オーストラリア在住者で「MM2H」を取る日本人が結構いるらしい&オーストラリア在住者から見たマレーシアの利点とは

今日、とあるMM2Hのエージェントと話をしていたのですが、オーストラリアから来てMM2Hを取る人がそこそこいるとの話を聞きました。

そのエージェントだけでも8件ほど扱ったと。

「ということは20-30組はいるんですかね」、と聞きましたら「いや、もっとでしょ」ですと。

で、そういう人たちと話すと、必ず私の話題が出るらしい。(笑)

私がオーストラリア在住者向けにマレーシア情報を発信するということはないのですが、私がマレーシアに何を感じるかというとそれは「オーストラリアとの比較」ですから参考になるのかもしれない。

実は先月、「読者と会ってきた」と書きましたが、その人も実はオーストラリア在住者でMM2Hを取った。オーストラリアの永住権を持ってはいるのですが、マレーシアに住む、拠点を移すというより、マレーシアで数年滞在して「力を付ける」って感じかな。私も考え方は似ていて、正直な所、「マレーシアを最期の地とできるか?」と聞かれれば答えは(今のところ)「No」なわけで、マレーシアでは「無税で資産を増やせる」「生活費は安い」ということで、「将来の老後に備えることができる」と思っています。

その方の場合は永住権を持っていますのでオーストラリアの手厚い「社会保障」を受けることができ、年金、保険、その他諸々を考えると「将来的にはオーストラリアを最期の地としたほうが有利」になるはず。

でも多いと言われる「オーストラリア在住者のMM2H取得」ですが、その人達は永住権を持っているのか、それとも退職者用ビザ(社会保障は一切受けられない)のかはわからず。もし退職者用ビザだとすれば、全て「自費」で老後をやりくりしなくてはならず、オーストラリアは「老人天国」だと私は思うのだけれど、その恩恵は受けられない。

となれば、将来的に日本に帰るにしても、「マレーシアを間に挟む」だけで「資産増」を見込めるし、それすなわち「将来の収入増」、あるいは「使える生活費が増える」わけで、大きな意味がある。そういう点では「最後に帰る所は日本、オーストラリアと別れる」にしても、「マレーシアに一定期間、住む意味がある」という点では同じ。

私はいつも「移住、永住は簡単ではない」と書いていますし、多くの永住者が「オーストラリアから出ていった」と書いています。ま、永住権を持っているからと言って「永住する意志がある」わけでもなくて、たとえロングステイだとしても永住権を取ったほうが遥かに有利なわけです。オーストラリア人(市民権を持つ)とほとんど同様の権利が与えられ、社会保障がばっちり受けられますから。でも「退職者用ビザ」はMM2Hと同じく「長期観光ビザ」と言って良くて、「長く住める」以外は観光ビザと大きな違いはない。

私がゴールドコーストに住んでいる間に知り合った人たちですが、年齢的には「似たような家族連れ」が多かったものの、年齢的にはもっと上で「夫婦だけで住む日本人」も結構いました。多くは「退職者用ビザ」で私の両親もそれを持っていました。

この退職者用ビザを持っている人たちって、ある意味MM2Hホルダーと似ていて、その地に「長く住む」事はあっても日本と行ったり来たりする人たちが多かった。また永住権も退職者用ビザも持たずにロングステイを続ける(行ったり来たり)する人たちもかなりの数いました。

当然、仕事や子育てで「国や地域」に縛られることは無いし、自由な時間は有り余るほどあるし、毎日が日曜日状態。(笑)

こういう「行ったり来たり」ができるということは、当然、両国に「住む場所」もあるし、お金もある人達が多いのね。美味しいところだけ取れる。飽きたら帰るし、あるいは次は「カナダ」だ「ハワイ」だ、そして「マレーシア」だって簡単に決められる。

私としてはオーストラリア在住者でMM2Hを取る人が多いと聞いて思ったのは、その手の人達が多いのじゃないのかってこと。いわゆる「好きなように自分の思うがまま世界を移動して生きていける人たち」じゃなかろかと。

こういう優雅な人たちって昔からかなりの数、存在しているんですね。精神的にも金銭的にも恵まれている人たちで、実はこういう人たちこそ「長続き」するのね。

多くの「永住者は帰っていった」といつも書いていますが(私もそれと同じ)、上記のような「ロングステイヤー」こそ【生き延びていた】のは間違いがないのね。半年に一度遊びに来るなんてことを「何十年も続ける人たち」って結構いる。

でも年寄りが多いですから、その内、消えていくにしても、永住者よりかは「長くオーストラリアに住む(遊びに来る)」傾向があったような気さえします。

で、マレーシアのMM2Hも取ったってことじゃないかと。

これが進んだ一番の要因は「世界の金利低下」だろうと思っています。私もこれに大打撃を受けましたし、オーストラリアドルの場合、かつては年利10%、つい数年前まででも6-7%に回りました。米ドルは若干利回りは低かったけれど似たようなものだし、米ドル高の恩恵があった。ところが今では2%で回すのも難しいくらい。

こんな状態でもオーストラリアで「前と同じような生活」ができる人はかな~~~り額の金融資産(あるいは収入)がないと無理なんですね。脱税をすればどうにかなるかもしれませんが。(笑)

これは今日話したエージェントが言っていた「とりあえずMM2Hを取っておこうという感じの人が多い」ってことからもそれが言えるんじゃないかな。

マレーシアにとりあえず拠点を移し、半年以上マレーシアに住んでいれば「オーストラリアの非居住者」となりますから、オーストラリアの納税義務からも逃れられる(両国とも183日ルールがある)。ま、これは「金融資産の運用」の場合に限られますが、オーストラリアの物価高から逆算すると、どの程度の「税引き収入(生活費)が必要か」ってのは簡単に計算できますし、その税引き収入を得るにはどのくらいの「税込み収入が必要なのか」も当然分かる。

そこから計算するとですね、マレーシアに居を移すだけで「支払う必要がなくなった税金分だけで、マレーシアで生活できる」計算になるのが普通。つまり、「マレーシアにいる限り、今までの生活費は丸ごと残る」ということになる。

極論を言えば、「マレーシアに半年以上居住」し、後は今まで通り日本に行ったり、ハワイに行ったり、そして大好きなオーストラリアにも行くようにすれば良いということ。今までオーストラリアに居住していた日数を減らして、その分、マレーシアに振り分ければ良いってことですね。何も「オーストラリアから完全撤退する必要はない」ってことになる。

ここが「オーストラリアに住んでいて、マレーシアを考えたときの一番の利点」となるんじゃないでしょうか。

ちなみに我が家は退職者でも年金生活者でもない「(死ぬまで)現役」ですから(笑)、あちこち好きなところへ行って住んだり遊び三昧なんて出来ません。

これからは「オーストラリア在住者の目線」でいろいろ書いていこうと思ったり。いや、今でもそれは同じで、私たちは「日本のことはさっぱりわからない」状態。でもあえて「オーストラリアからの目線」を意識して書いていこうと思ってます。

どちらにしてもオーストラリアに限らず、ニュージーランドでもハワイでもアメリカ、カナダでも「金利生活者(金融資産のやりくりで生活する人たち)」ってのはそこそこいるわけですが、この世界の「低金利化」で彼らの「大移動が始まった」と言っても過言じゃないんじゃないですかね。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

オーストラリア在住者で「MM2H」を取る日本人が結構いるらしい&オーストラリア在住者から見たマレーシアの利点とは” への4件のコメント

  1. こんにちは

    今から15年ほど前に「ゴミ投資家」シリーズの洗礼を受けた私は、PT(永遠の旅行者)にずっと憧れていました。

    私は今年秋にリタイアしますが、ハッピーリタイアというよりは資産フライトの目的の方が大きいと思います。
    あるSNSでMM2Hビザの資産フライト効果について紹介したら、実際ビザ取得に動かれた方もいます。

    そうですか、オーストラリアからも合流してくる方たちがいるのですね。
    PTの生き方は世の中の不確実な空気を感じた弱い個人が押し潰されないように生きる選択肢の一つではないでしょうか。

    10年くらいマレーシアに住んで、その後ハワイ行ったり来たりは計画しています。

  2. ゴミ投資家ですかぁ。

    あれは20年ぐらい前でしょうか、偶然ゴミ投資家の人たちが情報交換する場を知りまして(パソコン通信時代)、その当時の彼らは、どうやって海外に口座を作れば良いんだ?なんてやっていました。財産隠しをしたいと願う人も多かった。

    なんだか夢みたいなことばかり話し合っていて「現実を無視している」と感じたので私ははっきり書きましたよ。あなた達は遊んでいるだけだって。聞いたこともない全くしらない海外の銀行に口座を作ったり、見ず知らずの国の保険に入ったり、それでどうなるんだ?って。100万円の口座を作るのは誰でもできる。じゃ、そこに有り金の殆どを入れる勇気があるか?税金はどうする?無申告で済むと思ってるのかとか。どこに住むんだ?ビザはどうする?といろいろ書きましたわ。

    夢を語り合うのは勝手ですが、なんだかなぁと思ったわけです。

    資産フライトの話も私はアホくさいと思いました。そもそも資産フライトなんて簡単なんですよ。誰にでもできる。ところが、難しいのは維持と着陸。

    それと私はPT、永遠のトラベラーという発想も好きではありません。そんなことできるわけがないじゃないですか。ビザも無視した発想で、若い時の「熱病」だろうぐらいにしか私には思えず。PTって夢ばかり言うセミリタイアを薦める人たちと同じ発想。

    夢と現実の間には大きな大きな溝があると思っています。

    オーストラリア在住の人達がMM2Hを取る動きにしても、それが本当に良いこととは私には思えないんですよ。私が今マレーシアにいることも同じで、本当にそれを望んでいるのかどうか。

    単に「生きていくのが大変になった」から「次の策を考える」だけのことで、基本的にはそれって「難民の発想」でしょう。だから私も自分は難民と同じだと書きました。

    それが本当の幸せですかね。オーストラリアにも日本にも悠々自適に生きている人たちはゴマンといるのに・・・。

    私自身も「これで良い」なんて全く考えていはいないのです。逃げ回っているだけですから。

  3. やや辛口のコメント、でもありがとうございます。

    何処の島だかわからないファンドで運用率が50%以上だったり、書いているゴミ投資家グループさんもよく分かっていなかったんでしょうね(笑)。

    私も結局、乗せられることもなく地道に働くしか能がありませんでした。
    でもMM2Hビザを知ってから、税金面のメリット等、人生最後の10年〜20年くらい若い頃夢見たPT気分を味わえるんじゃなかろかと思ったわけです(笑)。

    資産と言っても人に自慢できるほどある訳じゃありませんが、ジジババ二人なら贅沢さえしなければマレーシアをベースにして行きたいところに行く余裕はありそうです。

    今、日本に住んでいて感じる閉塞感はハンパないです。
    言葉の壁さえなければ外国に住みたいという人は多いようです。

    あるsnsで医師の間ではあと10年すれば日本の医療制度は崩壊すると思っているのは常識であるとの書き込みがありました。
    70歳過ぎて日本に本帰国するMM2Hホルダーの人たちは、当然医療や介護のサービスを将来受けることを望まれていると思いますし、まだ日本ははそれに応えることが出来るから、賢明な判断だと思っています。

    2013年に木村昭二さんという方がパン・ローリング出版(懐かしい〜)から「PT終身旅行者」という本を出版しています。当時の私と同じように若い人に反響があるようでamazonへのレビュー投稿数も多くありました。ただ15年前と同じく内容が具体性、実現性にやや乏しいと感じましたので、老婆心からMM2Hについての私のレビューを投稿させていただきました。
    お陰さまで以来トップカスタマーレビューとして参考にしていただいています。

    結局、青い鳥は日本なのかマレーシアなのか、来年からその答えを探す旅に私たちジジババは出る事になりました。

  4. いつも本当に書きたいことを書いて申し訳ないです。

    アマゾンの書評も読ませていただきました。

    なんだかんだ言いながら、私も1980年代に「タックスヘイブン」の存在を知り、うまいことをやっている企業の存在も知り、「自分もそうしたい」という思いが出てきたのが発端でした。当時、参考になる書籍もなければネット(パソコン通信)にも情報がなく、高い金を払って「タックスヘイブンコンサルタント」みたいな弁護士に教えを乞うたり。

    そもそも「日本脱出」は10代の頃から考えていましたから、タックスヘイブンを知ったからには単に「海外に出る」だけではなくて「経済的(税金ね)」に有利ならば、「やらないやつはバカだ」ぐらいに思っていたんですよ。(笑)

    実際に調べだすと「シティバンク」がプライベートバンキング部門を大手町に持っていて、おおっぴらに「海外に出ると得だ」と「脱税示唆」みたいなこともやっていて(1990年前後に撤退)、なんと日本の大手銀行もそういう部門を海外に持ち(香港)、日本で潜行しながら「トータルサービス」をやっているのもわかった。

    何も知らないのは庶民だけだったのか・・・って本当に思いましたよ。

    私がオーストラリアに出たのも、それが根本にあったのは間違いがありません。「新天地で新たな生活を~~~♪」なんてのは見せかけでしかなくて本音は別のところにありました。そしてグランドケイマンに口座を作ったことも前にちょっとだけ書いた。

    実際にやるとなるとクリアしなければならないことってたくさんあって、それを知ることが出来たのはシティや三和銀行(今だから書いちゃう 笑)のそういう部門とコンタクトを取れたからだと思っています。情報収集だけでも大変だし、問題をクリアする方法、ましてや「安全に」タックスヘイブンに口座を開き維持する方法なんて素人には調べようがありませんから。(その口座はとっくの昔に閉鎖)

    でも私の場合は、そう生きてもなんだか満足感って「想像したほどではない」ってところですかね。実利は間違いなくあったのですが、これが俺が望んだことか?と考えると「なんてことはないなぁ」みたいな。

    結局ですね、私には「海外に出るべき、そしてそれによって解決するべき【大きな問題】がなかった」ってことなんだろうと思っています。要は多くの人たちがPTなり資産フライトなりに「興味を持ってやってみる」のと同じレベルだったってこと。

    またその状態を十分利用できなかったのかもしれない。

    ま、この辺は個人の考え方生き方の問題でしか無いわけで、マレーシアのロングステイにしても旅行三昧、ゴルフ三昧でほんとに幸せそうにしている人たちは多くいるし、私にはそれが長続きしなかっただけのことだと思っています。

    「青い鳥を追いかけてみたい」という願望だけで生きてきた私は、もしかしたらもっと大事なことをしないで生きてきたのかもしれないという気が今になると大きくなってくるんです。

    ですからPTにしても資産フライトにしても、私が情報をして書けることはあるし、でもそれはもう古い情報なのだとしても、その延長線上で私は今でもやっているわけで、それをブログに書いていこうと思う反面、こんな生き方って本当に良いんですかね?ということも書きたくなるんです。

    実際にPTも資産フライトも押さえるべき点を押さえれば誰にでも簡単にできるわけで、それが大きな潮流になったら「反社会的行動」とも言えるわけで、自分がそう生きてきて今後もその流れに浸かるにしても、その生き方、考え方を肯定するべきじゃないなんて思うわけです。

    でもそれこそがお節介でしかなくて、他人が何を考えどう生きようとかまわないんですよね。

    でも詳しいことは書かないほうが良いみたいな事も考えているわけです。

    特にプライベートバンキングってのがPT、資産フライトの場合のキーになるわけですが、これを理解しちゃんとしたところにアクセスするのも簡単じゃありませんから、それを書くべきかな、なんてことをいつも考えています。でも世の中の流れはパナマ文書しかり、反社会的という目で見られますから書きづらいことも確か。

    でもマレーシアには「ラブアン島」もあるし、ラブアン法人を利用するなんてのは脱税を考えているのか?なんてバカなことも言われるわけで、でもここは通らなければならない道だとも思いますし、ブログでの書き方、情報交換の限界、そんなことを感じております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *