「タコ焼き用鉄板」が日本から届いた。早速作ってみる。

タコ焼き用鉄板が届きました。イワタニの「カセットグリルたこ焼器 炎たこ」の鉄板だけ。

20穴だから良い感じ。

この鉄板は「汎用型」ではありませんから、底面が平らになっていないんです。だからカセットコンロにしてもキッチンにしてもその「五徳」にピッタリ乗らない。

我が家のカセットコンロに乗せてもグラグラして場所が定まりません。でもま、どうにか騙して使える感じはします。

でもキッチンの五徳のほうが火が広く出ますので、とりあえずそちらの方でやってみることに。

粉はオタフクの「タコ焼きの粉」、タコはビレッジグローサーの刺し身売り場で購入。

どんな感じかわからないのでまずは「タコ焼きの粉」に書いてある通りに。慣れるまで量は少なめにとのこと。

これなら結構簡単ですが、量が少ないですから綺麗な丸にならないんですね。誰かがかじったような形。(笑)

近くから変形した所を中心に写真に撮ってみましたが、これじゃ美味しそうじゃないですよね。

なかなか思うようにひっくり返せなかったのですが、量を増やして「第二ラウンド」。

うーむ、やっぱり難しい。テフロン加工してあるので竹串でひっくり返すんですが、竹串が細くて短くてうまく出来ません。そして熱いなんてもんじゃない。

でもあと100個ぐらい作れば慣れるかな?(笑)

さて、お味は?

美味しい~~~~~、と言いたいところですが、ミッドバレーのイオンにあるタコ焼きよりは間違いなく美味しいというレベル。(笑)

困りましたねぇ。

長男もヨメさんも「美味しい~」って言ってくれるんですが、それって「私にしては上出来」って意味であってタコ焼きとして美味しいレベルってことじゃないはず。

味に深みも無いし、この粉には出汁(昆布、鰹節)が入っているらしいけれど安っぽい味。そしてスターチと重曹が入っているんでしょう。素人でもパリっと焼けるようにしてあるみたいですが、そのパリっと感がこれまた安っぽいんですわ。本物のタコ焼きのパリっとしているのとは違う。パリじゃなくてサクっとしています。

これじゃうまく焼けるようになっても面白くないし、頑張ろうっていう気も失せます。

ネットで調べてみると「オタク」は小麦粉にも拘るようですし、当然、出汁はちゃんと取る。私が思うに、「天かす」はこれまたスーパーで買ってきたものを使ったんですが、これも美味しくないんですよね。たぬき蕎麦に入れても美味しくない、とりあえず「天かす」には間違いがないけれど、みたいな。お好み焼きでもこの手のものをつかうんですが、いつも「どうでもいいもの」って感じがしています。でもお好み焼きは具だくさんだからそれで済んじゃう。

そしてですね、ビレッジグローサーで買った「タコ」がまた酷い。そのまま食べてもタコの味はかすかにある程度で見た目は間違いなくタコなんだけれど、それだけの物。

ま、確かに「冷凍のタコ焼き」より良いのが出来るのは間違いないだろうけれど、もし「銀だこ」にでも行ってホンモノを食べたらもう二度と作りたくなくなるんじゃないですかね。小さな子どもでもいて、家族でワイワイやりながら作るタコ焼きなら良いのかもしれませんが、ジジーが真剣に作るようなものじゃないと思います。

今まで何気なく食べていたタコ焼きですが、駅前の「屋台」でもそれなりにあの手この手を考えて美味しく作っているんでしょうね。タコ焼きって馬鹿にできないわ。

さて、どうしましょうかね。このままだとヨメさんがある日、私に言ったことが再び起きることになる。

ヨメ 「あのさ、今までこの手のタコ焼きの鉄板、タコ焼き器を3つか4つ買ったの覚えてる?」

ですと。つまり、1,2度使ってお蔵入りってことなんですね。

でも今の私は昔の私とは違う。(笑)

小麦粉は日清のカメリヤで十分らしいし(注:このように書いているタコ焼きオタクがいましたが、カメリヤって強力粉だから駄目なはず)、出汁もちゃんと取って、B.I.G.で買った山芋(長芋ではない)もあるし、そしてそして天かすもちゃんと作って(かなり味が違うのはわかってる)やってみましょうかね。でも初心者には間違いがないので、タピオカ粉、重曹もちょっと入れてみるとか。(笑)

こういう「粉もの」って原価率が恐ろしく低いですから、逆にちょっとコストを掛けて良い素材を使ったらかなり面白いことになるかもしれない。

それと作っていて思ったのは、タコ焼きの液って本当に薄いんですね。タコ焼きの粉の説明に書いてあるとおりに作ったらあまりにも水っぽいのでちょっと粉を足したんですよ。これが大間違いで、固くはならなかったものの「中身はトロリ」という感じではなくて、ちょっと固め、つまり「ベチョ」に近い。(笑)

お好み焼きの場合はいつも目分量でやっていますが、タコ焼きって具が少ないし、液の濃さで出来上がりがかなり変わってくるはずですよね。この辺はちゃんと計量してやらないと駄目そう。慣れてくればわかるようになるのかもしれないけれど。

じぐそ~~~、こんなことで諦めてたまるかってんだ。ば~~ろ~~~~~~。

もう残り少ない人生、妥協はしたくない。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「タコ焼き用鉄板」が日本から届いた。早速作ってみる。” への7件のコメント

  1. ジョホールはタコの入手が難しいので、邪道ですが、エビ&イカのシーフード焼にしたら美味でした。
    作り方はイワタニ炎たこの取説の通りやられると、初心者でも作りやすいです。
    ↓アマゾンに取説の図が出てました。
    https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%82%BF%E3%83%8B-%E3%82%AB%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%81%9F%E3%81%93%E7%84%BC%E5%99%A8-%E7%82%8E%E3%81%9F%E3%81%93-%E3%80%90%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94%E3%83%BB%E7%AB%B9%E4%B8%B25%E6%9C%AC%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%80%91-CB-TK/dp/B002VOX6G8

    竹串は2~3本束ねると、強度がでてやりやすいかも。。

    ちょっと気になったのですが、カメリアは強力粉ですが、良いのでしょうか?
    普通タコ焼きには薄力粉を使うことが多いですが。。
    あと、次の記事で「バター液」と書かれてますが、オイルは植物油ではなくて、バターを使われるのですか?

  2. それと、テフロンを傷めないプラスチックのタコ焼き調理用竹串、DAISOでも売ってます。
    ほぼ同型のを使ってますが、割と使い勝手が良いですよ。
    ばらばらの投稿ですみません。

    • リコヨンさん

      カメリヤって強力粉なんですか?知りませんでした。ネットで「タコ焼きオタク」のブログを読んでいました所、「小麦粉にも凝らなくてはならない」とありまして、カメリヤで十分とあったのです。私はそのカメリヤという名前だけは見た覚えがあるのでそのまま書きました。

      教えてもらって良かったです。カメリヤって名前だけで買ってしまうとうまくないですもんね。日記本文中にも注釈を入れておきます。

      バター液ですが、日本人の多くはバッター液と発音する事が多いようです。いわゆる天ぷらにしても「衣」のことを意味しています。Batter。

      竹串では弱すぎますが、とりあえず「箸」を使ってやろうと思います。

      それとタコの代替品ですが、イカってのも面白そうですね。

      今日はビレッジグローサーで売っている「タコ一匹の冷凍」を買ってきました。これがどんな感じかわかりませんが、とりあえず試してみようかと。

  3. daboさん、こんにちは。
    ウチではGCで購入できるたこ焼き粉を使用し、袋に書いてあるレシピの約倍量の水を入れ、その分卵、ダシ、醤油、ネギ、紅しょうがを追加しています。昔ながらの屋台たこ焼き風?です。
    また明石焼きのようにダシ汁をつけて食べたりもします。

    https://tabelog.com/hyogo/A2805/A280501/28028954/
    地元ではココの写真にあるようにソース+ダシ汁の両方つけて食べる人も多いです。

    おいしいたこ焼きができるといいですね。

    • タコ焼きって調べれば調べるほどいろいろあるようで、一体どうしたらよいものか・・・。

      でも自分の好きなように作れば良いわけで、ちょっといろいろ考えています。

      プロの作り方を見ていて驚いたのは、多くの店が「天かす」を大量に使っていること。

      考えてみれば確かに天かすは美味しいですし、まずそれを真似すること、そして出汁をしっかり取ってみようと思います。

      そして焼き方ですね。液が少ないと形は良くても中がスカスカになりますし、動画で見た多くのプロがやるように、「途中から継ぎ足す」方式でしっかり作ってみようと思いました。

      私は凝り性ですので、今日もいろいろ具材を買ってきたのを見たヨメさんが呆れていました。でもやる気がある時にやらないとね~~。(笑)

      数日間、「タコ焼き」が主食の日々が続くことになるかも。(^o^)v

      • タコ焼きはB級グルメなので、原材料費を安く抑えるのに、天かすは便利なのだと思います。
        油分が入ると、食べ応えも増しますし。
        私も数回しか作ったことがありませんが、ポイントは穴以外の部分にもしっかり生地を流して、それを上手に巻きこむことだと思います。

        それと、具材ですが、イカだけだと、ちょっと物足りません。
        イカとタコって似ていますが、食感が全然違うので、イカだけ入れると、思っていた食感とのギャップで、だまされた感満載になります。
        マレーシアは海老も安いので、是非お試しください。

        • 海老ですかぁ、おもしろそう。

          でもまずは「オーソドックスなやつ」で納得が行くものを作ろうと思ってます。

          昨日、冷凍タコを買ってきたけれどどんなタコなんでしょうか。現在解凍中。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *