韓国から日本への要求が凄い&ピンぼけの蓮舫氏

韓国絡みのニュースは「開いた口が塞がらない」といつも思う私ですが、今回、今までとは比べ物にならない凄い(拍子抜けする)要求が出ていたのがはっきりした。

6月に韓国国会のチョン議長が来日し、日本の大島理森衆院議長と会談した時の話。

◯ 「昨年は今回のような(会談の)招待がなかった」と日本側の対応に不満を漏らした。

◯ 「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を日本企業で(働けるように)引き受けてほしい」と要求した。

◯ 北朝鮮情勢が影響し、訪韓する日本人観光客が減っていることを「よくない」と指摘。「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るように努力してほしい。もし少なかったら、東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放った。

◯ 会談のときの椅子は「安倍さんと同じものにして欲しい」と。

(ニュースの元はこれ。クリック)

マジっすか?

私は思わず笑ってのけぞってしまったのだけれど、これって失礼なんでしょうね。

慰安婦問題の日韓合意は「最終的、かつ不可逆的に」という文言がなかったような言い草も凄いし、国民、「特に犠牲者」が納得していないというけれど、日本からのお金を過去から今までに受け取った元慰安婦はたくさんいて、受取を拒否したのは10人にも満たない。お金は受け取っても納得はしていないという論理がある国なのか?

それでいて「スワップの協議を再開したい」とか、まぁ、言いたいことは言うんですね。

こういうのって日本人にはない発想だから驚いてしまう。でも韓国を「お隣の国で価値観も似ているはず」という錯覚が私にも【未だに】あって、「要望はとりあえず言ってみる」みたいな欧米的な感覚が韓国にもあるのか、それともそれを真似しているのか、それともそもそも自分のことしか考えていないのか、そのへんが私には全くわからず。

でも「言ったもん勝ち」の世の中なのは間違いがなくて、いつもニヤニヤ、あるいはすぐ相手を慮って妥協する日本の方が異常なんだろうと思ったり。でもそれが本当に世界的に異常だとするなら、言いたいことを言うのが正常だと信じる国とは断交したほうが良いと思うくらい。(笑)

そんな時に、お前は反日か?と思うようなことばかりやる民進党の蓮舫党首が吠えた。

「日韓合意を守れ」と。マジ?たまには良いこと言うじゃんと思ったら、「アメリカ南部ジョージア州のブルックヘブン市の公有地に韓国系団体から寄贈された慰安婦像が設置されたことについて文句を言ってる」のね。日韓合意を守れ、許せない話だと。

やっぱりピントがずれてますねぇ。外国での慰安婦象設置って韓国政府が設置を決めたのではなくて、アメリカの自治体が決めたもの。そりゃ韓国人、韓国系アメリカ人、韓国系団体、支援者がそれを言い出したにしても、またそれを韓国という国家が後押しをしようが知らん顔しようが、韓国政府に文句をいうことなんですかね。

アメリカのその自治体に何らかのことを発言するならわかるけれど、ここで韓国政府に文句を言うって「蓮舫氏の頭はあまり出来が良くない」って証明じゃないんですかね。韓国政府にそういうことが起きないように民間に注意を促してくれと要望を出すなら分かる。

こういう発想、マヌケな論理で民進党を動かしたり与党に噛み付いているとしたら、国家のためには全くなっていないと思いますわ。もちろん支持者(少数だとしても)の願いも歪曲してしまうんじゃない?

それともう一つ。民進党は「特区廃止法案」を提出した。

これって「規制緩和」に反対ってこと?加計学園絡みでこれが出たわけだけれど、そもそも文科省は法律違反と言っても良いような「文科省が勝手に【認可はしない】と決めて告示していたこと」は問題じゃないってことなのね?民進党は昔から「地域活性化のために特区を推進していた」んじゃない?何でもかんでも安倍の足を引っ張れってのはわかるけれど、過去との整合性を無視したらうまくないでしょうよ。

最近、おかしいのは前川氏だという主張がかなり広く浸透してきたのは私としては嬉しいことで、異常なほどの岩盤規制、そして要望が何度も何度も出ているのに「再考」することも拒否し、その認可しない理由を自ら説明、あるいは獣医師の受給に問題があるのかどうかも文科省は言わない、調べない。根拠を出せと言われても出さない。あと半年待つと言われたのにやっぱり出さない。それを調べるのは文科省の仕事じゃないという論理。前川氏はその話になると無意味な話だと逃げる。

本当に獣医師の供給は十分だというのなら、だから認可はしないというのなら、その論拠を示すのは許認可権を持つ文科省の役目じゃないんですかね。地方自治体からも「獣医が足りないどうにかしてくれ」という話は昔から何度も何度も出てきているんですから。

規制と天下りは「車の両輪」なのは衆知の事実で、でも天下りとは関係ありませんというのなら、「認可しない妥当な証拠」を出さないとうまくないんじゃないですかね。

最近は前川氏の大先輩も前川氏はおかしいと言い出す始末で、「行政が歪められた」という点でも、「行政が決めたことは常に正しいのか」と当たり前の疑問を呈している。

民進党もわけのわからんことばかりで、「総理のお友達」という点だけをアピールする。戦争法案だと全く関係ない頓珍漢なこと言い出して前に大騒ぎしたのと同じ戦法。

そしてそれを盲目的に信じる「ニュースをちゃんと見ない人たち」がいる。そりゃ「問題を単純化する」方がわかりやすいけれど、それって「馬鹿な国民は乗せれば動く」という前提があるってことじゃないんですかね。説明責任を野党はいつもいうけれど、自分の主張の筋の通った説明を私は聞いたことが無い。わけわからんこというのは山本太郎氏だけで十分。

国民全員が暇でありとあらゆる情報を自ら取るなんてことはしないし、無理なんだから、政治家もマスコミも「プロパガンダ手法」を使うのは本当にやめて欲しいなぁ。「情報弱者」をけしかけて騒ぎを起こしているだけだと思いますわ。それと「左翼であることに自己を見出す人たち」と同調して、一体問題がどこにあるのかはウヤムヤにして「安倍やめろ」の連発。国会で「テレビに向かって主張を書いたボードを掲げる」のも止めるべき。デモ隊じゃないんだからさぁ。

こういうことをやっていても、数は正義で、選挙に勝てない限り思い通りにはならない。逆を言えば、こういう馬鹿なことばかりやっている野党がいるから「与党は変更無しで法案を通せる」ことにもつながってしまう。

民進党は早く解党する、ま、その前に頭を変えるのを多くの民進党議員、支援者も望んでいるような気さえしますわ。

シメシメと安倍さんは喜ぶばかりで、安倍さんの最大の協力者は蓮舫氏だと私は思うのだけれど、安倍さんの切れやすさ、調子に乗るクセ、自己中、自信過剰で馬脚を現しているんだから、このチャンスに野党もやり方を変えないと本当に出番はなくなるんじゃないですかね。

でも「良い日本を作ってくれ」と政治家に期待するのは無理で、彼らが心配なのは「自分の存在のアピール」と「選挙に自分が勝てるかどうか」「敵の足を引っ張る」だけだってのがミエミエですね。特に野党。ちゃんと政策論争しないと。国民は見てますよ~~~。

国士がどこを向いても見当たらない感じがします。

日本が凋落して再起不能になる日も近いか・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *