「北朝鮮問題」の別の見方

北朝鮮問題でかなり世間は加熱していて、アメリカが北を攻撃するのは時間の問題の様に見えてきます。

でも冷静に考えると、それが出来る状況には無いとも読める。それはアメリカの国内事情であり、また中国の立場を考えれば下手にアメリカが朝鮮半島に乗り込んでいったら中国も何もしないわけにはいかないのでアメリカも不用意には動けない。そして北朝鮮の脅威はあるけれど、「こいつは何をするかわからないから殺す」という論理が世界で通用するのかどうか。

また北朝鮮だって黙ってやられるわけもなく、ソウルが火の海になる可能性はあるし(1994年の危機と同じ)、また工作員は世界中にいるはずで、マレーシアで正男氏暗殺のためにVXガスが使われたように、どこでどの程度の規模の「蜂起」「後方撹乱」が起きるのかそれもわからない。

アメリカが北を叩きたくてもあまりにもリスクが高い。

でも5月に親北政権が韓国で立つと状況は悪化する。(朝鮮民族悲願の南北統一した「(核を持った)高麗共和国」勃興を狙っているとの情報も出てきた)

四面楚歌の中でアメリカは何を決断するのか。

これに関して巷で言われている「やるかもしれない」論とは違うものを紹介しようと思います。

この宮家邦彦氏も私がかなり信頼しているキヤノングローバル戦略研究所研究主幹です。アメリカが北を攻撃するわけがないと。(途中から再生します)

また中国も一枚板ではなく、北朝鮮問題は中国の国内問題でもあって、習近平氏もかなり困っている様子。習近平こそがアメリカに北朝鮮問題で助けてもらいたい側だと。

この軍事評論家も昔から注目している人なんですが、この人の見方も興味あります。軍事のプロから見ると北朝鮮がどう見えるのか。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「北朝鮮問題」の別の見方” への2件のコメント

  1. 辺さんという韓国人識者が言っていたけど在日米軍基地が有るが故に北から大変な返り血を日本国民が浴びるという指摘は恐ろしい。安部さんは日米韓連絡を密に連携を確認、とか言っているが一般国民はまず身の安全が第一。もっと一般国民へは直接的に言って欲しい。
    韓国の次の大統領には親北の人物が有力らしいが一つの理由として考えられるのは日本よりはるかに切実な地政学的脅威、ソウルなど開戦と同時に阿鼻叫喚の火の海となるという。もう今の段階では政治的主義主張よりも核の脅威、北の脅威の前にひれ伏してでも何としても身の安全を守りたい、と考える韓国民が多いと想像する。
    米国本土に届くICBMの完成の前に北を叩こうとするトランプはごく普通の米国人の考えと思うが日本はその為の捨て石である、とも言える。アメリカという国家は随分と身勝手に見える。ずっと北を野放し、やりたい放題にさせていた、のはアメリカという気がする。

    • 韓国人の「北の脅威の前にひれ伏して」っていうのは私はまったくないと思っていて、それどころか韓国人が一番ひょーひょーとしているように感じます。北は攻撃してこないと信じているみたいな。

      北と韓国の繋がりって他国民にはわからないものがあるんだろうと思っています。なんだかんだいっても「統一」するべき血縁という意識があるんじゃないかと。そして晴れて民族の悲願の統一が完成すると、その国は核を保有し、初めて日本と互角に戦える様になると夢見る人も多い感じ。

      日本が捨て石というのはそのとおりだと私は思っていて、それ以上のものを期待するほうがおかしいんじゃないかと。友好関係とか同盟にしてもどの国も「自国ファースト」であって、日本的美徳の「相手のために・・」という感覚はアメリカには希薄、いや無いと言っても良いと思うんです。同盟も日本のためじゃなくて自国のためでしかない。

      アメリカは関係なく北が日本を攻めることはないかもしれないけれど、「絶対ない」という前提っておかしなもんで、日本にはシェルターもなければ避難練習もしないってどこか間が抜けているような気がします。

      アメリカが気になるのは中国でしかなくて、彼らとの取引、将来の関係ひとつで日本(その他近隣国)の運命も決まるんでしょう。かと言って日本が発言権を持つほど強くなることを誰も望んでないし、日本人は韓国人を事大主義だとバカにするけれど、日本も全く同じだと思いますわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *