焼肉を食べに【トラジ】に行こうよ。え?行きたくない?これってマレーシア生活の危機かも・・・

最近、ヨメさんと二人だけで外食に行くことがないので、ヨメさんに言ったんですよ。

「焼肉を食べにトラジ(Lot10)に行こうぜ」って。

すると「行きたくない」なんて言うんですよ。焼肉好きで「美味しい肉をちょっと食べたいタイプ」のヨメさんは、ガッツリ食べたい系の私や息子が気に入っている「韓日館」より間違いなく「トラジ」の方が良いですから。

なんで?と聞いたところ、

「時間を掛けてあの混んでいる中心部には行きたくないし、楽しみにしていたLOT10の地下にはもう買いたいものもないし。食事だけしにあそこまで行くのは嫌だ」と。

言われてみれば私もそう思うわけで、往復1時間以上掛けて、そしてあの混んでいる中心部を考えると気が滅入るのは運転手である私も同じ。そしてLOT10の地下の品揃えの変貌に先日かなりがっかりしたことはヨメさんにも話してあるし、「トラジ」も良いけれど、その為だけにLot10まで行くか?とは私も思うわけです。でもヨメさんは焼肉好きだし、喜ぶと思ったんですよ。

「じゃぁ、どこにする?」

となったのですが、なぜか二人共沈黙。

ヨメさんが口を切りました。

「どうしても行きたいお店ってないのよね」ですと。

私も「うん」と答えた。

「焼鳥の酉玉だけはいつでも行きたいと思うのだけれど、そう思うお店がないのよ」とヨメさん。

これには私も同意。でも酉玉はすぐ近くだから問題なくて、もしKLCCにあったらわざわざ行きたくないと思うのかも。

なんか変だなぁと思うんですよ。KLには良いお店がいくらでもあるし、まだ行っていない良さげなお店はゴマンとあるのに、「よし!あそこに行こう!!」という気が起きないのね。

それも、ヨメさんも私もそうだってのが、おかしくないか?

考えてみると、一緒に住んでいる長男にもその傾向がある。かつては週末になると必ず出かけていたのが最近は全く外出しない。たまに知り合った日本人青年と遊びに行く程度。今はその友人と「フルムーンパーティ」(タイの南部パンガン島で毎月満月の夜に開かれるビーチパーティー)に行っているけれど普段は私が「XXXに行こうぜ~~」と言わないと出ようともしない。彼から「XXXが面白そうだから、行ってみようよ」という話も出てこない。

散歩に出るなんてこともしないし、コンドのジム、プール、サウナも全く興味がなくて一度も行ったことがない。このコンドに来てから様子を見に行ったこともない。ジムやサウナなんてどこにあるのかも知らない。それは3人共同じ。ただプールだけはわかる。いつも見えるから(笑)。でもプールサイドにも近寄ったことはない。プールが温水なのかどうかも知らない。知ろうとも思わない。

なんなんだ?

3人揃って病気にでもかかったのか?

いつも「我が家はみんな引きこもりです」なんてこのブログに書いていますが、それが冗談じゃなくて本当にそういう生活になっている。その中で私だけは「買い物に行く」ので2日に一度、あるいは毎日出かけるけれど、彼らは一歩も家から出ない日の方が遥かに多い。でも買い物好きの私も以前みたいに遠出をすることは殆ど無い。結構面白いと思うTTDIもなんと7ヶ月も行っていない。いつも道が混んでいてイライラするミッドバレーは全く行かなくなったし、比較的近いワンウタマにも行かなくなった。そして今までたまには行こうと思っていたスリアKLCCの伊勢丹もLot10も品揃えが悪くなったので行きたい気は失せた。

外に出たくないのは習慣か?

確かに「出癖」ってのはあると思っていて、我々だってかつては「今日はどこへ行く?」みたいな時期もあった。少なくとも週に一度は外食なんてのは普通だった。

それが今では、本当に引きこもりの生活になっている。食べ物で釣ろうと思っても行かないなんて考えられないんですわ。

私は「あそこもここも行ってみたい」という願望は持っているのだけれど、一人で行こうとは思わない。

こんな生活で大丈夫なんだろうか。何かに取り憑かれているんじゃないかと思ったり。(笑)

好きなように生きるのが一番だけれど、我が家は異常だと私は感じるわけで、「週に一度は外食に行くと決める」のも良いと思うんですよ。でも誰もウンとは言わない。

このままで大丈夫なんだろうか。

私たちは目的を持ってマレーシアに来たわけだけれど、本当に自宅でそれだけやっていれば良いのか?でも仕事に関係ないヨメさんが「気晴らしに外へ行こう」とも思わないって・・・。

なんか、変だなぁ・・・・・・。我が家はマレーシアに来るまでこんな生活をしたことがないのに。逆にマレーシアに来たら外出は多くなると思っていたのに。

まさかマレーシアの空気というか「気」が合わないのかなぁなんて思ったり。だってもし日本に行ったら毎日、朝から一日中出っぱなしになるのは間違いがないし、もし日本で住むことになっても「引きこもりで一歩も外に出ない」なんてことはあり得ないと思うんですわ。それはゴールドコーストに戻っても同じだと思う。

「気」かぁ・・・。そんなのもあるのかもしれない。

こんなことを書くと非難轟々だと思うけれど、KLって雰囲気がどんよりしていてワクワク感を感じないんですよ。なんだかいつも気持ちが停滞してしまうのを感じます。

気候かなぁ・・・。

ペナンやランカウイに住むことを選んだ人たち、あるいは駐在組の中には「そうそう、そうなのよ」なんて思ってる人もいるかもしれないなんて思ったり。

その内、無理やりヨメさんを誘ってランカウイでも行ってみようか・・。でもゴールドコーストには行かない。「(マレーシアに)帰りたくない」なんて言い出す可能性は大いにあるし、そんなことで「マレーシア行きを決めた頃に罹ったストレスが原因と言われる乾癬という病気」が悪化したら大変なことになる。家庭崩壊もあり得るかもだ。

長男は一体何を考えているんだろう。あいつってなかなか本音を言わないからわからないことが結構ある。でも本音は聞かないほうが良いのかと思ったり。

私の本音?

う~~む、考えないほうが良いのかもしれない。

我々のマレーシア生活って長くは続かないのかな・・・。

今思えば、その兆候ってマレーシアに来てすぐにあったような気がするんですよ。私たちはKLの観光も一度もしたことがなくてKLタワーもなんとか広場もバツーケイブもその他有名な場所に行ったこともないし行こうとも思ったことがないのね。マラッカにも行ったことがないし、行こうという話題も出たことがない。日本やオーストラリアから友人が遊びに来ても観光に関しては我々は付き合わないことになっているし。

マレーシアには住めないと結論づけてMM2Hがあるのに来ない人、マレーシアには飽きたと帰るMM2Hは結構いるみたいだけれど、我々はまだ住み始めて1年半。そう考えるのにはちょっと早くないか?でも駐在組にしても来たくて来たのではない人はたくさんいるだろうし、早く帰りたいなんて思う人達も多いのかも。

仕事だと割り切ればそれで大丈夫なんだろうか。でも我々のその仕事も任期があるわけじゃなくていつまで続くのかはわからず。一生かもだ。(笑)

私には目的がはっきりしているから良いけれど、それにヨメさんや長男を付き合わせているってもしかしたらとんでもないことをしているのかもしれない。

マレーシア関連のブログを見ると、マレーシア好き、マレーシア生活をエンジョイしている人ばかりだけれど、そういう人ばかりで我が家みたいなのは珍しいのかな?

どちらにしても我が家はこのままではうまくないと思う。何か変な、予想もしていなかったことが起きているのは確実。でもそれが何なのか良くわからない。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

焼肉を食べに【トラジ】に行こうよ。え?行きたくない?これってマレーシア生活の危機かも・・・” への8件のコメント

  1. はじめまして。Abeといいます。daboさんのブログをいつも参考にさせて頂いている者です。daboさんを勝手にトレーディングの先生と考え、ブログを参考に今後トレーディングを追求しようと考えています。
    今回のdaboさんのブログを見て、自分も状況は違えど共通する事があると思いました。
    私は奥さんと二人暮らしなのですが、結構引きこもり生活をしております。といいいますのも、お出かけって食事、買い物、何かを見に行く の3パターンが多いと思いますが、健康に留意し出すと自炊の方が遙かに健康的で口に合うので、食事で外食が自炊に圧勝する体験が中々難しくなって来ますし、原価の関係か何なのか、飲食店の味って下落傾向にあると感じていまして、どこにいっても料金に見合うおいしさを感じにくくなっています。それならいっその事すき家の豚丼に卵を付けたものが400円台で食べた方が、塩分も1g代でそこそこ無難な味です。東京に遊びに行ったときでさえすき家の豚丼+卵を結構食べます。心臓に持病があるので塩分は控える必要がある状況ですので。
    また買い物でも、結局近くのヨークベニマルなどという極めて実用性な場所で十分済んでしまったり(笑)、観光でも、まあその内で良いかなどと言って先送りとなってしまいます。
    心臓の為に毎日近くの公園を30分散歩しておりますが、それで十分リフレッシュとなりますね。目に外の光が入ると睡眠に役立つメラトニンが生成されるというネット記事を見て、一度心臓病のせいで不眠症となったので、雨でも雪でも歩いています。結構30分歩くのは時間が勿体ないのですが、継続しています。
    また市内に1店舗だけヘルシーでおいしいレストランがあり、そこだけは月に1度程度行きます。奥さんは車で毎日買い物には行きます。
    外出はその程度で、基本は「どこにも行かない」暮らしです(笑)。
    自分としては、外食の魅力が少なくなっている事が原因かなと思います。ヘルシーでおいしい店が沢山あればなと思います。

    • Abeさん、いらっしゃいませ。コメントを有難うございます。

      Abeさんは日本在住ですよね。それなのに私達みたいな生活を?へ~~~。不思議。(笑)

      >飲食店の味って下落傾向にある

      これに関しては間違いないと、数年前に日本に帰った時に感じました。その時は池袋のホテルに泊まったのですが、周りにそれはそれはうじゃうじゃ飲食店があるんですね。ただどの店が美味しいのかわかりませんし、見た目で良さそうな店に入ったのですが、「なにこれ?」と思ったんですよ。

      行く店行く店がそんな感じで、でもぱっと見た目は「海鮮専門店」みたいにそれなりに客が入っているんですよ。「焼鳥専門店」もそうで若者でごった返していました。

      美味しくないんですよ。おかしいなぁと思ったものの確かに「安さ」での魅力はあるんでしょう。でも私が日本にいた当時と比べると明らかに質が落ちているのを感じました。

      じゃぁ、良い店に・・・と思って行ったら、これが高いこと高いこと。(笑)

      でも大阪に行った時にはさすが大阪と思ったり。

      私たちはマレーシアはクアランプールに住んでいますが、マレーシアはそこそこ美味しいものが「かなり安く」食べられるんです。でもねぇ、なんと言いますか、感激を我々は感じないんですよ。

      歳も取っていますし和食が良いと思っても、和食店に限っては「美味しくない」のが普通で、美味しいものを求めたらとんでもない値段になります。焼肉屋もそうで、美味しいと言われる店へ行っても「マレーシアとしてはそこそこ」でしかなくて、「どこへ行っても美味しくないのを前提にした」【あの店は美味しい】って意味なのね。

      多くの人たちは「海外だからしょうがない」と思っているんでしょうが、そして私達も海外生活は長いですからそれもわかるんですが、「自分の心」を騙すことはできないんですね。

      ただ我が家の場合は「外食」だけではなくて、「旅行や観光」「ちょっとした買い物」に関しても「なんとなく行きたくない病」にかかっているのは間違いがないのです。

      なぜそうなったのか全くわかりません。不思議です。こんなことは今までありませんでしたから。

      トレーディングに関してですが、何かありましたらご遠慮無くコメントを下さいね~~。

      • Daboさんご返事ありがとうございます!
        私は日本の山形在住(45歳です)ですが、和食の店はニーズが無いのかリーズナブルでおいしい店は希少です。山形市でも私がリストアップしているのは1軒だけです。高価格帯の美味しいお店は経営が厳しく、少しづつ数が減っていります(首都圏などは成立するのかもしれませんが)。
        書いていて、案外安い外食チェーンのせいでリーズナブルで美味しい店が淘汰されたのかなと感じました。
        また移住後の外出嫌いのお話ですが、Daboさんが書いてらしが『気候かな』という箇所ですが、気候もかなりの影響があるかもしれませんよね。私たちでさえからっとした晴天の日などは車でどこか行こうかとなりますし、湿度の高いどんよりした夏などはもう外に出るだけで疲れますし。
        またトレーディングの事で暖かいお言葉を頂きましてありがとうございます。今後真剣に取り組みますので、ごくごくたまにで結構ですので、コメント欄にて質問などさせて頂けましたら大変有り難いです。

  2. いつも濃いい中身のブログをありがとうございます
    トレードの話は楽しみです。ただ10年たってもルールが作れないレベルのトレーダです。
    買う銘柄はお金を払い込んで、教えてもらってます。テクニカルで自分で銘柄決めても一緒ですし。この間ブログで教えていただいた増田足でトライアルやってみて本日、立て板に水の理論に元ずくチャートで3銘柄トレードして、見事に全部外してくれました。LC目前です。まるで武者さん。
    だぼさんのブログの中身を理解できる自分を目標にしているんですが、
    10面体のサイコロ4個で決めても一緒かな、とこの頃考えています

    ほぼ同じ時期にKLに来て私ら夫婦も引きこもり生活しています
    KL生活にワクワク感がなくなったのは青空の少ない天気のせいだと思いますヨ
    移住期間の長い人がマレーシア良いとこ、お出でお出でするのは、ゴルフ会員権、車、コンドミニアム等を売り抜けたい為とみています。
    気晴らしにはMelakaがお薦めです
    車で2時間、片側4車線をドライブすると、日本の官僚のレベルの低さを思い知らされます
    ニョニャ料理他、食いものが日本人の口というか感性というか、合いますですよ、一度騙されたと思ってお出かけください。

  3. 倉林さん、コメントを有難うございます。

    マレーシア引きこもり仲間ですね。(笑)

    トレードのルールが作れないんですかぁ。それなら前の日記に書いたように、まずは他人様のルールを頂戴して「それに足したり引いたりしてカスタマイズ」するのが一番の近道だと思います。

    ルールが作れない理由ってあるのですが、それは「過去データ」を見て「この場所でサインが出るルールは作れないものか」ってのを延々考え続けてしまうことも一つ。過去チャートを見ますと「良い場所」っていくらでもあるじゃないですか。そこでサインが出るものを作るわけですが、良し!と思っても「他の良い場所では出ない」とか「頓珍漢なところで出る」ことが多いハズ。

    だから「裁量の方が良い」と考えてしまいがちですが、それは誤解だと思うんですよ。それは「後から見てそう思うだけ」であって、実際に動いている時に自分が思う出撃場所ってもっと酷いことになることの方が多い。で、勝ったり負けたりが続く。ルールも出来ない。

    増田足で勝てませんか?う~~む、どんな使い方をしているんだろうか・・。

    増田足って非常に単純で、見え方は違うけれど似たようなものを自分のチャートに出すのは簡単なのですが、当然、増田足とて完璧なわけがないんですね。

    でもトレンドフォロー型のルールとしては良いと私は思っていますし、そこそこ増田足でも勝てるんじゃないですかねぇ。

    しかし増田足でサインが出たからと言って、そのとおりに上がる、下がるわけじゃなくて、当然、形が崩れたら「即刻撤退」しないと駄目なんですよ。LCまで待っては駄目。

    これはどんなルールでも同じで、野球で言えば「振るべきボール」であるというサインであって、そこで振ればヒットあるいはホームランが打てるわけじゃないんですね。当然、空振り、ファウルもあるわけで、でも芯に当たればよく飛ぶはずなんです。

    もしそこを勘違いしているとしたら、どんなルールを使っても駄目なんです。

    増田足のサインを見るというより「パターンにハマったかどうかを見る」と考えるほうが良いと思います。でもパターンが崩れたら即刻撤退です。

    増田足は「トレンドフォローの基本を学ぶ」のには良いツールだと思っています。基本的な考え方は私のルールも同じで、グランビルの法則からの派生でしかないんです。

    という私は使ったことはなくて(笑)、かなり昔に相場掲示板を運営していた時に「テスターとして使ってみませんか?」とお誘いを受けたことはあります。でもあのチャートは増田足専用なので私が絶対必要な他のインジケータをいろいろ使えないんですね。ですのでお礼と共にお断りしたのですが、興味があったので「増田足もどき」を自分のチャートで作って見ていたことはあります。

    今はどうか知りませんが、当時の増田足の「平均線」の計算は単純移動平均の計算法だったのでサインが出るのが遅すぎるのね。だから他の計算式で動かしてみたら結構面白い動きをしたのを覚えています。

    倉林さんが「どういうふうにうまく使えなかったのか」の売買時のチャート画像でも出してくれるといろいろわかると思うんですが・・。私も興味があります。

    それと「買うべき銘柄」を有料で教えてもらうのは良いことだと思います。でも買うタイミング、利食い損切りポイント、再出撃のポイントはちゃんとチャートを見て判断できるようにならないと意味が無いんですね。ビットコインが良い例で、あれで大儲けした人もいれば損を出した人もいるわけで・・・。

    マラッカですか?

    一度行ってみましょうかね。観光というより、昔の雰囲気がある小さなホテルに泊まってゆっくり過ごしてみたいです。

  4. Abeさん、コメントを有難うございます。

    山形在住ですかぁ。へ~~~~~。

    私が若い頃は百貨店・スーパー相手の仕事をしていまして東北も結構いったのですが、山形は一度も行ったことがありません。どんなところだろう・・・。

    和食店が苦戦しているのですか。なるほど。

    私が地方周りをしていた随分昔にもそれを感じました。地元の特産品も全て大都会に出荷されて、どの漁港の町か忘れましたが、地元では食べられないという摩訶不思議な体験をしたことがあります。また景気の良い町や市は別にして小さな商店がどんどん閉店するのを30年前にも見てびっくりしたもんです。

    アメリカやオーストラリアに行くと、どの都市、町に行っても「フランチャイズ」ばっかりで「どこでも同じものが食べられる」のはああいう大きな国には大切なことなんでしょうが、特色ある地元のものが育たないんですね。どこへ行っても画一的な国ですが、日本もあんななっちゃうのかと思うとゾッとします。

    実はマレーシアは今、雨季なんです。天気が悪い日が続きますが、でも基本的にオーストラリアと違って「雲一つない青空」ってのがほとんどないんですね。長年住んだゴールドコーストは毎日晴天みたいな場所でしたので、なんだか穴蔵に入ったしまった印象があります。

    意外とそんなことが精神にも影響するのかもしれませんね。

    コメントはいつでも大歓迎です。お待ちしております。

  5. はじめまして。

    私はマレーシアで学生をしていますが、Daboさんと同じ気持ちです。周りの日本人の方々はみな楽しそうにしていますが…楽しくないということを打ち明ける度に、『え?なんで?楽しいじゃん』と言われたり、『引きこもってるかはだよ、外に出なよ』と言われるものの、全く外に出たいとも思いません。私もマレーシア観光をしたことがありません。

    なので、今回同じように思われているマレーシア在住の方がいると知れて、安心しました笑

    マレーシアの気といいますか、私にはマレーシアにはドヨーンとした雰囲気、感覚があるのですが、そのせいかすごくボケーッとしてしまうことが多々あります。なんも考えずにいられるような国だなと感じています。

    日本は、毎日何かしらのプレッシャーと闘っているような圧力があるイメージですかね。そのため、せっせと動いたり、よく外に出たりするのですが…

    何も考えずにボーッとするには最高な環境ですが、この先ずっといたい国では確実にありません。いまいち決め手にかける国だなと思っています。

    ※マレーシア好きの方いましたら、すみません。

    • ヒットラーさん、いらっしゃいませ~。コメントを有難うございます。

      お互い、マレーシア好きからは石を投げられそうですね。(笑)

      学生さんですか?へーー。

      「楽しみは探すものだ」なんて言う人もいるはずですが、若いヒットラーさんには「我慢をするべきではない」「自分を欺くべきではない」と私は言いたいです。

      世の中、どうしたって自分とは合わない物、合わない人がいるのと同じで「自分に素直であること」が何よりも重要だと思います。かといって毛嫌いしたり、無視したりってのは困るわけで、「自然に任せる」ってことで良いんじゃないかと。

      逆に引きこもりってことはヒットラーさんがやるべき「勉強」をしっかりやる時間があるはずで、もしマレーシアが楽しくて外に遊びに行くようなことばかりしていたらうまくないですよね。

      つまり、マレーシアはヒットラーさんに「しっかり勉強するチャンスを与えてくれた」と言っても良いわけで、そのチャンスをしっかり利用するのが良いですよね。意外に、後に、「あの時、マレーシアに行ったのは大正解で、それで今の俺の基本が作れた」なんてマレーシアに感謝する時が来るかもしれない。

      いつかまた他の国へ渡り、「心が震えるほど感動する」こともあるはずで、是非、自分の感性を押し込めること無く、自分を信じてやっていって頂きたいと思います。

      ある日、ある時、「マレーシアの素晴らしさに目覚める」かもしれませんし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください