「2pips狙い」をするなんて、私は書いたことは一度もない 【相場】

あらためてはっきり書きますが、私は

「2pips狙いをする」なんて、私は書いたことは一度もない

のです。ここははっきりしてください。

私はそう書いていないのに、勘違いする方が続出しています。今更始まったことじゃないですが。(笑)

ではなぜ2pipsのことを書くのか?

「2PIPS抜けていればそれで全く問題がない」

ってことなんですよ。

この辺が理解できないから勘違いするんでしょうね。

普通の人はFXにしても「2PIPS抜いてもしょうがない」と思っているからだと思います。

それだけ「大きな値幅を抜かなくてはならない」という思い込みが「すべての人にある」んじゃないですかね。

「利益は【値幅】ではなくて、ロット数を増やして出すもの」

だというふうに私は考えていますが、そこのところが理解できないと、「2PIPS程度抜いても何にもならない」と思うはず。

そこが問題だ、と私は書いているんですよ。

特にスキャルピングの経験もない、理解していない人には全くわからないのかもね。

逆に「確実に2PIPS抜ける手法を持っていないと大きくなれない」「勝ったり負けたりするようならスキャルはやめたほうが良い」ということでもあります。

それと多くの人は

「勝ったり負けたりするのは当たり前だ」

とも思っているでしょ?ま、それはそうなんですが、それを容認してはダメだってこと。一回一回のトレードで勝ち負けがあるのは当然ですが、一日のトータルでそんなことを延々繰り返しているといつまでたってもロットは増やせないし、パチンコへ行って「勝った負けた」とやり続けるギャンブラーと同じになってしまうのね。

2pipsをばかにするんじゃなくて、(一日のトレードの平均勝ちPIPSは)2pipsは何が何でも死守しなければ大きくなれないんですよ(でも2PIPSを抜くために大きなドローダウンを受け入れるなんて馬鹿な方法も駄目)。

ま、好きにやっていればよいのですが・・。

それと目の前の波動が10-20PIPS(あるいはティック)が動く波動、先物っていろいろあるわけですが、その中で「2pipsしか抜かない」なんて馬鹿なこともありえないんですよ。10でも20でも50でも「抜ける時には抜く」のが当たり前じゃないですか。

でも「基本は2pips抜ければそれでOK」だってことなんですよ。ここで「たった2PIPSでも抜ければ、この自分の手法で良いんだ」という自信を持つことが何よりも重要で、それさえ勝てなければ絶対に大きくなれないし、2PIPS抜く自信もないのにロットを大きくするのはただのギャンブラーでしょう。

これが理解できていない限り、私がここに書いていることは「全く意味がない」ことになります。

「スキャルの基本は【目の前の波動で勝負する】こと」だと私は考えていますが、目の前の波動が5-7pipsしかないのが延々と続くことが特にFXだとあるでしょ。それなのに「多くの人は10-20pipsを抜こうとする」。これって「とんでもなくおかしな考え方で、自分の【願望】【欲望】をコントロールできていない」ってことだと私は考えます。

「釣りに行って、そこには小魚がうじゃうじゃいるのに、それを馬鹿にして【大物狙い】をする」のが【普通の人】なんですね。この気持は私だってよくわかります。でもそこの考え方を変えない限り「スキャルで大きくなることはありえない」んです。

「大物が釣れるのは【偶然】であって、大物釣りを狙うべきではない」

という考え方です。

これは実は中長期投資も同じで、「大きく値が動いている場所だけ見て」これをどうやって取ったら良いのか考えるでしょ。そんなに世の中うまく行きますかね?

私もそれを取る、大きな波動を見つけることに半端じゃない年月を費やしましたが、(私の結論では)それは【不可能】だったんですわ。

でも「眼の前の小魚をどうやって捕まえるか」と考え方を変えたところに活路を見出したわけです。

それでも「大物を釣り上げたい」という「身勝手な願望」を消すことは出来ないのね。それだけ人間の欲望ってわがままで強い。

でもその願望を消し去ることが出来れば「活路が開ける」ってことでしか無いんですわ。

だから「2PIPS抜ければそれで良い」と私は常に自分に言い聞かせるし、初心者の息子にもそれを常に言い続けています。

でもこれって実戦ではなかなか難しいのね。大きな波動の中で小さな利幅しか取れないと「俺は馬鹿だ」なんて思うのが普通ですから。小幅でも「勝つことが重要」なのを忘れちゃうのね。だから息子には「昔の武将になったつもりで挑め」と常にいっています。「負けは死を意味する」わけですから、そのぐらいの気構えでやってほしいわけです。そして「勝てるのなら2PIPSでも構わない」わけです。そしてそのための手法構築、チャートセッティング、対象選びが重要になるんですね。でも2PIPS抜きの設定にするのではないってこと。

余談ですが、随分前にテレビ番組にFXの世界では有名らしい「三空」というトレーダーが出ていました。そして彼が私と全く同じことを言っていたのに驚きました。「2ピップス抜いて、一日の目標は20ピップスだ」と。それで9桁の資産を作ったと。

ほ~~、わかってるじゃんと思って(笑)、彼の事を調べていた時に、「ネット上でリアルタイムトレード対決」みたいのがあったのね。それではなんと彼は下げトレンドを無視して「この辺で反転するはずだ」と逆張りを仕掛けた。ところが値は落ちるばかりで彼は2-3回ナンピン買い下がりをしたんです。あらあらあらと思ってみているうちに彼は「大損を出して損切り」した。

なんだ、全くのド素人じゃないかと思ったわけ。(笑)

言っていることとやっていることがまるで違っていました。それ以来、一切彼のことは忘れましたし、彼が実際に「通常」ではどんなトレードをするのかも知らないし、なぜ「カリスマ」と呼ばれるようになったのかもわからず。多分、FXを普及させたい「思惑を持っている連中」が彼をカリスマに仕立てただけかな?なんてことを想像していますが。(笑)

ま、考え方もトレードスタイルも人それぞれで、万人に共通の「これがベストだ」という正解はないんですね。

でも「私の中には正解がある」んですよ。それは理屈じゃなくて実績。それが無ければ今の私も無いわけです。

そして「2PIPS抜けていれば全く問題がない」「それが出来なければスキャルはやめたほうが良い」ってこと。

自分の「中途半端じゃなく強い願望、欲望を抑えるため」に、「2PIPS抜ければ良いんだよ」と私は言い続けるわけです。

でも私は「2PIPS狙いでトレードするべき」とはいままで一度も書いたことはないんですね。

そんなの当たり前じゃないですか。(笑)

でも世界のスキャルパーの多くはそういうこともやってるのね。でも私とは全く違う手法のはずで、そのやり方は私は全くわかりません。

私としては皆さんも私と同じような考えたを持つべきだ、なんて全く考えていませんし、トレードに関する考え方もスタイルも10人いたら10人まるで違うのね。そしてそれって「これが自分に一番あっている」とそれぞれが信じているはずで、私はそれを否定しようとも思わないし、「どうあるべきか」の議論も机上の空論も「全く意味がない」と考えています。

ただ私は自分が見つけたやり方、かつてそれでやっていたスタイルでマレーシアで次のレベルを目指そうと思っているだけで(世界的な金利低下で収入も激減していますし 笑)、これからもそれでやっていこうと思っているわけです。他のやり方では私は勝てませんから。そして息子には「それだけ」を教えてやっています。彼が紆余曲折を(自分で)経験して彼のスタイルを見つけるのを見守るほどの私に残された時間的余裕はありませんから。

そしてそれをここに書くのは「もしかしたら他のトレーダーにヒラメキやブレイクスルーを与えることが出来るかもしれない」と思っているからで、全く理解できない、全く違うと思われたとしてもそれはそれで全くかまわないわけです。

それぞれが「勝てている手法」でやれば良いだけのことでですが、ただ机上の空論だけは排除したいと思っています。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「2pips狙い」をするなんて、私は書いたことは一度もない 【相場】” への4件のコメント

  1. いつも勉強させていただいております。自分は、失敗しても2pipは取れるだろうという自信のあるところで入り、読みが当たっていればそのまま伸ばすという風に理解しています。ダボチャートのおかげで、少なくとも2pipは確保できる安心感を得て、恐怖で相場に入れないということが減りました。非常に小さな波にも乗ってしまうことがあるのでまだまだですが。今後ともよろしくお願いいたします。

  2. にーふりさん、いらっしゃいませ~。コメントを有難うございます。

    >自分は、失敗しても2pipは取れるだろうという自信のあるところで入り、読みが当たっていればそのまま伸ばすという風に理解しています。

    全くそのとおりですね。私もそう書けば良いんですが、ジジーの頭ではそこまで気が回りません。(笑)

    小さな波に引っかかると何をやっても駄目ですね。そこをどう逃げるかは永遠の課題ですが、だからこそFXなり先物でも「トレード対象ありき」じゃなくて、うねりも大きくて自分のチャートに乗りやすいトレード対象を探すわけです。なおかつ大きく動く時間帯ってだいたい決まっていますので、そこに集中する。

    欧米のトレーダーの多くは、アメリカ時間の7時半頃から見るようにして、でも本格的な取引が始まる9時頃は場が荒れることが多いから静観して、そしてお昼前に終わらせるトレーダーが多いように思います。そしてその時間帯って、まさにヨーロッパ時間とアメリカ時間が重なるとき。世界中のトレーダーが参加する時間ってことですよね。

    またいつでも遊びに来てください。m(_ _)m

  3. ご無沙汰しております。
    最近、マーケットに関する話題が増えてきて一読者としては嬉しいかぎりです。

    個人的に2pipsの大事さを共感いたします。

    例えば平均1か月(20営業日)×2pips =トータルで40pips
    これでもロット数によっては十分な収益といえます。

    場中で大きく取れるに越したことはないのですが、
    保有中のポジションはボラティリティリスクにさらされますので、
    短期的に確実性の高いところをとる(または逆行したら切る)という
    意識は個人的に理に適っていると思っています。

    リスクリワード比を考えた戦略は、実績やデータによって表面化されますが、
    2pipsを絶対的にとるという意識がロットを増やすことが出来るとも言えます。
    例えば大ロットで20pipsの損切って取り返すの大変だと思います。

    一つのポジションに固執せず、淡々とポジションを構築して
    Exitする行為は自分のトレードを認める意識が必要で、
    性格的なものやトレードの経験が大事なのだなあと感じております。

    あくまでも自分にあった方法が一番ですが、
    大変参考になる記事をいつもありがとうございます。

    • ひいさん、コメントを有難うございます。

      私の2PIPSは一回のトレードの「絶対確保ノルマ」で一日のノルマではないのですが、まぁ、この辺はどうでも良いんですね。「小さい値幅でもかならず勝つ思い」が重要という点では同じ。

      とは言いながら、2PIPS取ってどうするんだよといつも思ってしまうわけで、自分の欲の深さにはほどほど呆れてしまいます。(笑)

      2PIPSに関してはもう一つ書くことがありまして、チャートの関係。チャートを見やすくすればするほど「正確さが失われる」わけで、そのトレードオフをどの辺で妥協するかが問題。

      ここで「2PIPS取れれば良いのだ」とすると、チャートづくりが楽になるんですね。でも小さなうねりに乗ってしまうと負けが出やすくなるので銘柄選びも難しくなってくる。

      ま、大きなうねり、トレンドができれば「どんな手法でも勝てる」という根本的なところからは逃れられないのですが・・。

      またいつでも遊びに来てください。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *