カンコン(空芯菜)を【簡単に】家庭で育てる実験

カンコン(空芯菜)の栄養価がほうれん草の2-4倍あると知って俄然やる気が出てきました。もちろん育てるのが超簡単らしいからで、100円も出せばごっそり買える野菜を手間暇掛けて育てたくないですもんね。

ビレッジグローサーで「オーガニック」のカンコンを買いました。3.2リンギかな。かなりの量だけど安い。

袋から出してみてすごい量にびっくり。それぞれはまだ若芽の感じで、でももう完全に萎れているのがわかります。大丈夫かな?

あまり徒長していなくて元気そうなものを選び、葉も3-4枚残して適当なところで切り、それを水につけておくことにしました。ああ、それぞれの葉っぱそのものも半分ぐらいに切ります。葉が多いとそれだけそれを維持するのが大変ですから。でも切り過ぎたら意味がなく、ま、その辺は適当。(笑)

萎れているのが上の写真からわかると思いますが、これを我が家では一番涼しい場所においておくことにしました。直射日光はあたりませんがそこそこ明るい場所。

今日の朝ですが、シャキっとしています。\(^o^)/

水は毎日取り替えろとのことですが、腐る可能性があるからでしょう。またそれは酸素不足になるからでもあって、そして酸素が非常に重要だから「毎日取り替えろ」ということなんでしょうね。ましてや気温が30度を超えると酸素濃度が低くなるとのこと。今まで水が悪くなる経験はありませんが、もし失敗するともう二度とやろうとは思わなくなりますから、ここはきっちり一日に二度ぐらいは水換えをしてやろうかと。(笑)

それと5,6本、用意しましたので、これを2グループにわけて、一つには「過酸化水素水」を入れてみようと思っています。

このままで4-5日で発根が見えるらしい。その後、根がそこそこ伸びてきたら定植する。

今回は土を使ったりせずにポットやプランターも無しで、カンコン(空芯菜)専用の「超豪華野菜専用水耕栽培コンドミニアム」を建てる予定。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

カンコン(空芯菜)を【簡単に】家庭で育てる実験” への9件のコメント

  1. いつも楽しく拝読させていただいてます。
    カンコン(空芯菜)のご紹介ありがとうございます。
    さっそく,アマゾンに種を申し込みました。
    関西におりますので,ゴールデンウィークに蒔いてみます。
    まだ,だいぶ先ですが.....

    • あらま、読者の反応があったのでびっくりしました。(笑)

      関西にお住まいですか?

      ネットで調べてみるとわかりますが、とにかく暑くて水もぐちゃぐちゃの方が良いみたい。(笑)

      空芯菜って中が空洞になっていますが、それって水に浮くようになっているとのこと。川辺に生えて水に流されたりするんでしょうね。で、行き着いたところでまた育つ。

      それと、水の浄化作用があるのがわかったらしく、池にフロートを浮かべ、そこで空芯菜を育てる。つまり、根はフロートの下に出るようにするわけですが、それで十分育ち、池の水も綺麗になるとのこと。

      面白いですね~~。

      育てるのが簡単だから、海外の貧困層にも普及させようと頑張っている様子。栄養価も高いなんていい事ずくめですね。

  2. ブログに「空芯菜」をアップされてから4カ月経ち,5月中旬となり,
    ここ京都でも,発芽しました。
    発芽したふた葉は,掲載されてる(本葉)と違うので,もしかしたら,
    雑草かもしれません ?
    写真を添付したつもりですが,うまく届いているか...?
    水色のカップが空芯菜,黒いカップがモロヘイアです。

    コメントするページとテーマが違いますが,
    日本のm証券のトレードステーションという取引ソフトですが,
    これを利用した取引手数料が私のような超小口売買トレードをする者にも
    手の届くほど安価になってきまして(5月22日から),
    最近これでインジケーターを表示したりして遊んでます。
    私にも日本株でデイトレードできるようになってきました。
    (プログラム言語のeasy languageも,慣れてくるとMT4と同じくらい使いやすいです。)
    8306三菱UFJと9506東北電力を日足で比べて,意外だったこと。
    私には,日足ローソク足で見比べると9506の方が素直そうに思えるのですが,
    MACDで,比較すると,8306の方が分かりやすそうな気がします。

    最近,相場のテーマがなくて少しさみしいです。
    (勝手なこと書いてお許しください。)

  3. どもども。コメントを有難うございます。

    見た感じでは青いカップの方は空芯菜に間違いがないと思います。

    でも食べだすとかなりの量を栽培しないと追いつかないかもですよ。先日、スーパーで買って炒めて食べたのですが、大きな束がこんなに小さくなるのか・・みたいな。

    ま、ほうれん草でもなんでも同じですが、火を通すと本当に少なくなって、嘘だろ?と思うくらい。体に良いですからたくさん食べたいものの、長らく待ってやっと育ったのを一日で食べてしまう虚しさって結構きつい。(笑)

    相場の話ですか?

    ボチボチ書きましょうかねー。

    ああ、トレードステーションですが日本でも使われているんですか。へーー。私も20年ぐらい前かなぁ、使っていました。ソフトだけでも凄い価格でしたっけ。

    日本株のデイトレですか?凄いなぁ。私には全くわからない世界です。日経225の先物もそうですが、どうも「窓が開く」「取引時間が短い」ってのが私には合いません。でも昔は他にやるものもなく、225にどっぷり使っていたのが今になるとよくやってたわと思います。手数料も高くて何のためにやっていたのか・・・。

  4. ありがとうございます。
    空芯菜の種をもう少し多く蒔いておきます。

    さて,このページで書かせてもらうのは,適切でないような気がしますが,
    なりいき上,進めさせていただきます。適切でなければ削除をお願いします。
    「相場は,計算とおりには進まない。」ということを,また実感しました。

    添付のバックテストの画像をご覧ください。トーレードステーションに標準装備
    されているMACDで,9506東北電力と8306三菱UFJを
    バックテストしたものです。

    パラメーターの設定は,何も手を加えずそのままです。
    MACD(12,26,9)
    (MACD線と遅行のシグナル線がクロスした翌日に売買)
    バックテスト結果を見たところでは,
    東北電力の方が取りやすそうで,三菱UFJは,利益にならなく
    みえますが,私自身個人的には,東北電力の方が大きい損を出してます。
    相場のリズムと私の感覚の手が合わないのかもしれません。

    トレードステーションですが,マネックス証券で申し込みますと
    ソフトの使用料は不要で,実際に売買したときに取引手数料が
    かかります。それも安い。高価なソフトをタダで使えるかな?
    というわけで,私はトレードステーションを使ってみようと思いました。
    (個人的にはNinjaTraderも,性に合うように感じるのですが,
    日本の証券会社では,扱っているところを知りません。)

    やっとこさ,
    株でデイトレしようと短い期間の足(1分足,30秒足など)を
    描かせる環境が整ってきたところですが,
    おっしゃるとおり,三菱UFJでは毎日のように
    場の始めに「窓が大きく開き」ます。
    毎日 30~60本の足が確定するまで,
    始まってから30分ほどは,様子見です。

    いつも為になるお話をありがとうございます。

  5. 次に三菱UFJのものです。
    取引数量は,どのような初期設定なのかわかりませんが,
    買い建玉,売り建玉の両方をシミュレーションしているようです。

    インジケーターだけでは,勝てない典型でしょうか。

  6. MACDを単純に使うだけで利益が出るなら、世界中のトレーダーがそれを使うし損をする人はいないんじゃないですかね。

    窓をどう使うかってのが225や日本株式の特徴だと思うのですが、そこの答えなり利用方法を見つけない限り私は勝てないと思っています。

    私はもう225も日本株式もやる気はないですが、やるとしたらCFDが良いと思っています。ま、CFDも一般的なFXも「競馬のノミ屋」と同じシステムですが、彼らはマーケットメイカーでもあってほぼ24時間値が動いているんですね(最近は見ていないからよくわかりませんが)。

    東証や大証が閉まっていて取引がなされていないのにCFDでは値がついて動いているって本当に不思議ですが、これの利用価値はあると思うんです。窓のことを気にしないで良いわけですから。

    また今の日本株はわかりませんが、私がやっている頃は「値幅は夜作られる」とよく言われました。つまり、「欧米の動きが最も重要で、それにつられて動く」ってことなんですね。

    これはオーストラリア市場も同じで、多分今でもそうだと思いますが、先物市場を夜も開けたら、なんと夜の方が動くということが起きたんです。アメリカ市場と連動しますし、またアメリカのトレーダーも随分入ってきたってことなんでしょう。

    とにかく日本市場が動いている時って、世界の多くのトレーダーは寝ているわけで、それを考えても私としてはやるきが失せるのです。特にデイトレって取引が活発じゃないと成り立ちませんから。

    でも日本市場は日本市場でそれなりの大きさがあるから成り立つのでしょうが、世界を見渡すともっと有利な投資先がいくらでもあるということ。これに関しては何度も何度もこのブログに書いていますが、私が海外に目を向けずに日経225ばかりやっていたらきっと違う人生だったと思います。

    またチャートの使い方、インジケータの使い方は人それぞれで、欧米の人たちは「自動運転を目指す」人も多く、貴方が行ったMACDだけで売買ルールを作るほど単純じゃないにしても、私は難しいと思っています。

    またバックテストに関しても何度も書いていますが、過去は過去、未来とは関係がないんですね。

    そしてバックテストの結果だけを見るのではなくて、どういうところで勝ち、どういうところで負けているのかを細かく見ていけば、どういう時に何を使うか、それをどう見極めるのか、どういうインジケータと併用すればよいのかもおのずと見えてくるんですね。

    それでも自動売買は難しく、それをバックテストで評価するのは問題が残ると思います。バックテストで良い成績を出したシステムで実際に勝てるかどうか、長期でやってみるとそのへんもわかるはず。

    だから私はやっぱり「裁量」が良いと思っていて、人間の脳の判断力は凄いと思うし、でも「気分」や「思惑」「感情」に左右されるから人は負けるわけで、「裁量だけれどシステム化」するという方向性が一番だと思うし、それも今まで何度も書いてきた通り。

    ですので、大変申し訳無いですが、はっきり書きますと、貴方のアプローチ方法では「勝てない」と思っていますし、あまり簡単に考えないほうがよろしいかと・・。

    チャートはただの道具でしかありませんが、でもかなり使いみちがあると思っています。それも自分の手法や性格に合わせてインジケータを選び、組み合わせ、なおかつパラメータもいじらないとデフォルトでどうにかなるなんてこともないんですね。そして職人が自分にあう道具を持つようにチャートを使いこなせるようにならないとうまくない。

  7. 親身なご回答 身に沁みます。
    ご機嫌取りの外交辞令ではなく,ここまでご親切に
    アドバイスしていただき,大変恐縮です。
    インターネット上には,絵に描いた,言ってみれば
    単なる絵空事のようなFXや株式についてのサイトが
    多いように思います。
    しがし,このように書いてくださると
    頭にダイレクトにはいってきてたいへん気持ちがよいです。
    自分では自分のことが見えません。
    あらためて自分の「至らなさ」を感じた次第です。
    過去のダボさんのブログをよく味わってみたいと
    思います。

  8. いつも生意気ばかり書いて申し訳ないです。m(_ _)m

    ネットの中の情報ですが、多くは「釣り」、アフェリエイトであって、個人のブログでもこの人凄いなあと思うのは非常に稀だと思います。というかネットで学ぼうとするのは無謀なんですね。

    書籍でもなかなか良いものはないし、有名なトレーダーが書いたものでも大事なポイントがわからないようになっていたり(これはわざとではなくて、本人が自分のどこが良いのか分かっていないから)とか、あるいは天才のやり方が自分にでも出来ると錯覚したり。

    でも自己流だと恐ろしく時間が掛かるんですね。10年でどうなるものでもないかもわからない。

    とは言うものの「負ける原因は自分の中にある」のが理解できていれば1年で勝てるようになるとも思うわけで、チャート分析なんか「グランビルの法則」だけで勝てるのかもしれない。実際に私は「平均足とストキャスがあれば十分」というトレーダーに会ったことがありますし、大したもんでした。

    私のチャートの様にインジケータをごっそり使わないと駄目ってわけでもなくて、「会議をするときに何人で話し合って決めるのが良いのか」と同じなんですね。本当は信頼できるやつが一人だけいれば良いのですが、そんなことはありえなくて、私は「様々な良さ、個性がある人達と会議をする」みたいな感じ。

    でも多すぎれば会議の結果はなかなか出ないわけで、これもまた難しい。

    あれもこれも「こうやれば良い」って王道はなくて、トレーダー個人の性格、知識、経験、好み、癖によって全く違うんですね。だからやっぱり時間を掛けて、自分で作り上げるしか無い。

    でもそれも自分ひとりでは無理で「誰かの真似をする」ことの繰り返しで自分流を作るってのが私のやり方で、私独自で作り上げたものは皆無です。

    一番大事なことは「諦めない」ことじゃないですかね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *