「民進党議員の言い分」を聞いて思うこと

まぁぐちゃぐちゃで何が何だか分からない状態ですが、民進党議員がテレビの討論会に出てきていうことは

「民進党の綱領と希望の党の綱領に大きな差がない」

というところ。だから「全員丸呑みでも良いはず」ってことなんですね。

でも細かい話を聞いていると無理があるなぁとやっぱり感じます。

そして面白いと思ったのは、先に離党して希望の党に加わった細野豪志氏だけれど、もし「彼の過去の言動が今の希望の党との違いがあるとしたら、彼は今、希望の党にいられないはず」だと。つまり、細野豪志氏がOKならほとんどの民進党議員もOKだという論理。

これって屁理屈に思いませんかね。

私に言わせれば、そもそも細野豪志氏は「魂を売った一人」であるわけで、「勝つために信条を変えた」と見ています。だから彼にどの民進党議員も続くことが出来るというのなら、「皆が魂を売らないとならない」ことになる。そもそも細野豪志氏のあだ名は「風見鶏」で有名だったじゃないですか。そんなことは国民は知っている。

ところが小西ひろゆき議員は「自分の考え方(民進党で貫いた信条)と希望の党とは違いがない」と断言する。だから「希望の党に入っても【そのまま自分の信条は貫く】」と。もしそれが出来ない党なら行きませんよ、と。

松原仁氏は私は結構好きなんですが、自分が長となって都知事選を戦って負けた相手にさっさと鞍替えして民進党は除名。その彼が希望の党を賞賛するのも無理があるように聞こえます。

この辺はそうなのかもしれないと思ってしまいがちですが、もしそれだけ自分の信条、民進党の理念に自信があるのなら「そのまま続けるべき」ってことじゃないんですかね。そこを指摘されると「民進党にはできなかった政権交代が、希望の党と合流で可能となるのならそれでも良い」と。とにかく「安倍政権打倒が何よりも大事で、それが出来る可能性があるのならOK」ってことなんだけれど・・・。

これで国民は納得するんですかね。私には全く理解不能。

自分の信条、民進党の理念にそれだけ自信があるのはわかるけれど、それを国民がどう見たかというのは支持率に出たわけで、「その自分の信条、民進党の理念が国民に受け入れられていなかった」という「何よりも大事な点を無視している」と私は感じるんですよ。

それなのに希望の党に合流して「安倍打倒」が可能ならそれで良いという理屈が受け入れられると思ってるのね。

これって私には「テロ容認」と同じに聞こえるんですよ。

でもテロをすればそれに対する報いもあるわけれだけれど、小西氏は「政権奪取後、自分の理想を求めて活動する」と言う。松原仁氏も細野豪志氏もさっさと移って居座って言いたいことを言っている。

そもそもその理想を追い続けていたのに「支持率が上がらなかった」という事実をどう受け止めているのか、そこが問題なのに、番組のコメンテーター、司会もそこを追求しないのね。

もし小西氏が「いや~~、民進党の指導部が馬鹿で国民にアピールできなかったんですよ」というのなら、なるほどと思えますよね。だから基本理念に違いがない希望の党(彼らの言い分)へ移って政権奪取をするのに「何も問題はない」という理論は成り立つと思う。

でもそうは言わない。

なんだか自分の信条や民進党の理念に賛同してくれず、支持率が上がらなかったのは「国民が悪い」と言っているようにも聞こえるわけです。

とにかく、ここに「全く反省がない」ところが私には不思議に感じるわけです。

テレビなどでこういう番組が増えれば増えるほど、民進党議員が言う理屈がおかしいと感じる国民は増えるばかりで、「そうか、そうだったのか。頑張れ」とは思わないんじゃないですかね。

また希望の党の賛同者も、ああいうおかしな奴らをなぜ取り込むのか。人数は力でそれが大事なのはわかるけれど、何も民進党のあんな人達を入れるべきではないという声も高まってくるはず。

希望の党は「しがらみ政治からの脱却」を言っているのに、民進党と妥協をしたらそれこそが「新たなしがらみを生む」ことになるはず。

10月の2日に「第一次公認名簿」を出すと言っていたけれど、明日にずれ込んだ。そりゃそうだろうと思いますわ。

それは足切りの基準、踏み絵の絵がはっきり決まらないということだとも思うわけで、その後、一人ひとりを吟味する時に、それぞれの微妙な差を考慮して線引きなんか本当に出来るのか。

小池さんは「政権交代」を口に出すけれど、それが本音には見えないし、若狭さんも過半数は無理だと思うとはっきり言っている。でも民進党は「全員公認してくれれば可能だ」と。これって笑い話じゃないですかね。地獄で死にそうになって喘いでいるのに、私達を全て受け入れれば天下をとれます、っていうのと同じ。

あんたたち、自分の力で地獄を出なさいよ、そのやる気、努力に国民は心打たれるわけで、他人を利用して生き延びて、それで安倍打倒すれば良いなんて、もしそれが可能でも政権担当能力は無いでしょう。過去と同じことが繰り返されるだけじゃない?でも彼らは「自分に絶対的な自信」を持っているのね。そこが一般人と違うところだと私には思えるんですよ。政治家って投票で決まるわけで、それって芸能人の視聴率と同じで、視聴率が低いのに「俺は凄い」って自画自賛しているのと同じじゃないですか。

希望の党は維新や公明党との関係もあるわけで、民進党のワガママをそのまま受け入れることが出来るわけもない。でも民進党はそれを押し付けようとする。まさになりふり構わない自分の都合だけで動く人たちという印象が益々強くなります。

彼らの「民進党と希望の党との綱領に大きな違いがない」という理屈も、今までのてんでバラバラの民主党、民進党らしい理屈に感じます。あれほどいろいろな人がいたけれど「基本は同じ」だと言い張る。

そうだよね、みんな同じだったよね、なんて思っていた国民っているのか?

自分たちが自分たちの存在を正当化するために使っていた屁理屈を、同じように希望の党との合流に使っている。

そもそもこういう民進党に期待できないってのが国民の声じゃないんですかね。でもそれを反省せずに、同じ理屈を希望の党に持ち込もうとすれば、それは国民が「なんだ、第二民進党か」と思うだけで、それを小池さんは何よりも嫌がるはず。

民進党には支持率が上がらないことに対する反省もなければ、未だに自己愛に酔いしれるばかりで、それを希望の党に認めろと言っているように感じます。

小池さんの言う「政権交代」は彼女特有の「一つの話」でしかなくて、本当にそれを狙っているかどうかと言えば、そうではない部分が見える。彼女が批判を恐れて自分は立候補しないというのもそれが理由でしょう。でもある程度の勢力を作り、オリンピックも成功させて、そして「次は出るわよ」ってところじゃないだろうか。

でも民進党はもう後がないわけで、「いや、協力すれば絶対に政権は取れる」と小池氏説得に動いているような。そしてフィクサー小沢氏もそう動いているんじゃなかろうか。

小池さんの凄いところは「機を見るに敏」という才能であり、「民衆が何を考えているか、何を欲しているか、どうすれば喜ぶのか」を瞬時に見極めて、それに合わせて言動を決める人。そこを民進党は欲に目がくらんで見えていないと思うんですよ。

民進党は「俺達は利用されただけ」だと早く気がつくべきでしょう。小池さんは落ち目の民進党議員が喜ぶようなことは一切考えていないと私は思う。彼らをどう利用したら自分にどういう利益があるのか、それだけのことでしょう。

どうもやっぱり小池さんは「出て来る」という予想をする人が多くなってきたようですが、私は「今回は出ない」と思っています。日増しに小池さん本人、希望の党の脆さ、民進党議員の異常さが露呈してくる今、民進党の泣き叫ぶ声を聞いて動いたら、自身の芽も摘むことになると考えるんじゃなかろうか。

でもここである程度の地盤を作り、与党に脅威を与え、そして次回を目指して自民党の中にさえも手を突っ込むような作戦を立てた方が「小池総理誕生」の芽があるような気がします。また彼女は自民党と本当に真正面に戦う気はないはずだと私は思っていて、自民党を利用しようと考える人じゃないかと。かつて細川氏、あるいは村山氏が総理になったときのことも彼女はよーく知っているはずで、無理やり過半数狙いはしないと私は思う。

東国原氏が面白いことを言っていました。彼女は今回は出ないと。そしてもし選挙後「機が熟した」としたら、誰かを引きずり下ろして「補欠選挙で出馬」という手もあると。

政治の政界は一瞬先は闇。どうなりますか。

ただ私としては、世界は中国の大会が終わるのを待っているし(10月18日)、11月にはトランプ大統領も来る時に、安倍さんがいないってのはかなりややこしいことになるんじゃないかと。

北朝鮮問題も侮るべきではないし、トランプの腹の中も全く読めていない総理が誕生したら・・・・。また習近平もこの大会にすべてを掛けているはずで、今と終わってからはかなり中国も変わるはず。

そんな時にややこしい外交問題を「わけのわからない新人や、今まで立候補したけれど落ちてばかりいた人、あるいは民進党から来た議員」に任せられるのか。

消費税はまた先送りだなんてのも、それは財務省の力、圧力をまるで知らない部外者の言うことであって、それが簡単なら安倍さんも増税だ、使い方変更だなんて言わないはず。大体、なんで安倍さんが最初の約束を守れずに緊縮財政を続けているのか、その辺も考えるべきだと思うんですよ。総理ならなんでも出来ると思ったら大間違いでしょう。

この数日、一週間でまたいろいろ起きるんでしょうね~。どうなりますか。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *