究極の「ユッケ」を目指して再び・・・

またですかぁ?

ハイ、そういう性格なもんで・・・

究極ねぇ?

要は「自分好み」の完璧を目指すということで・・・・

肉はB.I.G.で売っている「Round Eye(モモ肉)」で問題なし。この手のもの。キロ86リンギ。ドリップは綺麗に拭き取るなり、衛生面で不安があれば「外側の肉」は使わないようにする。あるいは強火で外側だけ焼いて、「タタキ」みたいにしてもよいのかも。

この手の肉を買う時には出来るだけ「きれいな赤」であるかチェックします。店によっては「赤く見える電灯」をつかっていますから(イオンがそれ)注意。また鮮やかな赤は薬品を使っているからそれも注意(そういう肉もイオンにある)。

これをちゃんと(細かすぎない、大きすぎないように)刻んで、タレを揉み込む。

結構タレが問題なんですよね。私はどうしてか市販の「焼肉のタレ」を美味しいと思ったことがなくて、プロに聞いたりして「自作」することが多かったです。でも市販の(日本の)ものだとすればサラダ用の「叙々苑のタレ」が「焼肉用」として使えると思ったり。でも油が入りすぎないように使う。その他の有名なブランドのタレはどうにも合わず。

あるころからどうせ駄目だろうと思ってトライした「韓国産の焼肉のタレ」でも甘くないものを探せばその方が良いと思うようになりました。で、今回使ったのもそれでB.I.G.で買ったもの。焼肉とユッケと同じタレです。

昨日は、とりあえず作ってみただけですが、味としてはまだまだで今日は色々試行錯誤してみました。でも結局はポイントは(私の場合)「ごま油」と「白ゴマ」だというのがわかった。また「梨」は絶対にないと駄目で、リンゴや西洋梨では代用できない。それとやっぱりキュウリがあったほうが良い。

私は焼肉でもサンチュをバリバリ食べるんですよ。おかわりは必ずするし二度おかわりすることもあるくらい。それに「生にんにく」と「青唐辛子」も必需品で、肉をくるんで食べる。でもごはんを食べることはまず無い。

ということで出来たのがこれ。私好みのユッケの完成。

美味しい~~。本当に美味しいと思う。ああ、サンチュはなくて「サラダ菜(Butterhead lettuce)」ですがもしかしたらサンチュよりこっちの方が良いかもしれない。包んだ時にサンチュみたいに割れないし。

ついでと言ってはなんですが、ユッケ丼も作ってみた。内容は同じでご飯の上に乗せただけ。

私は焼肉屋に行っても白ご飯もビビンバも食べないのですが、久しぶりにこうやって食べてみると、やっぱり焼肉(生肉だけどぉ)と白いご飯ってのは最強コンビですね。これも美味しい~。

し あ わ せ の ひ と と き ・・・・・・・・・・・・・・

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *