分足、ティック足、練行足の見え方の違い 【相場】

USD/JPYの同じ時間帯の動きを

◯ 1分足
◯ 80ティック足
◯ 練行足

で表示してみました。2018年1月30日、マレーシア時間の20:00から23:40頃までの動き。USD/JPY

画像は一度クリックすると大きく表示されます。もう一度クリックすると原寸大で表示されますので細かいところも見えるはず(どの画像もこのブログでは同じ)。気になる方は右クリックでダウンロードしてそれぞれの違いをしっかり見てみてください。どれがトレードしやすいかすぐにわかるはず。

1分足。

80ティック足。

練行足。

これらはUSD/JPYですが、送られてくるデータはFX会社が作ったデータで「かなり間引き」されています。ですからティック足はたいした意味がないといえると思います。ティック足とは「約定ごとに計算する」わけで、全ての約定がデータとして配信されないFXの場合は、どれだけ盛り上がっているのか、閑散としているのかは正確にはわからないんですね。でも大体の感触は掴めるはず。

またもっと長い時間帯のチャートなら、時間帯によって動きが違いますから、分足とティック足の左は大きくなります。動きが少ない時には短く、活発な時には長く表示されるのがティック足。時間は関係ありません。

それとチャートの設定は皆同じですが、練行足に特化させています。もし分足やティック足を使うとしたら、私はまた違う設定にします。

雰囲気だけでもわかれば良いだろうと思って、比較を出しました。

ああ、ついでにCMEのJPY/USD(6J)(FXとは裏返し)の練行足も出しましょうか。同じ時間帯です。

先物のJPY/USDはFXのUSD/JPYより刻み(呼び値)が小さいので長くなりますし(横方向をかなり縮めましたがそれでも長い)、ウネリの幅のティック数も大きくなります。ウネリが大きいのはスキャルするには有利。

下のチャートはパラメータを変えてみましたが、この方が良いっか。チャートの形はちょうどFXのUSD/JPYの裏返しになりましたが、ここで注目すべきは横グリッドの幅です。10ティックごとにグリッドラインが引かれていますが、幅がFXと先物とぜんぜん違うでしょ。先物のほうが小さい。つまりウネリは大きいということ。刻み(呼び値)の大きさが違うだけのことですが。刻みは小さいほどスキャルはやりやすいわけです。

CMEの先物、JPY/USD(6J)です。

今一度、FXの練行足を乗せます。見比べて見てください。

ただし、これは私の「トレンドを見極めて、その方向の【小波を取る】手法」だとこういうことになるだけのことで、違う考え方の手法ならこのチャートじゃ全く使い物にならないんですね。

でも違う考え方ならそれなりのチャート、売買サインを「(一つ前の日記に書いた)BloodHound」を使えば構築できるし、そのバックテストも簡単。そしてその先には「自動運転」もあるということです。

出来合いの証券会社が配布しているチャートや、有名なMT4にしても「出来ることはかなり限られているという【事実】」をまず理解しないと(とてつもなく)長い時間を無駄にすることになるかもしれない。

またMT4を含む様々なチャートで売買システムが開発されていますが、それをNinjatrader、そして売買サイン開発ツールであるBloodHoundに移植すれば、そこからまた発展させる、煮詰める、売買サインを視認可できることをお忘れなきよう。そして「視認可」させることで、あやふやなサインを排除したり、揺れ動く自分の心もコントロール出来るようになります。

こういうことが出来るのはNinjatrader、BloodHoundに限らず、優秀なチャートや支援システムはいろいろありますが、さて、自分が使っているものはどうなのか、そこをしっかり考えてみてほしいのです。

くれぐれも、削れそうで削れないカンナを使って大工の真似事をしようなんてことはお考えになりませぬように・・・・。

新しいチャートや支援システムを導入するハードルは確かに高いと思いますが、それを超えれば、トレード時に「簡単」「わかりやすい」「頭を使わない」「邪念も排除できる」状態でトレードできるってことなんですね。これなくしてロットを2倍、3倍と増やすなんてことはまず出来ないと思って良いと思います。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

分足、ティック足、練行足の見え方の違い 【相場】” への2件のコメント

  1. ダボさん
    先日はお返事ありがとうございました。今日朝から早速ninjyaダウンロードしまして無事練行足描画することができました。結構時間かかりました。(汗)
    そして10秒足等いろいろ描画いたしましたが面白そうですね。
    日経にも使えそうでしょうか?少し出来高少ないような。
    いろいろ情報ありがとうございます。

    • シグマンさん、コメントを有難うございます。

      NKYですが出来高は小さいです。板としては10-20ロットぐらいまでしかスキャルはできないと思います。

      NKYと大証のNikkei225に動きの差がどのくらいあるのか気になります。

      Ninjatraderでは大証のNikkei225のデータを取るのはちょっと面倒で、証券会社のInteractive Brokers経由かeSignalになるはず。またNinjatraderから売買するにはInteractive BrokersのソフトTWSにぶら下がるようにして使わないとだめで、ちょっと面倒です。

      ちょっとその辺のことを日記本文に書きますね。

      それをNinjatraderの練行足ですが、標準でついてる練行足ではなくて、UniRenkoというのを見つけてそれを使ってください。まるで違います。

      シグマンさんがコメント欄にコメントしていただけると本当に助かります。

      トレードに興味がある方がこのブログには結構多いので、皆さんの勉強にもなるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください