「北朝鮮危機」明日がヤマ場ですか・・

北朝鮮が「やる」時にはこの日かもしれないと幾つか言われていましたが、その一つが明日4月25日。「軍創建85年」 。

しかし緊張が始まってから今まで「口だけ男同士の【ブラフ合戦】」を聞かされていたような感じがします。

今にもすぐにやりそうな雰囲気を作って相手を怖がらせて様子を見る。そのやり取りを見ている我々民衆はそれぞれがいう一言一言で慌てて右往左往するみたいな。

どちらも戦争なんかやりたくないわけで、どちらかが「白旗」を揚げるのを待っていたのだろうし、中国が裏で動いていてそれの結果も待っているんでしょう。

でも習近平には何も出来ない、というのが広く言われていて、それもその通りみたいで、「お前も一緒にやっつけてやる」みたいなことを言われて習近平もタジタジでしょう。

そうかと思えばだんまりを決め込んでいたロシアが動き出して、兵を国境線に動かしているし、あの万景峰号もウラジオストックと行き来をすることになった。

ロシアが何を考えているのかわかりませんが、中ロとしてはもしアメリカが空爆だけではなくて兵を侵攻させて「アメリカが北朝鮮を制圧する」という図式は絶対に認められない。だからその時には中ロも一緒に北朝鮮内に入れるように準備しているんでしょう。なんだか太平洋戦争の末期に似ている感じがしますね。

お坊ちゃまにしてみるとロシアのこの動きって嬉しいはずで、特に万景峰号の就航はマンセー状態じゃないですかね。そもそもウラジオストックと北朝鮮のなんとかっていう都市の間にはロシアが鉄道を敷いていて、物資や人の行き来は十分出来てる。でも鉄道では運べないものもきっとあるんでしょうね。

だからお坊ちゃまは嬉しいはずだし、四面楚歌の中の「光」に見えるんじゃないでしょうか。

でも実はそれを狙った米ロの作戦だったりね。シリアの一件がありますから米ロが手をにぎることは無いだろうとは思いますが、ここでロシアの出方によってはお坊ちゃまも変わるかもしれない。

明日がヤマ場といいますが、今までのしたたかなやり取りを見ていると「何も明日じゃなくてもいいじゃないか」って思うんですよ。ましてや5月9日には親北の韓国新大統領が生まれるかもしれないし、今行われている米韓の大規模な軍事演習ももうすぐ「予定は」終わるはず。

明日何もなくてお坊ちゃまが15日の太陽節(故・金日成主席の誕生日)みたいに祝賀パレードをして終わりだったらどうするんですかね。

カールビンソンも太平洋側にも配備したイージス艦、そして大規模演習の為に韓国にいるアメリカの大部隊。これらを「そのまま」の状態でおいておくわけにもいかない。

戦う準備が出来ているところに、あえてお坊ちゃまは何かするだろうか。

私だったら「知らん顔」すると思う。で、時間稼ぎをする。困るのはアメリカ側なんですから。

でもそれは私が軟弱だからそう思うのかもしれなくて、「大事な日に大事なことをする」という思いはお坊ちゃまに強いかもしれないと思ったり。そもそもそのぐらいの気構え、気位がなければこんなことになっていませんよねぇ。

でもアメリカはこのまま引き下がるわけにはいかない。今日、こうなったのも過去にやるべきことをやってこなかったからであって、「また先送りかよ」なんてことになると「口だけオバマ」と一緒になるし、トランプの求心力にも陰りが出てくるはず。ましてや現在配備している軍を引いたら「腰抜けが逃げていった」とお坊ちゃまは喧伝するのは間違いない。

でもアメリカ国内はもちろん、軍関係のトップ3人の話が微妙にニュアンスが違うと指摘する評論家もいて、アメリカも一枚板じゃなくてトランプの思うとおりには動けないのかもしれない。

何もなければ良いのに決まっていますが、今、そうであるように未来永劫、日本もあのお坊ちゃまに脅かされっぱなしってわけにもいかず。

いつ何が起きるかわかりませんが、あとで振り返ってみると「まさか、こんなシナリオは考えつかなかったよね~~」なんてことになるような気がして仕方がありません。我々が見聞きしているのは「表の彼らの顔」であって、裏ではいろいろ進んでいるんでしょうし。

どちらにしても明日は要注意の日。

備えあれば憂い無し。

私は今まで無いくらいのキャッシュポジションを持って様子見です。何がどう動くのか全くわかりませんので、ギャンブルをするわけにも行かず、キャッシュを多くしました。と同時に、動きを見て出動できる体制を取ってます。って、何の話だか・・・ ^^;

-----------------------

私が信頼している軍事評論家「小川和久氏」の見方はこれ。やっぱり専門家には我々にはわからないことが今までの動きからわかるんだろうな、と。

「どこか(韓国の)小さな島を砲撃する」とか「我々が危惧する核実験ではなくて(アメリカもやっている)小規模の核実験をやる」可能性もなるほどと思いました。それならお坊ちゃまとしては「やるべきことはやった」とメンツが立つし、でもアメリカは「その程度だと攻撃できない」ことになると。

しかし不思議なのは、あれだけ側近を粛清してきたお坊ちゃまの参謀はだれかということ。あのお坊ちゃまがワンマンですべてを決めているとは思えないんですよ。用意周到あの手この手を使い、世界やアメリカに伝えるべきメッセージは自分のメンツが立つようにうまく伝えている。これって側近を粛清してきたお坊ちゃまが采配しているとは思えないんです。

これは「何があっても粛清しない参謀」が別にいるというより、「お坊ちゃまに入れ知恵する海外勢力」があるんじゃないかと。だからお坊ちゃまは面白くないと思っても粛清できないし、でも「言うことを聞く」わけでもなくて「顔を立てつつ【針の穴を通す】ような作戦」を考えるグループが後ろについているとしか思えない。

イランだったり?ロシアっていう線はあるかなぁ。旧ソ連の・・なんてことはありそう。崩壊時に多くの技術者が北に入って核やミサイル開発を助けていると言われているし、生きる場を求めて移動したのは技術者だけじゃないだろうし。「金ファミリー」を支えている他国の勢力ってあると思うんですよね~。

そうじゃなくてお坊ちゃまが全てのシナリオを考えているとしたら、彼は天才かもしれない。33歳の若者が国のトップになり我流でアメリカや中国、日本とここまでやりあう「頭脳」があるとはどうしても思えないんです。

かといって、この前のパレードもそうですが、ああいう場に出てくる時の彼の横にいるような「老いぼれ連中」が参謀とも思えない。そうだとしたらよくぞ粛清されずに残っているのが不思議。参謀って親分の耳が痛いような事も言わないとならないから参謀なのに、彼が言うことを聞くとは思えないんです。だから彼が耳を貸さざるを得ない立場の優秀な、そして狡猾な人間、それもグループが後ろに着いて作戦をねっているんじゃないかと。

イランじゃないかなぁ・・。核やミサイルの繋がりも深いんだろうし。立場も似ているし・・・。共同戦線を張っているのは間違いがないと思うんですよ。それぞれの国の浮沈がそれぞれに影響あるはずだし。核とミサイルに関しては運命共同体かもしれない。どちらも一人ではやっていけないはずだし。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「北朝鮮危機」明日がヤマ場ですか・・” への6件のコメント

  1. 核実験やミサイル発射はしないだろうと思っていましたがもしものことを考えて本日はトレードをやりませんでした。結果論から言えばチャート的にみてもやっておくべきだったのが大変残念ですがこればっかりはしょうがないと思っています。
    ところで久しぶりにブログを拝見させていただいたのですがまだトレードは開始されていないみたいですね。相場関連の記事がほとんどなかったのでどうしたのかなと思っていましたが。ちょっと残念です。ただトレードに心理面は大きな影響を与えると思いますのでしょうがない状況なんでしょうね。

    • ご無沙汰しております。

      太郎さんがどういう手法でトレードをなさっているのか私には全くわかりませんが、イベント狙いではなくて普通の動きの中で利益を出す手法だとしたら、あえてややこしい日はやる必要はないんじゃないですかね。重要指標等の発表時も同様。

      ましてやあとからそれを見て「やればよかった」なんて思うのは、非常によく理解が出来ますが(笑)、そういう気持ちが強くなると危ないんじゃないですかね~。

      ブログには書いていませんが、今の時点ではやっぱり「所得税がない」というところで安心している自分を感じます。何もしなくても所得倍増ですから。

      でも資産運用の部分で問題山積みなんです。利回りの良い投資先がありませんから。

      そういう意味で、私が今一番時間を割いているのはその部分で、それの方針がしっかり決まらないと毎日のトレードなんかやってられないのです。住む家さえも決まらないのにまともな仕事は出来ない、そんな感じでしょうか。

      でも隙を見ては、今まで興味をもつことさえなかった商品とか手法の研究はしています。自分とは全く違う手法でも「間違えなく食えているトレーダー」がいるのはユーチューブの彼らのリアルタイムトレードを見ていてもわかる。

      おもしろいですね。非常に勉強になります。

  2. 早速のお返事ありがとうございます。
    トレードはデイからスイングでトレンドフォローといったところでしょうか。
    今回はもしトレードしていたらとチャートをずっと眺めていたらドンピシャだったうえに思った以上に利が取れそうだったので残念に感じているところです。人間ができていないので。
    ただまあそれを考えすぎると危険というのは理解しているつもりですし、何よりトレードをしないと決めたのも一つの選択なのでそれはそれとそれあきらめているつもりですよ。ご心配おかけして申し訳ございません。
    あと動画ですか。僕も見ることはありますがyoutube ではあまりいいのを見た覚えがないな。日本の証券会社がサービスで流している動画にはいくつか魅力を感じるものがあったかな。新しい手法もできたし。いいのがあったらまたブログで紹介してくれたら幸いです。
    それでは新しい展開に期待しています。失礼します。

  3. どもども。相変わらず言いたいことを書いてすいません。

    >youtube ではあまりいいのを見た覚えがないな

    実はこれに関してつい昨日、息子と話をしたんですよ。ユーチューブに限らずあちこちのフォーラムを見ろと。でも「ろくなのがないぞ」と。

    しかしですね、彼らが使っているチャートが見れるのは非常に良いことで、「本人が気がついていないとか、間違えた使い方をしているのが多い」という話をしたんです。特にフォーラムですが、多くのトレーダーは「自動売買」を目指しているであろうことが見えますが、様々な人が様々なアイデアを出して、それを皆で検証し、ブラッシュアップしていく文化があるからフォーラムは必ず見ろと。

    でも素晴らしい結果を出す手法なんてないんですね。ところがですね、自動売買だから難しくても、裁量になら使えるものが結構ある。つまり、自動売買をする連中はどうしても「数値」で見ちゃうんですね。パターンで見ることをしない。これじゃ無理なのは長い間ウォッチングしていればすぐに分かる。

    でも中には凄いアイデアを持っている個人がいるわけですよ。それを見つけたら、「彼の実績は無視して、他のフォーラムでその人の書き込みを見ろ」と。そこに宝が埋まっていたりするんです。でも本人は気が付いていないとか。

    あるいはフォーラムにどんどん書き込んでいたトレーダーがあるとき、ピタリと書かなくなる。そういう場合も過去ログをきっちりみろと。これは「何か面白いものを見つけたから、皆と共有するのはやめた」とか「会社を起こした」とかそんなバックグラウンドがあったり。

    実は私は昔からそういうことをやっていまして、私の手法はその中から生まれたようなもんなんです。でもそのことはブログには多分書いたことがない。

    一時期、私が気に入っていたある指標も、かなり数学や統計に秀でているトレーダーの書き込みを追いかけていて、彼がフト、「こんなのがある」と全く関係ない場所に紹介していたものなんです。でも多くの人はそれに関心を持たなかった。

    彼らの実績は無視して「何をどう使っているのか」を見ていると面白い発見があると思います。

    ユーチューブも同じで、「これで利益が出るなら、こうすればもっと勝てるはずだ」とか、「このチャートの見方だと違う動きをした時には必ず負けるだろう」とか、そういうのを考えながら「彼の手法を真似るのではなくて」、「どう改良すれば使えるか」という視点でみると全く違うものが見えてくるはず。

    また私が一目置いている「与沢翼君」ですが、彼の話を聞きながら彼のチャートを見ていると、「XX」と「XXX」を使えば彼の読みはもっと精度が上がるはずだとか。

    そんな他人様の手の内を見ながら、自分の手法も進化させる。これを休まずに常に行うのが私のやり方です。

    ただそういうのを紹介しても意味が無いかもしれない。私の考え方、手法ってのが基本にあって、その目で見て判断するわけですから。

    ダボチャートの配布を中止したのもそれが理由です。私の「癖」が満載ですし、違う考え方を持っていたら無用の長物でどう使うべきかもわからないはず。また配布希望の人たちがあまりにも短絡的、勉強不足、努力をしたくないってのも見えましたし。(笑)

    息子には私のやり方をそのまま教えることは不可能ですが、ある有料のシステムを使わそうと考えています。それで利益を出すのはなかなか難しいはずで、その会社の「これで勝てる」なんてのは大げさだと思うのですが、ちょっとした改良で使えそうなのがわかりましたので、その改良点だけ教えれば面白んじゃないかと。

    そういうのって結構あると思っています。

    ああ、それとですね、多くの人たちはFXとかE-mini SP500が多いわけですよ。でもそのシステムをXXXXで使ったら面白いかもしれないとか。対象商品にはそれぞれ動きの癖がありますから、そういう利用の仕方もあるんじゃないかと。「ある商品のある時間帯」だけ使えそうな手法とかあると思っています。

  4. 僕もちょくちょくトレード本を読むのですがその際一番いいのは本の内容や趣旨が自分にとって有用なものだと思っていますが、そうでなくても趣旨にかかわらず自分に一つの気づきを与えてくれるものがあれば、その内容が大したものでなくても儲けもの、考えるきっかけをくれれば儲けものと思い読んでいます。どんなにいい本でも読み物としてはで終わってしまう場合も結構ありますし、逆にどうしようもない本、特にトレードを始めるたばかりのころに読んで有害になった本のようなものは以前は読まないようにしていましたが最近は目を通してみると全体としては滑稽な内容でも考えるきっかけをくれる場合もあるので読むようにしています。当然はずれは多いですけどね。多分それと同じ作業なんでしょうね。

    • ですね。

      変な理論だとすれば、どうしてそれが「変なのか」をしっかり理解することが大切ですし、本当に変なのか、常に自問自答しないとうまくないと思っています。

      ゴミ溜めの中から光るものを探し出す。これがいちばん大事な作業だと思っています。そういう意味でユーチューブは実際に動いているところが見れますので、宝の山。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *