日本の「安全保障」は何も無いのと同じ。その理由は国民に「危機意識」が全くないからだと思う。

北朝鮮危機に関して私はやっぱり気になるんですが、こういう日本人はごくごく少数派の様子。

「戦争なんか起きるわけがない」
「日本にミサイルが飛んでくるわけがない」

と多くの人が考えている様子。でもそれは実は私も同じで、まさか戦争に日本が巻き込まれるなんてことは無いだろうと思っています。

でも「近隣諸国で何か起きる可能性は?」ということだとすれば、「あるかもしれない」とは思うわけです。

ということは「火事の火の粉が飛んでくるのと同じようなことは起きることもあるだろう」と考えるのが順当となる。実際に「朝鮮戦争」は終結しておらず「撃ち方止め~」の状態でしかないですし。

では「火の粉を避けることが出来るか?」となりますが、こここそが「日本の安全保障」だと思うわけです。

軍備の話になると「戦争をするのか?」と騒ぐ人が多いですが、戦争には「侵略戦争」と「防衛戦争」があって、防衛戦争の中には「火の粉を避ける」のも含まれるはず。

だから、侵略戦争は絶対にしない、防衛戦争もしない(やられてもかまわないという考え方)と国民が決めるのはそれで良いとしても、せめて「火の粉」ぐらいは避けないとうまくないんじゃないですかね。

でも今の日本は「火の粉も来ない」と多くの国民が考えている。なんでですかね。ここが私が全く理解できないところ。

それとも「火の粉ぐらいは避けられる用意があるんじゃないか?」と思っているのか。

もし戦争とかあるいはミサイルの発射実験だとしても、また誤射だとしても、日本にミサイルが飛んできたらそれを撃ち落とせるのかどうか。

そのぐらいは出来るだろうと思っていましたが、日本の軍備のことを知ると本当に情けなくて、もしかすると弾道ミサイル一発なら避けられる可能性は高いにしても、複数、あるいは数十発撃たれたらもうどうにもならないレベルらしい。

弾道ミサイルは「イージス艦」が落とす。ところがイージス艦が何十隻もあってそれに対処できるわけでもなく、もしその防備を抜けて飛んできた場合、PAC3が撃ち落とすことになっているけれど、PAC3の射程距離は20キロ程度。そしてそれらは東京とか基地周辺にあるだけで、例えば大阪は裸同然。地方都市も同じ。

ま、「撃たれたら終わり」って考え方もあると思うんですよ。ミサイルの誤射、失敗だとしても、それが北陸の原発銀座に落ちただけで日本は終わる。これは普段の生き方と同じで、乗っている飛行機が落ちたり、交通事故と同じで、「そのときはしょうがない」という考え方もあるんでしょう。

でも日本国家としてそれで良いんですかね。

日本はそれなりに軍備を持っているけれど、問題だらけで軍備とは言えない状況なのは専門家の話を聞くとよく分かる。これは自衛隊の「ポジティブリスト」が他国の軍隊と同じような「ネガティブリスト」になろうと、敵地攻撃能力を持とうと、憲法9条が改正されようと解決する問題ではなさそう。それは予算の少なさが大きな原因だけれど、でも「火の粉を避ける」為に国民がその支出を受け入れるとは思えず。

せめて「日本を攻撃、侵略することがあれば、【日本も原爆を保持する議論を始めないとならない】」と言うだけでもよいのに。でもそんな「ホラ」さえも言ったら日本中が大騒ぎになるんでしょう。政権も倒される。

結局、「お茶を濁す」ことしか出来ない日本で、「防衛戦争」なんてとんでもなくて、「火の粉も避けられない」状態。

今回の北朝鮮危機を見ていてやっぱりアメリカはさすがだと思ったのは、アメリカっていうと「軍事で脅かす」というイメージがあるけれど、「政治と経済」をうまく使って「キーパーソンの中国を動かしている」ってこと。

これって「政治と経済」がちゃんとしていれば「危機は逃れられるかもしれない」という希望があるわけで、日本がその方向を目指すのは良いとは思うんですよ。でも「軍備が無くても良い」ってことじゃなくて、「政治と経済と軍備」、この3つの合わせ技が必要なんじゃないですかね。

また北朝鮮を見ていてわかることは、「とにかく原爆と大陸間弾道ミサイル」を持てば、世界は怖がるという事実。

逆に、リビアやイラクの様に「世界平和のためにそれらの開発をやめる」と決めると、後々「攻められて殺され政権転覆となる」。だから北朝鮮は絶対に「甘い言葉には乗らない」と決めているはず。だからこそ国民が餓死しようと原爆とICBMの開発をするわけで、国民を殺し経済を疲弊させてもそれを持とうとしているのに「話し合いで解決」なんかできるわけもない。

日本には何も出来ないわけで、アメリカや中国、あるいはロシアの動きを見ているしかない。

「アメリカに戦争をやめろと言え」と国会で安倍さんに迫ったアホな民進党議員がいたけれど、もしも今回、原爆はそのままでICBMの開発はやめる、みたいな妥協点でこの騒ぎが集結したらそれで喜ぶべきなんですかね。

「何もなくてよかったね~~」と多くの日本人は喜び、日経平均もどんどん上がるんでしょう。

でもねぇ、ノドンはあるわけですよ。つまり北朝鮮はアメリカを攻撃できなくても日本を攻撃することは出来る。

このままで良いんですかね。でも良いんでしょう。かつてノドンミサイルを発射実験してそれが成功した時に、「日本政府はそれを発表しなかった」ということもあるわけで、そして東日本大震災の時も同じで、「危機はない」と常に国民に言うのが日本政府のやり方。

安倍さんが「北朝鮮がミサイルにサリンを搭載して撃ってくることはありえる」みたいなことを言ったけれど、世間は驚かない。逆に「そのぐらいの技術はあるだろう」なんて他人事の様に世間は思う。

そして安倍さんは言った。「万全の準備は出来ている」と。

それで国民は「そうかそうか、そりゃ良かった」と思うのか?

「万全の準備とは何か?」とどのメディアも政治家も活動家もそれに言及しない。

あるいはミサイルが飛んできたら、「伏せろ」「窓から離れろ」「地下に逃げろ」「口と耳をふさげ」という「安全のしおり」みたいなものを出したけれど、それって・・・・・。

でもそれに関しても誰も何も言わない。

つまり、「ミサイルなんて飛んでこない」って確信しているからじゃないんですかね。

でも「飛んできた時には場合によっては日本は終わる」わけで、それを確率の問題で片付けて良いのかどうか。

それより「年金問題だろー」「待機児童をどうにかしろー」「森友が問題だー」ということか?

私は「日本は終わった」と思っているのはこういう日本であって、変わることはないだろうと思うから。

数日前に、子どもたちに「将来何になりたいか」という問の答えの「第一位」が「サラリーマン」だというのを知って本当に驚いたんですよ。サラリーマンが悪いわけじゃないけれど、これって「リスクを取りたくない」という意味ですよね。人生いろいろ経験して「やっぱり給料取りが良いわ」と考えるのは良いにしても、子どもたちが「サラリーマン」という言い方をするって何かおかしいんじゃないかと思うわけです。医者でもない、技術者でもない、もちろん政治家でもなくて「サラリーマン」という答え。

自分が「リスクを取らない」ってことは「国家もリスクを取ってはいけない」という考え方じゃないですかね。これってまさに今の日本を表していて、それが子供にまで浸透しているのは驚きでした。

日本人の「安全志向」って非常に強いと私は思っていて、外国人が日本人を見ると「礼儀正しい」とか「おもいやりがある」とか言いますが、私はそれは間違えていると思うんですよ。日本人がそういう態度を示すのは「他人に迷惑を掛けられるのは絶対に嫌だ」という考え方の裏返しじゃないかと思ってます。自分の周辺に「問題がないことを望む」意識が強いからじゃないかと。

だから、自分に火の粉が掛からなければ全く無関心で、世界情勢なんてどうでもよくて、「9条を守れ」なんて思いにつながって行くんでしょう。でもよーく考えると矛盾が露呈するから、「危機はない」という大前提を作るんじゃないですかね。そのロジックを使うのが共産党の十八番。

この心理の動きって間違いなく自分の中にあるのがわかるわけですが、でもそれを乗り越えないと本当の安全とか助け合い、思いやりなんて無いんじゃないですかね。良い人ぶって終わりになる。

大体、「中国は脅威ではない」という人が多いですが、それをチベット、ウイグル、南モンゴルの人たちに言えるか?って話。

キチガイみたいなヤクザが隣の家に押し込んで殺人強盗をしても、我が家には入ってこないとすれば「見て見ぬふりをする」のが人間の心理だとは思うのですが、見ざる言わざる聞かざるを「生きる指針」とするなんて最悪だと思うわけです。でもそういう心理は自分の中に間違いなくある。

でもこれを乗り越えない限り、国家の安全保障も考えることは出来ないし、「アメリカに助けてもらう」ことしかできないし、「自国の危機は無いものとする」しか無いんじゃないですかね。

ある政治家が討論会で言っていたのですが、「日本が侵略、攻撃されることは絶対にない。そんなことをしたら世界から制裁を受けることになるから」ですと。

こういうバカが政治家になっているんですからやっぱり日本は終わってると思うわけです。

「侵略や他国への攻撃」は「国連の常任理事国がやっている」という事実をどう考えるのか。イラクにいちゃもんを付けてフセインを潰したのはアメリカ。リビアのカダフィも同じ。今の北朝鮮危機だって同じじゃないですか。北朝鮮は「将来的に危険がある」というだけで「攻撃対象」になって良いんですかね。

ロシアのクリミアは?中国のチベットウイグルなどに進攻しているのは?

ここでもわかることは「日本が標的になることはあり得ない」と考えているからでしょう。俺達はウイグルやチベット、クリミアとは違う?そりゃ違うでしょう。じゃぁ、竹島はどうして取られた?なぜ中国は尖閣に忍び寄る?中国は沖縄さえ日本の領土じゃないって言っているのに。

私は政治家の亀井静香って結構好きなんですが、こんなことを言っていました。「北朝鮮と仲良くしろ」と。「戦争にならないようにするには【仲良くする】しかない」と。「非現実的のようだけれどそれが一番現実的なのだ」と。

これもわからなくはないんですよ。「隣人と仲良くするのが大事」だとは私も思います。でもその隣人が「ある思惑」を持っていたらどうするんですかね。

「隣人は自分と同じ」であるなら亀井氏の言うことは正しいと思うんです。でもその隣人がヤクザだったらどうするんですかね。警察にいう?それも良いと思うんですよ。警察も頑張って法律も厳しくなって間違いなく日本のヤクザは減ったし好きに行動できなくなりましたから。

仲良くしたくても「仲良くした人も罰せられる」時代になった。

でも世界にはそういう法律も無ければ警察もいない。どうすんの?

「侵略なんかしない」「防衛もしない」というのも良いと思うんですよ。でも「火の粉も避けられない」って何かおかしいんじゃないですかね。

今、日本の安全保障がどうなっているか。日本の軍備ってどれほどのものなのか。問題点はなんなのか。この辺に興味がある方はこんな討論会も面白いと思います。

2つ紹介しますが、それぞれが2時間以上の討論会です。そんなのを見る時間もないという方がほとんどでしょうが、こういう現状を「知らないで良い」とは私は思えないんですよ。ではそれを知って「どうするべきか」は人それぞれにしてもです。

今回の北朝鮮危機ですが、アメリカと北朝鮮の「妥協」があって解決したとしても、「日本の危機」は増えるという点は大事なポイントだと思いました。

日本人が「平和ボケ」しているのはやっぱり他国に侵略をされたことがないからじゃないですかね。日本が島国だというのは本当に素晴らしい利点で、「自然の大きな堀に囲まれていた」ようなもんで、地続きて戦争ばっかりやっていた国とは違う。

でもそういう経験がないから「いかに危機を逃れるか」のノウハウがないんでしょう。

日本国内では戦乱の時代もあったけれど、私にしてみればそれは「兄弟喧嘩」みたいなもんだと思うんですよ。でも日本は他国との戦争に負けて「民族」「文化」「言語」さえも消される怖さ悔しさを知らない。

だから平気で「日韓併合」を良いことだなんて言う人まで出てくる。それがあったから発展したんだろうと。

自分は併合される悔しさなんてわからないからそれを言えるんじゃないかと思ったり。どんな理由があろうと、状況的にはそれを受け入れるしか無いにしても「母国」を失うなんて、私だったら未来永劫恨むと思いますわ。だから韓国で「親日派」を徹底的に叩くのも私には理解できる。だからといって日本がいつまでもペコペコ謝る必要もないと思うけれど・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *