CIMB(プレファード)だけれど頭に来る~~~。これも自分のミスと思うしか無いのか・・・

CIMBにある定期を息子の名義にする(贈与)為にCIMBで(新たには開けないと言われている)口座を開いたのは前に書いた通り。

でもその条件としてインベストメントに付き合ってくれと言われて、それを決める必要もあって昨日行ってきたんですよ。

CIMBに着いたのは10時半ごろかな。プレファードのエリアは空いていてすぐに終わると思っていたんですよ。

ところが担当マネージャーは電話に掛かりきり。終わったと思ったら新しく掛かってきた電話を受けてまたダラダラ話している。

そろそろかなと思ったら、「もうちょっとお待ち下さい」と言って【後から来た客】の応対をしているんですよ。それも次々と3人ぐらい。

一体何をやっているんだ?と思いつつ、40分ぐらい待ち続けたでしょうか。

待ちくたびれた・・・と思いつつ呼ばれたのでマネージャーの前に座って、インベストの話を始めたのですが

【インベスト担当は病欠だから、今日は何も出来ない】

と。(@_@)

これじゃぁ、仏のダボ様も顔色がサッと変わるわけで(笑)、暴れたくなりましたよ。

でも「やっぱりね、CIMBもどこも同じだ。しょうがない」と落ち着きを取り戻した時に

【アポを取ってから来るようにしてください】

ですと。

これって40分待たせてからいうことじゃなくて、前回来た時にそれを言うべきじゃないの?

口を開けばいろいろ文句を言いたくなるので、私は何も言わず頷いてその場を去りました。

これだよ、CIMBのプレファードも。

でもねぇ、マレーシアって私が持っている日本的な価値観とは全く違うのはとっくのとうにわかっていたし、それって実はオーストラリアも似たようなところがあって「確認の上に確認」ってのもよーくわかっていたのに、あぜ道を歩いていたら「肥溜め」に気が付かずに落ちたのと同じで、そこに肥溜を作ったやつが悪いのか、注意の看板を置かないやつが悪いのか、それともやっぱり落ちたやつが悪いのかってのと同じなのね。

落ちたやつが悪い。orz

予定とは「未定」の意味で、約束とは「努力目標」でしかないのはわかっているのに・・・。

マレーシアってかな~~り手強いですね~~~~。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

CIMB(プレファード)だけれど頭に来る~~~。これも自分のミスと思うしか無いのか・・・” への4件のコメント

  1. 災難でしたねぇ。私の場合は、事前アポ取ろうとしたけど、MY担当とまったくTELが通じず。直接Prefferrd窓口でその旨を伝え一番でうやってもらえました。ただPrefferrd窓口もKLCCのよりセントラルのCIMBインベストメントバンクと同じビルの方が対応断然良かったですね。

    • ピスタチオさん、コメントをありがとうございます。

      本当に災難でした。こんな災難を避ける術はわかっているつもりだったのですが、してやられました。(笑)

      私のCIMBの支店はザ・カーブ支店です。あそこはいつも空いていますし、我が家からも近く、担当マネージャーも良くやってくれるのですが安心しているとドツボにはまるのがわかりました。(笑)

      常に緊張感を持っていないと銀行ともまともに付き合えないなんて本当に恐ろしい国だと思います。実質的な損害がなかったのは良かったですが、5人で予定を合わせて行ったのが無に帰したのは問題と言えば問題で、皆が数時間も無駄にしたのを金銭換算したら冗談じゃないと思います。

      でもこれも自分のミスなんでしょうねぇ。

  2. そうなんですよ~
    (思わず 頷いて) 日本は実は一般人が責任感を持ち、洗練された対人マナーをみんなが守れる数少ない国ではないか?と、気づくわけです。
    何事も 2重3重に確認するより 仕方ない。でも 日本でそれやっては 駄目なんですよ!各国でモードを切り替えて生活しないと。なかなかできないのは 保障します。最後はお行のように。

    • ストーブさん、コメントを有難うございます。

      しかし自分にとって生きやすい国って一体どこなのかさっぱりわからなくなっています。

      日本が大好きですが、もともと日本では住んでいられない、息がつまると思って海外に出たわけですから、ジジーになって日本に帰っても大丈夫なのかわからず。

      でも引退していれば煩わしい付き合いもなく、好きなことだけやれば良いのなら日本は良いのかも。

      オーストラリアでもマレーシアでも、その国に合わせた、環境に合わせた生き方ってあると思います。

      でもそういう生き方って、「自分が劣化していく恐怖」も同時にあるのね。これが問題。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo