食材の入手:次なるステップは「卸問屋ルート」

このことは書かないつもりでいたんです。あまりにも一般的ではないし、いろいろ書かれると困る人だって出てきますから。

でもそれでも書くのがこのブログの存在意義だと思っています。(笑)

要は「問屋から買うことは不可能なのか?」ってことですね。

ここでオーストラリアで私が何をやっていたのかの話をさせてください。

世界中どこでも同じですが、和食店に行くと「日本食材」が豊富にある。それを食べたければその店に行けば良いということになりますが、やっぱり自分で手に入れて、自宅で自分の好きに調理して食べたいですよね。

またパーティーをする機会が多ければ、そんな時にちょっと変わったものも欲しいし、そして、そして、「卸問屋から買えば安く買えるかもしれない」とは誰でも考えること。

ゴールドコーストで思ったことは、かつては「アワビ」や「伊勢海老」も店で食べてもそんなに高くなかったんですよ。そして当然寿司屋に行けば「マグロ」もあれば「ウニ」や「いくら」もある。

でもやっぱり高いですよね。

まず、価格は別にしてどこで買えるか探したのですが、そんなものは「魚屋」にもなければ「日本スーパー」でも売っていない。

オーストラリアの場合は、特にゴールドコーストのあるクイーンズランドは「海産物が豊富」だということでも有名。でも魚屋では欲しい魚は売っていない。

これって私がマレーシアに来てからあれがない、これがない、どこにも売っていないと騒いだのと同じことで、

「売れないものは置かない」

それだけのことなんですね。

「でも無いわけじゃない」

ましてやアワビや伊勢海老、ウニも海外に輸出しているくらいですから、我々住人とて買えない訳がない。

ということで探し歩いたのですが、結構簡単に見つかりました。現地企業のサプライヤーがブリスベンにあって、海産物の専門店で輸出もすれば輸入もする。そして日本から輸入もしていてそれを和食店におろしていたんです。

さて、私みたいな個人が買えるでしょうか。

当たって砕けろで、ちょっと風呂敷を広げた話を持っていった(笑)のですが、簡単にOKが出ました。ただし卸問屋ですから条件があります。

○ 最小ロットを守ること
○ 現金決済

FAXで彼らが持っている商品&価格リストを送ってもらい、注文は電話かFAX。すると週に何度か決まった日にブリスベンからゴールドコーストにレストラン向けに納品に来るのですが、私の自宅にもちゃんと来てくれました。そして現金決済。簡単です。

ただし問題は最小ロットがそれなりに大きいんですね。

アジを3匹、タコを一杯・・なんて注文は絶対にできないわけで、アジなら一箱(40匹ぐらい)、タコは冷凍で一箱10キロです。(笑)

でも特にこのタコはニュージーランド産で、「テンタクルズ」と呼ばれていた大きくて美味しい生タコでした。和食店でもそれを使っているところは美味しくて、日本からの「ゆでタコ」しか扱っていないところとは雲泥の差。そういう食材を消費者でも買えたのは本当に嬉しかった。

そしてアワビや伊勢海老は和食店だけじゃなくて多くのレストランが扱うわけで、当時、ゴールドコーストに大きな生け簀を持つ卸問屋があったんです。そこに飛び込みで行きましたが、なんの問題もなく買うことが出来た。もちろん現金ですが、アワビも伊勢海老ももちろん卸価格で安いなんてもんじゃありませんでした。

オーストラリアっていうとBBQが有名ですが、我が家も月に一度はかなり人数が集まるBBQパーティーをやっていましたが、そこに出すアワビや伊勢海老は大人気。ちなみに今では信じられない価格ですが、アワビも伊勢海老も1キロ3000円しなかったんですよ。

手のひらより大きなアワビでも800グラム程度で、2400円。

ある時、日本から友人の寿司屋の店主が家族できた時に、アワビや伊勢海老を買ってきて調理してもらったのですが、値段を聞いてびっくりしていました。また彼いわく、このアワビだったら「俺の店なら3万円は取る」って言っていましたので私もびっくり。(笑)

こんな感じで調べていきますと、どんどん仕入れる場所があるのがわかる。そしてある時、とうとう日系の卸問屋にアプローチしました。オーストラリアには大きな卸問屋が二軒ありまして、一軒はゴールドコーストで日本スーパーも経営している。

こういうところは和食店とは繋がりが深いですから、一般消費者に卸すなんてことはまずしないんですね。自社経営のスーパーを持っているくらいだから当たり前です。

でも、どの企業も「売上確保」は厳しいですから、売れるなら売りたいのが本音。

だから、「そこから買っているのは絶対に口外しない」という約束で(もう20年近く前のことだから時効)、なおかつロットはそれなりの大きさ、そして現金払いで、ありとあらゆるものの入手が可能になりました。日本酒も同様。

当時は町の酒屋ではどうしようもないような日本酒しか置いておらず、でも和食店では「久保田の萬寿」だって置いているわけです。もちろんそれを卸しているのは日系の卸業者で、ケース買い、現金払い、そして(税務署は怒るでしょうが)一般消費者と売買したという証拠が残らないように「納品書も無し(彼らが社内、税務署用に別途作る)」ということで話をつけました。もちろん「卸価格」です。

街の和食店、ホテルに入っている高級和食店と同じものが手に入る様になりました。それも卸価格で。

ところが問題はやっぱり仕入れロットが大きいってことなんですね。日頃家で食べる「魚の開き」にしても数枚程度じゃ仕入れられない。あるいは大好きな「銀鱈」にしても大きなフィレが最小ロット。

こんなのは自分の家だけでは捌ききれないわけですが、「買えるなら是非欲しい」という友人は結構いまして、5人も集まれば簡単に捌ききれる量となりました。特にウニみたいなものはみんな大喜びでした。

その内、慣れてきまして、また仲間も乗ってきまして、「蓄養インドマグロ丸ごと一匹」仕入れて、友人の寿司職人に解体を頼んだり、また私は日本人会の理事をしていた頃でもあって、日本人会の有志で共同購入みたいな形でマグロ一本買ったり、阪神大震災救済チャリティーの時にはマグロを仕入れ、休みの寿司職人協力してもらって、バザーで寿司を売ったり。本マグロを売ったり。

結局、やればできる。探せばどうにかなるのは世界共通だと私は思うんですよ。マレーシアも同じだってこと。

そして今のマレーシアとして私が気になるのはやっぱり「魚介類」と「和牛」ですが、それらを購入するルート構築はほぼ出来上がりました。

ただし、ここははっきり書いておかないとならないと思うのですが、そうすることによって同胞がやっているお店に迷惑を掛けたらダメだってことなんですね。

また和食店を経営、あるいはそこで働いている人たちなら、どういう業者がいて、どういう商品を持っていて、いくらぐらいかってのは誰でも知っているわけです。

でも、ここに私が守っている「仁義」みたいなものがあるのですが、「そういう人たちには一切聞かない」ってこと。

例えばここに書いたことだって、昔からの友人の、そしていつもこのブログにも登場する大西さんなんて、自分でも店をやっていましたし、和食の店で働いていましたから、ああ、あれはどの業者が持っているよ、価格はいくらで・・・って情報は絶対に持っている。

でも私は大西さんにそのことに関して一度たりとも聞いたことはありません。また彼も聞かれたら困るはずだし、そこの一線は友人でも超えてはならないというのが私の信条です。ですから私のルート開拓には大西さんは一切タッチしていません。

でもそんなものは調べれば誰にでも分かるんですね。また売ってくれる業者もあれば「売れない」という業者もある。あるいは卸価格ではなくて「一般価格で売る」業者もある。

ここで大事なのはやっぱりバイイングパワーの結集なんですね。末端消費者と言えどもバイイングパワーがあれば業者は無視はしない。

ところが面白いもんで、日本でもどこでもそういうパワーを結集しようと考える人、実行する人はいないに等しい。(笑)

私は飲食店の家に生まれ育ちましたし、ずーっと中小企業の世界で生きてきましたから、自分が「末端消費者である」という意識がほとんどないんですよ。

「生産者」ーー「卸問屋1」ーー「卸問屋2」ーー「小売店」ーー「消費者」

この基本的な図式はどんな業界も同じですが、自分は消費者であるのと同時にこの図の中のどこかに属して、あるいは彼らと組んで仕事をしているんですよね。

誰でも自分のいる業界は常に見ているわけで、世の中の動きを見て「卸問屋を始めてみようか」とか「小売店舗の多店舗展開も面白い」、あるいは「製造を始めてみようか(輸入をしてみようか)」なんてことは誰でも常に考えていることのはず。

だからそれを私はゴールドコーストでもマレーシアでも同じように考えるわけで、「何か面白いネタは無いか」と考えるのが癖になっています。でもそれを実行に移すかどうかは別問題で、ま、頭の体操みたいなもんです。

だから「卸から買う」なんてのは簡単過ぎる話で、たとえば、自分が和食店を始める、ケータリングサービスを始める、和食専門のスーパーを始めると仮定したら、さてどこからどういう風にアプローチをすべきかと考えれば、自ずと答えも道も開けるんですね。

ところがなぜか「自分は消費者」だと決め込んで、末端の高いもの、限られた物を買うだけで満足する人が世の中の大半なんですね。不思議だと思います。

消費者も力を結集すれば大きな力となる。COOPなんてのがまさにそれで、今では巨大な組織になっているじゃないですか。

そんな大きなことを考えなくても、ちょっとその気になった人が5人10人集まったらかなりのバイイングパワーになるってことを忘れないでほしいんです。

そんな仲間で共同仕入れをし、それがだんだんと大きくなってくると卸業者も無視できないパワーとなる。それどころか扱い高が大きくなれば「独自で輸入さえ可能」になるんですね。

私の父の実家は築地の魚河岸の仲買人で、今では私の従兄弟たちが頑張ってやっていますが、築地も昔と違って「いつ潰れてもおかしくない状況だ」と言います。かつてはどこにでも魚屋があり、スーパーも築地から仕入れていた時代がある。

ところが魚屋は姿を消し、スーパーは産地から直接、あるいは船ごと買うようになり、魚河岸も素人相手に「3枚におろしてくれ」と言われたらやるようになったと。

今の時代、世界中に和食店があって、また海外の輸入商に築地からありとあらゆるものが輸出されているんですね。そこから買うのもプロしか買えないわけじゃなくて、もし我々にバイイングパワーがあればいくらでも買うことが出来るということ。輸出業者はいくらでもいます。

マレーシアっていくら日本人が多くても、その多くは長居はしない駐在組、あるいはロングステイヤーで、ここに長く住んで骨を埋めようなんて考えている人たちはほんの数%でしょう。でもそういう人たちに「和食を安く食べたい」という強い願望があるのなら、どうにでも出来るチャンスがあるってことだと思うんですよ。

私達がAirbnbで泊まっている時に、コンドの敷地内に野菜や魚を売りに来る移動ミニスーパー屋さんが来ました。モントキアラでは有名なお店でしょう。

その店で売っている「ホッケの開き」が気になったんです。安いんですわ。

「どうしてこの値段で売れるの?」って聞いてみたんですよ。すると親父さんがいうには「ケースで買ってバラバラに詰め替えているから」っていうんです。これってまさにイオンの前の中島水産もやっているはずで(要確認)、バルクのケース買いってかなり安いんですよね。

それを一枚一枚パッキングしなおせばちゃんとした商品になる。当然、伊勢丹とかで売っている「最初から一枚ずつ真空パックされたもの」よりかなり安くなる。仕入れもどれだけ安いか想像つきますよね。

ただ、パッキングが雑ですから、バルクの詰め替えだなってのは見ればわかっちゃいますが。(笑)

ああいう移動販売店でもそんなことをやっているわけで、消費者が集まりバイイングパワーを結集したら面白いことになるとおもうんですが、たくさんいる日本人も多くは腰掛け気分でマレーシアに居るから、そういうことをやろうなんてことも考えないんでしょうね。もったいないと思います。

COOPみたいに力をつければ、輸入、卸まで手を広げ、小売店舗だって出来るだろうに。

ま、誰かがそんなことをやろうと計画していたら声をかけてください。若干のお手伝いぐらいはしますから。

でもま、そんなことを考えながら、まずは自分の家族、身近な人達の力を結集して、安全で、美味しいものを、そして「安く」てにいれられるようにするつもりです。

この件に関してはこのブログに書くのはこれが最後。今後は内緒で深く潜航して進めていくつもり。

卸問屋さんの企業名も、本マグロの腹1がキロいくら、大トロの冷凍ならいくら、和牛のA5のテンダロインはキロいくらだなんてことは絶対にここには書けませんし、この話はこれでおしまい。ご理解ください。

でも何か面白そうだとピンとひらめくものを感じた方はメールでもください。

ただ、和牛はどこから仕入れて価格は?みたいな話にはお答えできませんのでそのへんは宜しく~~。

皆さんがやる気を出して、調べてアプローチしてみれば私と同じようなことは誰にでもできるはず。

私の挑戦は終わりがなくて、今年は和食だけで終わりそうですが、来年は水槽に魚介類をたくさん並べている中華料理屋がたくさんありますよね。あれをどうにか手に入れるルートがないか調べる予定。

伊勢海老を置いている店はいくらでもあるし、オーストラリア産の伊勢海老や蟹も置いているでしょ。あれが不思議なのは、彼らの小売値はオーストラリアで我々が買う値段より安いってこと。

流通の世界って面白いですよね。そして我々末端消費者が世界のピラミッド状の企業群を支えているという事実。

いつまで末端の高いものを買い続けるんですかね?

これは金融も同じで、我々が高いの安いのいう銀行の定期金利も末端消費者用なんですよね。我々が安い金利で喜んでお金を預けるから、世界の企業が活動できるわけだけれど、それでいいのか!末端消費者!!!(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

食材の入手:次なるステップは「卸問屋ルート」” への2件のコメント

  1. いや~、すごいこと始めちゃうんですね。
    私は日本で飲食店をやっていましたので肉類は、スーパーの半値で仕入れ出来ました。昆布、本枯れ節削り、ホタテ干し貝柱、有明海苔等は半値から3割程度で仕入れていました。
    こちらに来て、本物の食材はあきらめています。日本から持ち込んだものが切れれば、それでおしまい。
    2人暮らしでは少量単位の購入しか出来ず,制約の多い食生活を送っています。
    KLのスーパーで手に入らないのが柔らかくて手ごろなねだんの牛肉です。
    若い時に日本で働いた経験がある知り合いの中華系もマレーシアの牛肉は硬くておいしくないので、ほとんど食べないと言っていました(日本語で)。
    ダボさんのたくらみが軌道に乗って、頭かずが足りない時がありましたら、ぜひお声がけ下さい。

    • あはは、たくらみだなんて大げさな。(笑)

      まずは自分が安く良いものを買いたいだけです。で、それ以上に大きな組織を作って上に書いたようなことをしたいという意思がある人がいれば、私は助太刀をしたいだけで、もう良い歳かっぱらったジジーが自ら頑張ることじゃないと思っています。

      このブログでは「平民の逆襲」って度々書いていますが、それが私の生きる力の根源になっています。

      世の中の大マジョリティは平民で、安い金でこき使われて都合が悪くなればすぐ捨てられて、歳を取ったら「関係ないね。自分で生きろ」でしょ。

      一般生活だって「お客様は神様です」なんて言われたところで、結局は「世界で一番高い金を出してくれる【消費者】という名のカモ」じゃないですか。

      私は商人の家に生まれ育ち、中小企業をやっている中で百貨店、スーパーへの卸業をやっていたことがあります。その百貨店なりスーパーの値札に、私の仕入れ値の3倍の値段を打って、それが店頭に並ぶ世界。

      売れたものは「消化仕入れ」で売れなければ一円にもならない。売れたら彼らの仕切値で仕入れを起こす。

      でもそんな中で百貨店やスーパーに卸している様々な業者と知り合いになるんですね。で、お互い様ですから、自社の商品を欲しい人が出れば、もちろん卸価格でうるし、私も同じようにやってもらう。

      百貨店卸しなんて卸業の最終段階で、その前に一次問屋もあれば生産者製造者輸入者もいて、それぞれが儲けている。一体この世の中ってどういうことになっているのかって思いますよね。

      だから小売の商品を小売の価格で買うってのがどうも「騙されている」感じがしてしょうがないんです。(笑)

      それと何でもそうですが、買うルートを発掘して安く替えたときの喜びって大きいじゃないですか。それをジジーになっても追い続けているようなもんです。

      問題はロットが大きいってことですが、ま、賞味期限を気にしなければ在庫で持っていればよいし。冷凍物なら1,2ヶ月はなんでも問題ありませんから、ちょっと大きな冷凍庫があればOK。

      それと日記に書いていますが、日本の通販で安く買ってそれを送付してもらっても、こちらでの価格と比べても決して高過ぎるってほどでも無いんですよね。物は良いものが手に入るし、そんなことと併用して行けば充実した生活ができるかもしれないと思っています。

      卸から消費者が買うなんていうとそれに反発する人も出てきますが、実はこれってウインウインの関係にある場合がほとんどなんですね。

      例えば、本マグロの大トロが安く手に入るとしましょう。でも本当のグルメはちゃんとしたところで高いお金を払っても食べたいですから、そんな横流しみたいな大トロには興味を示さない。

      では私はといえば、安く買えるから買うのであって、高かったらそもそも大トロなんか食べませんから、卸業者が消費者に卸しても、誰も損をしないのね。これは和牛も同じで、そもそも高いお金を出して伊勢丹から買おうなんて思いませんもの。だから小売店舗もなんら影響がない。

      なーんて言い訳をしています。(笑)

      ただ肉はオーストラリアに比べて3割から5割高いのでがっくりしています。生産国がやすいのは当たり前ですが、あの肉をマレーシア価格で買うかと思うとなんだか腹が立ってきます。

      本当はオーストラリアの肉、オーストラリアの和牛が安く買えるのが我が家は一番うれしいのですが、それは難しそう。

      ま、これから実際に動き出すとまたいろいろなことがわかってくると思いますが、共同仕入れ出来るようなものでもあれば声をかけますね。

      私はやっぱり魚系が一番気になっていて、でも本マグロの大トロだ~~ってことでもなくて、日頃食べる冷凍の干し魚系を多めに欲しいと思ったり。

      どうなりますか・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *