Hilton Hotelでの食事が半額になる「Hilton Premium Club」に入る?

このブログでは過去に何度か書いたことがありますが、「ホテルチェーンがやっているプレビレッジクラブ」に関して。

ホテルがやっている「プレビレッジクラブ」のベネフィットは?

競争が激化するホテル業界で「顧客囲い込み作戦」をやっているんですね。これは「宿泊するとポイントが貯まる」というシステムのあれとは別のもので、「年会費を払って入会するタイプ」のシステムです。

歴史的にはかなり昔からありまして多くのホテルグループがやっています。ただそれをやっていないホテルグループもありますが、殆どがやっていると言って良いと思います。

この会員になるベネフィットはどこも似ていて(大本の会社がこれをホテルチェーンに売り込んでいるから)、かなり使いみちがあると思います。


食事の割引

これが私が一番嬉しい権利で、大体こんな感じ。

◯ 1人で行くと25%引き
◯ 2人で行くと50%引き
◯ 3人で行くと33%引き
◯ 4人で行くと25%引き
◯ 5人で行くと20%引き
◯ 10人以上だと10%引き

みたいな。ただし

◯ アルコール類は除外
◯ 税金分は割引にならないところもある(税金分だけ別途計算してチャージする)


無料宿泊

大体1泊分ですが、このバウチャーがあるのが普通。


宿泊の割引

何泊しても割引がある。第三者に譲れるバウチャーもある。


その他もろもろ

これはホテルチェーンによって違いますが、いろいろついているのが普通。ゴルフの割引とか。どちらにしても、ホテル内での食事、お茶、ケーキを食べるにしてもほぼ全てが割引対象なので良いと思います。ただし、アルコール類は除外。

同じチェーンならどのホテルでも使えるのか?

これも時代とともに変化してきまして、以前はあるホテルチェーンのそのクラブに入ると「海外のホテルでも使えた」のが段々と「地域限定」になり「一つの国限定」になったり、また同じ国でもそれが使えるホテル使えないホテルがあったり。そして一軒のホテルでしか使えなかったり。

また使えるホテルの中でも、それに参加していないレストランがあったり。特に和食店。

また使えるレストランでも「活魚は除外」とか、中華店でも「フカヒレ、アワビ、ロブスターは除外」とかいろいろある。

「ヒルトンホテルのPremium Club」

これの詳しい内容はPremium Clubのサイトを見てください。

Hiton Premium Club

会費は?

どのホテルチェーンでもこの会員権は有料で、年会費を収めないとなりません。ただこれは1年ごとの会員権で、それを持ち続けると毎年チャージされるということではなく、一年で権利は消滅。続けたければ継続の手続きは自分でしないとならないので、知らないうちにチャージされ続けるということはありません。

会費ですがそのホテルチェーンや地域、国によって違いますが、大体「2万円前後」です。

どのホテルチェーンでも期限が切れる頃になると電話が掛かってきて「継続していただけませんでしょうか」と言われるのが普通。「あまり使わなかったし、もう止めようかと」なんていうと「こういう特典を付けますからお願いします」と食い下がってきます。カードをもう一枚くれて本人以外でも使えるようになったり。ですからもし継続の意志があっても「もう止めようと思う」なんて言うのも良いのかも。(笑)

また「ご友人を是非ご紹介ください」ってのも結構言われた経験があります。紹介すると特典が付いたり。

注意点

注意しないとならないほどのことは無いと思いますが、上に書いたように「自分が行きたいホテル、使いたいレストラン」が間違いなく対象に入っているかのチェックは必要です。

それとこの権利を使う時には「店に入った時点でそれを伝える」必要があります。会計時に突然言うと何か具合が悪いことがあるのか?なんて下衆な私は色々勘ぐってしまうのですが(笑)、決まりは決まり。

私はこのプレビレッジ会員権が好きで、オーストラリアでは長らく使っておりました。ただホテルって「経営が変わる」ことがあるんですね。以前はHitonだったのがANAに変わったり。当然その時には使えなくなります。また使えていたレストランがある時使えなくなったり、「アワビ、伊勢海老は除外(和食店にて)」なんてルールが出来たり。

またこういう会員権の存在は世界中にありますし多くの方が使っていますが、その本人は「それを言わない傾向」があります。大きな割引を使っているのが恥ずかしいのか、特別な自分の特典だから教えたくないのか、なぜか口に出さないのが普通です。もちろんホテル側もおおっぴらに広告宣伝を打っているわけではないので、秘密にしたいと思う傾向があるのだろうと思いますが、無差別に電話攻勢を掛けて会員獲得に動いているのが実情ですし、上にも書きましたが「紹介してくれ」と言われるぐらい積極的です。

ただし、個別のホテルやレストランがそれを望んでいるのかというと話は別なんですね。これ専門の業者がホテル経営のトップと話し合ってこのシステムを導入するわけですが、「業者は売り込みも請け負う」形になっているようですし、その利用客が増えてもホテルの現場では「売上だけではなくて利益率」で毎度締め上げられるわけです。ですからマネージャークラスは「歓迎したくない」思いがあるのは間違いがないと思います。

と言いますのは、この会員権を使いますと「面白くない顔をするマネージャーもいる」ってことなんですね。ちゃんとしたホテル、レストランならそんなことは起こり得ないと思いますが、こちらとしては「ちょっと後ろめたい気持ち」がありますからそう感じてしまうのかもしれませんが、実際にホテルで働く友人から「愚痴を聞かされたこと」はあります。

でもどのホテルチェーンもやっていることですし、おおっぴらには広告宣伝できないものの、顧客の囲い込みをしないとならないのがホテル業界の現状なんでしょう。

権利は権利ですから、堂々と使えば良いのですが、私はどうも腰が引けることがあります。(笑)

またこの会員権をきっちり利用しつくすのも意外に難しくて、最初の頃は「割引が嬉しくて」頻繁に行きますが、レストランも本当に気に入ったレストランでないと「安くなるのは良いのだけれど・・」と足が遠のくことも結構あるはず。

私はインターコンチネンタル系のを長年使っていたのですが、あるホテルの中にある和食店が大好きだったのです。そこが二人で行けば50%引きになるわけですから\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/状態でした。それこそ毎週行きましたし、普通だったら頼むことのない高価なものを頼んだり。和食店での魚介類の50%引きってかなりの爆発力と言っても良いくらいだと私は思っていて、店は間違いなく赤字のはず。「ホテルの和食は良いけど高いんだよね~~」なんて誰しもが思いますが、半額になると話は全く別で、「なんちゃって和食店」の料金で食事ができることになる。

ただ、やっぱり世の中なかなかうまく行かなくて、自分が好きなレストランはこのプレビレッジシステムに参加していないとか、参加していたのが中止になったりすることがありました。またホテル内のレストランと言っても「ホテル経営」と「テナント」とあるんですね。で、テナントの場合はこのシステムに入っていないのが普通ですので、どちらにしても事前に調べないと駄目だと思います。

それとホテルグループにもよりますが、このカードは「申込人」しか使えないのが普通。ところがですね、中には「誰が使っても良い」ってのもあるんですね。つまり、友人達と「シェアして使う」こともできちゃうってこと。近所に住む仲の良い友人と3組ぐらいでシェアしたら「お得」なんてもんじゃなかろうかと。3家族で一緒に行っても(大きくはないものの)割引がありますし。

クレジットカードにこの権利がついていることがある

私がマレーシアのMaybankの【Maybank 2 Cards Premier】(二枚一組)というクレジットカードが欲しいと前から騒いでいたのは読者はご存知のはずですが(入手済み)、その理由はこれでもあるのです。またこのカードは飛行機会社のマイルを貯めるのに最適で、なんと1リンギで1マイル溜まります。エンリッチ、クリスフライヤー、エアーアジアマイルだけですが。

【Maybank 2 Cards Premier】に着いているこのホテルのプレビレッジですが、「Shangri-La Hotel」(あの日本のなだ万が関係している【ジパング】も割引対象)、「SPG Hotels & Resorts」つまりスターウッド系列のシェラトンホテルで使えます。

この手の付加サービスは他の銀行もやっておりますので、何枚か持っていると面白いことが起きるんじゃないでしょうか。また「ある銀行のクレジットカードを使うと割引がある」レストランも多いんですね。CIMBのカードだと20%オフとか。この辺をしっかり調べて使うクレジットカードを選ぶとかなり経費節減できるはず。

こういうことに関してこのブログではいろいろ書いてありますので、興味がある方は検索してみてください。またご質問あればご遠慮無くどうぞ。

また情報をお持ちの方は是非コメント、メールで教えていただきたいです。m(_ _)m

今更気がついたことですが、一昨日ダボ家一族6人で行ったヒルトンホテル内のステーキ店「Chambers Grill」ですが、支払いが2000リンギ弱でした。ってことはその前に「Hilton Premium Club」に入っていれば「10人までは全て半額」みたいなおまけで付いてくる(かもしれない)バウチャーも使えたはずで、つまりそれだと1000リンギ以下になったということ。そういうバウチャーがPremium Clubの場合に付いているかどうかわかりませんが、もしそうならその割引分だけでPremium Clubの会費も払えてお釣りが来たことになりますね。

またそういうバウチャーは無かったにしろ、10%オフになるのは間違いがなくて、やっぱり入って置くべきだったか・・。

やっぱり私って・・・・・バカだ~~~~~~~~~~~~ orz

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *