HSBCの口座に送金できない。困った・・・

そろそろ当初用意した資金が少なくなってきましたので、豪ドルをHSBCの豪ドル口座に送金しました。CIMBの豪ドル口座からです。

ところが2日経っても入金されない。

CIMBから電話がありまして「HSBCからの反応(?)がない」「豪ドルの口座がアクティベイトされていないのではないか」と。

その後、HSBCに電話しましたところ、「全く口座に問題がなく、アクティベイトされている」とのころ。

「なぜ入金されない?」という質問には「わからない」という返事。

どうすんだよ~~~~。

どうしてそういう問題を我々に放り投げるんですかね。なぜ銀行同士で連絡を取って解決しない?

どうも聞いたところでは、「CIMBの場合」は自分でその口座にお金を入れたり出したりしないとアクティベイトされないらしい。だからHSBCもリンギット口座から豪ドル口座に振替をするなりしてみたら?と「素人の意見」を頂戴しました。

でもHSBCは問題がないといっているわけです。

こまったなぁ・・・・。

こういう問題って、自分で経験して解決して乗り越えるべき問題だと私は思わないんですよ。

それこそ「自販機にお金を入れても商品が出てこない場合、それを解決するのは客の責任」というのと同じに感じます。

今回の問題は今までの銀行の問題の中で一番がっくりきました。

どうしたらよいんだろうか・・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

HSBCの口座に送金できない。困った・・・” への2件のコメント

  1. ダボさん、ようやく住まいが定まってきたようで何よりです。

    さて、本日エントリーの問題は、内外銀行間の外貨送金においてはめずらしくないようです。CIMBからHSBCに外貨送金するということは、それぞれの本店を経由することになりますので、最終的にそれぞれの支店に到着するにはそれなりの時間がかかるのがりゆうらしいのですが、、、、。

    送金の形態が至急なのか普通なのか、送金手数料の内訳を確認するとわかると思います。ろくに手数料を払っていなければ普通送金ということになります。実際にはそれぞれの銀行の別段預金間を移動するだけなのですが、各銀行としてはこうした資金は無利息の資金ですから、普通送金扱いであれば、なるべく行内に長く滞留させようというビヘイビアが働くようです。

  2. 国内の外貨送金は簡単なのかと思っていましたが、本日、HSBCに行って聞いてきたところ「海外送金と全く同じ」だとのこと。つまり送金先がたまたま「同国」だということらしく、「一度海外に出す」みたいな言い方をしていました。

    だから3-4日は見てくれと。ところがですね、CIMBはHSBCに豪ドル口座がないと言っているわけで、もしそういう状況なら何日待っても無駄ですね。

    もし来週の月曜までに送金が完了しなかった場合、「バンクドラフト」を出すと言っています。それをHSBCに持っていけば大丈夫だろうと。

    これでは「お金を受け取る」ことは出来ても解決策にはならないんですね。「なぜ送金が出来ないのか」という点は全く明らかにされないまま。CIMBの担当者もわけがわからず、「待ってみてくれ」としか言いようがなかったのだろうとは思いますが、その時その時「思いつきでいい加減なことを言う」のがこの国の「あるある」だというのに最近気が付きましたので、「真実がいつになってもわからない」。

    お金を保持していたいからとか、そういうことは全く無いと思います。それどころかそういう指示がもし出ていたとしてもそれを「きっちり出来るスキルを持っている行員はいない」と言って良いはず。また客にガタガタ言われたときに、その責任を背負う腹を持った行員もいるわけもなく、つまりですね、彼らは真面目にやっているんですよ。

    ただ応用が効かない。客の立場で考えられない。いつもと違うことが起きるとわけがわからない。その原因を追求しようとしない。解決しようとしない。その場をうまく逃げて、時間が解決したら儲けもの。

    そんな感じがしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *