インターネット接続の「TIME」が500Mbpsのスピード。クソ早いらしい

我が家のインターネット接続はTimeの100Mbpsで、常時上りも下りも80Mbps以上出ているしそこそこ満足しているのですが、最近はもっと早くなったらしい。

100メガ、300メガ、500メガとあるそうな。

私の知り合いがそのTIMEの300メガにしたら、クソ早くて涙がチョチョ切れるくらいだとのこと。

良いなぁ・・。

ちょっと調べてみたら100メガと300メガは同じモデム。でも500メガは違うモデム。だからもし我が家がアップグレードしようとしたらモデム交換でまた新しい契約になるのかもしれない。まだ確認はしていないけれど・・。

500メガかぁ・・・、そんな速さを経験してみたい。

料金はこんならしい。

我が家の長男は今オーストラリアに帰っているので、マレーシアに戻ってきたら相談してみるつもり。

トレードで必要なのはそれこそ1Mbpsでも足りちゃうわけで、問題はバンド幅じゃなくてレイテンシなんですよね。遅延があるのが一番困る。それとダウンタイム。接続がプッツン切れたら心臓が止まるぐらいびっくりするわけで・・。

500bpsかぁ、早いんだろうなぁ・・・。

TIMEのサイトはこちら。

TIME Broadband

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

インターネット接続の「TIME」が500Mbpsのスピード。クソ早いらしい” への2件のコメント

  1. 期待していた記事の一つであるインターネットの記事ありがとうございます。
    大変参考になるしうれしかったです。
    トレードにネット速度は重要ですがどうも十分な速度みたいですね。日本の動画も見ているようですがストレスなく見れているようですし。

    • あはは、太郎さんが出てきたのでびっくりです。よっぽどネット接続が気になるようですね。

      >トレードにネット速度は重要ですが

      これって勘違いじゃないですかね。私がデイトレを始めた当時は2Mbpsぐらいしか速度が出ていませんでした。全ての売買情報がピコピコ入ってきますから情報量は多いような気がしますが、大した量じゃないんですね。

      当時どうやって計算したか忘れましたが、下りで256Kbpsも出ていれば全く問題がないという結論でした。

      ただ遅延は問題で、私はゴールドコーストでは2系統のネット接続を使っていて、それぞれ遅延が違うのをこのブログでも書いた気がします。

      でも遅いと言っても0.0X秒の違いで、もしイベントドリブンの手法で、それも自動売買なら問題ありますが、目で見て、手で売買入力する場合には全く関係ないんですね。ただ気分的に遅れるとなんだかそれが理由で負けそうな気がするだけ。

      証券取引所と同じビルとか隣のビルにPCを設置して、遅延を少なくするのに躍起になっている人達がいるのはわかるし、そういう場所にレンタルサーバーをおいてそこに自動売買ソフトを置かせるサービスをする会社もありますが、太郎さんがそこまで拘る売買をするんじゃない限り関係ないと思いますよ。

      それもレイテンシ(遅延)の問題であって、Band width(つまりスピード)は上に書いたようにほとんど問題がなくて、逆に500Mbpsは良いね~なんて映画をガンガンダウンロードするようなユーザーが集まって、重くなって遅延が発生する方がリスクが高いと思います。

      私としては10Mbpsでもかまわないから遅延も少なく、絶対に接続が切れないという確約がある方が嬉しい。そんなのは存在しませんが。(笑)

      それとですね、500Mbpsってのは「最大」であって常時どのくらいのスピードがでるのかはわからないし、それもマレーシア国内の話なんですね。サーバーと我々顧客との間のスピードでしか無い。でも我々がアクセするのは日本だったりアメリカ、あるいはヨーロッパだとしたら、マレーシアとその国との接続がどうなっているのかが問題で、どこかにボトルネックがあったらそのスピード以上は絶対に出ませんから、マレーシア内のIPSのサーバーと個人のPCがどれだけ早い接続でもあまり意味が無いかと。

太郎 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *