外務省が「注意喚起」を始めたけれど・・・・

前の日記で、どの国の政府も何も言わないと書きましたが、その直後に、日本の外務省が注意喚起を始めた。

「外務省 海外安全ホームページ」にそれが出ています。(ここをクリック)

内容は以下の通り。

【ポイント】
●朝鮮半島情勢に関する情報に注意するとともに,在留届又は「たびレジ」により,連絡先の登録をお願いします。

【本文】
1 現在,韓国については,直ちに邦人の皆様の安全に影響がある状況ではなく,危険情報は出ておりません。他方,北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射を繰り返していることから,今回改めてお知らせを出させていただきました。朝鮮半島情勢に関する情報には,引き続き注意してください。

2 つきましては,韓国への滞在・渡航を予定している方,また,すでに滞在中の方は,最新の情報に注意してください。

3 また,従来からお願いしているとおり,韓国への滞在が3ヶ月未満の方は外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録,また,3ヶ月以上の方は「在留届」の提出により,連絡先を外務省に登録することを改めてお願いいたします。
 「たびレジ」の登録は,以下のサイトから行えます。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )
 在留届については,在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )の利用をお勧めしますが,郵送又はファックスによる届出も可能ですので,最寄りの在外公館まで送付してください。

ここで見落としてはならないところは文中の「直ちに邦人の皆様の安全に影響がある状況ではなく,危険情報は出ておりません」というところでしょう。そしてこれに呼応するように韓国政府も以下のような声明をだしている。

外交省報道官は11日の記者会見で「米国も、我々との協議もなく、いかなる新たな政策や措置もとらないと明確にしている」と主張。「4月韓(朝鮮)半島危機説は根拠がない」と否定した。12日には論評で、「米国が北朝鮮に対する軍事行動の可能性を日本に伝えた」「米国などによる北朝鮮ミサイルの撃墜可能性」などに触れた一部報道を全て否定した。

ま、確かに今の時点ではその通りですよね。

でももし「作戦決行」が決まったらどうなるのか。それは「日本との協議無くして始まらない」のは日米で確認が取れていますし、韓米でも同じでしょう。

では協議が行われてその結果がどうなったのかを日韓米は公表するんですかね。

もしそれをスクープしたマスコミがあったにしても日韓米は否定するんじゃないですかね。

やるにしてもやらないにしても、またその作戦の全貌、予定、計画が事前に漏れたら駄目ですし、でも一般市民や企業が巻き込まれるのもうまくない。

これって「津波予報」や「地震予報」にも似ていて、もしなんらかの発表があったにしても「それの起こる確率、想定被害は言わない」んじゃないですかね。

つまり、匂わすことしかできず、あとは「自己責任」で考えて行動してくれってところでしょう。

日本に関して言えば、日本が作戦を実行する側ではなくてアメリカが主役ですから、もし事が起きても「事前に退避勧告を出さなかったこと」に関して責任を追求されることは無いんだろうと思います。でも「事前に協議する」ことになっていますから「知らなかった」とは言えないにしても、日本政府の責任を追求するのは左翼ぐらいかもしれない。

「内容はともあれ、注意喚起はした」という事実はもうすでに出来ていますし、もしかしたら日本政府が言えることは「ここまで」かもしれない。

とまぁ、何かが起きるような書き方をしていますが、私は今の時点では「何も起きない」と考えています。

そりゃ今すぐにでもアメリカは北を叩きたいでしょうが、東アジアに大きな被害が出るのは多分間違いがなく(北が反撃しない可能性もある)、難民問題も出てくるんでしょう。そして一番の問題は「作戦の【後始末】をどうするか」ってことで、韓国は一気に統一を図りたいでしょうし、核も手に入れたい。中国は韓国による統一もアメリカの半島におけるプレゼンスの高まりも容認できない。アメリカにしてみれば「決断」をする大きな役目だけ引き受けて、あとはかってにやってくれとも言えない。

何よりもアメリカの「攻撃の正当性」で世界は大騒ぎになるはず。

でもアメリカの過去を見ると、イラク侵攻がそれだったし、今回のシリア攻撃も同様。正当性に関しては「ある」と言えば済んでしまうような気もするんですよ。

でもそうは言ってもアメリカが考える正当性はしっかりつくるのも毎度のことで、ベトナムのトンキン湾事件、そして忘れもしない真珠湾攻撃。必ず「あいつが悪い」というストーリーを作り、あるいは「あいつから手を出した」という状況を作る。

そういう意味ではアメリカは「北の暴走を待っている」ことさえあるかもしれませんね。

お坊ちゃまは今頃「気が狂うほどに動揺している」と私は想像するのですが、自ら攻撃することだけはしないと思っています。それじゃ結末がどうなるかはあまりにも簡単すぎますから。

どちらにしても何がいつ起きるのか起きないのかは誰にもわからない。何か起きてもその後どうなるのかもわからない。

わからないことだらけの現在ですが、ではのほほんとしていて良いのかどうか。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *