日本も大きく変わりそうですね~

安倍さんは内閣改造なんてやっていますが、安倍支持の私でも「何やってんだ?」と思うわけです。安倍さん自身が問題の中核なのに内閣改造して何のプラスになるのか。そもそもそういう考え方を持っているって事自体が問題で逆効果になるんじゃないかと思うくらい。

ここで気になるのは「支持率が30%を下回って、その後回復した政権は小渕氏の時以外は無い」ということ。ただし今回の支持率急落は「国民の情緒的反応」だと私は思っていて、現実的に大きな問題が起きたからだとは思わないんですよ。

もう一つ気になるのは田原総一朗氏が安倍さんに「政治生命を賭けてやってみないか?」と言った内容。安倍さんもそれに乗り気らしい。

ところがそれが何かってのがわからないのね。あちこちで憶測が流れていますが、まるで内容がわからない。田原総一朗氏もその内容をハッキリ言わない。内容を言わないのなら「安倍さんに入れ知恵した」ってこと自体言わなければ良いのに、それがわかるような演出をしている。安倍さんと会うのも秘密裏にやったかというと官邸には玄関から堂々と出入りして「何かあった」と世間がわかるようにしているし、「教えない」と言いながらあちこちのメディアに出て「安倍さんはやるだろう」と言い続ける。でも内容は絶対に言わない。

私としては内容以上に、どうして田原氏はそういう見え透いたことをするのかが不思議に思うわけです。匂わすことに誰になんの利益があるのかがわからない。前から言われている田原氏の「老害」かもしれないと思ったり。

発端はこれ。

>

あちこちで憶測が流れていますが、それを田原氏本人にぶつけてものらりくらり。でも多くは「安倍氏の北朝鮮電撃訪問」ではないかと言われている。でもそれとて推測の域を出ていない。

私はどちらにしても近々「解散総選挙」をやると思っていて(日程を見ると10月かな?)、このままでは安倍さんは難しいんじゃなかろうかと。民進党は無視したいですが、保守系の前原氏がトップになると自民党の受け皿になる可能性もある。でも左翼の運動家だった、そして今でも共産党との共闘もいいじゃないかなんて言っている枝野氏がトップになれば、それこそ民進党は終わりだと思っているのですが、どうなることやら。

気になるのは東京都知事の小池さんで、国政に出てくるのは間違いがなくて、来年の総選挙まで時間を与えると間違いなく大きな脅威となるんでしょう。

国政に出る準備をしていると小池氏は発言したニュース。なんと3000人の予備軍がいるとのこと。

小池都知事、「都フ」国政へ準備

小池氏率いる新人がごっそり国政に、しかも衆議院議員になるなんて考えただけでもゾッとするのですが(小泉さんの弟子である小池さんなら平気で二匹目のドジョウ狙いをやりそう)、小池新党が動き出せばそれも起きる可能性が大きいんじゃないですかね。小池氏の方向性って安倍さんと遠くはなれているとは思わないのだけれど、小池チルドレンが多く国政に入ってきて、今の小池劇場みたいに「わかりやすい敵を作って叩く戦法」なんて取られた日には、観衆は拍手喝采するだろうけれど、国がどう動くかは全くわからず。

どちらにしても安倍さんは早く解散総選挙をやらないとますますうまくなくなるんじゃないですかね。自民党内でも次期候補が動き出す前に。

私は安倍氏がベストとは思っていなくて、変われる人がいれば変わるのも良いと思うのだけれど、憲法改正が遠のくとマジで日本の安全保障に問題が起きるはずで、でも自衛隊が9条に付記される程度じゃ何も変わらないのと同じで、そして目先の問題として「アベノミクス」を否定するのではなくて「もっと良い方向へ伸ばす」人じゃないと大変なことになるだろうと。

増税も緊縮財政も必要でしょう。でも「今じゃない」と私は思うわけで、「大手術の前には体力をつけるのが重要」だと思っています。でも今の状態で増税、緊縮財政、金融緩和の終わりを言う人が次の総理になると私は間違いなく日本は沈没すると思っています。

石破氏が次期総理になると間違いなくその方向に向くはずで、50年後の日本の土台を作るには良いにしても、目先の10年以上は今まで以上の暗いトンネルに入っていくはず。日経平均は大暴落、失業率も上がり、景気は今以上に悪くなり、国民の税負担も増えるのは間違いがないと思うわけです。なおかつ少子化の問題はどんどん現実化してくる。

マスメディアの安倍叩き、偏向報道までして叩く根本に、私は「改憲」があると思っていて、とにかく安倍を落とさなければならないと「護憲派」は考えているはず。

その理想を追いかけて気持ちよくなるのは良いけれど、日本は完全に世界で孤立すると思う私。

安倍さんが万が一支持率を回復しても、官邸が力を使って日本を変えようとすることに反発する勢力の強さは今回はっきりしたし、加計学園問題でも「政治主導は難しい」のもわかったし、岩盤規制も「既得権益」の一部としてそれらを壊すのは(今までがそうであったように)誰にもできないのかと思ったり。

このままでは日本は完全に沈むと思う私。安倍さんが駄目だとしても、だからと言って首を据え変えたら本当に恐ろしいことになると思うわけです。自民は駄目だから民主党にちょっとやらせてみたらどうかなんて思って酷い目に合いましたが、まさか自民党の中で首相が変わっただけでもっと恐ろしいことが起きる「瀬戸際」に今、日本はあるんじゃないですかね。

そもそも安倍は駄目だから、石破にやらせてみたらどうかなんて思う人は、石破氏がどういう考え方を持っているのか知っているのだろうか。

安倍氏の最大の弱点は「後継者がいない」ってことだと思う。でもま安倍氏が総理になったのも「たまたま神風が吹いた」みたいな感じだったし、古い体質の日本は変われる状況にない、変わろうとも思っていないのが真の日本の姿なのかもね。

ただマスメディアの支持率調査とは別に、ネット内では「圧倒的な安倍支持」だというのが救いだと思う。若者頑張れ!左翼運動に生きて未だにそれを引きずっている年寄りはもうすぐいなくなるから諦めないで欲しいなぁ。

「消費税増税は無期延期」みたいなことを言ってくれればなぁ・・・。そして解散総選挙。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

日本も大きく変わりそうですね~” への4件のコメント

  1. daboさんの心配もよくわかります。(笑)

    昭和7年に血盟団事件というテロ事件が起こって、元蔵相井上準之助が暗殺されました。世界大恐慌という最悪のタイミングで日本の金輸出解禁を行ったため、デフレ不況の責任を問われ暗殺されたのです。

    もし2019年に消費税増税を行った後に、もし経済状況が悪化すれば、時の政府は責任を問われるでしょう。

    安倍さんが続投、もしくは石破さんが首相になっても消費税増税が延期されれば、仮に日本が不況に陥っても誰も責任は問われないでしょう。

    結果としてSimz理論に沿うことになり徐々に円は価値が毀損されインフレが進行するでしょう。

    いまはこのシナリオがもっとも可能性があると思います。

    • >もし2019年に消費税増税を行った後に、もし経済状況が悪化すれば、時の政府は責任を問われるでしょう。

      私はこれはないだろうと思っているんですよ。右を見ても左を見ても増税派ばかりで、以前と同じように性懲りもなく「増税しても影響がない」「増税=税収増」なんてことを言っている人が多いですから。うまく行かなかったら皆だんまりを決め込むんじゃないですかね。でもま、景気が悪くなれば「増税のせいではない、お前が悪い」と叩かれることはあるかもしれませんが。

      石破氏はバリバリの増税派ですから、非常に怖いです。増税後に景気が悪化すれば、なんてのは500%間違いがないと思っています。でも増税しても大丈夫だと思ってる人が多いから恐ろしい。今の不景気は前の増税のせいだと理解できていないんでしょうか。データを見ればすぐに分かるのに。

      >安倍さんが続投、もしくは石破さんが首相になっても消費税増税が延期されれば、仮に日本が不況に陥っても誰も責任は問われないでしょう。

      これはあり得ないと思っています。そしてもし安倍さんが延命して増税先送りをしてもなおかつ景気が良くならなければ、「それ見たことか」と徹底的に糾弾されるはず。石破さんは増税先送りはしないでしょうし。

      安倍さん以外は増税推進するはずだし、もしそれを阻止できてもアベノミクスの方向性を変えたら景気がどうなるかはギャンブルでどちらにしても日本は綱渡り状態から抜けられないと思っています。

      私は安倍さんに任せるしか無いと思っているわけです。そして増税延期。

      >結果としてSimz理論に沿うことになり徐々に円は価値が毀損されインフレが進行するでしょう。いまはこのシナリオがもっとも可能性があると思います。

      まさにそれを安倍さんは狙っているわけで、そうなってくれないと困ると思います。

      ただ巷の人達が言う「ハイパーインフレ」だの「国債の暴落」だのそれは起きないと思います。そもそも、黒田さんが動き出した時にそれを叫ぶ人たちがごっそりいたけれど、今の時点でそれが全く起きていない。

      私はあの時、安倍、黒田路線に大反対した人たちにちゃんと表に出てきて懺悔してほしいと思うくらい。でも懲りずにまた同じようなことを言っているのが聞こえて来ます。

      困ったもんだと思いますわ。でもその方が大多数ですから、ここで安倍さんがコケると大変なことになると思っています。日本沈没だと確信しています。

  2. 田原総一朗さんが安倍さんに何を進言したのか話題になっていましたが、結局、「猫の首に鈴」を着けに行ったようですね。

    北朝鮮訪問、北方領土問題の解決ではないかと色々噂されていましたが、閉会中審査を見て田原さんは安倍さんはもうダメだなと思ったようです。

    http://taharasoichiro.com/cms/2017/08/03/口調は丁寧だったが、失敗に終わった安倍首相の/

    であれば残りの任期は実力のある人たちを閣内に入れて、その人たちに任せたほうがいいでしょう。憲法改正は無理でしょう。と進言したのではないでしょうか。

    そこで安倍さんはレガシーにしたいと思っている「経済」を優先しようと納得したのではないでしょうか。

  3. 閉会中審査を見てこれじゃダメだ、と思ったのは多くの国民も同じで、「君はもう終わりだよ、諦めろ」なんて田原氏がわざわざ言いに行くとは思えません。猫の首に鈴なんて、そんなことが田原氏にできる立場でもないし。

    ましてや総理になるってことは簡単じゃないし、総理であるという最高のチャンスをみすみす手放すようなことは安倍さんに限らずあり得ないと思います。

    政治生命を賭けてやってみないか?というのは「安倍氏が今後やりたいことをやるためには、今やらないとならないことがある」という意味であって、そうじゃなければ安倍氏も耳を傾けるはずもない。

    私は今回の内閣改造を見ても、安倍氏はやる気満々で再選を睨んだ布陣だと思います。岸田派をあれだけいれて「次は岸田だ」と決めたのが見える。でもそれは次の総裁選の「その次」という意味であって、逆に来年は我慢してくれという意味。実態は「人質」あるいは「封じ込め」で「敵は身近に置く」のを安倍さんはいつもやるし、今回もそれが見える。でも前回は「自分がやりやすいのを念頭に置いていた」という「安倍一強の上に胡座をかいた布陣」だったと思います。その反省が今回出たように見えます。

    ただ野田聖子氏が私には爆弾に見えて、彼女は「私は自由に喋る」「次の総裁選には出る」と言いたいことを内閣に入ってからも言っていたのが気になります。「自民党は自由な党だ」というのが彼女の口癖だけれど、それは「自民党の話」であって「閣内に入っても同じことを言う」彼女のアホさが見えました。そして「君人豹変」とも言いましたが、君人とはトップのことを言うわけで、君人豹変が良いことであるのは「民のことを思う」から良いのであって、彼女は自分がその地位にあると錯覚しているのも見えた。自信過剰の現れ。内閣は一致団結しなくてはならないのに、彼女が台風の目にならないと良いと思ったり。

    彼女はかつて「南シナ海で起きていることは日本に関係ない」なんて発言しましたし、狂っていると私は思っています。こういう人が総理を目指すなんて恐ろしい。「自由に発言する」のと「軽いことを平気で言う」のとは全く違うわけで気になっています。閣内に入っても平気で記者会見で言いたいことを言うかもしれない。

    安倍さんがレガシーにしたいのは「憲法改正」と「拉致被害者の奪還」であって、経済じゃないでしょう。「経済を一番重視している」みたいなことは私は聞いたこともありませんし(今回の組閣のお題目では経済最優先ということになっていますが)、私にそう見えたこともないです。特に憲法改正は彼の血筋の悲願でもあるし、絶対に諦めないと思います(私は多分ムリだとは思っていますが)。彼はそのために総理になったのは間違いがないんですから。

    でも私が注目しているのは経済で、日本の経済を良くすることができるのは安倍氏しかいないと思っています。彼の路線を引き継げる人は見当たりません。引き継ぐどころか逆のことを考えている人はいくらでもいる。ここが私が気になる一番のポイントで、今、安倍氏が降りることになったら大変なことになると思うのはそれが理由。

    今までの総理ができなかった外交、安全保障でも彼はうまくやっていて、できることならあと10年でも総理をやってもらいたいぐらい。でも彼のやりたいようにやってもらうという意味じゃなくて、彼がトップにあって有能な人たちを使い采配を振ってほしいという意味。

    100年の計を考えると安倍氏がやろうとしていることはスジが違うように思いますが、目先の経済を良くするのが「すべての始まり」だと私は思っていて、石破氏の様な理想論に日本が向かったら、「また長いトンネルに入る」と思っているのはいつも書いている通り。

    でも内閣改造で支持率低下を止めようなんて、政治の世界って茶番だなと思ったり。(笑)

    どちらにしても安倍氏は近々「解散総選挙」をすると私は見ていて、のまーどさんが考えているような「後人に譲る」なんてことは全く無く、より一層、地盤固めの方向に向かうと思っています。

    消費税をどうするのか、それも近々言い出すと思っていて、それと解散がセットになっているかもしれないと見ています。年内の解散は良いチャンスだと思うんですけどね~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *