弱ければ、一度撤退を考える場所」ですから、動きが早い人ならここで「持ち株を整理する」ことが出来るんですね(でも新規売の場所には見えない)。でもその方はきっと「大丈夫だろう」と保持を続けているんじゃないかと気になったんです。でも結果的にどうしたのかはわからずです。

長期投資の難しさがここにあるんですね。長期投資と言えども「一体何が起きるかわかりませんから、初志貫徹で保持していれば良いなんてことはありえない」わけです。でも毎日毎日どうしようか考えるのって「苦痛」でもあるわけで、そして長期投資って「金額が大きい」のが普通ですから、小心者の私には出来ないってのはこういうことなんです。

でもやるなら日々の動きを監視するべきだし、あるいは「撤退場所」(高値からの下落幅から計算するとか方法はいろいろ)は「事前に決めておく」必要があるんですね。そうじゃないと今回みたいにあれよあれよと下がるのを見続けるのことになりますから。

持ち株を整理するのって大変なこともわかります。私も以前、日本株中心にやっていた頃は多い時には30銘柄ぐらい持っていましたから。その中でこのような動きがあった時に、引きずられて大きく下げるものもあれば大した影響を受けないものもあるわけで、個別にどうするか考えるのは半端じゃない大仕事となります。でもヘッジで「先物を売っておく」ってことだってできるわけですよ。持ち株全体をカバーしなくてもせめて半分ぐらいの額の先物を売るのでも「何もしないより良い」わけです。

ではこの後はどうなるのか。それは誰にもわからないわけです。でもああじゃこうじゃと「将来を見てきたようなことを言う人は多い」わけで、自分はどうするべきなのか?

この「自分はどうするべきなのか」がわからないとするなら、そもそも投資なんかしちゃ駄目なんですね。だからといって「上がると信じ続ける」のも問題ありだと思いませんか?目の前の株価は間違いなく「大幅に下げている」のですから。

投資はギャンブルではない。

特に今回の下げは「想定外」の感じがしないでもありません。今になって「なぜ?」を調べてもはっきりした答が出てきませんし。確かにキッカケは「アメリカの金利上昇」だと言われていますが、「アメリカの金利上昇」は誰しも前からわかっていたはずで、それが今回はっきり決まったことで「これだけ下落する」ってのが私には理解できません。

でも市場は下げている。

事実はこれのみで、「この事実にどう対処するのか」を考えるのが投資家のするべきことじゃないんでしょうか。

私は投資家でもなんでもないので、ふ~~~ん、こんな風に動くのかと他人事のように見ているだけですが。

私はスキャルパーですから、超短期の売買を繰り返すだけ。例えばアメリカのダウの先物はYMですが、今現在このような動きをしています。大きく動いているときですから、動きが非常に早い。これはたった5分かそこらの動きです。5分の間にこれだけ動いています。

横グリッド線一枡は10ティックで、1コントラクトですと50ドルです。10コントラクトなら500ドル。こういう動きの中でさてどのくらいの利益を稼げるのか。スキャルパーが考えるのはそれだけ。それを毎日繰り返すだけなんです。こういう大きく動いている時には上げでも下げでもトレンドが出やすいので、スキャルパーにとっては「ボーナスが出た」のと同じなんです。1時間もやっていれば数日分の利益を稼ぎ出せる。今はまだヨーロッパ時間が始まる前なのにこの動きですから、夕方、アメリカ時間が始まる夜、夜中と続けてやったら、一ヶ月分のノルマは一日で達成できるのかもしれませんね。元気な若者で心身ともに健康なら最高の一日となるはず。「暴騰、暴落時は大きなチャンス」というのはこういうことです。

ところがですね、これなら「大漁だ~~~」なんて思うと実はそうでもなくて、これはこれでスリッページが大きくて簡単にはいきません。

当然、いつも簡単に値動きに乗れるわけじゃありませんし、難しいなぁ、わからないなぁ、と思った時には「何もしない」わけです。でも待っていればチャンスは必ず来る。ここがスキャルや短期売買の利点でもあって、長期投資はそうは行かないでしょ?値動きが変な時にいちいち撤退なんか出来ませんから。だから長期投資ってとんでもなく難しいことだという理解は大事だと思う。でもせめて「先物をヘッジで使う、オプションも多用する技術」があればまた話は別。プロにはアタリマエのことですが、素人でそこまでやる人の話は私は聞いたことがありません。何十年の経験があっても素人と同じことを続ける人が大多数なのは非常に面白い現象だと思います。

買ったら買ったで「信念を持って保持!」と頑張る人は非常に多い。

そしてここで大事なことは、スキャルを含めた短期売買「今後、値は元に戻るのか、もっと下がるのか」を考える必要が全く無いってことなんですよ。気楽なんてもんじゃありません。

またスキャルの宣伝かよ、って思うかもしれませんが、私がなぜスキャルをするかというと、「これが一番簡単に利益を出せる」と思うから。もし「買って放置」で【安定した利益】が出せるならこんな面倒なことはしません。

ここは専業トレーダー、退職者には大切なところで、副業、小遣い稼ぎなら放置も良いんでしょう。でも「これで食う」となったら「安定した利益」が非常に大事になるんですね。年によって損した儲けたなんてことじゃ将来は危ないし、「含み損」があるのに月々の生活費は出さないとならないってのは想像以上のストレスになります。だから「毎月利益を出す」のは当然として、私は「毎日、勝つ」というのをノルマにしています。思ったように行かないのが人生ですが、ノルマの設定としてはそうですし、下手をしても「大きな損が出ない手法」が大事なんですね。ここは「副業時代は逆張りで結構儲けた」なんて人はしっかり考え直さないと危ない。副業時代の様に、損が出たらちょっと休んで本業を頑張ろう、なんてことはもう金輪際、出来ないんですから。

それと、数ヶ月後には、あるいは来年、再来年には上がるはずだってのも「絵に描いた餅」でしかないのね。もし上がらなかったらどうするんです?それよりこの数ヶ月、1,2年でいくら稼ぐのかってのが大事だと私は思うわけです。そりゃごっそり持っていて遊びのつもりなら「夢を買う」のも良いですが。

これってサラリーマンを辞めて独立する人にも当てはまることで、「絶対大丈夫だ」という変な自信がある人が多いのね。でも「その自信が悪運を呼び込む」ってことを知るべきで、私の友人知人でもどれほど多くの人たちがそれで消えていったか・・。私の育った商人の世界では「一発狙い」なんて馬鹿がすることだというのが常識で、とにかくコツコツと目の前の仕事に注力しろってのはどんな世界でも同じだと私は思うわけです。常に一歩二歩三歩先を読むのは必要だけれど、それよりもっと大事なことがあるのね。ところが何故か一人になると(独立すると)ギャンブラーのように一発狙いをするから面白い。

無人島でサバイバルを始めたという意識がなさすぎると感じることがよくあります。いつ食べられるかわからない収穫を一生懸命考えたり、捕まえればバンザイな大型の獲物ばかり狙っていたらどうなります?それよりかまず海に出たり山に入り、今日明日の食べ物を確保し、それの貯蔵と収穫の増やし方を考えるのが何よりも大事だと私は思うんですが・・・・。それでも数年に一度は台風や津波に襲われ、10年に一度はとんでもない災害が来て積み上げたものをごっそり失うこともあるかもしれない。そういう時にどう立ち上がってまた歩きだすかの想定も出来ていないとならない。

もし今年にアメリカがデフォルトしたり、新通貨アメロに切り替えるなんてことが起きても大丈夫?

まさかぁって思いますよね。私もそう思います(笑)。でも311の福島原発事故の時に思ったんですよ。4号機のプールが決壊したら北半球は全滅だろうと。少なくとも東京はアウト。だから我々はラッキーだっただけだと思った。そんな時にでも自分はまた再び立ち上がれる用意があるのかどうか。私は思ったんですよ。いつかまた世界で先物市場が動き出した時に、俺はゼロから復活してみせるって。私はスキャルや短期売買が好きなのかもしれないけれど、これしか自分を、家族を守る方法はないってことにある時、気がついたってことです。ちょっとやそっと資産を持っていたところで、それの投資で長い年月生き延びるのはまず無理だろうと。

でも時間が無ければスキャルも出来ませんよね。

でも私はたまたまこういう短い時間の間に売買するだけのことで、チャートの見方は日足だろうが週足だろうが同じなんですよ。だから時間がないというのは言い訳にしかならなくて、やろうと思えば自由な時間のない勤め人だって出来るのね。上に書いたように「日足」だっていろいろわかることはあるわけですから。自宅で一人になった時に明日の戦略を考えれば十分間に合う。また短時間スキャルも「大きく動く時間帯」ってのは大体決まっていて、「ヨーロッパ時間、アメリカ時間」が世界の中心ですから(日経225も夜中に大きく動く)、我々のようにアジアに住んでいると「夕方から夜中が一番トレードに適している」わけで、やろうと思えば出来るんですね。

つまり大事なのは「売買技術」であって、「将来を予想する能力」じゃないということ。でも、もし「将来を予想する能力」が高い人なら、「鬼に金棒」じゃないんですかね。でも私には将来の予想はできません。「夢想」「期待」なら簡単にできますが。(笑)

大きな流れを見るのは4時間足が適していると私が考えているのは何度もこのブログに書いていますが、こんなチャートをたまにチャックするだけでもトレードは可能。

日経平均の4時間足。

私は「長期投資はしない」といつも書いていますが、では「資産運用」「資産の保全」はどうしているのか書きますと、「上がった下がったと気にしないで済む、安全安心の【債券投資】」をしています。これが駄目な時には「世界の終わりだ」みたいなものを選んでいます。な~~んていうと大げさで、結構危ないこともあるんですね。一時はUFJの債券を多く持っていたこともあって「もしかしたらUFJは整理されるんじゃないか」なんて不安を持ち続けていたこともあります。またもし2006年、2007年当時に、良い利回りの「リーマン・ブラザーズの債券」でもあれば、多分、買っていたはず。(笑)

なんだ、それだって長期投資じゃないかと思うかもしれませんが、私はこれを「長期投資」とは呼びません。どちらかというと「庭に穴を掘って埋めた」のと同じように考えています。

短期売買で稼いだものは全て「穴をほって埋める」みたいな考え方ですが(笑)、これでも前は良かったんですよ。年に6-7%回る優良債券はいくらでもありましたから。

でも時代は変わって長期金利の低迷から利回りはとんでもないことになった。これが私達が(私にとって)所得税もなく物価も安いマレーシアに来て、そしてどうせなら資産倍増を考えようと思った一番の理由です。

「投資は未来を当てることではない」というのを是非、読者にわかっていただきたくてそれをこのブログに書き続けています。ここで頭の切り替えができれば人生が変わるはずなんですが、実はそれが何よりも難しいのね。大化けする株や、ビットコインみたいなものでどうにか一発大当たりを当てたいと願う欲望って半端じゃなく強いですから。

それがどうにか出来るなら、世の中、大金持ちばかりになっているはずなんですよ。でも「俺は違う、俺は大丈夫だ」って思うのね。これってナルシストとしか言いようがなくて、これもまた何百年間も世界のあちこちでずーーっと続いていることじゃないんですか?当たった外れたとそんなことを繰り返しているうちに、いつか消えていく。生き残ったとしても資産らしい資産は残せていないってのが実情じゃないかと。

でも私の本音としてはそういう人が多いほど、私は嬉しいんです。カモですから。

FXでも何でも「相場参加者の8割は損している」と言われますが、ここで考えるべきことは、「8割の人達の考え方からの脱却」なんですよ。みんな同じ考え方で同じやり方をして「8割は負けている」ってことじゃない。そもそも「考え方が違う人が8割存在する」と考えたほうが正解だろうと私は思うんです。

今が日本の戦乱の時代だとしたら、どうやって生き延びます?関が原の戦いでどちらに付くべきか悩んだ武将は多くいたはず。

私がやっていることは、

◯ 戦場から離れたところから「全体」を見渡す。
◯ 今、どちら側が優勢か見極める。
◯ 優勢な方に回って、サッと前に出て「一発殴って逃げる」。
◯ どちらが優勢か見えない、わからない場合は「何もしない」。

絶対にしないことは

◯ 負けている側の先頭に立って戦う。

これって「頑張れば」「待てば」【自分は勝てる】と信じることはしない、ということです。でも相場の世界ではそうする人はいくらでもいる。なんででしょうねぇ。自分の「遠い将来の読みを信じ続ける人」って、なんだか宗教の世界のように私には見えるんですよ。

これが私の必勝法なんですよ。これじゃない限り、戦争が何度も続く間にいつか死ぬはず。生き延びても負けることはあるわけで責任を取って切腹もあるんでしょう。私の方法は卑劣なやり方だと思いますが、相場の世界ではこれは卑劣でも何でもない。ただもし私が何百億、何千億も動かす機関投資家なら全く違う考え方で行動をしないとなりませんが、私は「どこにも属さないただの雑兵」ですから問題なし。私は投資家でもなんでもない、というのはこういうことなんです。(笑)

「俺には投資は無理だ」と思うところが実は出発点なのかもしれません。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

世界の株式市場が凄いことになってますね~&私の長期投資とは” への7件のコメント

  1. 暗号(仮想)通貨のバブルが弾けたことからの連鎖反応でしょうね。

    ビットコインやリップルで大損して現金が至急必要な連中が引き金を引いたかなぁと。(身近に何人もいます。去年の儲けで豪遊して「確定申告がぁー」と頭を抱えています。)

    噂ですが、韓国では年金の運用資金を暗号通貨に投資して、今回の暗号通貨の暴落で丸焦げとか。

    ヘッジファンドなどは多くても運用資金の1%程度を暗号通貨にしているところがあるそうですが、もしかすると実際には10%、20%をつぎこんでしまっていた所なんてのもあったのかもしれませんね。

    私は為替のみなので遠くから眺めているだけですが。

    君子は危うきに近寄らず。

    されど、虎穴に入らずんば虎子を得ず。

    悩ましいところですね。

  2. ダボさん、yasashidoです。

    風邪を治すため寒い日本を避け、今もって友人宅に滞在しています。その節は貴重なご講話を拝聴させていただき誠にありがとうござました。

    お陰様で、ただ流れに乗り、上げ相場の時は買い、下げ相場では売る、その余韻が続く限り鞘を抜くことに精進する、というご教示を受けて、今回の下げ相場ではポジションの半分近くを処分できて一安心しているところです。

    また、上げに転じ上げの余韻を感じることができたら、また買い戻すことを考えています。

    なお、小生のような初心者にも完全ではありませんが、信用取引によらずとも売りヘッジをすることは、上場のインバース型投信を活用することで可能です。

  3. 暗号通貨の呪い?さん、コメントを有難うございます。

    >暗号(仮想)通貨のバブルが弾けたことからの連鎖反応でしょうね。

    なるほど~~~。私は仮想通貨にお金を突っ込んでるのはビッグプレイヤーではなくて「個人」だという先入観がありましたが、そうではないんでしょうね。全世界のプロアマが全部揃って欲望丸出しで突進していた図が見えてきたようです。(笑)

    韓国の年金資金が・・・ってのが事実なら恐ろしいですね。

    >君子は危うきに近寄らず。

    これはその通りだと思います。というかそんなことはわかっていても「利を追わなくてはならない事情」があるとすれば世も末だろうと。

    でもま、世界を舞台をした「仕手株の登場」だと思えばなんてことはなくて、そのつもりで付き合えばなんの問題はないと思っています。

    yasashidoさん、コメントを有難うございます。

    いくらかの保有株はうまい具合に逃げられましたか?それなら良かった~。

    細かいことですが「余韻を感じたら・・」では駄目なんですよ。それじゃ「最後っ屁」を掴むだけ。いかに早くトレンドを見つけて、それの初動を掴むかが大事。初動と言っても「第一波」に乗るのは不可能ですが、「第三波」には乗れるようにしないとうまくありません。余韻の部分は「頭と尻尾はくれてやれ」の尻尾の部分だと考えたほうが良いと思います。あるいは「逃げ場所を探し出す」のはその頃なんですね。

    ヘッジにインバース投信を利用するのはどうでしょうか。それって「下げを期待する」時に買うものであってヘッジには使えないと思います。理由は手数料です。高くないですか?

    ヘッジは基本的に長期的にやるものではなくて「必要がなくなったらすぐ外すもの」ですから手数料が高いのはうまくありません。

    それとですね、「ご講話」とか「教示」という言葉は使わないでください。そういう言葉を友人間で使うと、嫌味になるのが普通じゃないでしょうか。

  4. daboさん
    ご無沙汰しております
    半年振りに 横浜に戻りました
    何処に居ても 必ず 朝 トイレの中で 
    Daboさんに お会いしています

    FXでは 20%の中に 入る様に 頑張っております
    又 しっかりと dabo さんの 教えを守っています

    ①FXは ギャンブルでは 無い
    ②豆腐は :ケンちゃん 特に濃厚タイプ
    ③旭ポン酢 (これは最近体験しました)

    今年も宜しくです
     
    因みに 豪州は約 10tヶ月以上 ご無沙汰です
    最近のニュースでは
    75万ドル以上の 物件売買に 12.5%の税金が
    dabo さんは 良い時期に処分致しましたね
    ユキ

  5. どもどもユキさん、お久しぶりです。

    半年ぶりに横浜って、最近はハワイにどっぷりですか?

    まったくも~~、トイレで読むんじゃなくて、神棚の前で正座して読んで下さいね~~。

    おっとぉ、ケンちゃん豆腐ですか?日本には美味しい豆腐がゴマンとあるのに、その中でもケンちゃん豆腐って美味しいのかな?

    旭ポンズはどうでした?あれで河豚でもヒラメ、カレイでも白身の薄造りを食べたら絶品だと思うんですが・・。鍋にも良いし。でも絶対にあれで餃子なんか食べたら駄目ですよ~~。美味しいけれどもったいない。あ、日本なら値段を気にしなくても大丈夫かぁ。

    え~~~~、75万ドル以上の物件は12.5%課税ですか?へ~~~~~。

    でもそれって「自宅を売る場合」は免除じゃないですか?

    ユキさんのあの高級コンドには間違いなく掛かるんでしょうが。でもそんな税金が出来たら、その分は買い主と折半って感じにするんでしょうか。

    中国人の買い方がメチャクチャみたいですね。でも本来は外人は好きに買えないはずなのにどうなっているのか・・・。

    ゴールドコーストのあの地平線まで雲一つない綺麗な空が懐かしいです。

    たまに目をつぶって深呼吸をしてみるのですが、あのゴールドコーストの匂いはしません。(T_T)

  6. Dabo様

    良いヒント 有難う御座います 
    確か 自宅の場合はで掛らない 非移住者のみですよね

    確か購入時 リタイアメントビザ で 居住用で購入した記憶が??
    居住用の方が 税金が安かった記憶が有ります
    再度 確認してみます

    横浜には神棚が有りますので
    正座して daboさん通信 拝見させて頂きます

    追申
    約30年前 昔 木造平屋のフリスベン国際空港の
    あの頃は タラップでしたねー
    機内からタラップに出た時の あの匂い 
    其の国の匂いが有りますが
    私 思うに あの匂いが 私に合っていたと思います
    それゆえに 30年 通っていたのでは
    ユキ

    • ユキさん、コメントを有難うございます。

      >非移住者のみですよね

      一般的な税の場合は「ちゃんと自分が住んでいる自宅かどうか」であって合法的にそれを手に入れた家であれば非永住者でも退職者ビザ、仕事のビザでも関係ないはずです。

      逆に永住権、市民権を持っていても「別荘」とか「貸家」の場合は駄目なんです。

      私の家は自宅でそこに住んでいましたので、「キャピタルゲイン課税」も無し。毎年の固定資産税に相当するRATEもメチャ安かったです。きっとその新しい課税も同じじゃないですかね。

      ユキさんの場合は自分で住んでおらず、別荘ですからごっそりやられますね。

      でもお金持ちはどんどんお金を吐き出してもらわないと世の中回らない。(笑)

      ハイ、神棚は通信装置ですから、その前で真剣に祈ってくれればこちらにも伝わりますので、是非使い倒してください。(笑)

      こちらに来てから私が思い出すゴールドコーストですが、そよ風なんですよ。湿気がなくてそこそこ暑い日に、す~~っと流れ込んでくる冷たいそよ風。

      後はやっぱり「日差し」ですね~。眩しくて目を細めるあの感じ。懐かしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください