「(日本の)松坂牛」のステーキ

様々な牛肉を手に入れて食べてみていますが、今回は松坂牛です。もちろん日本の松坂牛。

日本から入ってくる正真正銘の和牛は一般の小売店では売っているのを見たことがありません。売っていたところでマレーシアで売っているオーストラリア産和牛より高いはずですが、輸入商から買うことによってどうにかできるんじゃないかと試行錯誤しています。

ただ日本産の和牛でも「A5」だとか「良い部位(サーロイン、ヒレ、リブアイなど)はやっぱり高すぎますし、「日本で良いとされる牛肉」と「オーストラリア牛に慣れている我が家が美味しいと思う牛肉」って違うんですね。高ければ良いってもんじゃなくて、あまりに「霜降り」が強い肉はマグロの大トロと同じで「オエっ」となることが多い。また「噛みごたえがない牛肉」が良いとも思わないわけで、「柔らかくて美味しい~~~♫」みたいな感覚は我が家にはありません。

でも「和牛香」と呼ばれるあの和牛の味は欲しいわけです。そして安くなければ駄目。

そんなうまい話があるのかってことですが、我が家の好みを輸入商に話したところ、勧められたのが先日書いた「かぶり(リブアイの周りの肉)」であり、今回の「松坂牛」。

松阪牛って高いんじゃないかと思っていましたが、今回の松坂牛の部位は「ランプ(腰肉)」です。ランプってオーストラリアでは「安いステーキ」の代名詞で、ステーキハウスで食べても「安くて大きい」のが特徴。でも日本でランプのステーキって食べたこともなければ肉屋で買った覚えもなくて、どんな肉なのか楽しみにしていました。

塊はこんな。1.5キロぐらい。価格はスーパーで売っているオーストラリア産和牛より安い。

これをかなり分厚く切ってみました。できれば鉄板で焼いたようなステーキではなくて、直火で焼いたような「厚いクラスト」を表面に作りたかったので、薄いと中まで火が通ってしまうので「レア」好きの私にはうまくない。

5センチ程度の厚さのものを塩コショウだけして「じっくり」焼いていました。でもそれは外側だけで、中は血の滴るようなレアです。

予定したほどではありませんでしたが、それなりに「厚い」カリカリした外側に焼きあがりました。それにニンニクを揚げたものを乗せ、味がしっかりわかるように「ポン酢+大根おろし」で食べてみることに。

私好みに焼けました。中は真っ赤っ赤。(笑)

う~~む、もう少し焼いたほうが良かった(笑)。外側は歯ごたえがしっかりあるクラストを作りたかったので、そこまで焼くと中も焼き過ぎになるような気がしましたが、そうでもなかったってことですね。

かなり美味しいと思いました。というか我が家が欲しかったのはこういう肉。和牛の味はちゃんとしますし、固くはないけれどそこそこの歯ごたえがあるし、そして(和牛としては)安い肉。

こういうランプって今まで食べた記憶がありません。オーストラリアのランプ肉は安い、大きい、硬いのが普通で、「霜降り」なんて皆無の赤肉。でもこの肉はかなり霜が入っていました。でもいわゆる「特上カルビ」みたいに脂の方が多くね?みたいなことは無い。(笑)

ランプ肉って「安い焼肉」でも使われるはずで、家庭の焼肉用に「薄切り」してある肉でもランプ肉は多いはず。

ということで、焼肉用にちょっと厚めに切って焼いてみることに。

こんな霜降りのランプ肉って見たことないとあらためて思いましたが、これ、焼肉が一番あう感じ。ただ我が家では煙を出せませんから焼肉と言っても鉄板焼きになるのですが、それでもかなり美味しいと思いました。炭火で焼いたら抜群のはず。でもどうにもならず。

このように切ると「柔らかさがはっきりわかる」と思いました。ランプ肉ですから「口の中でとろける」感じはありませんが、ちょっとこれほど柔らかい肉って最近食べたかな?みたいな感じでした。

今まで日本の和牛は「A4のサーロイン」「A4のかぶり」そしてグレードはわからない「松坂牛のランプ」を試しましたが、価格的にはA4のかぶりがスーパーの無印オーストラリア牛よりちょっと高い程度(豪州産和牛より安い)で安く味的には2番め。このランプはそれよりちょっと高いけれど一番美味しかったかも。意外や意外だったのがいわゆる高級な「A4のサーロイン」が高くて美味しくなくて「霜降りが強すぎるし」コスパが悪かったという結果です。

そもそもこの松阪牛のランプは「ローストビーフ用の安い肉はないか?」と聞いて手に入れたものですが、この霜降り状態だとローストビーフ向きじゃないんですね。多分、和牛だと「もも肉」の方がローストビーフに合うのかもしれない。でもそれが手に入るかどうかはわからず。

とりあえず、今回の松坂牛のランプは、スーパーで売っているオーストラリア和牛より安くて美味しいと思いましたので、満足です。

ただし、これらの肉は「冷凍」で輸入されますし、家での取扱の関係もあり「劣化している」のは受け入れないとしょうがない。でも我が家は「冷蔵モノじゃないとねぇ」なんていうコダワリは全く無いので問題なし。

ところで、私は「何をどこから手に入れたのか」を隠すのが好きではなくて、どこの店でいくらで売っているかは必ず書くのは皆さん御存知の通り。

ですから何度か書いている和牛ですが、これの輸入商の詳細を書きたいのですが、輸入商(マレーシアンチャイニーズ)が「ブログに書くのは勘弁して欲しい」と言っています。我々が知っている料理屋に卸すこともしていますし、やっぱリ立場があるんでしょう。でも小売は一切しないというわけでもないので、興味があるかたは「本名と電話番号」を書いて私にメールをください。そのご、輸入商から連絡を入れてもらうように出来ます。面倒な・・と思いますが、興味本位の方を排除するためにそうさせていただきます。

また日本から様々な和食材(生の魚介類を含む)を輸入している輸入商も何社か知っていますが、彼らも「ブログに書くのはやめて欲しい」と言っていました。忙しい時間に来られては困るし、またスーパーみたいに倉庫を見て回ってこれを一つ、あれを一つって買い物をされては困るものの、「現金でのまとめ買い」には応じるのが普通ですので、ご興味のあるかたはメールをください。

また何人かでまとめて買うのも良いわけで、その案があるのなら私も参加させていただきますので、ご興味がある方は連絡をください。

ただし、彼らは輸入商ですから、それなりの量をまとめないと駄目なんですね。肉だとすれば最低4キロぐらいとか。食材卸ではお酒だとすれば6本以上とか、総額で1000リンギ以上とか、ま、その辺は常識的に考えれば良いと思いますが・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「(日本の)松坂牛」のステーキ” への10件のコメント

  1. いや~待ちに待っていた情報に会いました。
    お久しぶりです、ブログはいつものぞかせて頂いてます。
    和牛肉食べたいですね。いつもは豪州でパックされたひれ肉の2kg前後の塊を買っています。食事量はダボさんの半分くらいなのでステーキ2回、焼き肉1回すじ肉カレー1回計4回を妻と2人で楽しんでいます。まあまあの肉に当たるのは4回に1回くらいであとはテンダーといえどもきめの粗い、堅い肉を食べています。妻は歯が悪くなったら食べれないねといつも言っています。ぜひ教えてください。

    • 倉林博史さん、コメントを有難うございます。

      この手の話には「一切コメントがつかない」のが普通で、ま、それでもいいかと思って書きましたので、倉林博史さんのコメントにびっくりしました。(笑)

      テンダーロインがお好きなんですか?我が家とは随分違う。(笑)

      (日本の)和牛のテンダーロインだとかなり高いことになるんじゃないかな。豪州産和牛より2,3割高くなるはず。つまりキロ単価600リンギは超えるかも。

      我が家は美味しくても高い肉は嫌なので、どこで妥協できるのかを探していますが、今のところA4の「かぶり」と今回の松坂牛の「ランプ」は良いと思いました。それぞれキロ330リンギ、400リンギ程度ですから。

      でも問題は倉林博史さんのお口にあうかどうか。我が家はグルメでもないし、オーストラリアに長かったから「日本人が思う良い肉」って食べ慣れていないんですよ。趣向も微妙に違うはず。

      だから我が家で美味しいと思う肉も、一般的に日本人に言わすと、なんだこれ?の類かもしれません。あるいは私がこれは無理だと思ったA4のサーロインが良いのかもしれませんし。私はおっしゃるように「食べる量」が凄いので、A5でサシが入ってるねぇ、なんてのはオエッってなるんですよ。大トロと同じで、1-2貫食べれば満足するタイプじゃありませんし(笑)。でもそういう食べ方をすればそのA4のサーロインも美味しいのかと思ったり。

      スーパーで売っているオーストラリア産の和牛も高いやつはかなり美味しいと思いますが、歯ごたえがちょっと日本の和牛と違うと感じます。その点、日本からの和牛は豪州産和牛より「ちょっと美味しい程度」だけれど「柔らかさが違う」って感じでしょうか。

      倉林博史さんはどんな肉に興味があるんでしょうか。やっぱりテンダーロイン?

  2. 美味しそうな和牛ですね。我が家も大体牛肉はオーストラリア産の和牛を購入していますが、日本の和牛はマレーシアのスーパーでは手に入りませんから、是非、詳細を教えていただけたら嬉しいです。
    自分もダボさんと同じで結構料理が好きなので、日本の和牛が手に入れば、レパートリーも広がるかも・・・っと思っています。

    • hirokazuさん、コメントを有難うございます。

      私が見つけたルートからの日本の和牛がどれだけのものかというのは、日本の事情が全くわからない私にはなんとも言えないところです。でもま、試してみる価値はあるかと。

      詳細うんぬんですが、私の今回の日記を良く読んでください。普通の商店とは違う個人の輸入商ですし私にはその「卸商」である業者を守る必要もあるという点、その辺は是非ご理解ください。

      • 業者の件、承知致しました。
        日本でも卸し専門の業者から個人が直接買うの事は出来ませんから、ダボさんが何をおっしゃりたいのか、理解しているつもりです。

        スパーやデパートに行けば、何でも手に入る日本とは違い、マレーシアでは本当に色々苦労があります。
        先日もどうしても青海苔が欲しくて、探すのに苦労しました。普段はKLCCの伊勢丹で買えるのに、ちょうど在庫切れ。Lot10もJayaもなく、結局Big まで・・・
        オーストラリアの和牛も、ハラルだからなのか、どこで買っても味が薄く感じてしまいます。
        オーストラリアで食べる牛肉は美味しいのに、何が違うのでしょう?
        数年前に比べると格段に日本の食材も手に入りやすくなりましたが、やはり肉や魚はまだまだ・・・っと思っています。色々な規制があるのも理解できますが、たまにでいいので日本の味が楽しめたらと思っています。

        • hirokazuさん、ご理解いただけますでしょうか。

          この業者は一切広告宣伝をしておらず、私も友人から紹介を受けたのですが、すんなり売ってくれるタイプではなくてちょっと苦労しました。ですので、紹介するにしても私から電話をかけて「友人が是非と言っているんだけれど対応してもらえないだろうか」と聞く必要があります。

          それでも「あまりやりたくないんですよね」なんていう卸もいるわけで、彼は大丈夫だとは思うものの付き合いを大事にしたいので単に「電話をかけて聞いてみたらどうです?」ってわけにはいかないのです。

          よろしくお願いします。

          こちらに入っているオーストラリアの牛肉が美味しくないということですが、店によるんじゃないですかね。前に日記に書きましたが、マンダリンオリエンタルのGrillで食べたオーストラリア産和牛がイマイチで、B.I.G.やBSCのJasonsで売っている(同じ業者)の豪州産和牛の方が美味しいと思ったことがありました。

          またオーストラリアの業者も、マレーシア向け品質ってのを選んでいる可能性がありますね。香港やシンガポール向けとは違って当たり前でしょうし。

          マレーシアの食ですが、やっぱり卸商を使わないと難しいですね。以前、生の穴子やナマコ、大型のボタンエビなど小売店でも和食店でも扱っていないようなものを買いましたが、たまにそんなことをするだけでかなり食生活が変わると思います。塩イクラや明太子は500グラム単位ですが、常時冷凍庫に入れておけば幸せ。(笑)

          活魚は買えるのかどうかわかりませんが、本マグロでもシマアジでもキンキでも、考えつく魚はほぼ手に入るので良いと思います。

          • キンキやシマアジがマレーシアで手に入るなんて夢の様な世界ですね。
            流石に自分の腕では上手くそれを活かせるか自身はありませんが・・・。
            明太子は大好物で、いつも伊勢丹の物産展などの時に1kgほどまとめ買いするぐらいですので、量的には全く問題がなさそうです。
            業者の方からの了承が得られたらでいいので、メッセージいただけたらありがたいです。
            ちなみに、自分がマレーシアに来た当初に先輩に教わったのは、レストランではシェフやマネージャーと仲良くなれ!でした。
            出てくる物が全く変わります。
            それは高級ホテルや高級
            店でも同じで、やはりココは東南アジアなんだとも思います。

  3. hirokazuさん、コメントを有難うございます。

    日本食材(魚介類、冷凍もの、その他雑多ないろいろ)を輸入している業者ですが、すぐにでもご紹介できる会社が一社あります。そこの社長と話をした時に「ブログに書くのはやめてくれ」と言われましたが、「日本人客が欲しい」のははっきり見えました。

    そして彼が気にしているのは「卸問屋」とはどういうものか知らない一般消費者が来たら困るってところなんですね。でもそういう消費者でも「曜日と時間」を決めてくれれば「普通に買い物ができるようにアレンジする」とも言っていました。

    つまり「暇な時間帯」であれば、「買い物かごを下げて倉庫の中から好きなものをピックアップして買っても良い」という意味。

    それこそ味噌醤油からお酒、なんでもあるのでそれも良いなぁと思っていたのですが、そういう買い物に興味がある人たちを集めることが私にはできないし、そもそも友人がほとんどいない私ですからどうしようもありません。(笑)

    この業者なら誰が買いに行っても大丈夫なのですが、「商品をまず見せてくれ」なんてことは頼めませんし、「これを一つください」ってのも駄目なんですね。基本は「ケース買い」ですし「リストを見て注文する」か「(自分が欲しい商品が)あるかないか聞いてあると言えば買う」しか我々に選択肢がないんです。

    実際に、「これ失敗したなぁ」というのもありますが、「これはいらない」「あれは欲しい」と普通の感覚で買い物をする客は彼らはいやがるわけです。

    ですから行く前に「リストを見て決めてから行く」ことになります。

    この業者は大手のスーパーにも卸していますし、大手のレストランは当然のこと、小さな店に小さなロット販売もしています。でも「一個二個単位」で買うのはちょっとむずかしい。

    この業者をお教えすることは出来ますので、古いリストであればそれと共にお送りします。

    ただし、ここが難しいところなんですが、その業者が持っているものって「品質的に問題がある」と私は感じるんですよ。例えば「いくら醤油漬け」とか「明太子」「明太子チューブ入り」とか何度か買いましたが、日本料理屋向けというより「なんちゃって回転寿司向け」みたいなんですね。ローカルの小さなレストランが使う食材みたいな。

    ところが日系の大手の卸業者が持っているのは「良いものが多い」んです。でもその手の業者はちょっと買うのにハードルが高い。そして本マグロやブリ、シマアジ、キンキじゃなんじゃかんじゃと「なんでもある」ので、その業者から買うのが一番なんですが、私も結構苦労している状態です。

    注文は当然、「事前に注文」の形になります。そして3,4日のうちに「築地から送られて来る」ことになります。でもその商品を見て、「これならいらないや」ってのも出来ない。当たり前ですが。

    友人の板前に聞くと「あれはこの業者、これはあの業者」と決めているし商品の違いをちゃんとわかっているのね。でも我々にはそれがわからないし、「一発勝負」になってしまいます。(笑)

    でも我々がマレーシアの高級日本料理屋で見るような食材は全てありますし、リストを見ると「こんなものまであるのか」とびっくりします。でも彼らはそれを在庫として持っているわけじゃなくて、日本から空輸するわけですから「なんでもある」のは当たり前なんですね。

    hirokazuさん、いつか私が買いに行く時に一緒に行ってみます?

    まずは最初に書いた「行きやすい卸業者」に。大きな倉庫にありとあらゆるものがあってぶったまげるはずです。

    • お返事遅くなり申し訳ありません。
      出張が重なり、多忙でネットを見る暇もありませんでした。
      実はせっかくダボさんから色々情報を頂いたのに、ベトナムへの転勤が決まり、あと2週間でハノイに出発しなければなりません。
      時間無いので、今は引き継ぎや色々な手続きに追われる毎日です。

      ハノイ・・・マレーシアに比べると更に日本食材が手に入りにくいという事を同僚から聞いているので、どんな生活になるのか不安ですが、サラリーマンですから仕方ないですね。
      しかし、自分はマレーシアの生活が結構気に入っていたので、本当に残念です。

      これからもダボさんのトレードや政治関係の記事を楽しみにしています。
      貴重なお時間をお取り頂き本当にありがとうございました。

      • hirokazuさん、コメントを有難うございます。

        転勤ですか?大変ですね~~。

        ハノイで日本食と考えると大変そうですが、ハノイにはハノイの良さもたくさんありそうですし、ぜひとも思い出に残る素晴らしい人生を送っていただきたいと願っています。

        また思い出したらいつでもお遊びに来てください。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *