マレーシア人の英語で戸惑った件

今日もちょっとした電気関係の小物を買おうと思ってワンモントキアラのハービーノーマンに行って来ました。

目当てのものを買おうと思ったのですが、やっぱり違うやつの方が良いかも・・といつもの優柔不断。でもその商品の現物はないはず。

そこで聞いたんです。(ここからは英語を和訳 笑)

ダボ 「これより大きいのは無いんだよね?」

店員 「はい(YES)、ありません」

ダボ 「え?あるの?」

店員 「いいえ(NO)、ありません」

ダボ 「そうか、ないんだね?」

店員 「はい(YES)、ありません」

ダボ 「・・・・・・・・・・・」

このやりとりっておかしいのに気が付きます?英語に慣れている人は私と同じ疑問を持つはず。でもこれが普通に日本語だったら問題なく通じますよね。

「相手が否定形で質問してきた場合、YESとNOが日本語の場合は逆になる」んですね。

だから今回の話題ですが、その商品がないのであれば、私の「ありませんよね?」とおいう質問に対して店員は「いいえ(NO)、ありません」と答えるのが英語。でも彼は日本人と同じに、「はい、ありません」と答えた。

マレーシアが日本と同じなら私も混乱しなかったのですが、話しているのは共通語の英語なわけですよ。でも彼はマレー式(日本式も同じ)で英語を話したってこと。

まだ意味がわからない人はいないと思いますが、たとえばテーブルの上にりんごがあるとします。これを英語で聞くとした場合の和訳ですが

質問: テーブルの上にりんごがありますか?
答え (ある場合は)はい、りんごがあります。
(ない場合は)いいえ、りんごはありません。

しかし、

質問 テーブルの上にリンゴは無いですか?
答え (ある場合)はい、リンゴがあります。
(ない場合)いいえ、リンゴはありません。

つまり、日本語ですと「相手」が言っていることが正しければイエス、違っていればノーなのに対して、英語では「相手ではなくて事実」に重きを置くんですね。だから「なければノー」「あればイエス」で、どんな聞き方をされても同じ。

マレーシア語は私は全くわかりませんが、どうも日本語と同じであることがわかりました。

でも英語で話している場合は、英語流で話すべきだと思うんですよ。

でもこの辺は人それぞれで、日本人の英語でも日本流のイエス・ノーで喋る人もいますから、ここは注意が大事だと思います。特に英語が得意でないと、イエスあるいはノーしか言わず、その後の言葉を省略しますから、本当にイエスなのかノーなのかがわからないんですね。

ちょっとした買い物での誤解なら構いませんが、何か約束した時に、イエスとノーを逆に捉えたら大変なことになります。

ある若い男性が長年付き合った女性に結婚を申し込もうと思った時に

男性 「僕と結婚してくれないよね?」

女性 「イエス」

という答えだったら、彼女は結婚OKなのかNOなのかがわからない。(笑)

日本語だとしたら、「はい、貴方とは結婚しません」の意味になるし、英語なら「結婚します」になる。さてマレーシアでは?英語教育を受けて、英語に慣れている人なら「はい、結婚します」の意味ですが、マレーシア流の英語だと日本と同じで「はい、結婚しません」という意味になる。

これを考えていた時に長男が来たので、彼に聞いてみたんですよ。彼は三歳からオーストラリアで教育を受けていますから、当然こんなことは簡単にわかるはず。

ところがですね、「あれ?あれれ?」とか言いながら、そして口の中で英語をモグモグしゃべりながら、「わからなくなっちゃったよ」なんて言っていました。

そして、そういう紛らわしい聞き方は彼はしないようにしているし、答える場合も「貴方のその意見は正しい(正しくない)」というところから話すと言っていました。

そしてそのことがトラウマになっていると。

彼が小学校低学年の時に学校(現地校)でかなり悪いイタズラをしたそうで、皆の前で彼だけ先生に怒られたそうです。そして「君は悪いと思っていないのか?」と否定形で質問されたんですね。

その時彼は焦っていて「英語だとイエスと言うべきかノー」というべきか、わからなくなってしまって、逆を言ったら大騒ぎになりますから彼は黙っていたそうです。そうしたら先生にもっと怒られたと。(笑)

それが忘れられなくて、英語式、日本式で返答が逆になるような話し方は避けるようなったそうです。

どうも中国語も日本式のイエス・ノーらしいので、マレーシアでは日本式が一般的なのかもしれませんが、英語どっぷりで育ったり、あるいは海外育ち、留学帰りのマレー人はいくらでもいますから、英語式の答え方をする人も間違いなくいるはず。

今後、ちょっとこの辺に注目してみようと思っています。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシア人の英語で戸惑った件” への8件のコメント

  1. dabo tak apa(大丈夫)lah
    Maybe Ok Lah
    Maybeなのか OKなのかはっきりしろ!
    actuality make sure は相手が問題なければたぶんOK と同じ意味ですね
    今日も車の修理でマレーシアタイムを実感してきました

    • 最近はですね、売り子がいろいろ喋っても全く聞かない癖が付きました。とにかく自分の五感を信用しようと。

      いい加減さは確かにあるし、それに遭遇するチャンスも多いけれど、やっぱりちゃんとした人はちゃんとしているのもわかりました。

      またこの国はMoney Talksの世界なのがはっきりわかって、小さなお金でも上手く使うとかなり有効に使えるのもわかってきました。

      「約束は守るはずだ」なんて信じて待つのが日本人ですが、私は「世界はギブアンドテイクだ」というのがマレーシアに来てよくわかりました。

      「約束を守れば彼らにもプラスアルファのベネフィットがある状態」を作れば良いだけなんですね。

  2. このyes、noの話題ですが、オーストラリア人の友人も否定形の返事を日本語的に返してくる時があります。
    けど、「ーーーないよね?」に対して「YES、無いよ!」ではなく、「yeah、無いよ!」ですが。
    マレーシア人の友人もほとんどが日本語的返事です。
    で、わたしも最初は逆に言うのが慣れなかったので、オーストラリア人の友人に「日本人にはややこしいよ」って言うと、「そんなのどっちでも良いんだよ、要は後ろの文章が質問に対しての答えになってれば。それがたとえ「あります、ありません」の一言だけだったとしてもね」と言ってたので、全く気にならなくなりました。

    • 結局、後に続く文章がキモってことなんですが、日本人もアジア人も、イエスイエス!とか言うじゃないですか。後の文章を省略する。

      結局、オージーにしても昨日悩んでいた息子にしても「後の文章を大事にする」というお約束があるから大丈夫なんですね。

      でもそのお約束を知らないでイエスイエスなんて言っちゃうからうまくない。

      ま、日常会話ではこういう問題はたいしたことではないと思いますが、私は押さえるところは押さえるべきだという考えを持っていて、例えば先日も「自称ネイティブ」の日本人男性がネットで質問に答えているのを見て、これはないだろうとおもったことがあるんですよ。

      いわゆる口語の”I wanna”とか”I’m gonna”を普通に使う人。これって最初は「かっこいい」と思う人がいるのは私もそうでしたから理解できるのですが(笑)、使ってはならないシチュエーションは「大人なら」多々あるわけで、「日常会話で通じれば良い」というのは「若者」「旅行者」特有の発想だと思っています。

      出るところに出たらどう話すべきか。これを多くのネイティブはわかっていて普段は崩しているはずで、それを知らずして「仲間内の日常会話」だけに長けていても駄目だと私は考えます。

      「ああ、この人はちゃんと教育を受けた人なんだ」という印象をいかに作るか。ここは非常に大事だと思っています。

  3. ですねー。I wanna I’m gonnaは口語で、しかもネイティブはあまり使わない。ましてや書き言葉なんかには絶対に使わない。例えそれがフェイスブックとかだったとしても。
    日本人でも中国系でも韓国人でも、やたら使いたがる意味がわたしにはわかりません。
    英語の口語でもなんでも、使うべきところ、使ってもいいところ、使うべきじゃないところ、はおさえておくべきだと思います。
    英語を喋ってる、英語を使ってるという雰囲気に酔いたいんだと思いますがね。

    • I’m gonna, I wannaに関しては10代の頃に粋がって使っていたことがあります。あいまい母音を強調して、「俺の英語はアメリカ英語~~」みたいに。

      ところがアメリカに行った時に、私が考えていたのと現実とは大きく違って、恥をかくことはありませんでしたが、「これじゃまずい」と思って自分の英語を変えたことがありました。

      そんな時に、どの航空会社だったか飛行機に乗った時です。「毛布が欲しい」と言った所、「後ほどお持ちします」ってCAと話したのですが、そのCAの「later」の発音にしびれました。

      「レイラー」なんて品がないLaterじゃなくて「れいつぁー」みたいな、そして「あー」の音に「R」がなくてイギリス系だったのでしょう。あああ、俺はこういう英語を喋りたいと思った瞬間でした。

      で、オーストラリアに渡ってきて思ったことは、クロコダイルダンディみたいな英語を話す田舎っぺや年寄りはいるものの、ちゃんとした人たちはちゃんとしているのがわかって、そして益々、アメリカ英語ってなんて品がないんだと思うようになり、今ではオーストラリア英語がいちばん好きになりました。

      でもアメリカ英語もちゃんとしている人はちゃんとしていて、やっぱりまともな人はどこでも同じなんだというのがわかった。

      そういえば、昔アメリカに渡る飛行機の中で40歳ぐらいの日本人男性(教育者)が隣に座ったのですが、会話の中で「アメリカに英語の勉強に行く」とのことがわかった。そして「英語の勉強をするなら東海岸じゃないとダメだ」と言っていたのを思い出します。

      日本語も同じですが、喋る言葉で「生まれも育ちも」わかっちゃいますから、英語も気をつけたいと思ってます。

  4. マレー語ってどうだったっけ?と考えてみても答えが出て来ない私(笑)
    否定形で聞いて返事がYES NOだけだった時はその後に繋がる文章で判断しますね、やっぱり。
    まぁマレー語で否定形で質問をすることは稀ですが(ダジャレ笑)

    それよりも、娘との会話で娘が(そんなことはないと思うが)ENGLISH INFLUENCEでYES NOを言っているのかな?と思うことがあって、日本語で喋ってるのにうん、ううんの後の文章で確認することが。笑
    息子はどうなんだろう・・・英語、マレー語、中国語、日本語が分かるはずなので、帰って来たら違いを聞いてみよう。(笑)

    • 息子さんはどうなんでしょう。なんていうか楽しみです。

      私もこの件に関しては、「イエス・ノーをはっきり言う」のではなくて、「事実を言う」ように心がけています。

      しかし言葉は面白いですねー。

      マレー語がペラペラになりたい・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です