中華食材・調味料が見つからないことに関して

やっぱり地域的なものが大きいということなんでしょう。クポンやクチャイラマ、あるいはチャイナタウン辺りに行くと全く違う世界なのかもしれず。

ただ、私としては小売店周りは大変なので、やっぱりスーパーでなんでも揃っている所が良いと思っていて、大西さんが教えてくれたテスコ、イオンビッグ辺りをもう少し調べてみようと思います。

ただ、モントキアラがそうであるように、この地域に中国人がいないわけじゃない。日本人、韓国人よりは間違いなく多いハズ。でも中国系の食材が殆ど無いってのはやっぱり不思議です。韓国食材、日本食材は豊富にあるわけですから。

でもフト思ったのは、これってやっぱり「ハラル」が関係しているんじゃないかと思うんです。

どのスーパーでも多くの商品が並んでいますが、あれって「ノンアルコール」だし、「ノーポーク」ですよね。また製造過程でアルコールを使ったり、豚由来の例えばゼラチンが添加してあっても駄目。

中華食材、調味料の多くは中国本土から来るんでしょうが、この辺の「証明」が難しいんじゃないかと。

少ない調味料でも「李錦記」の商品はどこでも若干は置いているってのも、その辺を考える一つの参考にはなるんじゃないかと。李錦記は今では世界的企業と言ってもおかしくなくて、世界中どこに行っても売っている。

つまり、その国に合わせた作り方はしていないにしても、「内容を証明」することぐらいはしっかりやるんじゃないですかね。

輸入の現場、あるいはスーパーの仕入れの現場がどうなっているかわかりませんが、まずこれは必ず調べますよね。

○ アルコール
○ 豚、豚由来の物

で、その答えとして「はい」「いいえ」と「不明」ってのがあると思うんです。そして中国産のものはこの「不明」も多そうで、もしそうだとしたらそれは仕入れない、売らない。当然、スーパーには並ばない。でも不明であるからして「ノンハラル」と決めることも出来ないとか?

でも李錦記の製品は内容物がはっきりしているので、どのスーパーも安心して置くことが出来る。でも商品種が少ないのは、それだけ「中華食材にはアルコール、豚由来のもの」が多く使われているってことなのかも。

NSKで豆鼓と腐乳を買ってきたと書きましたが、その売場はレジから見ると左の一番奥の方にあったんですよ。そこにはほとんど客もいない。

そして今思いだすと、その棚の一番端に「紹興酒」がたくさん並んでいました。あれは料理用だと思いますが、もちろんアルコールが入っている。

そういうものと一緒に、NSKの端の奥の方に置いてあったというのはどういうことなのか。

ここに私の疑問の答えがあるような気がしています。

アルコールや豚由来の材料を使っている食材はモスレムにすれば「猛毒」以上のもので、その可能性がある物を一般的な店で売るわけがない。仕入れ担当者、あるいは店にしていれば「触らぬ神に祟りなし」じゃなかろうか。

ところが中国人ばかりの街に行くと、そこはモスリムから見たらある意味「無法地帯」みたいなもので、近寄ってはならない場所なのかもしれない。モスリムが絶対に足を踏み入れることのない店というのが存在するのかもしれない。

だからそういう店はそういう場所にしかないわけで、モントキアラにしてもKLCCにしてもああいう開けた場所には無い。またそういう場所の店には「(モスリムにとって)危ない商品」は置かない、置けない。

うーむ、これが正解のような気がしてきました。

私にしていると中華食材、調味料は「一般的なもの」と考えていますが、モスリムの目から見ると「危険極まりないもの」かもしれない。だとしたらそれをスーパーで売るわけもない。

もしスーパーに日本食材店や韓国食材店の様に中華系の商品がずら~っと並んでいたとしたら、マレー系の客はその店を敬遠するようになるんじゃないですかね。

どこにでもある李錦記の少ない中華系の調味料ですが、あれもスーパーに並べられることがもしかしたら画期的なことなのかもしれない。

どこを探しても見つからない「甜麺醤」ですが、これにはアルコールでも入っているんでしょうか?だとしたらスーパーには並ばない。

ところがB.I.G.には「日本製の甜麺醤」を売っていた。これってハラル認証こそ取ってはいないものの「問題なし」で通ったからとか?で、中国産の甜麺醤はパスしないとか。

それとどのスーパーにでもある「ノンハラルコーナー」ですが、私はなんで豚もこの程度しか置いていないのかって思うんですよ。ちゃんとした大きなスーパーなのに豚がらみの品揃えはたいしたことがない。

結局、これも中国人を相手にしているんじゃなくて、豚を食べる多民族の為、サービスみたいなもので、本腰を入れて品揃えはしない。これはわざとそうしているはずで、もし豚売り場が大きくて商品量もばっちりあるような店だと、マレー系が来なくなるかもしれない。

ノンハラルコーナーは別の場所にありますが、スーパーの外にあったり(ミッドバレーのイオン)、階も違う場所にあったり。

つまりノンハラルってそれだけ「忌み嫌われている」ってことで、あの大きなミッドバレーのイオンのノンハラル商品の貧弱さがそれを物語っている気がします。NSKにノンハラルコーナーってあったかなぁ。気が付きませんでした。もしかしたら無い?

きっと敬虔なモスリムにしたら、ノンハラルコーナーさえも「無い方が良い」のかもしれず、また「中華食品」全体に不信感を持っているのかも知れず、そんな商品群がスーパーの棚にずら~っと並んでいたら、私がモスリムだとしたら気分的にそういう店には行きたくなくなる。

それこそ豚の人形をスーパーに並べているのと同じで、それって「モスリムは来るな」って言う意味にもなっちゃうんじゃないですかね。

中華食材、調味料はそれなりの場所に行かないと無いってのはおかしいじゃないかと思っていた私ですが、それらは「猛毒以上に恐ろしいもの」だとした場合、どこでも売っている方がおかしいってことですよね?

この国はモスリムの国。そこに答えがあったんですね。気が付きませんでした。

モスリムが近寄りたくない街、店。ここに行くしか無いのがやっと理解できた。(笑)

マレーシアは多民族国家で皆が仲良くやっている素晴らしい国~~、なんてブログに書いている人がいましたが、私は全くそうは思わなくて、深い深い問題を抱えていると感じています。それぞれの人種にちょっとだけでも「カマをかける」とすぐに多民族への不平、不満、またバカにしたジョークをいう場面は何度もありました。

「俺たちみんななかよくやっているよ」なんて人には一人たりとも会ったことがありません。「笑って握手はするけれど、心は絶対に(やつらには)開かない」とはっきり言った人(さてなに人でしょう?)もいた。

結局、食品もそうで、この国では「住み分けがうまく出来ている」と考えればなんでもすんなり理解できるような気がしてきました。

差別はないのかもしれない。でもはっきりした「区別」が存在しているんでしょうね。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

中華食材・調味料が見つからないことに関して” への11件のコメント

  1. はじめまして。
    文字量多めのブログ、楽しく読ませて頂いています。
    ペナンに住んで約2年。
    中華系が多いペナンでは、中華系の食材や調味料も豊富です。
    確かにスーパーなどでは入手しにくいものも多いですが、街中の所々にある市場では、豚肉も中華野菜も簡単に手に入ります。
    ごく普通の人達の普段の買い物は市場です。ペナンにもイオンやテスコがありますが、特に生鮮食料品は市場の圧勝です。
    KLでも中華街に行けば、お探しの調味料などは量り売りで手に入ると思います。

    私も誤解していましたが、多民族国家とは、いろいろな民族が和気あいあいと親密に暮らしているのではないのですね。
    同じ都市、同じ土地、同じ経済システムを複数の民族が共同利用しているのです。民族間のコミュニュケーションをとる共通語が英語で、同じ法律を守って平和に暮らしているのです。民族内では独自の言語と文化が守られていて、学校も基本的には民族別なのです。
    だからこそ、マレー文化に共通性のない日本人も居心地が良いのだと思います。

    • B.B.さんいらっしゃいませ~~。

      ペナンは中国人が多いと聞いていますし、中華食材も多いのでしょうね。

      多民族国家うんぬんの話ですが、私が書いたのは私が感じただけのことであって、見方によってはまた違うものがあるんじゃないでしょうか。

      私達が長年いたオーストラリアも多民族国家ですが、本当にいろいろな見方、考え方があって、どれも正しいんですね。面白いと思います。

  2. 思うにこちらの人って、まずは市場(バサ)、次にショップロットの個人商店(ミニマート)、そしてスーパーという順で食材の買い物に行く傾向があります。ちなみに我が家から距離的にも一番近いのは市場です。庶民的住宅街には、運が良ければ歩いて行ける距離に市場と商店街があるので、普段の食材の買い物はそこで済んでしまいます。スーパーも増えましたが、皆さん買うものによってそれぞれを使い分けをしているようです。なので、いわゆるスーパーには、どの民族でも共通に使うものが多くなるのではないでしょうか?

    ハラルうんぬんについてはもちろん関係はあると思いますが、マレー系の人が多い所でもテスコだと腐乳や豆鼓がありましたよ。(ダボさんのご質問がでてから、隣町に行ったついでにちらっと見てみて私もビックリ)
    あと、何年か前に行ったきりですが、スバンジャヤのイーオンビッグに妙に冬粉が多いなと思ったのと、台湾のお菓子が多かった印象があります。その時、調味料は見ていないのでなんとも言えませんが、この店舗なら台湾系の食品が多そうなので、甜麺醤もありそうですよ。(うちの近所のイーオンビッグには台湾製のお菓子は売っていません。)
    なので、おおにしさんのテスコとイーオンビッグに中華食材ありのお説を大いに支持いたします。(もちろん、チャイニーズが多く住んでいる地区にある店舗に越したことはありません)

    ちなみにうちの近所のハイファーマート(NSKのようなところ)では、豚肉はおろか、牛肉も店内では取り扱っていません。あるところは牛肉だけが外の貸店舗の所で外部の業者が売っていますが、
    中国系の大多数とインド系は神聖なものという意味で牛肉を食べませんので場所によっては豚肉と同じような扱いです。
    実は豚肉だけがタブー視されているわけではないんですよ、マレーシアって。

    しかし、確かに甜麺醤は私も見たことがないような気がします。
    おそらく日本にさえどこにでもあってマレーシアではなかなか売られていない中華調味料等は、マレーシア華人があまり使わないものなのだと思います。やたらとチリ(唐辛子)をつかったり、バラチャンというマレー系の人が使う海老を発酵させたものを中華料理に取り入れるのも一般的ですから、本場の中国料理とは違う調味料のラインナップになっているのでしょう。

    ちょっとうちの近所の調味料事情も調べてみますね!

  3. 見に行ってきましたよ~、中華食材なら何でもある印象のあった
    ハイパーマーケットと乾物屋さん。
    2軒ともで(私には)見つけられなかったのは花椒と甜麺醤。
    (花椒は使ったことがないため、見る目がなくて見落としている可能性があります。)
    ハイパーマーケットの方は、taucuに至ってはハラル製品まであって、10のブランド以上、腐乳も5ブランドほどありました。
    緑豆春雨は各店2種類、ブランドは計4つ。
    各品、中国製ありマレーシア製品あり・・・
    そして、個人商店の乾物屋さんには、五香粉がありました。大量でしたが、一袋12リンギ。
    ダボさんのお家が近所だったら、ご案内したいところですが・・・

    このような乾物屋さんや乾物屋さんから発展したスーパーが、チャイニーズの多く住む街なら必ずあるはずです。

    あとは、最もディープな「PUDUの市場」の周囲にある商店かな?
    私も一度行ってビックリするほどのスゴイ所でしたけど。(笑)
    もし行かれるなら水に濡れてもいいような履物(水浸しでばっちい)、バッグなど手荷物なしでいらしてくださいね(ちょっと物騒なので)

  4. こびたさん、いろいろ探していただいたようですいませんでした。m(_ _)m

    今日もいちいち探し回っていたのですが、一つの結論がでました。それは「売れないものは売らない」ってことだけのようです。何か他の理由があるのかといろいろ勘ぐりましたがそうではなさそう。(笑)

    置いても売れない。それだけみたいです。

    • そうですね。売れないものは、置かない。

      今夜はたまたま、マレー系地区のイーオンビッグに行きました。(わざわざじゃないですよ)

      そうしたら、taucuも腐乳も緑豆春雨もありました。
      やはり、イーオンビッグは使えそうです。
      ただ、春雨が麺類売り場ではなくスパイスと豆類の売り場に、腐乳は瓶詰めなのに缶詰売り場にありましたが。

      一応、ご報告まで。。。

  5. daboさん、初めまして遠藤と申します。

    いつもブログ楽しく拝見しています。

    daboさんが以前載せていた、FXのチャートの作りかたを知りたいの

    ですが、どのようなインジゲーターをお使いか教えていただけると

    幸いです。

  6. 遠藤さん、いらっしゃいませ。

    大変申し訳無いのですが、その手の質問は受けておりません。またどんなインジを使っているかは過去ログを見れば全てわかるはずです。

    でも面倒ですよね?(笑)

    その面倒なことを自分でやる方がこのブログには結構いらっしゃるんですよ。そして色々いじっているうちに、似たようなものを色々見たり、どうしてそれが必要なのか、パラメータはどうすべきなのかが「わかるようになる」んです。

    前はインジケータやテンプレートを配布していたのですが、そのように簡単に手に入ることが返ってその方のためにならないのが「はっきりわかりました」ので、配布はしませんし、お教えすることもしません。「簡単に手に入るものは簡単に捨てる」ってことなんです。

    ただし、ご自分で調べた上で、XXXの部分のXXXがどうしてもわからないというのでしたら喜んでお教えします。

    意地悪のように聞こえると思いますが、勝つために何をしなければならないのかも含めて、「もし興味があるのなら」過去ログを見れば全てわかります。

    もうしわけないです。m(_ _)m

  7. ジョホールでも中華食材や調味料は割と普通にスーパーで買えます。
    シンガポーリアンのニーズに引っ張られてるからでしょうか?

    マレーシアの中華系の方たちって、ルーツが福建とか潮州とか客家とか南方の方なので、食材もオール中華というよりは南方系の食材になるのではないでしょうか?
    豆板醤もあんまり使わないのか、スーパーに置いてある種類がほかのソース類に比べてかなり少なかったと記憶しています。
    同様に、粉物文化の北方の食材や飲食店は圧倒的に少ないように思います(南方はどちらかというと米文化)。

    それとスパイスはスーパーでも瓶に入って漢字とか英語で書いているのばかりではなく、マレー語表記で袋詰めされて売られてたりすることもあります。
    しかも中華食材コーナーにあったり、カレー粉の横に売られてたり、どういう基準で分けてるのかわかりませんが、分かれていることも。。。

    それともう一つの問題は在庫管理。
    売れ筋じゃないものは棚の在庫管理がうまくいっていないと、欠品になっていることが多いです。
    (これは勝手な想像ですが、在庫管理が悪く、欠品の期間が長いと売り上げゼロの日が長く続くので、最終的には棚から抹殺されてしまっているのではと思っています)

    最初は思うように買い物できないので、すごいストレスたまりますが、慣れると何とかなるものです。
    気長に行きましょう~~。

    • りこよんさん

      私もマレーシアンチャイニーズの出身とかいろいろ考えたのですが、ふと思い出したのはアメリカの日系人。もう2世になると日本人とは違うんですね。ましてや3世4世になったら・・・・。

      マレーシアのチャイニーズも「マレーシア人」と考えるべきで、食生活も「中国風マレーシア料理」と考えたほうが良いんじゃないかと思うようになりました。

      アメリカの日系人が和食レストランに行くときには、祖国の味だとか伝統だとか全く関係なくて、「何も知らない外国人が和食を食べるのと同じ」だと思いました。それって日系人に限らず、他国出身の人達も同じだろうと。

      ただ中国人、韓国人などは母国を色濃く残す人たちだし、(全て忘れちゃってる)日系人とは違うところがあると思いますが、彼らを中国人としてみたら見間違えるのじゃないかと。

      私はマレーシアを見る時に、自分の中の「中華」の概念を完全に捨てて見ることにしました。

  8. マレーシアの多くのチャイニーズは米食であるのははっきりしていると思いました。

    でも店で食べるときには麺系、それも米系ではないもの食べるのに、なぜ簡単に見つからないのかほんとうに不思議です。

    最近、スーパーとか商店ではない、「卸系」でいろいろ手に入るようなルートを開拓中です。和食店ではどこでもラーメンを置いていて、じゃ、麺はどこから仕入れている?どこで売っている?という発想からの出発です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *