「マナガツオ」の呼び名、種類がややこしい

マナガツオ、あるいはクロアジモドキをつかっていろいろ実験をしようと思っているのですが、このPomfretと呼ばれるあの数種類の魚の「正確な呼び名」がよくわからないんです。

調べればわかることで調べてはいるんですが、店によって「変な表記」があるのね。また、英語表記、中国語表記、マレー語表記といろいろあって、その3つを並べて書いているところはまだ見たことがありません。

英語が一番わかりやすくて

1 Black Pomfret ← クロアジモドキ
2 Chinese Pomfret ← これがシナマナガツオ
3 Golden Pomfret
4 White Pomfret (シルバーとも呼ばれる)

と、この4種類がある。この4種は同じ魚ではなくて、1のBlack Pomfretは「マナガツオ」ではなくて「クロアジモドキ」。Chineseってのが「シナマナガツオ」といわれるもので一番高い。一番安いのはBlack Pomfret「クロアジモドキ」。その違いも数倍の違いがあるからきっと味も全くちがうのでしょう。どの魚も同じ店で定点観測をしていると日々かなりの値幅で動きがあるのね。肉みたいにキロいくらってのがほとんど変わらないみたいなことがなくて、3割ぐらいの値動きが普通にある。

ま、抑えておくべきところはまず二種で「シナマナガツオはChinese Pomfret」と、もう一種は見た目はそっくりでも種類が違う「クロアジモドキ)Black Pofret」。ここだけわかっていれば良いと思っています。で、見た目でも簡単に違いがわかるのね。

クロアジモドキ(Black Pomfret)はその名の通り、4種の中で一番色が黒い。そしてヒレの形が全く違うのね。胸鰭がまさにアジの胸鰭みたいにピンととんがっている。色とヒレだけでまず間違うことはないはず。

マレーシアのBlack Pomfretはこの写真より(他のPomfretより)かなり黒いのですぐわかる。

(参照:魚介類図鑑)

そしてシナマナガツオ(Chinese Pomfret)は見た目が薄汚い。そしてヒレが幅広。

(参照:魚介類図鑑)

その他、いろいろ違いはあるようで、私が見た感じでは「鼻の穴の位置」が随分違うのですが、色とヒレだけで違いはわかりますよね。

さて、ここからが問題なんです。

英語表記がしてあれば上の4つの名称を覚えれば良いですが、マレー語だけの表記の店もあるんですね。ま、それでも「見ればわかる」わけですから問題は無いだろうと思っていたんですよ。ところが問題オオアリ。

英語表記にマレー語表記を付けてみます。

1 Black Pomfret Bawal Hitam / 黑昌
2 Chinese Pomfret Bawal Tambak (Bawal Chinaとも呼ばれる)/ 斗昌
3 Golden Pomfret Bawal Emas / 金昌
4 White Pomfret Bawal Putih / 白昌

俺は知っているよという人もよーく見てくださいね。これ違うんじゃない?って思う人もいるはず。

Black PomfretはBawal HitamでHitamは「黒」という意味。ここは問題なし。そしてWhite PomfretはBawal PutihでPutihは「白」。なるほどですよね。真っ白で綺麗な魚。一番おいしそうには見える。(笑)

ところがBawal Putihってのが「マナガツオ」じゃないの?という人がそこそこいる。でもシナマナガツオはChinese PomfretでBawal Tambak。おかしいでしょ?Putihの意味は白で、マナガツオの鱗を取ると真っ白になるからそこから名前が来ているのだろうと「想像」して納得する人もいるんでしょう。

なんでこの辺がはっきりしないのかなとずーっと不思議に思っていたのですが、どこの店だかわかりませんが(多分イオン)で「Chinese Pomfret(White)」と書いてあったところがありました

これって
2 Chinese Pomfret Bawal Tambak
4 White Pomfret Bawal Putih
が混ざってる。きっとこういうことがあちこちで起きているんじゃないですかね。

ダボは細かいなぁって思うかもしれませんが、この2種類は値段が全く違うんですよ。だからどうでも良いじゃんってわけにはいかない。

Bawal Putihをマナガツオだと思って買うと上手くないんじゃないですかね(安い)。(シナ)マナガツオは「Bawal Tambak」として別に存在しているんですから(かなり高い)。

でもここでまた迷路に入るんですね。

クロアジモドキBawal Hitamは「アジ科」の魚。シナマナガツオBawal Tambakはマナガツオ科。

では2番3番のPomfetは一体何?

マナガツオは英語でPomfret。でもクロアジモドキもPomfret。だから英語から理解しようとすると全部マナガツオになってしまう。(笑)

この辺は日本の魚も同じで、英語名(俗名)っていかにめちゃくちゃかわかる。って日本も同じか。

そしてそしてもっとややこしいのは、クロアジモドキはアジ科ですが、かつてはマナガツオ科に属していたりわけわからないことこの上なし。そもそもマナガツオってカツオの一種?なんて人が出てくるとカオス状態になる。(笑)

ま、私としては自己流で自分の中でこう分けています。

1 Black Pomfret Bawal Hitam  ←アジの一種
2 Chinese Pomfret Bawal Tambak  ←この下3種は全部マナガツオ
3 Golden Pomfret Bawal Emas
4 White Pomfret Bawal Putih

ただし、マレーシアのマナガツオは3種類あって、「価格がまるで違う」。高級魚としてのマナガツオは分類上でも、値段的にも

2 Chinese Pomfret Bawal Tambak

であって

4 White Pomfret Bawal Putih

ではない。

この辺の理解が同じでないと、話が通じないんですね。また息子に「買ってきてくれ」と言っても彼は必ず悩むはず。またXXXで安く売っていたよ、食べたよという話も、一体どの魚のことかわからないんじゃ話にならないじゃないですか。

でも「見た目」で違いはわかるんですね。まずはそれを覚えないと・・・。

シンガポーリアンがこれらの魚の違いを説明しているブログがありました。

Singapore Fish Files: Pomfrets and Pompanos – ieatishootipost

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「マナガツオ」の呼び名、種類がややこしい” への5件のコメント

  1. お魚のことは全く分かりませんが、こんなの見つけました。
    ペナンで出回っている魚の名称のようです。

    http://ohmefishgirl.blogspot.my/2015/01/blog-post.html

    「昌」という字がつくお魚がこんなにあるなんて!
    私など、昌魚(ジャンイー)というお魚はとっても上等だということしか知りませんでした~。
    「昌」のつく中に、脂が乗っていてブリに似ているものがあったと記憶しています。どれのことかはっきりとは分かりませんが、説明を読む限り、脂肪分が多くて美味しいという3番のもののような…?

    • すみません、ブリに食感が似ていたのは、18番かも知れません…。
      上等なお魚だと言われて食べたので、お値段が高くて脂肪分も高いとなると、こちらの可能性大です。
      (しょせんお魚の区別もつかない者が言うことですから、当てにしないでくださいね!笑)

      • 昌というのがPomfretみたいですね。4種類ある。でも黒昌は生物学的には「科」が違う。と言っても兄弟みたいなもんでしょう。

        いや、白昌、金昌、斗昌が兄弟で黒昌は叔父みたいな感じだと思っています。

        こびたさんが書かれた18番がまさにその叔父で、「科」としては「アジ科」、他の三種は「マナガツオ科」。

        一応巷では「マナガツオ科」に属するChinese Pomfret =Bawal Tambak=斗昌が一番美味しい、高価だとされているようで、紹介いただいたULRの2番の「斗底」 のはず。

        日本人の方で、卸売市場で色々買われて(刺し身で)食べている方のブログがあるのですが、その方いわく「Chinese Pomfret 斗昌」が寒ブリの様に美味しいと。また科の違う黒昌も刺し身して両方並べた写真がありましたが、アジ科の黒昌はまさにアジの様、斗昌は白身でまるで違うように見えました。

        ま、どちらも美味しいとその方は書かれていて、でも市場ではそれぞれかなり値段が違いますので、こればかりは食べてみないとわからないんでしょうね。

        どれが美味しいというより、「大きなもの」は単価も高いようで、大きくて美味しそうで、価格的にはリーズナブルなものを探せば良いんだろうとは思っています。

        ペナントKLと流通する魚は違うんですかね。同じかな。

        今日、コタキナバルへ行ったことのある人に聞いた所、あちらでは「そこそこ深い所(深海とまでは言わない)」の魚が流通しているようで、「煮物」にしたらうまそうなのがいろいろ並んでいたそうです。

        私の経験ではやっぱり「温かい所」の魚は日本人的にはイマイチと感じるのが普通のようですが、根魚や深いところにいる魚は結構美味しいのかもしれない、そんな風に想像しています。

        •  調べたところ、斗昌=斗底の正式名称は、(中国語で一番長い名称を繁体字で書くと)、「斗底鲳魚」となるようです。    
           チャイニーズのお正月料理に使われる最高級の魚とされ、旧正月前は相当値上がりするとのこと。大きさが大きいほど、キロ当たりの価格が高くなるようです。

          ということは、私がブリに似ていると思ったものも、お正月に上等なお魚と言われて食べたものなので、斗昌の可能性が高まりました。

          お刺身にされた方がいらっしゃるのですね!ちょっとこわい気がしますが、羨ましいかぎりです。
          クタム島の漁師さんが水揚げしたものを、ポートクランの海産物直売店で扱っているようですよ。
          あっ、でもダボさんは黒昌をご研究中でしたっけ。

          • なるほどねぇ。

            >大きさが大きいほど、キロ当たりの価格が高くなるようです。

            最近これに気がつくようになりまして、値段の順番で言うと「黒昌」が一番安いのですが、かなりばらつきがあるんです。

            それってその日によって値が違うのはもちろんのこと、「大きさ」によるのもわかってきました。

            つまり「黒昌」は安いはずなのに高い時がある。それは、その時の「黒昌」が大きいものばかりだったり。

            面白いのは「黒昌」にしても金、白、斗にしても、「その時に置いてあるものは大きさがほぼ同じ」ってこと。

            黒なら黒で大小いろいろって感じじゃないんですね。

            ただ一般的には「白斗」は小さい時が多い。そして安い。

            また白昌は養殖が進んでいる様子。小さい時にごっそり出荷するから安いのかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *